Agile Cat — in the cloud

Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!

Posted in .Selected, Advertising, Businesses, Google, Post-PC, Research by agilecat.cloud on October 24, 2015
Google goes nuts after earnings
Jillian D’Onfro – Jul 17, 2015
http://www.businessinsider.com.au/google-q2-earnings-2015-7
 
_ Business Insider
 
この記事ですが、訳しておきながら、ポストし忘れていました。
もう、Q3 の収支報告が始まりますよね・・・ 🙂
 
ーーーーー
 
Google just reported steller Q2 earnings which sent the stock flying. Here are the numbers:
 
つい先ほど(7/17)、Google が発表した 2015年 Q2 の収支報告は、その株価を急上昇させる勢いを見せた。 以下は、その概要ある:
 
  • EPS: $US6.99 vs $US6.73 expected
  • Gross revenue: $US17.7 billion vs $US17.79 billion expected
 
Revenue is up 11% year-over year, and Google says that revenue would have been up 18% if it weren’t for currency fluctuations.
 
この期の売上は、前年比で 11% 増となっている。 そして Google は、為替が変動が少なければ、18% 増という売上になっただろうと述べている。
 
Larry PageGoogle CEO Larry Page
 
Stock was up more than 11% after hours on the beat, which included unexpectedly high paid click growth. Investors were also pleased that Google’s operating expenses decreased from last quarter.
 
株価に関しても、収支が発表された数時間後に 11% 増となったが、その背景には、予想外に高かった Paid Click の値がある。さらに投資家たちは、Google の運用コストが、2015年 Q1 よりも減少していることを歓迎していた。
 
This was the the first quarter under the leadership of new CFO Ruth Porat, and investors clearly felt encouraged both by Google’s numbers and what she said on the earnings call.
 
今回は、CFO に Ruth Porat が就任して最初の四半期であったが、Google の決算が示す数値と内容に対して、投資家たちは明らかに納得していたと思われる。
 
In particular, Wall Street has been barking for more disciplined spending, and Porat assured listeners that Google was taking great care to pour most of its money into the core business, while still taking advantage of strategic opportunities.
 
具体的に言うと、Wall Street 筋は、これまで以上に規律のある支出を求め、Porat はコア事業に大半の資金を注ぎこむと約束してきたが、その一方で Google は、依然として戦略的なチャンスにおいて先進を維持している。
 
Google still very much follows its “70 / 20 / 10″ rule: 70% of time, money, and effort goes to core competencies, 20% goes to related projects, and 10% goes to new, big opportunities (Google’s so-called “moonshots” like smart contact lenses and internet balloons). As Google’s core business growth has decellerated, investors and analysts have been worrying lately that Google was spending too much on those far-reaching projects, but Porat assured them that that wasn’t true. “Even reaching that 10% is a stretch,” she says.
 
つまり、いまでも Google は 70 / 20 / 10 のルールを、きわめて厳格に順守しているのだ。70% の労力は時間と経済のコアコンピタンスに費やされるが、20% は関連するプロジェクトに、そして、10% は大きなチャンスに賭けられていく(Google が Moonshots と呼ぶ、スマート・コンタクトレンズやインターネット・バルーンなどのこと)。Google におけるコアビジネスの成長が減速するにつれて、最近では投資家やアナリストたちが、遠大なプロジェクトに賭ける Google に、あまりを好感を持たなくなってきたが、それが真実ではなかったことを、Porat が裏付けている。そして彼女は、「的確に言うなら、そのレンジだが、10% 前後で伸び縮みする」と述べている。
 
Two of the most important numbers Google reports every quarter are cost per click, how much Google can charge for its ads, and paid clicks, how many times people click those ads.
 
Google が四半期ごとにレポートする、2つの重要なデータがある。 Cost Per Click という数値は、Google が広告に課金できた金額を指し、Paid Click という数値は、それらの広告を人々がクリックした回数を指す。
 
This quarter, CPC was down 11% year-over-year and paid clicks were up 18% year-over-year. Analysts were only expecting an increase of 14%. Last quarter, CPC was down 7% year-over-year and the number of paid clicks was up 13%.
 
この四半期だが、CPC は前年比で 11% のダウンとなり、また、Paid Click は前年比で 18% のアップであった。Paid Click に関するアナリストたちの予測は、14% アップというものであった。なお、前期における数値に関しては、CPC が前年比で 7% ダウンであり、Paid Click が前年比で 13% アップという状況だった。
 
CPC has been decreasing for a while — last quarter, Google attributed that decrease to the impact of YouTube ads, which don’t make as much money as regular ad clicks yet, which upset the popular theory that CPC is declining because advertisers don’t want to spend money on mobile ads. Paid click growth has experienced deceleration as well, so the jump from 13% growth to 18% growth is also likely behind Google’s stock surge.
 
このところ、CPC は減少し続けている。前記の決算において Google は、YouTube 広告の減少が全体的な CPC に影響をおよぼしているが、検索における広告とくらべて、取るに足らない存在であると述べている。つまり、広告主がモバイル広告を買わないから、CPC が低下するという理論を、Youtube 広告が混乱させているのだ。その一方で、Paid Click も減速の傾向にあったが、前期の 13% から、今期の 18% へと、大きくジャンプしたことが、Google の株価を急伸させる背景となった。
 
On the company’s earnings call, Porat and chief business officer Omid Kordestani also said that the monetisation gap between mobile and desktop ads is shrinking. “Mobile CPC is up and desktop CPC is not declining,” Porat says.
 
今回の収支報告において、Porat and Chief Business Officer である Omid Kordestani は、モバイルとデスクトップの広告における、収益性に関するギャップが縮小していると述べている。ただし、「モバイル CPC がアップしているのであり、デスクトップ CPC がダウンしているのはない」と、彼は付け加えている。
 
↓ Click to Large ↓
Google Ad Chart
 
Here are the other important numbers from Google’s report:
 
以下の各項目は、Google のレポートから抽出した、重要な数値である:
 
  • Google site revenues were $US12.4 billion, up 13% year-over-year, while Google Networks revenues were $US3.6 billion, up 2% year-over-year
  • That brought the total advertising revenues to $US16 billion, up 11% year-over-year
  • Other revenues, which includes Google’s enterprise business as well as Google Play Store revenues, were $US1.704 billion, up 17% year-over-year
  • Non-GAAP net income was $US4.82 billion, up 16% year-over-year
  • Operating expenses were $US6.31 billion down from $US6.5 billion last quarter, but up from $US5.58 billion Q2 2014
 
  • Google Site の売上は $US12.4 billion であり、前年比で 13% アップとなる。 また、Google Networks の売上は $US3.6 billion であり、前年比で 2% アップとなる。
  • 双方の合計である広告売上は $US16 billion であり、前年比で 11% のアップとなる。
  • Google Enterprise ビジネスと、Google Play ストアなどを収益を含む、Other の売上は $US1.704 billion であり、前年比で 17% アップとなる。
  • 非公式な純利益は $US4.82 billion であり、前年比で 16% アップとなる。
  • 営業経費は、前期の $US6.5 billion から $US6.31 billion へとダウンしたが、2014年 Q2 の $US5.58 billion との比較ではアップとなる。
Now, time for the Q2 earnings call.
 
Porat starts by highlighting growth in YouTube revenues and strength in mobile search as factors behind the strong quarter.
 
Porat は、この堅調だった四半期の要因として、YouTube における売上の伸びと、モバイル検索の強さから、その説明を開始した。
 
“Growth in watch time on YouTube has accelerated and is now up over 60% year over year, the fastest growth rate we’ve seen in two years,” Porat says. “Mobile watch time has more than doubled from a year ago.”
 
Porat は、「YouTube における再生時間が、大幅に拡大している。その成長率は、前年比で 60% 以上となっており、このような年次比較では最大となっている。 また、モバイルでの再生時間は、前年比で二倍以上に伸びている」と述べている。
 
Porat also says that Google continue to close gap between mobile and desktop search monetisation.
 
さらに Porat は、Google 検索におけるモバイルとデスクトップの、収益性に関するギャップが縮小し続けていると述べている。
 
Google’s operating expenses decreased from last quarter, and CAPEX spend was lower than both last quarter and year-over-year.
 
Google における営業費用は、この前の四半期と比べて減少している。 また、設備投資は、前四半期との比較においても、前年同期との比較においても減少している。
 
Porat also reiterated Google plans to be disciplined in managing expenses, while still pursuing strategic opportunities.
 
また、Porat は、Google が経費の管理について、継続して精査していく一方で、戦略的な機会を追求していくとも述べている。
 
“A key focus is on the levers within our control to manage the pace of expenses while still ensuring and supporting our growth,” she says. “We will do this while we continue to invest in engineering talent to keep us preeminent in innovation globally.”
 
彼女は、「私たちがコントロールしていくべき主要なポイントは、支出におけるペースを管理しながら、企業としての成長を確実にサポートする点に集約される。それを実行に移しながら、グローバルでの傑出したイノベーションを維持するための、優れたエンジニアリングに継続して投資していく」と述べている。
 
Google’s chief business officer, Omid Kordestani, also spoke on the call. One interesting tidbit he gave was that the number of people who start their YouTube viewing sessions on the the site’s homepage — versus coming in through a specific video — is up 3x year-over-year. That’s achieving Google’s goal of making the YouTube experience more like that of television, where users tune in, knowing they will find a variety of things they want to watch.
 
この収支報告では、Google の Chief Business Officer である Omid Kordestani も発言している。彼が提供してくれた、興味深いトピックとして、YouTube サイトのホームページからビデオを再生する比率が、前年比で 3倍以上の伸びたという話があった(他サイトからのリンクではなく)。YouTube のエクスペリエンスを、TV のようなものにしていくという、Google の目標が達成されようとしているのだ。そこにユーザーが来たときに、彼らが見たいと思う多様なビデオが存在することを、認識するようになる。
 
On mobile, the average viewing session is now more than 40 minutes, up more than 50% year-over-year.
 
モバイル環境においては、平均的なセッションは 40分以上となり、前年比で 50% 以上の伸びとなっている。
 
Time for questions:
 
When one analyst asked about Google’s priorities, Porat said that the priority is revenue growth, but that pursuing revenue growth is not inconsistent with expense management.
 
あるアナリストが、Google における優先順位について尋ねたとき、収益における成長が優先するが、それを追求することが、支出の管理と矛盾してはならないと、Porat は回答していた。
 
Why has YouTube seen this resurgence in growth? one analyst asks.
 
YouTube の成長力が、復活している理由について、あるアナリストが質問していた。
 
“I think it’s really a combination of all the strengths of YouTube coming together,” Kordestani says. More than 1 billion people use YouTube, and we’re doing a much better job with our products and our salesforce, he says. “It’s really all the pieces coming together for us, but we still see a lot of opportunities ahead.”
 
Kordestani は、「YouTube の持つ強みが、一体化した結果だ。10億以上の人々が YouTube を使用し、私たちは製品と広告の展開を、とてもうまくこなしている。すべての要素が、ほんとうの意味で一体化してきたが、私たちは、これまでの以上のチャンスを見出すだろう」と答えていた。
 
Kordestani also touched upon ways that Google’s trying to make its search ads better across different screens, including through local inventory ads and product listing ads. Retailers can now better see how their Google search ads influence their in-store sales.
 
また、Kordestani は、Googleのは、複数のディスプレイを横断するかたちで、検索広告を改善しようとする、Google の試みにも触れていた。 たとえば、プロダクト・リストの広告と、手元の在庫に関する広告を、連携して表示できるようになる。Google の検索広告により、ストア内での販売に生じる影響を、小売業者たちは確認できるようになっている。
 
Porat once again celebrated the fact that the price difference Google can charge between mobile and desktop ads is shrinking. “Mobile CPC is up and desktop CPC is not declining,” Porat says. It took time to fully develop the pricing model for desktop, and we’re continually working on developing that ecosystem for mobile, she adds.
 
再び Porat は、Google 広告における、モバイルとデスクトップのギャップが、縮小しているという事実を歓迎していると述べていいた。「モバイル CPC がアップしているが、デスクトップ CPC は低下していない」と、Porat は発言している。デスクトップのための、完全な価格設定モデルを開発するために、膨大な時間を費やしてきた。そして、いま、モバイルのためのエコシステムの開発に、継続的に取り組んでいると、彼女は付け加えている。
 
She also once again assured investors that Google still very much follows the “70 / 20 / 10″ framework that it always as. That is, 70% of time and effort goes to core competences, 20% goes to related projects, and 10% goes to new, big opportunities (Google’s so-called “moonshots”). Investors and analysts have been worrying lately that Google was spending too much on those far-reaching projects, but Porat assured them that that wasn’t true. “Even reaching that 10% is a stretch,” she says.
 
そして、彼女は再び、Google が、 Google は 70 / 20 / 10 のルールを、きわめて厳格に守っていることを、投資家たちに保証した。70% の労力は時間と経済のコアコンピタンスに費やされるが、20% は関連するプロジェクトに、そして、10% は大きなチャンスに賭けられていく(Google が Moonshots と呼ぶ、スマート・コンタクトレンズやインターネット・バルーンなどのこと)。投資家やアナリストたちが、遠大なプロジェクトに賭ける Google を心配しているが、Porat は、事実とは異なると述べている。そして彼女は、「的確に言うなら、そのレンジだが、10% 前後で伸び縮みする」と述べている。
 
ーーーーー
google-55aちょっと、時間が空いてしまいましたが、Google の 2015年 Q2 の決算に関するレポートです。これまでの、収益性の低かったモバイル広告が、次第にデスクトップ広告とのギャップを埋め始めているというのは、Google が待ち望んできた状況なのだと思います。 Larry Page が CEO として、Google の決算を報告するのは、今回が最後となるわけですが、とてもよいかたちで、Sundar Pichai への引き継ぎが完了したようです。 そして、これからも、Google には 70 / 20 / 10 のルールを、守り続けてもらいたいですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング手法:全面戦争か?
グローバルでは2億人が AD-Block を使っている! それを示す1枚のチャート
Apple の 広告ブロックは、Facebook に対して無力である:その関係を整理しておこう 
各種のソーシャル・メディアが、モバイル・アプリの開発と、ネイティブ・アドの供給へ走りだす!
 

Comments Off on Google の 2015年 Q2 決算:モバイル・アドは好調だし、70/20/10 のルールも維持していく!

%d bloggers like this: