Agile Cat — in the cloud

Innovation の調査: ビジネスとテクノロジーを破壊/再生していく四大要因とは?

Posted in .Selected, Asia, David Chappell, On Monday, Strategy by agilecat.cloud on October 26, 2015
Disruptive Technology: Four Forces Driving Global Large-Scale Transformation
By Dick Weisinger – October 16th, 2015
http://formtek.com/blog/disruptive-technology-four-forces-driving-global-large-scale-transformation/
_ formtek
The world is under stress as it undergoes rapid transformation.  Disruption and change is happening in every corner of our lives, argues three leaders from the McKinsey Global Institute in a new book: No Ordinary Disruption: The Four Global Forces Breaking All the Trends.
 
この世界は、急激すぎる変化にさらされ、また、その圧力を受けている。No Ordinary Disruption: The Four Global Forces Breaking All the Trends という書籍を出版した、McKinsey Global Institute のリーダーたちが主張するのは、私たちの日常では、あらゆる局面で破壊と再生が起こっているという論点である。
 
Dali_13The authors note that what is particularly challenging about these dramatic rapid changes is that they are overlapping and synergistic, making it difficult to predict long-term consequences.
 
この著者たちは、ここでいう急激な変化から生じる、大きな問題について指摘している。 つまり、重複性と相乗性を有する変化により、長期的な予測が困難になってきているのだ。
 
At the heart of modern disruption McKinsey identifies four forces:
 
そして、新たに生まれた破壊的要因として、McKinsey は4つの圧力を認識している:
 
  1. Growth and urbanization in Emerging Markets  McKinsey expects that between 2010 and 2025 that more than half of global GDP will originate from 440 cities that are today part of emerging markets.  Just the single Chinese city of Tianjin is predicted by 2025 to have a GDP that matches the GDP of Sweden.
    途上国の成長と都市化 McKinsey の予測によると、2010年〜2025年の間に、世界の GDP における半分以上が、途上国の 440 都市へと移行していくことになる。2025年の時点においては、たとえば、China の都市である Tianjin(天津)の GDP と、Sweden の GDP が肩を並べると予測される。
  2. Rapid Advances in Technology Technology is being introduced and adopted much more quickly than any other time in history.  Low prices for existing technology makes it easier and less risky for businesses to experiment with and pioneer innovative ideas.  Rapid change though makes it hard for both employees and their employers to stay current.
    技術の急速な進歩 これまでの歴史の中では有り得なかったスピードで、テクノロジーが導入/適用されていく。既存テクノロジーの価格が引き下げられることで、それぞれの企業は革新的なアイデアを、容易かつ低リスクで実験できるようになる。その一方で、こうした急激な変化により、現状の雇用関係を維持していくことが、個人と企業にとって難しくなっていく。
  3. Demographic Changes  Aging populations and falling fertility rates are transforming world demographics. Businesses need to recognize this in both their hiring and marketing.
    人口動態 高齢化と少子化という方向で、世界の人口動態は変化している。それぞれの企業は、人材の確保とマーケティングの両面で、こうした状況を認識する必要がある。
  4. Increased Global Interconnectedness  Global trade and movement of capital, people and information across borders has created a complex, intricate, sprawling web of interrelationships.
    グローバルにおける相互関連性の増大 グローバル貿易と資本の流動化、そして、国境を通り抜ける人々や情報が、複雑かつ錯綜したクモの巣状の相互関係性を、より広大なものにしている。
 
Richard Dobbs, director at the McKinsey Global Institute and co-author of No Ordinary Disruption, says that “powerful forces have been at work in recent decades and the forces that lifted one billion people out of extreme poverty between 1990 and 2010 will help propel another three billion people into the global middle class over the next 20 years.”
 
McKinsey Global Institute の Director であり、No Ordinary Disruption の共著者である Richard Dobbs は、「1990年から 2010年の 20年間で、極度の貧困にあえぐ 10億の人々を支援するという、強力なパワーが機能してきた。そして、これからの 20年間では、30億の人々を世界の中流階級に引き上げる、パワーが働くだろう」と述べている
 
Among the components leading the disruption from the force of advancing technology, McKinsey identifies the following ‘disruptive dozen‘ tech trends:
 
先端的テクノロジーのパワーに基づき、破壊と再生をリードしていく要素の中で、McKinsey が注目する項目は、以下となる:
 
  • Energy Storage
  • Genomics
  • Advanced Materials
  • Autonomous Vehicles
  • Renewable Energy
  • Advanced Robotics
  • 3D Printing
  • Mobile Internet
  • Automation of Knowledge Work
  • Internet of Things
  • Cloud Technology
  • Advanced Oil and Gas Exploration and Recovery
ーーーーー
On Mondayこのところ、アジアを調べている Agile Cat としては、とても納得できる論点です。 スマホを例にすると、10億台近くを有する中国と、毎年1億台ずつ増えているインドが、とても大きな求心力を示し、それに引きずられるように、インフラの整備も進んでいます。 もちろん、こうしたことが要因となり、先進国のマーケットでもスマホの価格が下がっていますが、先日の「100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく」というポストに記されているように、100G ファイバまでが、同じような理由で価格を下げてきています。そして、こうした変化が、あっという間に起こってしまうことに、いつも、驚いてしまうのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm が支援!
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
 

Comments Off on Innovation の調査: ビジネスとテクノロジーを破壊/再生していく四大要因とは?

%d bloggers like this: