Agile Cat — in the cloud

NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに拡張された! 北米/東南アジアとの距離が大きく削られていく!

Posted in Asia, Network, Telecom by agilecat.cloud on October 1, 2015
NTT Communications scales Japan-U.S. network capacity beyond 1 Terabit
Sean Buckley – September 24, 2015
http://www.fiercetelecom.com/story/ntt-communications-scales-japan-us-network-capacity-beyond-1-terabit/2015-09-24
 
_ fiercetelecom
NTT Communications continues to scale the speed of its global network, announcing that the capacity on its Japan to United States route surpassed 1 Tbps this month.
 
NTT Communications は、Japan – United States ルートのキャパシティに関して、この9月中に 1 Tbps  を超えることを発表した。 つまり、そのグローバル・ネットワークの速度を、向上させ続けているのだ。
 
The service provider claims this marks the first time a Japan-U.S. network reached that speed.
 
今回の発表により、Japan – United States ネットワークが、初めて 1 Tbps に到達することになると、このサービス・プロバイダは主張している。
 
Cable_layer_shipWikipedia
 
By having this new capacity on hand, NTT said it will be able to support the forecast demand for capacity that it expects to see double over the next two years due to the growing number of Internet users on mobile smartphones and tablets and the growing adoption of broadband.
 
この、拡張されたキャパシティを手にすることで、将来において予測される需要をサポートしていけるようになると、NTT は述べている。つまり、スマホおよびタブレットからのモバイル接続や、ブロードバンドの広がりにより、これからの 2年間でインターネット・ユーザー数が倍増すると、同社は予測しているようだ。
 
It offers services via its global IP network to Japan and major countries in Asia, North America, Latin America, Europe and Oceania. The Asia-Oceania channel has reached a total capacity of over 1.5 Tbps, while the Japan-U.S. channel handles over 1 Tbps.
 
Japan および Asia/North America/Latin America/Europe/Oceania の主要国を接続する、このグローバル IP ネットワークを介して、さまざまなサービスが提供されていく。Japan – United States チャネルが 1 Tbps であるのに対して、Asia-Oceania のトータル・キャパシティは 1.5 Tbps を超えていくようだ。
 
Being a forward-looking service provider, NTT Communications said it has been making new investments in a number of new technologies, including 100 Gigabit Ethernet (GbE) and and 100G digital coherent transmission, a next-generation optical transmission technology on the PC-1 submarine cable.
 
将来を見据えるサービス・プロバイダーであり続けるために、NTT Communications は多様なテクノロジーに対して、新規投資を行っていると述べている。具体的に言うと、100 Gigabit Ethernet(GBE)と、100G デジタル・コヒレント転送伝送、そして、PC-1 海底ケーブルにおける次世代オプティカル・テクノロジーなどが挙げられる。
 
In March, NTT completed a field trial of 400 Gbps optical signals on its existing network without affecting existing 100G channels as it added and removed 400G channels in a 100G WDM system.
 
この 3月に NTT は、既存のネットワーク上で 400 Gbps の光信号を転送しても、既存の 100G チャンネルに影響を与えないという、フィールド試験を完了している。つまり、100G WDM システム上で、400G チャネルの追加/削除が可能だということだ。
 
It plans to take the result of that trial to establish optical transport systems, including optical fiber cables, and apply them commercially for a number of uses such as 400 Gbps technology and other flexible optical network technology and Ethernet technologies, including 400 GigE to compose 400 Gbps optical signals.
 
同社は、光伝送システムを確立するために、そのトライアルでの結果を活用したいと考えている。そこには、光ファイバ・ケーブルのテクノロジーと、その応用という視点が取り込まれている。まず、400 Gbps テクノロジーの、広範囲における商業利用などが挙げられる。また、400 GigE を構成するための 400 Gbps 光信号といった、Ethernet/Optical ネットワークの、柔軟な組み合わせなども取り込まれていくだろう。
 
ーーーーー
Telecom昨夜ですが、Asia の Cloud に関する RSS ポータルを作っていて驚いたのですが、つい先日までは遅くてイラついていた、アジアの Web サイトが、かなり速くなっているのです。そして、この 9/24 にポストされた記事を訳していて、9月中に NTT の海底ケーブルが拡張されたことを知りました。 ひょっとすると、この2つのことは関連するのかもしれません。 やはり、高速のネットは快適です。 もっと、もっと、速くしてくださ〜い! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る
Telefónica と China Unicom が、クラウド DC を相互利用! 急接近する欧州と中国
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
コロケーション DC:世界の Top-12 ランキングを1枚のチャートで!
 

Comments Off on NTT Com の海底ケーブルが 1 Tbps 超えに拡張された! 北米/東南アジアとの距離が大きく削られていく!

%d bloggers like this: