Agile Cat — in the cloud

ギガ 蓄電池 のマーケット: 2015年の 0.2GW から 2025年の 12.7GW へと、グローバル容量が急成長する!

Posted in Data Center Trends, Energy, Green IT, Strategy by agilecat.cloud on October 23, 2015
Global new installed energy storage systems for renewable energy integration power capacity expected to reach 12.7GW in 2025, says firm
Alex Wolfgram – October 16, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20151015PR204.html
 
_ Digi Times
Variable renewable energy, or renewable energy sources that are non-dispatchable due to a fluctuating nature, like wind power and solar photovoltaics (PV), continues to proliferate, creating challenges to the electrical grid, which was designed using a centralized model with predictable power flows.
 
風力発電や太陽光発電(PV)のような再生可能エネルギーは、その変動性のために、頼りがいのある存在としてみなされていない。そのため、予測可能なパワー・フローと、センタライズされたモデルで設計された送電網への、取り組みが繰り返され、また、増殖し続けている。
 
Wind FirmWikipedia
 
As these challenges increase, so does the market for energy storage systems (ESSs) designed specifically to facilitate the integration of renewable energy generation. According to a new report from Navigant Research, new installed energy storage systems for renewable energy integration (ESRI) power capacity is expected to grow from 196.2MW in 2015 to 12.7GW in 2025.
 
しかし、こうした施策が課題を増やすにつれて、既存の送電網に対して再生可能エネルギーを容易に統合するための、新たにデザインされた ESS (Energy Storage Systems) の市場が活性化していく。 Navigant Research の最新レポートによると、再生可能エネルギー統合のために、新たにインストールされるエネルギー・ストレージ・システム ESRI (Energy Storage Systems for Renewable Energy Integration) の容量は、2015年の 196.2MW から 2025年の 12.7GW へと、大きく成長していくと予測される。
 
“It’s expected that the compensation schemes for variable generation will drive the market for ESRI, and markets with compensation structures that favor dispatchability and self-consumption of wind and solar electricity will lead the market,” said Anissa Dehamna, principal research analyst with Navigant Research. “With few exceptions, islands and isolated grids are expected to lead the market in near-term due to higher renewables penetration and little to no interconnections with neighboring grid systems to balance instability.”
 
Navigant Research の Chief Research Analyst である Anissa Dehamna は、「 再生可能エネルギーの変動幅を、補完するためのスキームが、ESRI 市場をドライブしていくと予測される。そして、こうした補完スキームが達成されることで、送電網への接続と現地での消費が具体化され、風力や太陽光による発電が、市場をリードすることになるだろう。さらに、いくつかの例外を挙げるなら、離島および孤立地域での送電網では、再生可能エネルギーの普及が早まり、近い将来において市場をリードすると期待される。そして、近隣の送電網との相互接続が不足している状況などにおいても、きわめて短期間で、適正なバランスを取り得るだろう」と述べている。
 
One of the primary drivers of the grid-tied ESS market is the decreasing cost of advanced batteries, according to the report. While system costs are still one of the biggest barriers to the industry’s growth, declining prices and a flood of new systems integrators are opening up new use cases and geographic markets.
 
ESS 市場と送電網をつないでいく、大きな推進力の1つとして、最先端蓄電池のコスト削減が挙げられると、このレポートは述べている。この産業が成長するためには、最大の障壁である費用対効果という課題をクリアしなければならないが、コストの低減とシステム・インテグレータの台頭により、新たなユース・ケースと、地域ごとのソリューションが、広く知れ渡るようになってきた。
 
ーーーーー
greenit_55風が吹くなら、お日様が照るなら、それを使えば良いでしょうというのが、Agile Cat の個人的な感覚なのですが、風は止まるし、雨の日もあるので、まだまだ先の話だろうと思っていました。 でも、人の頭は使いよう、人類の叡智は無限ということが、なんとなく証明されつつありますね。 2014年 2月に「送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー:HVDC との相性も良さそう!」という抄訳をポストしましたが、その後も順調に伸びているようで、とても安心しました。 人々の生活に欠かせない電力を、中央集権的にコントロールすると、どうしても第二の税になっていきます。 三国志の関羽も、水滸伝の盧俊義も、第二の税である「塩」と戦う義賊だったわけですが、いまの世の中、そんな物騒なことを考えなくても、蓄電池のテクノロジーを磨いていけば、電力は空気のようなものになると、このポストは伝えているのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えるべき
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SoftBank と Bloom Energy が提携 : 最新の燃料電池が日本にやってくる!
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について
 

Comments Off on ギガ 蓄電池 のマーケット: 2015年の 0.2GW から 2025年の 12.7GW へと、グローバル容量が急成長する!

%d bloggers like this: