Agile Cat — in the cloud

Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!

Posted in Advertising, Google, Mobile, Strategy, Twitter by agilecat.cloud on October 8, 2015
Google will crank the mobile web up to warp speed with Accelerated Mobile Pages
Mark Wilson – Oct 7, 2015
http://betanews.com/2015/10/07/google-will-crank-the-mobile-web-up-to-warp-speed-with-accelerated-mobile-pages/
 
_ beta news 2
 
Google today announced a project which has the aim of speeding up the web for mobile users — Accelerated Mobile Pages, or AMP. While there are clearly benefits for users in speeding up the web, Google is pushing the benefits that advertisers could reap: if a page takes too long to load, visitors may give up and not see any ads at all.
 
先ほど (10/7) Google は、モバイル・ユーザーのために Web を高速化する、AMP(Accelerated Mobile Pages)というプロジェクトについてアナウンスした。この、Web における高速化は、ユーザーにとって確かに喜ばしいものであるが、Google としては広告主に対してもメリットをプッシュしていくようだ。つまり、ページの読み込みに時間がかかりすぎる場合、ユーザーは参照をあきらめてしまい、まったく広告が表示されないという状況に陥るからだ。
 
warp_imageFlickr
Christian Ortiz
 
The AMP project is an open source initiative that gives publishers the ability to optimize their site code for mobiles so it will “load instantly everywhere”. The aim is to be as platform independent as possible, allowing for optimize-once workflow. The result of a collaboration between Google, Twitter, WordPress, LinkedIn and others, a new open framework called AMP HTML has been put together from existing web technologies.
 
この AMP プロジェクトは、オープンソースとして促進されるものであり、パブリッシャー・サイトのコードをモバイルに最適化していく。 したがって、何時でも何処でも、インスタントなロードが可能になっていく。また、プラットフォームへの依存性を可能なかぎり払拭することで、Optimize-Once のフローを実現していくことを目標にする。この AMP HTML と呼ばれる新しいオープン・フレームワークは、Google/Twitter/WordPress/LinkedIn などによるコラボレーションの結果であり、既存の Web テクノロジーと共存するものとなる。
 
If the idea of pages loading “instantly” seems a little far fetched, Google says that smart caching and prediction help to facilitate it. As this is an architecture built with existing tools, publishers are free to continue creating and hosting their own content without having to worry about using new templates. The AMP Project website not only explains how the technology works and why it came about, but also demonstrates AMP HTML in action.
 
ページ・ロードを「瞬時」に処理するという考え方は、現状では難しいと思われてきたようだが、スマート・キャッシュと予測に基づいた読み込みにより、Google は容易に達成できるとしている。 また、既存のツールで構築されたアーキテクチャであるため、新しいテンプレートなどを必要とすることもない。 したがって、パブリッシャーは自身のコンテントの作成と配置を、これまでと同様に、自由に行えることになる。 AMP プロジェクト・サイトは、このテクノロジーの背景や機能を説明するだけではなく、AMP HTML のデモンストレーションにも取り組んでいる。
 
The framework is an extension of the idea of pre-rendering pages:
 
このフレームワークは、pre-rendering pages という考え方を拡張したものである:
 
Browsers have long supported pre-rendering through the <link rel=prerender> tag, but they need to be conservative about this mechanism because prerendering can be expensive. With AMP HTML we added the ability to tell a document: render yourself, but only as far as what is visible above the fold and only elements which are not CPU intensive to minimize the cost of pre-rendering. With this mechanism in place, referrers of AMP document can initiate rendering of docs before the user acts much more aggressively, so that in many cases the document will be done rendering by the time the user clicks.
 
ずっと以前から、各種のブラウザはプリ・レンダリングを、<link rel=prerender> タグを用いることでサポートしてきた。 しかし、プリ・レンダリングが大量のリソースを消費するため、このメカニズムが積極的に利用されることはなかった。AMP HTML において、私たちは、「伝える能力」をドキュメントに追加した。 つまり、エレメントは自身をレンダリングするが、その対象は Above The Fold なものに限定される。さらに、CPU に負荷をかけないエレメントだけに限定することで、プリレンダリングによるリソース消費を、最小限に抑えることが可能になっていく。つまり、AMP ドキュメントから参照される側は、このメカニズムを適切に配置することで、ユーザーが積極的にページを切り替える前に、対象となるドキュメントのレンダリングを開始できる。その結果、大半のケースにおいて、ユーザーがクリックする前に、レンダリングが完了することになる。
 
At the moment it is possible to speed up page load times by 15 to 85 percent, but as more work is done on optimizing the ecosystem, everyone using AMP HTML will automatically benefit — no need to go back and change code.
 
現時点でも、ページの読み込み時間を、15%〜85% ほど短縮することが可能であるが、エコシステムにおける最適化のための作業が、さらに推進されていくだろう。 AMP HTMLでは、コードの改変が不要となるため、すべての人々が自然にメリットを享受していく。
 
Google says that it already has nearly 30 publishers on board, and more will join the project as it develops and spreads. The company also says that a “core goal” of the AMP project is to support paywalls and subscriptions, giving publishers more ways to monetize their sites.
 
Google の話によると、すでに 30社ほどのパブリッシャーが、この話に乗っているという。 そして、このプロジェクトにおける開発と普及が進むにつれて、より多くが参加するだろうと、付け加えている。また、同社は、AMP プロジェクトの核心となる目標として、有償コンテントのサブスクリプションに関するサポートを挙げている。 それによりパブリッシャーは、自社のサイトにおけるマネタイズの方法を見つけ出していくだろう。
 
If you’re interested in getting started with AMP, the resources you need are on GitHub.
 
もし、AMP による開発をスタートしたいなら、必要となるリソースを GitHub で入手できる。
 
ーーーーー
google-55a昨夜は早寝だったので、夜中の 12時ころに目が覚めてしまい、なにげなくアジアの情報を眺めていたら、この AMP (Accelerated Mobile Pages) の話題で、世界中が盛り上がっていた・・・ というわけです 🙂 あまりにも、ニュース・ソースが多かったので、どれを読もうかと悩んでしまったのですが、この Beta News が面白そうでした。この他にも、HTTP/2 の話もありますし、100G Fiber もあれば、2020年の 5G もあるという、とても楽しみな展開になってきましたね。 _AC Stamp
 
Telegraph – Google announces AMP, a much faster way to load news articles
Engadget- Google wants to make mobile web browsing faster
ZDNet – Google launches project to speed up mobile, take away ad blocker
WSJ – Google’s ‘Accelerated Mobile Pages’ Promises Faster Loads
BI – Google has launched a major project that aims to make the entire mobile
ーーーーー
<関連>
NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに拡張! 北米/東南アジアが近くなる!
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
iOS 9 広告ブロックのベータ版を試してみたら、こんなに簡単に動かせた!
Apple の iOS 9 広告ブロック – 対 – Google からのハッキング:またも全面戦争か?
 

Comments Off on Google の OSS:AMP HTML により、超高速 モバイル Web レンダリングが実現される!

%d bloggers like this: