Agile Cat — in the cloud

100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Network, Research by agilecat.cloud on September 3, 2015
IHS Forecasts Huge Growth for 100 Gigabit Optical Ports as Operators Increase Network Capacity
Published: Aug 11, 2015
http://www.marketwatch.com/story/ihs-forecasts-huge-growth-for-100-gigabit-optical-ports-as-operators-increase-network-capacity-2015-08-11-16173756
 
__ Market Wired
 
CAMBRIDGE, MA, Aug 11, 2015 (Marketwired via COMTEX) — Coherent 100G port shipments for metro regional optical networks grew 145 percent in 2014 from the prior year, and are anticipated to grow another 118 percent in 2015, predicts IHS.
 
CAMBRIDGE, MA ー メトロ・リージョン向けのオプティカル・ネットワークにおける、Chherent 100G ポートの出荷台数が、2013年と2014年との比較で 145% の成長を遂げているが、2015年も引き続いて、118% の成長が予測されると IHS が述べている。
 
Fiber NetworksFlickr
NetMapper
 
“Adoption of 100G coherent technology has surged, first in long haul networks and now becoming a material part of metro networks. The expansion of 100G into new markets was the catalyst for our 100G+ coherent optical ports report, which provides an accurate, in-depth picture of how 100G technology is being used today and how it’ll be used in the future as the landscape grows increasingly complex,” said Andrew Schmitt, research director for carrier transport networking at IHS.
 
IHS の Research Director for Carrier Transport Networking である Andrew Schmitt は、「100G コヒレント・テクノロジーの採用だが、最初は長距離ネットワークから始まり、いまではメトロ・ネットワークの物理パートとして急増し始めている。新たなマーケットへ向けた 100G の拡大は、当社の 100G+ コヒレント・オプティカル・ポートを促進させるものであった。それにより、現時点で採用されている 100G テクノロジーに関する、詳細かつ正確な情報を提供できるようになった。そして、将来におけるネットワークの成長が、いま以上に複雑になるにつれて、どのように 100G が利用されるのかを指し示す、レポートの提供が可能になった」と述べている。
 
“100G is poised to explode in 2016 as new equipment built specifically for the metro reaches the market, allowing 100G technology to economically reach new portions of the network such as metro edge and metro regional,” Schmitt said.
 
さらに Schmitt は、「メトロ・マーケットのための新たな機器が、2016年に市場に投入されるとき、100G テクノロジーは爆発的に飛躍するだろう。つまり、メトロ・エッジやメトロ・リージョンといった、ネットワークの新しいパートへ向けて、経済性を伴う 100G テクノロジーが到達することになる」と、付け加えている。
 
100G+ COHERENT OPTICAL PORT MARKET HIGHLIGHTS
 
2015-IHS-Infonetics-100G-Coherent-Optical
 
2014 was a banner year for 100G port shipments, led by massive purchases in China from China Mobile.
 
100G ポートの出荷が、2014年に大きく伸びたのは、中国マーケットで China Moble が大量に購入したからである。
 
Most of 100G coherent technology deployed in 2014 was for long haul applications, but metro regional (<600km) and metro access (<80km) applications will start ramping in 2016.
 
2014年にディプロイされた 100G コヒレント・テクノロジーの大半は、長距離ネットワークに応用されるものであったが、メトロ・リージョナル (<600km) とメトロ・アクセス (<80km) への適用が、2016年から始まっていくだろう。
 
100G market share is concentrated in a small circle of players: Alcatel-Lucent, Ciena, Huawei, Infinera and ZTE; the only potential catalyst for shifts will come from deployment in shorter reach metro and datacenter applications-the next growth vector for 100G.
 
現時点における 100G のマーケット・シェアは、Alcatel-Lucent/Ciena/Huawei/Infinera/ZTE といった、一定のプレーヤーに集中している。そこからのシフトを引き起こすための潜在的なニーズは、メトロやデータセンターへのリーチという短距離での応用であり、次の成長ベクトルを 100G に与えるものとなる。
 
Sometime in 2017-2018, 100G coherent will make another quantum jump, displacing 10G in the 80km or less metro-access market.
 
2017年〜2018年の何処かで、100G コヒレント・テクノロジーは、次の爆発的なジャンプを達成し、80km 以内のメトロ・アクセス市場で、これまでの 10G をリプレイスしていくだろう。
 
100G OPTICAL REPORT SYNOPSIS
 
The 20-page “IHS Infonetics 100G+ Coherent Optical Equipment Ports” market size, vendor market share and forecast report provides detailed granularity for 100G+ coherent and non-coherent port shipments on optical transport equipment, tracking the evolution of 100G as operators increase the flexibility and capacity of their networks. The report tracks 100G by application, including metro regional, metro access and long haul, as well as specific technology derivatives such as flex-coherent and direct-detect 100G. To purchase the report, please visit www.infonetics.com/contact.asp.
 
“IHS Infonetics 100G+ Coherent Optical Equipment Ports” は 20ページの構成となっており、マーケットの規模や、ベンダーごとのシェア、今後の予測などをレポートするものとなっている。そして、オプティカル通信機器マーケットにおける、コヒレントおよび非コヒレント 100G+ ポートの出荷について、詳細な情報を提供する。したがって、各種事業者たちが、自社ネットワークの柔軟性を高め、キャパシティを増大するときのための、100G に関するトラッキングが可能となる。このレポートは、メトロ・リージョンとメトロ・アクセスに加えて、長距離ネットワークにおける 100G 適用を追跡するものである。また、それに加えて、フレックス・コヒレントや Direct-Detect 100G といった、派生テクノロジーについてもレポートしている。このレポートを購入に際しては、www.infonetics.com/contact.asp にアクセスして欲しい。
 
ーーーーー
Network文中にもあるように、メトロ・リージョナル (<600km) とメトロ・アクセス (<80km) という近距離ネットワークへ、長距離海底ケーブルで培われたテクノロジーが適用されていくのですね! アジアの 100G 関連ニュースを並べてみても、ほとんどが長距離ネットワークに関するものですが、今後は様変わりしていくのでしょうね。 ネットワークに、どのような未来が訪れるのかと想像すると、とてもワクワクしてきます! _AC Stamp
 
Oct 2014 – AAG Upgrades Trans-Pacific Submarine Cable Network with Ciena
Oct 2014 – Pacnet Selects BTI Systems as Vendor of Choice for 100GE Metro 
Jan 2015 – Telstra to sell 100G service on subsea cables
Jan 2015 – Verizon Extends Its 100G Network in Asia-Pacific
Feb 2015 – Sydney to Perth at 100Gb/s
May 2015 – Telstra Extends Global PEN Platform into the Optical Layer
May 2015 – Alcatel-Lucent and Chuan Wei to set up 100G network in Cambodia
Jun 2015 – SLT enhances global connectivity options
ーーーーー
<関連>
Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?
NTT が 専用線 クラウド接続を提供:ハイブリッド化は 促進されるのか?
香港の Global Cloud Xchange が、シンガポールとインドを海底ケーブルでつなぐ!
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: HTC がユーザー企業として賞賛!
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
 

Comments Off on 100G ファイバーによる 都心ネットワークが急成長していく:それを示す1枚のチャート!

%d bloggers like this: