Agile Cat — in the cloud

中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!

Posted in .Selected, Asia, Businesses, IoT by agilecat.cloud on October 27, 2015
IoT services revenues in China to surpass $41 bn by 2020
24/10/2015 10:54 AM
http://www.infotechlead.com/it-statistics/iot-services-revenues-in-china-to-surpass-41-bn-by-2020-35719
 
_Infotech Lead
 
Internet of Things (IoT) services revenues in China will grow more than five times in the next five years, surpassing $41 billion by 2020, according to ABI Research’s IoT Market Tracker.
 
China マーケットにおける IoT サービスの収益は、これからの 5年間で 5倍以上に成長し、2020年には $41 Billion を上回ると、ABI Research の IoT Market Tracker が伝えている。
 
shanghaiDriving the growth of IoT in China will be the smart meter segment.
 
この China において IoT の成長を促進するのは、スマート・メーターのセグメントになるだろう。
 
“It leads all other segments in both connections and revenues. By 2020, smart meter connections will exceed the next highest market segment in total connections by nearly 10 to 1,” said Dan Shey, VP and IoT Practice Director at ABI Research.
 
ABI Research の VP and IoT Practice Director である Dan Shey は、「 このセグメントは、接続数と収益性の双方で、すべてをリードしている。2020年までに、スマート・メーターの接続数は、二番手のセグメントに対して、10倍位の差をつけることになるだろう」と述べている。
 
Besides smart meters, home security and automation, OEM telematics, video surveillance, home appliances, aftermarket telematics and home monitoring will also be driving the Chinese IoT market.
 
スマート・メーター/ホーム・セキュリティ/オートメーションといったセグメント以外では、OEM テレマティックス/ビデオ監視/家電製品/アフター・マーケット・テレマティックス/ホーム・モニタリングなどが、China の IoT 市場を加速させていく。
 
ABI Research said home monitoring is expected to become an important market in China as it attempts to care for its aging population, which will reach nearly 340 million people in 2020 for citizens age 55 and older.
 
ABI Research が言うには、China において重要な市場に育ってくるのは、ホーム・モニタリングになるという。 つまり、2020年には 55歳以上の人口が 3.4億人前後に達するという、China の高齢化社会に対応するためのセグメントとなるわけだ。
 
Data analytics revenues will generate the most IoT revenues in China. It is indicative of the relative lack of revenues in both platform and professional services in the China market. Platform revenues are not as high due to a higher share of proprietary embedded telematics deployments, especially by domestic OEM brands.
 
データ分析による収益が、China における 最大の IoT ビジネスとなる。なせなら、China マーケットのプラットフォーム/プロフェッショナル・サービス分野では、相対的にみて収益性が欠如していると思われるからだ。プラットフォームの収益性が低いのは、China の国内 OEM ブランドが展開している、プロプライエタリな組み込みテレマティクスが、高いシェアを確保しているからである。
 
Professional services revenues are not big due to fewer connections in the telematics segments, a higher proportion of tethered solutions and lack of maturity in IT and consultancy services.
 
また、プロフェッショナル・サービスの収益性も低いが、その理由としては、テレマティックス・セグメントにおける、接続数の不足が挙げられる。その他にも、高い比率の独自接続ソリューションや、IT およびコンサルティング・サービスにおける、成熟度の不足などが挙げられている。
 
ーーーーー
IoT先日に Google OnHub に関するコンテントをポストしましたが、この種の IoT 対応ルータが、おそらく Huawei や ZTE などから供給されるのでしょう。 そして、Cloud News Asia の 5G カテゴリを見れば明らかように、この新しいワイヤレス・テクノロジーへ向けて、アジアは突進しているという感じです。ひょっとすると、外は 5G でつながる IoT ルータになるのかもしれませんね。そうなると、China Mobile だけで8億人と言われる中国のスケールが生きてくるでしょう。これからのアジアで、イノベーションを促進するのも、そして世界が注目するのも、こうした新しいマーケットにおける成長と都市化なのです。文中にもあるように、海外勢にとっては敷居の高いマーケットになりそうですが、どの国というより、どのメーカー/プロバイダーが、この中国市場に参入していくのでしょうか。 興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の IT インフラ投資がスゴイ! 今後の3年間で、20兆円以上が費やされるという!
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!
 

Comments Off on 中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!

%d bloggers like this: