Agile Cat — in the cloud

Govt Cloud の調査:米政府機関のテック・リーダーたちは、クラウドへの移行を望んでいる

Posted in Government, On Monday, Research by agilecat.cloud on October 12, 2015
Cloud Computing: Governments Ripe for the Cloud
Dick Weisinger – October 6th, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-computing-governments-ripe-for-the-cloud/
_ formtek
All levels of government are expected to move their data from legacy on-premise systems to the cloud from now until 2020, according to a survey by Socrata and sponsored by EMC Research.
 
すべてのレベルの政府機関に対して、レガシーなオンプレミス・システムからクラウドへと、2020年までにはデータを移行して欲しいという、期待が寄せられている。それが、EMC Research が主催し、Socrata が調査した結果に表れている。
 
  • Chagall_179 percent of government agencies say that most or all of their current software and data are kept on on-premise hardware
  • 75 percent of government agencies that they’re both interested in and open to using cloud technology
  • 83 percent of government agencies say that it is important for them to have software that is user-friendly and easy to use
 
  • 79% の政府機関は、ほとんど、あるいは、すべてのソフトウェアとデータを、現時点ではオンプレミスのハードウェア上に保持していると述べている。
  • 75% の政府機関は、クラウド・テクノロジーの使用に対して、興味を持っており、また、閉鎖的ではない。
  • 83% の政府機関は、ユーザー・フレンドリーで利用し易いソフトウェアを持つことが、とても重要だと述べている。
 
Rick Howard, Research Director at Gartner, said that “the burden of legacy technologies in government puts innovation on a path of incremental improvement when agility and quick solution delivery is expected.  To demonstrate ‘digital now, digital first’ leadership in government, CIOs must flip their approach to managing IT from the inside-out perspective of legacy constraints to the outside-in view of citizen experience. It’s all about starting with the digital world and what is possible – thinking cloud, mobile and situational context first – and then considering, ‘How do we get there from here?’ using information and technology.”
 
Gartner の Research Director である Rick Howard は、「敏捷で迅速なソリューションの供給という、段階的な改善を要求する流れの中で、政府内でレガシー・テクノロジーを運用するという負担が、イノベーションを受け入れさせるだろう。政府内における Digital Now, Digital First のリーダーシップを証明するために、CIO たちは、これまでのアプローチを反転させなければならない。それは、制約だらけのレガシーな視点を、内側から外側へ向けて露呈させ、また、市民のエクスペリエンスが手にした視点を、外側から内側へ向けて取り込むことだ。それは、すべてのデジタルの世界で始まるものである。 そして、クラウドとモバイルについて考え、また、状況に応じた柔軟なスタンスを取ることで、実現できることを想定していくべきだ。続いて、いまの立ち位置から、次の立ち位置へ、移行するための方法について、情報と技術を活用しながら検討していくべきだ」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday本文だけだと、調査の対象がわからなかったので、参照元を確認してみました。 すると、City/County/State/Federal における、500人以上のテクノロジー・リーダーに対する調査であると記載されていました。 地域に関しては、なにも記されていないようですが、State という表記からして、おそらくアメリカが対象なのでしょう。つまり、アメリカ政府機関のテクノロジー・リーダーたちが、自らの属している組織に対して、早くクラウドへ移行すべきだと要求しているわけです。日本で、同じような調査を実施したら、どのような結果になるのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Hybrid Cloud の調査: ハイブリッドへの完全な移行には5年は要するだろう
High-Speed Optical の調査: 光子/量子ドットによるテラ・ヘルツ・コンピューティング時代!
Mobile Traffic の調査: 2015年のモバイル・データ通信量は、5200万テラ・バイトに至る
IoT の調査: セキュリティ/プライバシーの問題と、米下院での論点について
IDC の予測:2015年の パブリック市場は、製造/金融/小売などで $70 B を売り上げる!
 

Comments Off on Govt Cloud の調査:米政府機関のテック・リーダーたちは、クラウドへの移行を望んでいる

%d bloggers like this: