Agile Cat — in the cloud

パリを支援した Facebook の Safety Check 機能:ベイルートに 提供されなかった 理由を Mark Zuckerberg が説明している

Posted in .Selected, Facebook, Social by agilecat.cloud on November 17, 2015
Mark Zuckerberg explains why Facebook enabled ‘Safety Check’ for attacks in Paris, but not Beirut
Jillian D’Onfro – Nov 15, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-explains-safety-check-guidelines-2015-11
 
_ Business Insider
 
Amid the horrific terror attacks in Paris on Friday, Facebook activated its “Safety Check” tool to help people easily let friends and family known that they were safe. More than 4.1 million people used it.
 
金曜日の Paris を襲った恐ろしいテロの最中に、Facebook は Safety Check というツールを動かし、友人や家族の安否を気遣う人々を支援していた。そして、410万以上の人々が、それを利用したという。
 
While many lauded Safety Check for being a crucial communication tool, Facebook also drew criticism from those who noted that the company hadn’t activated it after another tragic attack: The bombings in Beirut, Lebanon, that happened the day before.
 
数多くの人々が Safety Check について、重要なコミュニケーション・ツールであると賞賛したが、もう一つの悲劇に際して動かなかったことで、Facebook は批判を浴びることにもなった。つまり、その前日に Lebanon の Beirut で起こった、自爆テロへの対応である。
 
Secretary_Kerry_Pray_ParisWikipedia
 
The lack of activation seemed to point to a global compassion gap for terror victims in Europe versus those in Middle East.
 
今回の Facebook の判断は、Europe と Middle East のテロで犠牲になった人々に対して、グローバルにおける思いやりが同じように示されないという、ギャップの存在を映し出したようにも思える。
 
In a post titled “From Beirut, This is Paris: In a World That Doesn’t Care About Arab Lives,” a Lebanese doctor named Elie Fares put the issue poignantly:
 
From Beirut, This is Paris: In a World That Doesn’t Care About Arab Lives” というポストにおいて、Lebanon の 医師である Elie Fares が、この問題を痛烈に批判している:
 
When my people died, no country bothered to lit up its landmarks in the colors of their flag. Even Facebook didn’t bother with making sure my people were marked safe, trivial as it may be. So here’s your Facebook safety check: we’ve, as of now, survived all of Beirut’s terrorist attacks.
 
Lebanon の人々が死亡したとき、追悼の意を示してくれる国など無かった。さらに言えば、Facebook も、人々の安否を知らせてくれなかった。 おそらく、些細な出来事だと、捉えられたのだろう。 Paris には、Facebook の Safety Check がある。 しかし、私たちも、同じ状況にある。 そして、Beirut で起こっている、すべてのテロ攻撃の中で、私たちは生き延びているのだ。
 
Facebook CEO Mark Zuckerberg addressed the topic in a Facebook post:
 
Facebook の CEO である Mark Zuckerberg も、自身のポストにおいて、この問題に言及している:
 
“Many people have rightfully asked why we turned on Safety Check for Paris but not for bombings in Beirut and other places,” Zuckerberg wrote. “Until yesterday, our policy was only to activate Safety Check for natural disasters. We just changed this and now plan to activate Safety Check for more human disasters going forward as well.”
 
Zuckerberg は、「 数多くの人々が、Paris では Safety Check が機能しているのに、Beirut などのテロでは動かなかったのかと、問い正している。 それは、きわめて正当な主張だ。昨日までのポリシーでは、自然災害に対してのみ、Safety Check を機能させていたのだ。そして、Paris でテロが起こった時から、このポリシーを変更した。そして、自然災害だけではなく、人的災害においても、これからは Safety Check を機能させていく予定だ」と述べている。
 
Facebook had enabled the tool only five times since launching it in October 2014, with all previous usage occurring around events like earthquakes and tsunamis.
 
Facebook は、この機能を 2014年10月に立ち上げているが、これまでに機能させたのは 5回のみであり、そのすべてが、地震や津波などに対するものであった。
 
“Thank you to everyone who has reached out with questions and concerns about this,” Zuckerberg continued. “You are right that there are many other important conflicts in the world. We care about all people equally, and we will work hard to help people suffering in as many of these situations as we can.”
 
そして Zuckerberg は、「 この問題を指摘し、懸念を示してくれた、すべての人にお礼を言いたい。 この世界における、数多くの摩擦に目を向けよという、あなた方の主張は正しい。 私たちは、すべての人々に対して、平等に接していく。そして、こうした状況の中で苦しんでいる人々を、可能な限り支援していくよう努力する」と続けている。
 
Another Facebook exec — VP of user acquisition and retention, Alex Schultz — elaborated on Zuckerberg’s point in his own post. He said that the site would continue to make Safety Check better and more effective.
 
Facebook の VP of User Acquisition and Retention である Alex Schultz も、自身のポストにおいて、この Zuckerberg の指摘を補足している。 そして、Facebook のサイトにおいて、より効果的に Safety Check を機能させていくと、述べている。
 
“During an ongoing crisis, like war or epidemic, Safety Check in its current form is not that useful for people: because there isn’t a clear start or end point and, unfortunately, it’s impossible to know when someone is truly ‘safe,'” he wrote. The company is still trying to understand how the tool should best be deployed.
 
Schultz は、「 たとえば、戦争や疫病といった災難が生じているときに、いまの Safety Check は、それほど有用なものではない。なぜなら、システムとしてのスタートとエンドが、明確に定義できないからだ。私は大丈夫と誰かが書いても、残念ながら、それが本当だと確認するすべがないのだ」と述べている。依然として、同社は、このツールに関する最適なディプロイ方式を、検討している最中なのだ。
 
“This activation will change our policy around Safety Check and when we activate it for other serious and tragic incidents in the future,” he said. “We want this tool to be available whenever and wherever it can help.”
 
さらに、彼は、「Safety Check をアクティブにするための、ポリシーを変更していく。将来的には、自然災害以外の深刻な出来事や悲劇的な状況に対しても、この機能をアクティブにしていく。私たちは、時を場所を選ぶことなく、このツールによる支援が可能なときには、それを実施していきたい」と発言している。
 
SEE ALSO: A Paris man who was talking on the phone when a bomb went off says the Samsung device saved his life
 
ーーーーー
facebook欧米から見ても、この日本から見ても、やはり中東は遠いのだと再確認させてくれるトピックです。 しかし、このような議論がオンラインで進められることで、すべての人々が持つ、意識の中での距離感が、少しずつでも変化していくと期待したいです。辛くて悲しい出来事が、次から次へと起こっていますが、さまざまなレベルでの会話に、問題を解決へと導く糸口があるはずです。 そう、信じています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Photo Magic でトモダチ判別 : 撮りたて写真を Messenger で即シェアだ!
Facebook の AI アシスタントは[M]:Messenger と組み合わせるテストが始まったようだ
Facebook と Open Switch 市場: その具体的な戦略と、Cisco の反応
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう
オンライン出版とトラフィック誘導: Facebook と Google Search が逆転したようだ!
 

Comments Off on パリを支援した Facebook の Safety Check 機能:ベイルートに 提供されなかった 理由を Mark Zuckerberg が説明している

%d bloggers like this: