Agile Cat — in the cloud

Google が 中国の AI スタートアップに出資: はたして、この最大のインターネット市場に復帰できるのか?

Posted in .Selected, AI ML, Asia, Google, Government by agilecat.cloud on October 21, 2015
Google buys stake in $300 million China startup Mobvoi
Reuters | Oct 20, 2015, 04.29 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Google-buys-stake-in-300-million-China-startup-Mobvoi/articleshow/49467879.cms
 
_ Times of India
 
BEIJING: Google will take a minority stake in Beijing-based artificial intelligence firm Mobvoi as part of a $75 million fundraising round, the startup said on Tuesday, as the US search giant tries to rebuild its presence in China.
 
BEIJING: Google だが、Beijing ベースの AI スタートアップ Mobvoi の株式 $75 million 相当を、同社の資金調達ラウンドで 取得した。 この火曜日に、Mobvoi が公表した出来事は、China でのプレゼンスを再構築しようとする、Google の方針を示している。
 
Mobvoi works on artificial intelligence (AI) voice-controlled software, like that used in Google’s Android products for mobile search, and also develops hardware like smart watches. Google’s parent company is now named Alphabet.
 
Mobvoi が取り組んでいる AI を用いた音声制御ソフトウェアは、Android のモバイル検索で用いられるものに似ている。 そして、同社は、スマートウォッチのようなハードウェアも開発している。なお、周知のとおり、いまの Google の親会社は、Alphabet である。
 
Google-in-ChinaFlickr
Jens Schott Knudsen
 
The Series-C funding was led by Google and has valued Mobvoi at $300 million. The deal comes at a time when Google is seeking to re-establish itself in China.
 
The Google-led Series C fundraising values Mobvoi at $300 million, with the start-up maintaining a controlling stake, said co-founder Li Yuanyuan in a telephone interview. The size of the US firm’s investment was not disclosed by Li or in Mobvoi’s e-mailed statement on Tuesday.
 
今回の、Google が主導する Series C 資金調達は、Mobvoi を $300 million で評価するものだが、このスタートアップの運営は、これまでの経営陣が継続していくことになると、Co-Founder である Li Yuanyuan が電話インタビューで答えている。 ただし、Google からの投資規模については、Li Yuanyuan のインタビューでも、Mobvoi のメール・ステートメントでも、明らかにされていない。
 
The deal, not Google’s first in China but one of few, comes as the company seeks to re-establish itself in the world’s largest internet market by population of users.
 
この取引は、Google が China で、最初に締結したものではないが、その件数は少ない。この動きは、ユーザー人口という面で、世界最大の規模を誇る、China のインターネット市場でのプレゼンスを、あらためて確立しようとする、Google の方針を示している。
 
Because services like its search, e-mail and mapping are blocked in China, the US firm is trying to cement partnerships with domestic providers like Mobvoi, which offers technology similar to Apple’s Siri and Google’s own version.
 
Google は、そのメールやマッピングなどのサービスが、China でブロックされているため、Mobvoi のような China プロバイダーとのパートナーシップを強化しようとしている。そして、このスタートアップは、Apple Siri や Google Now のようなテクノロジーを提供しているのだ。
 
Mobvoi previously partnered with Google to provide Chinese-language voice search for the latter’s Android Wear smartwatch operating system. The Chinese firm will use the money from its fundraising to invest in AI and robotics research.
 
これまでの Mobvoi は、最新のスマートウォッチ OS である Android Wear に対して、中国語音声検索を提供するには、Google と提携してきた。そして、このスタートアップは調達した資金を、AI と ロボティクスの研究に投入してきた。
 
Mobvoi is also developing voice search to be integrated into vehicles and a robot for families in China, said Li. When contacted, a Singapore-based Google spokesman declined to elaborate on how the Mobvoi investment fit with its China strategy.
 
Mobvoi は、China マーケットにおける車載および家庭用のロボットに、音声検索を組み込むための開発を推進していると、Li は発言している。ただし、私たちが、Google Singapore のスポークスマンと接触したとき、同社の China の戦略と Mobvoi への投資について、詳しい関連性は説明されなかった。
 
Although Google has maintained an engineering and sales presence in China, it largely withdrew its services out of China five years ago after refusing to continue self-censoring search results.
 
このように、Google は China において、エンジニアリングとセールスのプレゼンスを維持しているが、同国からサービスを撤退させたという、大きな現実に直面している。 それは、検索結果に対する自己検閲を拒否した、5年前の出来事にさかのぼる。
 
CEO Sundar Pichai has made no secret that he wants to get back into China, with his bet riding on Google Play, the app store for its Android mobile operating system, despite it currently being borderline inaccessible in China. He faces an uphill struggle.
 
CEO である Sundar Pichai は、Google Play を China 市場に展開しようと目論んでいることを、秘密にはしていない。しかし、この Android OS 用のアップ・ストアは、China 国内からはアクセス不可能である。つまり、彼は、苦しい闘いに直面しているのだ。
 
ーーーーー
google-55aあの大騒動から、もう5年が経つのですね。 当時のバックナンバーを拾ってみましたが、「Google と 中国政府の予定調和を分析する」という、Wired のポストが秀逸です。 そのころのことを調べたいという方に、オススメしたいです。今日の記事を読んでも、マダマダ手強い Great Firewall という感じですが、なんらかの雪解けは訪れるのでしょうかね? でも、そのためには、中国側に変化が必要でしょうし、それまでは、中国企業と連携した範囲に、Google の動きも制約されるのでしょうね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google は 中国政府に TKO 負けしてしまったのか?
驚愕的中国検索市場: Baidu は大苦戦で、Google はボロボロ
Google の中国撤退声明文:対訳
中国国内の、DNS ルート・サーバーが閉鎖された?
中国の DNS 問題について、チリの NIC がリリースを!
 

Comments Off on Google が 中国の AI スタートアップに出資: はたして、この最大のインターネット市場に復帰できるのか?

%d bloggers like this: