Agile Cat — in the cloud

Chrome OS を終わりにしたい、Google の事情が見えてくる、1枚のチャートとは?

Posted in .Chronicle, Google, Post-PC, Research by agilecat.cloud on October 31, 2015
If Google kills Chrome OS, there won’t be many mourners
Matt Rosoff – Oct 30, 2015
http://www.businessinsider.com/chromebook-sales-versus-other-pcs-2015-10
 
_ Business Insider
 
Yesterday, the Wall Street Journal reported that Google is merging its Chrome OS operating system — which is based on the Chrome browser and used on personal computers (mostly laptops) — with Android, its market-leading operating system for smartphones and tablets.
 
昨日に Wall Street Journal が、Chrome OS と Android を、Google が統合するというニュースを報じた。つまり、Chrome Browser ベースであり、また、PC で用いられるオペレーティング・システムと、スマホとタブレットの市場をリードするオペレーティング・システムの統合である。
 
The move has been expected for some time, but Chrome OS fans quickly took to social media to defend the Chromebook laptops, which are cheap, quick to start up, and perfectly fine if all you need is browser apps. A Google exec insisted that Chrome will live on in some form.
 
Pixel C が登場するまで、この動向は注目を集めると思うが、Chrome OS のファンたちの動きも素早く、Chromebook Laptop を守るために、ソーシャル・メディアに陣取って主張を繰り返している。なぜなら、あなたが必要とするのがブラウザ・アプリであるなら、これほど安価で、これほど起動が速く、これほど完璧なものは、どこを探しても見当たらないからだ。それに対して、Chrome のコンセプトは何らかの形で生き残ると、ある Google の幹部は述べている
 
Chromebook-Sales
Statista
 
But if Google does kill Chrome OS, this chart from Statista suggests it wouldn’t be widely mourned. Chromebooks have never been a significant part of the computing market. Last year, according to Gartner, about 546 million PCs and tablets shipped. Most of the PCs run Microsoft’s Windows, a few run Apple’s Mac OS X, and most of the tablets run Google’s Android or Apple’s iOS.
 
しかし、Statista のチャートが示唆するのは、Google が Chrome OS を廃止するにしても、悲しむ人は、それほど居ないという現実である。言い換えるなら、これまでの Chromebook は、コンピューティング市場における重要なパートになっていない。Gartner レポートによると、昨年の PC/Tablet の出荷数は、約 5.46 億台となる。大半の PC は Microsoft の Windows を搭載し、少数が Apple の Mac OSX を搭載している。タブレットに関しては、大半が Google の Android もしくは Apple iOS で走る。
 
Chromebooks made up about 1% of the market. That percentage was barely predicted to change in the next two years.
 
Chromebook のマーケット・シェアは、約 1% にすぎない。そして、これからの2年間においても、わずかな変化が生じるのみだと予想されている。
 
Meanwhile, Android ships on 85% of all smartphones, including 1 billion devices just last year. Not all of those versions of Android are the same, and some don’t contain any links to Google services, but it’s clear which platform the market prefers.
 
その一方で、Android は昨年だけで、10億台のデバイスに搭載され、すべてのスマートフォンの 85% を占めるという勢いだ。すべての Android が、同じバージョンというわけではなく、Google のサービスが利用できないものも含まれているが、マーケットが選んだプラットフォームであることに、誰もが納得するだろう。
 
SEE ALSO:It’s not just the iPad — the entire tablet market is sucking wind
 
ーーーーー
Post-PCchromebookこのチャートを見ると、もう少し売れるなら、Google にも再考の余地ありと思えてきます。 ほんと、Chromebook は、安い/速い/簡単という、三拍子そろったデバイスで、とても好きなのです。 一年ほど前だったと思いますが、eBay から我が家に届いた Chromebook はというと、そのパッケージは潰れかけていて、ラベルというか帯というか、それもメクレ上がっていて、この中に PC が入っていると思える体裁ではありませんでした。 でも、ハコを開けて、触りながら考えていると、ここに未来があるように感じられてきて、それなりに楽しんできたという経緯があります。 そして、Chromebook で、すべての作業が完結するよう、いろいろと工夫をしてきたおかげて、自分の環境におけるクラウド化が、かなり進んだと思っています。 ほんと、感謝していますよ、Chromebook さん・・・(涙) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の大転換:Chrome OS を廃止して、すべてを Android に統合するらしい!
Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
 

Comments Off on Chrome OS を終わりにしたい、Google の事情が見えてくる、1枚のチャートとは?

Google の大転換:Chrome OS を廃止して、すべてを Android に統合するらしい!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Post-PC by agilecat.cloud on October 30, 2015
Google killing Chrome OS and building it into Android
Jacob Kastrenakes – October 29, 2015
http://www.theverge.com/2015/10/29/9639950/google-combining-android-chromeos-report
  
_ verge
 
Google’s two operating systems will soon be one. Chrome OS is going to be combined with Android, and the combined OS could be revealed as soon as next year, according toThe Wall Street Journal. The Journal reports that Chrome is essentially being folded into Android, because Android has emerged as the dominant operating system by quite a long stretch. Combining the two operating systems means setting up Android to run on laptops and desktop computers, which would require big changes, as well as supporting the Google Play Store. Chromebooks will reportedly receive a new name to reflect the new OS.
 
Google の 2つのオペレーティング・システムが、近々に一体化しそうだ。The Wall Street Journal によると、Chrome OS が Android に統合され、一体化した OS が来年の早い時期に登場するという。長い期間を経て Android が、支配的な OS として認識されてきたので、Chrome が Android に取り込まれるというのが基本的な路線になると、同誌はレポートしている。この 2つの OS が統合されるということで、ラップトップやデスクトップの PC でも、Android が走ることになる。それは、大きな変化になるばかりか、Google Play Store のサポートにも絡んでくる。伝えられるところによると、Chromebook というブランドには、新しい OS にちなんだ名前が付けられるという。
 
Acer-Chromebook-15The Verge has independently confirmed that Chrome OS and Android will combine, with a preview likely to be demonstrated at Google I/O next year. The move marks an effort at Google to reduce the number of independent platforms it has to maintain, sources said.
 
The Verge が独自に調べたところでは、Chrome OS と Android を統合したものが、来年の Google I/O でプレビューされる可能性が高い。Google はプラットフォーム数を減らすことで、メンテナンスの省力化を推進するというのが、この移行の目的であると、情報源は発言している。
 

<関連 > Chrome OS を終わりにしたい、Google の事情が見えてくる、1枚のチャートとは?

The new operating system is expected to be released sometime in 2017. While this is a major and somewhat surprising move — Chromebooks have been fairly successful and are a great low-cost computer option — it’s easy to see how Google got here. Sundar Pichai, who’s now leading Google, was put in charge of both Chrome and Android two years ago, and he’s made moves to bring the two operating systems closer in that time. That includes adding support for Android apps inside of Chrome OS. Though support is still limited, some Android apps are up and running on Chromebooks. Google also revealed a convertible Android laptop last month, called the Pixel C. Now, it seems like that’s just an early sign of what’s to come. Google declined to comment.
 
この新しい OS は、2017年のどこかのタイミングでリリースされるはずだが、この大規模な方針変更には、少し意外な感じがつきまとう。なぜなら、Chromebook は、それなりに成功をおさめ、きわめて低コストなコンピュータという選択肢を提供しているからだ。とは言え、Google の方針変更について、その脈略をたどっていくのは容易だ。いまの Google を率いる Sundar Pichai は、二年前から Chrome と Android の両方を担当している。そして、この 2つの OS を近づけるという方針で、その職務を推進してきた。その中には、Chrome OS 上での、Android アプリのサポートも含まれていた。それは、依然として限定的なものであるが、いくつかの Android アプリが Chromebook 上で走っている。さらに Google は、Pixel C と呼ばれる、Android のコンバーチブル・ラップトップを、先月に発表している。いまになって考えてみると、それが今回の兆候だったように思える。なお、この件に関して、Google はコメントを控えている。
 
ーーーーー
google-55aChromebook と Android を使っている Agile Cat としては、率直なところで、なぜ別々なのかという疑問がありました。文中にもあるように、たとえば Evernote の Android アプリは Chromebook でも走ります(でも、何かが中途半端)。さらに言えば、Chrome for Android では、Extension が動かないので、それも不便でした。 そして、Pixel C が出てくるなら、Chromebook の存在意義が無くなるのでは、と思っていたところでした。 なんか、すっきりして、イイですね! あっ、それはともかく、2万円台で買った、HP の Chromebook を、ちゃんとアップデートしてくださいね 〜〜〜  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
富士通 が Google と提携: 企業向けのフル・マネージドを Chromebook 上で実現!
Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
 

Comments Off on Google の大転換:Chrome OS を廃止して、すべてを Android に統合するらしい!

iPad も不調だが、Android タブレットも大きく落ち込んでいる!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Post-PC, Research by agilecat.cloud on October 30, 2015
It’s not just the iPad — the entire tablet market is in decline
Matt Rosoff – Oct 29, 2015
http://www.businessinsider.com/tablet-sales-down-in-addition-to-ipad-2015-10
 
_ Business Insider
 
It’s not just Apple’s iPad that’s in trouble. The entire tablet market is in decline.
 
どうやら、Apple の iPad だけが、不調というわけでは無いようだ。タブレット・マーケット全体が、沈み込んでいる。
 
Statista put together this chart based on numbers from IDC. In each of the last four quarters, tablet sales have been down from the previous year’s quarter. Overall, shipments in the first three quarters of 2015 are down 9% from the same time a year ago.
 
IDC のデータをベースに、Statista がチャートを作成した。これまでの、4回の四半期を通じて、タブレットの販売量は前年比でダウンとなっている。また、2015年の1月〜9月期における出荷台数を均すと、前年比で 9% のダウンとなる。
 
Global Tablet Market
Statista
 
What’s going on? Apple started making larger phones, the iPhone 6S and 6S Plus, a year ago, which eliminates some of the justification for a bigger touch screen device. Also, consumers upgrade their phones every two or three years, since the carriers subsidize some of that up-front cost (plus, it’s just cool to have a new phone, which you carry with you everywhere in public). Tablets are more like PCs — you buy a new one only when the old one is worn out or doesn’t run the software you need.
 
どうしたのだろう? Apple が一年前に作り始めた iPhone 6 と 6 Plus は、大型のスクリーンを備えるスマホだ。それにより、大きなタッチ・スクリーン・デバイスの妥当性が、つまりタブレットなどの存在意義が希釈されていった。 そして、モバイル・キャリアがスマホの購入費用を補助するため、消費者は 2〜3年ごとにアップグレードしていく(さらに言えば、新しいスマホを常に持ち歩き、友達に見せたいと、誰もが思っている)。その一方で、タブレットは、さらに PC 的になっていく。つまり、買い替えが生じるのは、古すぎて使えなくなった場合や、必要なソフトウェアが動かない場合に限られてしまうのだ。
 
SEE ALSO:The road to Apple’s record-smashing annual profit
 
ーーーーー
Post-PCまず、いまのスマホが高性能であり、とても便利にクラウドを利用できることが、第一の要因なのだと思います。 その結果として、このポストが指摘するように、タブレットの居場所が、どんどんと削られているのでしょう。 iPad を例にするなら、iPhone との重複を避けるために、さらに性能を高めていくと、今度は Macbook とぶつかってしまうというディレンマがあります。Android の場合は、廉価版タブレットという逃げ方がありますが、ビジネスとして利の薄いものになっていきます。Agile Cat の情報源である、台湾 Digi Times も、以下のような記事をポストしていました。 ほんと、様変わりですね! _AC Stamp
<Tablet>
7/30: Global tablet shipments decline 10% in 2Q15
8/05: Global tablet shipments to decline 15% on year in 3Q15
8/10: Tablet makers in China move into drone production
<PC>
10/29: Global notebook shipments to decline 17.5% on year in 4Q15
<Smart Phone>
10/29: China smartphone AP shipments to grow 14.6% on quarter in 4Q15
ーーーーー
<関連>
Chromebook が大躍進し Tablet は失速という、Gartner の 2015 予測
iPad の支配が消え去った タブレット市場:2011年からの変遷を1枚のチャートで!
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Windows 10 が素晴らしい勢いだ! すでに Mac OS を追い抜いた!
 

Comments Off on iPad も不調だが、Android タブレットも大きく落ち込んでいる!

2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on October 29, 2015
THE MID-YEAR SMARTPHONE UPDATE REPORT: Power struggles between the biggest platforms and the underdogs that are gaining ground
Will McKitterick – Oct 19, 2015
http://www.businessinsider.com/the-mid-year-smartphone-update-report-power-struggles-between-the-biggest-platforms-and-the-underdogs-that-are-gaining-ground-2015-9
 
_ Business Insider
 Google’s Android and Apple’s iOS dominate the smartphone platform market, controlling a combined 95.7% of the installed base in the US. But the global battle for subscribers between the two operating systems is expected to intensify, especially as the US and China — powerhouse smartphone markets — reach saturation.
 
Google の Android および Apple の iOS は、スマートフォン・プラットフォーム市場を支配し、US におけるインストール・ベースに関しては、両社で 95.7% をコントロールするという勢いだ。そして、グローバル市場においても、この 2つのオペレーティング・システムは、サブスクライバー獲得の戦いを繰り広げているが、US と China に代表される大規模な市場は、すでに飽和状態に至っている。
 
Growth of iOS device shipments is outpacing growth of Android device shipments, but Android’s opportunity in low-end and emerging markets is still greater. iOS has been boosted heavily by the launch of the iPhone 6 and 6 Plus, but Android bounced back in Q2.
 
成長の速度という面では iOS デバイスが優っているが、出荷台数では Android がローエンド市場と新興市場で勝り、また、今後の成長も期待できる。最近の動きとしては、昨年の iPhone 6 および 6 Plus の発売により、iOS は大きく伸びているが、Android も 2015年 Q2 に勢いを取り戻している。 
 
platform-shipments-global
BI Intelligence
 
In a new report, BI Intelligence takes a closer look at the biggest developments in the smartphone market during the first half of 2015, including what the platform landscape looks like at the country level. We also review how the world’s largest vendors are positioning themselves in the battle for some of the fastest-growing mobile markets.
 
この BI Intelligence最新レポートは、2015年の前半に生じた、スマートフォン市場における最大の発展について、各国のプラットフォーム状況も含んだかたちで、詳しく解説している。また、グローバルにおける大手ベンダーたちが、いくつかの急成長しているモバイル市場で戦うために、用いている戦略についてもレビューしていく。
 
Here are some key points from the report:
 
このレポートの、主だった視点は、以下のとおりである:
 
 
  • iOS デバイスの成長率は、Android デバイスの成長率を上回っている。iOS デバイスの出荷ベースは、前年比で 35% の成長率を達成し、4750万台に至っている。それは、2014年の同期における 12% という成長率と比べて、はるかに素晴らしい年間成長率となっている。さらに言えば、2015年 Q2 における、Android の 13% という前年比成長率も上回っている。
  • ベンダーのシェアとしては、依然として Samsung と Apple の支配が続いているが、その他の出荷台数における大半を、China メーカーが占めるという状況に至っている。Samsung と China のメーカーは、2015年 Q2 の China スマホ市場の減速と、この巨大市場への Apple デバイスの浸透により、大きな影響を受けている。
  • US のスマートフォン市場は、世界で最も成熟していると言えるだろう。この 6月の時点における、スマートフォンの所有率は、77% に達している。この、US という飽和状態のマーケットで、プラットフォームとベンダーにとって最大の課題は、頻繁なアップグレードで、ユーザーを飽きさせないことだろう。
  • India の市場は、スマートフォンの売上を伸ばすという意味で、将来における伸びしろを使い切っていないが、この状況も、間もなく変化していくだろう。2015年 Q2 の India では、携帯出荷台数の 44% ほどを、スマートフォンが占めている。また、India は、2017年のスマホ出荷台数で、USの を上回ると予想されている。
 
Access The Full Report By Signing Up For A Full-Access
 
ーーーーー
mobile_55先日にポストした、「iPhone の3台に1台は中国で売れている?」という抄訳が示すように、大量の中産階級を生み出している中国経済が、iPhone のシェアを伸ばす原動力になっているのでしょう。 その一方で Android は、中国を含むアジアや、ブラジルが牽引する南米の市場などで、新しいスマホ・ユーザーを生み出しているのです。2013年の初頭に、中国のスマホ台数がアメリカを追い抜きました。 そして、2017年にはインドが追い抜いていくようです。そんなふうに考えてみると、Android と iOS の対比が、世界経済の動きを反映しているようで、とても面白いですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone 6S の 浸透率でアジアが Top-3 を独占: それを示す1枚のチャート!
Android Marshmallow では、アプリ内でのダイレクト翻訳が実現される!
iPhone 6S は速くなくて、iPhone 6 は遅くないのか? 
iPhone 6S だが、発売と同時に 1300万台を売り切ったようだ
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
 

Comments Off on 2009年〜2015年の、Android と iPhone のシェア遷移を1枚のチャートで!

Google の RankBrain は、検索のための人工知能/機械学習だ! すでに運用され、実績を上げているという!

Posted in AI ML, Google, Strategy by agilecat.cloud on October 28, 2015
Google moves to artificial intelligence for search queries
Juha Saarinen – Oct 27 2015
http://www.itnews.com.au/news/google-moves-to-artificial-intelligence-for-search-queries-411046
 
_ it news
 
Google is increasingly turning to artificial intelligence and machine learning to stay on top in web searches, the company has revealed.
 
Google は、人工知能と機械学習への依存度を高め、Web 検索における優位なポジションを維持していくことを明らかにしている。
 
Google scientist Greg Corrado told Bloomberg a large amount of the several millions of search queries entered by web browsers have been interpreted by the RankBrain AI system.
 
Google サイエンティストである Greg Corrado は、Web ブラウザから送信される検索クエリのうち、すでに数百万というレベルのものが、RankBrain AI システムにより解析されていると、Bloomberg に語っている。
 
Google-on-MacRankBrain system deals with difficult searches.
 
According to Corrado, RankBrain embeds large amounts of written language into mathematical entities interpretable by computers. This enables Google’s search engine to offload unfamiliar search words and phrases to RankBrain, which can guess which other terms have similar meanings and present relevant results.
 
Corrado によると、RankBrain が実現するのは、コンピュータにより解析される数学的エンティティへ向けた、大量の言葉のエンベッドとなる。それにより、Google の検索エンジンは RankBrain に対して、知らない単語やフレーズをオフロードできる。そして、同様の意味を持つ用語の推測や、その時点で関連性の高い結果の推測が、可能になっていく。
 
Google is investing heavily in artificial intelligence and machine learning, and RankBrain has become the third most important “signal” in the company’s web search algorithm mix, Corrado said.
 
Google は、人工知能と機械学習に、多額の投資を継続している。そして、同社の Web 検索アルゴリズム・ミックスにおいて、RankBrain は 3番目に重要な「信号」となっていると、Corrado は述べている。
 
The difference between AI systems such as RankBrain and Google’s existing “signals” that make up its algorithm for searches is that while the latter are based on discoveries and insights from developers, they do not learn.
 
検索のためのアルゴリズム構成という視点でみると、RankBrain のような AI システムと、Google における既存のシグナルには違いがある。つまり、後者は、開発者の発見や洞察に基づいているが、それ自身が学習することは無いのだ。
 
RankBrain has been in operation for several months now, and Google believes the AI system is better than even experienced people at guessing which results should rank at the top for ambigious queries.
 
RankBrain の運用が開始されてから、すでに数ヶ月が経っている。そして、Google は、曖昧なクエリに対して、トップにランク付けすべき結果について、経験豊富な人々の推測よりも、この AI システムの方が優れていると捉えている。
 
Search engineers at Google asked to predict the ranking of difficult queries got 70 percent of the answers right, whereas the AI system guessed correctly in 80 percent of cases.
 
Google の検索エンジニアたちは、厄介なクエリに対するランキングにおいて、70% の正解率を求められてきたが、この AI システムは 80% の正解率に達しているようだ。
 
Artificial intelligence and machine learning are rapidly developing, with giants such as IBM, Apple and Facebook all seeking to harness the technologies to gain a competitive edge.
 
人工知能と機械学習に関しては、IBMAppleFacebook といったテック・ジャイアントたちが、先を競って開発している状況にある。そして、すべての企業が競争力を得るために、このtテクノロジーを活用しようとしている。
 
Microsoft this year released its machine learning Project Oxford set of application programming interfaces and software development kits on open source code repository Github.
 
Microsoft も、今年に入ってから、Project Oxford という機械学習のセットをリリースしている。それは、 API と SDK のセットであり、オープンソース・コード・レポジトリである Github 上で公開されている。
 
The company today announced the language understanding intelligent service (LUIS) public beta for Project Oxford. LUIS lets developers build models that understand natural language queries and commands for their applications.
 
そして、同社も今日、この Project Oxford のための LUIS (Language Understanding Intelligent Service) に関して、パブリック・ベータをリリースした。この LUIS を活用することで、自然言語によるクエリやコマンドを理解するモデルを構築できる。 そして、開発者は自身のアプリケーションのために、そのモデルを利用できる。
 
ANZ Bank is currently working on an expert AI system, seeking to take advantage of the large amount of progress in computing technology, storage and networks over the past decades, as well as the big data volumes now available for analysis and interpretation.
 
また、ANZ 銀行は、エキスパート AI システムに取り組んでいるところだ。そして、これまでの数十年にわたって、コンピューティング/ストレージ/ネットワークで、大きなアドバンテージを得ようとしてきたが、いまは分析と解析のための、Big Data にも取り組み始めている。
 
ーーーーー
google-55aなにかを、やっていると、思ってはいましたが、こんなレベルに達しているのですね。 やはり、大きな課題を持っているところは強いです。Google の検索アルゴリズムなんて言われてもチンプンカンプンですが、人工知能と機械学習を取り入れると精度が上がる、、、というのは、なんとなく理解できます。 単なる Web 検索から始まった Google ですが、意思表現という視点において、曖昧にして唯一の手段である「言葉」と真正面から取り組みながら、ここまで到達したのですね。 これからも、大いに期待したいです。 ちなみに、ANZ 銀行の話は、オーストラリアとニュージーランドの事例のようです。 Juha Saarinen さんの郷土愛です 🙂  _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が 中国の AI 企業に出資: この最大のインターネット市場に復帰できるのか?
Google の Knowledge Graph は、スタートレックを目指す!
Google の Knowledge Graph は、映画の画面をタップすれば俳優の名前も教えてくれる
Facebook の Open Graph により、マーケティングに質的変化が訪れる
Facebook の Open Graph により、SEO に大変革が訪れる
Google だけに優秀な頭脳を独占させない :Baidu が Cupertino オフィスをオープン
  

Comments Off on Google の RankBrain は、検索のための人工知能/機械学習だ! すでに運用され、実績を上げているという!

中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!

Posted in .Selected, Asia, Businesses, IoT by agilecat.cloud on October 27, 2015
IoT services revenues in China to surpass $41 bn by 2020
24/10/2015 10:54 AM
http://www.infotechlead.com/it-statistics/iot-services-revenues-in-china-to-surpass-41-bn-by-2020-35719
 
_Infotech Lead
 
Internet of Things (IoT) services revenues in China will grow more than five times in the next five years, surpassing $41 billion by 2020, according to ABI Research’s IoT Market Tracker.
 
China マーケットにおける IoT サービスの収益は、これからの 5年間で 5倍以上に成長し、2020年には $41 Billion を上回ると、ABI Research の IoT Market Tracker が伝えている。
 
shanghaiDriving the growth of IoT in China will be the smart meter segment.
 
この China において IoT の成長を促進するのは、スマート・メーターのセグメントになるだろう。
 
“It leads all other segments in both connections and revenues. By 2020, smart meter connections will exceed the next highest market segment in total connections by nearly 10 to 1,” said Dan Shey, VP and IoT Practice Director at ABI Research.
 
ABI Research の VP and IoT Practice Director である Dan Shey は、「 このセグメントは、接続数と収益性の双方で、すべてをリードしている。2020年までに、スマート・メーターの接続数は、二番手のセグメントに対して、10倍位の差をつけることになるだろう」と述べている。
 
Besides smart meters, home security and automation, OEM telematics, video surveillance, home appliances, aftermarket telematics and home monitoring will also be driving the Chinese IoT market.
 
スマート・メーター/ホーム・セキュリティ/オートメーションといったセグメント以外では、OEM テレマティックス/ビデオ監視/家電製品/アフター・マーケット・テレマティックス/ホーム・モニタリングなどが、China の IoT 市場を加速させていく。
 
ABI Research said home monitoring is expected to become an important market in China as it attempts to care for its aging population, which will reach nearly 340 million people in 2020 for citizens age 55 and older.
 
ABI Research が言うには、China において重要な市場に育ってくるのは、ホーム・モニタリングになるという。 つまり、2020年には 55歳以上の人口が 3.4億人前後に達するという、China の高齢化社会に対応するためのセグメントとなるわけだ。
 
Data analytics revenues will generate the most IoT revenues in China. It is indicative of the relative lack of revenues in both platform and professional services in the China market. Platform revenues are not as high due to a higher share of proprietary embedded telematics deployments, especially by domestic OEM brands.
 
データ分析による収益が、China における 最大の IoT ビジネスとなる。なせなら、China マーケットのプラットフォーム/プロフェッショナル・サービス分野では、相対的にみて収益性が欠如していると思われるからだ。プラットフォームの収益性が低いのは、China の国内 OEM ブランドが展開している、プロプライエタリな組み込みテレマティクスが、高いシェアを確保しているからである。
 
Professional services revenues are not big due to fewer connections in the telematics segments, a higher proportion of tethered solutions and lack of maturity in IT and consultancy services.
 
また、プロフェッショナル・サービスの収益性も低いが、その理由としては、テレマティックス・セグメントにおける、接続数の不足が挙げられる。その他にも、高い比率の独自接続ソリューションや、IT およびコンサルティング・サービスにおける、成熟度の不足などが挙げられている。
 
ーーーーー
IoT先日に Google OnHub に関するコンテントをポストしましたが、この種の IoT 対応ルータが、おそらく Huawei や ZTE などから供給されるのでしょう。 そして、Cloud News Asia の 5G カテゴリを見れば明らかように、この新しいワイヤレス・テクノロジーへ向けて、アジアは突進しているという感じです。ひょっとすると、外は 5G でつながる IoT ルータになるのかもしれませんね。そうなると、China Mobile だけで8億人と言われる中国のスケールが生きてくるでしょう。これからのアジアで、イノベーションを促進するのも、そして世界が注目するのも、こうした新しいマーケットにおける成長と都市化なのです。文中にもあるように、海外勢にとっては敷居の高いマーケットになりそうですが、どの国というより、どのメーカー/プロバイダーが、この中国市場に参入していくのでしょうか。 興味シンシンですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国の IT インフラ投資がスゴイ! 今後の3年間で、20兆円以上が費やされるという!
China Mobile の IoT 戦略は、パワフルな内需に支えられていくのか?
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
China Mobile のユーザー数は8億人 : そのビジネス・スケールって知ってますか?
世界最大の iPhone マーケットは? ここでも 中国が Top に立ったようだ!
 

Comments Off on 中国の IoT サービス収益は、2020年の時点で5兆円に至るという予測!

Innovation の調査: ビジネスとテクノロジーを破壊/再生していく四大要因とは?

Posted in .Selected, Asia, David Chappell, On Monday, Strategy by agilecat.cloud on October 26, 2015
Disruptive Technology: Four Forces Driving Global Large-Scale Transformation
By Dick Weisinger – October 16th, 2015
http://formtek.com/blog/disruptive-technology-four-forces-driving-global-large-scale-transformation/
_ formtek
The world is under stress as it undergoes rapid transformation.  Disruption and change is happening in every corner of our lives, argues three leaders from the McKinsey Global Institute in a new book: No Ordinary Disruption: The Four Global Forces Breaking All the Trends.
 
この世界は、急激すぎる変化にさらされ、また、その圧力を受けている。No Ordinary Disruption: The Four Global Forces Breaking All the Trends という書籍を出版した、McKinsey Global Institute のリーダーたちが主張するのは、私たちの日常では、あらゆる局面で破壊と再生が起こっているという論点である。
 
Dali_13The authors note that what is particularly challenging about these dramatic rapid changes is that they are overlapping and synergistic, making it difficult to predict long-term consequences.
 
この著者たちは、ここでいう急激な変化から生じる、大きな問題について指摘している。 つまり、重複性と相乗性を有する変化により、長期的な予測が困難になってきているのだ。
 
At the heart of modern disruption McKinsey identifies four forces:
 
そして、新たに生まれた破壊的要因として、McKinsey は4つの圧力を認識している:
 
  1. Growth and urbanization in Emerging Markets  McKinsey expects that between 2010 and 2025 that more than half of global GDP will originate from 440 cities that are today part of emerging markets.  Just the single Chinese city of Tianjin is predicted by 2025 to have a GDP that matches the GDP of Sweden.
    途上国の成長と都市化 McKinsey の予測によると、2010年〜2025年の間に、世界の GDP における半分以上が、途上国の 440 都市へと移行していくことになる。2025年の時点においては、たとえば、China の都市である Tianjin(天津)の GDP と、Sweden の GDP が肩を並べると予測される。
  2. Rapid Advances in Technology Technology is being introduced and adopted much more quickly than any other time in history.  Low prices for existing technology makes it easier and less risky for businesses to experiment with and pioneer innovative ideas.  Rapid change though makes it hard for both employees and their employers to stay current.
    技術の急速な進歩 これまでの歴史の中では有り得なかったスピードで、テクノロジーが導入/適用されていく。既存テクノロジーの価格が引き下げられることで、それぞれの企業は革新的なアイデアを、容易かつ低リスクで実験できるようになる。その一方で、こうした急激な変化により、現状の雇用関係を維持していくことが、個人と企業にとって難しくなっていく。
  3. Demographic Changes  Aging populations and falling fertility rates are transforming world demographics. Businesses need to recognize this in both their hiring and marketing.
    人口動態 高齢化と少子化という方向で、世界の人口動態は変化している。それぞれの企業は、人材の確保とマーケティングの両面で、こうした状況を認識する必要がある。
  4. Increased Global Interconnectedness  Global trade and movement of capital, people and information across borders has created a complex, intricate, sprawling web of interrelationships.
    グローバルにおける相互関連性の増大 グローバル貿易と資本の流動化、そして、国境を通り抜ける人々や情報が、複雑かつ錯綜したクモの巣状の相互関係性を、より広大なものにしている。
 
Richard Dobbs, director at the McKinsey Global Institute and co-author of No Ordinary Disruption, says that “powerful forces have been at work in recent decades and the forces that lifted one billion people out of extreme poverty between 1990 and 2010 will help propel another three billion people into the global middle class over the next 20 years.”
 
McKinsey Global Institute の Director であり、No Ordinary Disruption の共著者である Richard Dobbs は、「1990年から 2010年の 20年間で、極度の貧困にあえぐ 10億の人々を支援するという、強力なパワーが機能してきた。そして、これからの 20年間では、30億の人々を世界の中流階級に引き上げる、パワーが働くだろう」と述べている
 
Among the components leading the disruption from the force of advancing technology, McKinsey identifies the following ‘disruptive dozen‘ tech trends:
 
先端的テクノロジーのパワーに基づき、破壊と再生をリードしていく要素の中で、McKinsey が注目する項目は、以下となる:
 
  • Energy Storage
  • Genomics
  • Advanced Materials
  • Autonomous Vehicles
  • Renewable Energy
  • Advanced Robotics
  • 3D Printing
  • Mobile Internet
  • Automation of Knowledge Work
  • Internet of Things
  • Cloud Technology
  • Advanced Oil and Gas Exploration and Recovery
ーーーーー
On Mondayこのところ、アジアを調べている Agile Cat としては、とても納得できる論点です。 スマホを例にすると、10億台近くを有する中国と、毎年1億台ずつ増えているインドが、とても大きな求心力を示し、それに引きずられるように、インフラの整備も進んでいます。 もちろん、こうしたことが要因となり、先進国のマーケットでもスマホの価格が下がっていますが、先日の「100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく」というポストに記されているように、100G ファイバまでが、同じような理由で価格を下げてきています。そして、こうした変化が、あっという間に起こってしまうことに、いつも、驚いてしまうのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: クラウド・ポリシーの運用に関して、適切な戦略をもつ企業は1%にすぎない
Quanta の コンバージド・インフラが登場:OpenStack/VMware/Microsoft に対応!
CloudFlare は ”Cisco as a Service” :Google/Microsoft/Baidu/Qualcomm が支援!
Cisco が Piston を買収:OpenStack は Intercloud を構成する重要なパートだ!
 

Comments Off on Innovation の調査: ビジネスとテクノロジーを破壊/再生していく四大要因とは?

Google OnHub は、単なる Wi-Fi ルータではなく、IoT Gateway としても機能する!

Posted in .Selected, Google, IoT, Network by agilecat.cloud on October 25, 2015
Digitimes Research: Google OnHub Wi-Fi routers to play an important role in IoT applications
Danny Kuo, DIGITIMES Research – Oct 23, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20151023PD204.html
 
_ Digi Times
 
The OnHub household Wi-Fi routers being promoted by Google could also play an important role in Google’s household IoT initiations as the interior design of the OnHub retains a number of hardware resources and capabilities which can be utilized through upgrades in firmware, according to Digitimes Research.
 
この、Google がプロモートしている OnHub 家庭用 Wi-Fi ルータは、Google ホーム IoT の入り口として、きわめて重要な役割を果たすようだ。そのインテリア・デザインに目を奪われる OnHub だが、ファームウェアのアップグレードを介して、利用できるハードウェアのリソースや機能を増やせると、Digitimes Research は報じている。
 
onhub-googleDigitimes Research also noticed that the OnHub has a total of 12 units of antenn as compared to 1-6 units found in most current household Wi-Fi routers. The OnHub also features a dual-core 1.4 GHz processor compared to a single-core, 500-800MHz CPU used currently. Additionally, the OnHub has a memory capacity of up to 1GB compared to 64-125MB for prevailing routers.
 
Digitimes Research の指摘によると、OnHub は 12本のアンテナを持っているという。 つまり、最新の家庭用 Wi-F iルータにみられる 1〜6 本のアンテナと比べて、かなりリッチな構成になっている。それに加えて、OnHub のプロセッサは Dual-COre 1.4 GHz であり、一般的な Single-Core 500-800 MHz の CPUと比較して強化されている。さらに、OnHub は 1GB のメモリを搭載しているため、64-125 MB のルータと比べて有利になる。
 
In addition to Wi-Fi, the OnHub also supports Bluetooth 4.0 and IEEE 802.15.4 wireless transmission technology. The IEEE 802.15.4 supports Google’s IoT transmission protocol, the Weave, which obviously indicates that the OnHub is not only a traditional household Wi-Fi router but also a gateway for protocol conversion.
 
こうした Wi-Fi 機能の提供に加えて、Bluetooth 4.0 と IEEE 802.15.4 ワイヤレス伝送テクノロジーも、この OnHub はサポートしている。周知のとおり、IEEE 802.15.4 は、Google の IoT 伝送プロトコルである Weave をサポートしている。つまり、OnHub は、従来からの家庭用 Wi-Fi ルータとして動作するだけではなく、プロトコル変換ゲートウェイとしての機能することが明らかになった。
 
A successful development of the OnHub Wi-Fi routers may force other vendors to follow. For example, Amazon will further enhance the capability of its Echo, while Apple may review its AirPort series products, Digitimes Research noted.
 
Google が OnHub Wi-Fi ルーターの開発に成功したことで、他ベンダーの戦略にも影響が生じるだろう。たとえば、Amazon は Echo の機能を強化するだろうし、Apple は AirMac シリーズを見直しかもしれないと、Digitimes Research は指摘している。
 
ーーーーー
IoTAgile Cat の家庭用ルータも、なんというか普通のルータであり、その機能について意識することもありませんでしたが、OnHub の話を聞くと、なんとなくワクワクしてきますね。 セグメントとしては、何年も無風地帯であった家庭用ルータの世界ですが、いきなり大波乱の雰囲気です。 2014年2月にポストした、「Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?」という抄訳を、まずは、再読してみようと思っているところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google の OnHub ルータを数日使ってみた…もう前のルータに戻る気しない
Google の Wi-Fi ルーター「OnHub」の性能&潜在能力はどれほどなのか?
グーグル OnHub 解体:存在しない未来のためのルータ
VW スキャンダル が、IoT のセキュリティに対して、新たな論点を投げかける
 

Comments Off on Google OnHub は、単なる Wi-Fi ルータではなく、IoT Gateway としても機能する!

%d bloggers like this: