Agile Cat — in the cloud

iPad の悩み:伸びない販売台数と、低下する平均単価を、2枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Post-PC, Research by agilecat.cloud on November 13, 2015
Everything you need to know about the tablet market in four charts from Apple’s earnings today
Matt Rosoff – Oct, 27, 2015
http://www.businessinsider.com/tablets-are-dying-a-slow-death-2015-10
 
_ Business Insider
 
A few years ago, everybody thought tablets like the iPad were going to kill personal computers. Now it doesn’t look like that at all.
 
わずか、数年前のことである。 iPad などのタブレットが、パソコンを淘汰すると、誰もが思っていただろう。しかし、いまでは、そのような兆しすら見えない。
 
Apple is a good proxy for this battle, as the company essentially invented the tablet market with the iPad in 2011.
 
Apple は、2011年に iPad でタブレット市場を開拓したことから、その代表格だとも言える。
 
But Apple’s quarterly iPad sales have been dropping on an annualized basis in every single quarter since the beginning of 2014. This quarter, unit sales dropped below 10 million for the first time since mid-2011.
 
Apple における iPad の販売台数について、四半期ごとに前年比を算出すると、2014年の初頭から下落し続けていることが分かる。そして、この 7月〜9月 は、ついに 1,000万台を下回ってしまったが、それは 2011年の半ば以来の落ち込みなのである。
 
iPad Chart_1
BI Intelligence
 
Another indication of a product that’s not doing well: Apple’s had to lower prices for the iPad more than $200 from its peak. iPhone prices have ping-ponged a bit, but have stayed basically stable between $650 and $700 since 2011.
 
このプロダクトが、上手く行っていないことを示す、もう一つの指数は平均単価である。Apple は iPad の価格を引き下げ、そのピーク時と比較して $200 も安く売るという状況に追い込まれている。iPhone の平均価格も、多少は上下しているが、2011年以降は $650〜$700 の間で安定している。
 
iPad Chart_2
BI Intelligence
 
More and more, the tablet is looking like a fad. Now that phone screens have gotten larger, there’s just not that much use for a slightly-bigger touch-screen device that works like a phone, but without the phone part.
 
こうして見ると、タブレットは流行ものだったという思いが、だんだん強くなってくる。いまのスマホには、大型のスクリーンが搭載されている。つまり、スマホのように動作するが、スマホの範囲から逸脱してしまう、少し大きめのタッチ・スクリーン・デバイスというものには、それほどのニーズが無いのかもしれない。
 
SEE ALSO: Apple delivers solid quarter, stock goes nowhere
 
ーーーーー
appleついに iPad Pro が登場しましたね。 Agile Cat も興味シンシンなのですが、これがあると、Macbook が要らなくなるのかと言えば、No という答えになるでしょうし、まさに悩ましい存在といったところです。 おそらく、ユーザーよりも悩んでいるのが Aplle 自身であり、高性能化/大型化すると Macbook のセグメントを荒らしてしまうし、放っておけば iPhone に突きあげられるし、、、という、板挟み状態なのだと思います。 上記のチャートが、Apple の悩みを映し出していますね。 ーーー  このところ、ノマドでは iPad 4(iOS 9.1)を使っていて、Evernote + Google 翻訳という組み合わせで、このようなコンテントを訳したりするのですが、BT キーボードでは Atok が使えないとか、予測変換のポップアップが邪魔だとか、、、ちょっと用途に合わないという感じがしてしまいます。 でも、まぁ、コンパクトなので、持ち運びはラクですね。以下に、iPad Pro 関連ニュースを貼っておきます。_AC Stamp
 
GIGAZIN: Appleの「iPad Pro」がついに発売、史上最高のパフォーマンス
ガジェット速報: 米アップル、「iPad Pro」を11月11日に発売 ―9万4800円から
iPhone Mania: iPad Pro、モバイル大手3キャリアも取り扱いを発表!
In-Depth: 1週間使ってわかった魅力「iPad Proは悩ましい存在」
ーーーーー
<関連>
iPad も不調だが、Android タブレットも大きく落ち込んでいる!
Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測
iPad の支配が消え去った タブレット市場:2011年からの変遷を1枚のチャートで!
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
 

Comments Off on iPad の悩み:伸びない販売台数と、低下する平均単価を、2枚のチャートで!

%d bloggers like this: