Agile Cat — in the cloud

Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?

Posted in .Selected, Asia, Google, Network by agilecat.cloud on August 18, 2015
Google’s 60Tbps Pacific cable will have highest-ever capacity across Pacific Ocean
Tim Hornyak | June 24, 2015
http://mis-asia.com/tech/industries/googles-60tbps-pacific-cable-will-have-highest-ever-capacity-across-pacific-ocean/
 
_ MIS
 
With bottles of bubbly and a purification ceremony, a Google-backed undersea cable was given a warm welcome on a beach in Japan last week, a critical step in building the highest capacity data link in the Pacific ever created.
 
シャンパン・パーティーと厳かな儀式。 Google が支援する海底ケーブルが、先週(6/24)に Japan サイドに陸揚げされたとき、そんな温かい歓迎を受けたようだ。最大のキャパシティで太平洋を横断する、このデータリンクを構築する上で、それも重要なステップだったのだろう。
 
google-faster-cableThe 9,000-kilometer FASTER cable will have a peak capacity of 60 terabytes per second (Tbps) when it enters operation next year, joining Japan with Oregon on the West Coast of the U.S. Apart from Google, the project is backed by telecom carriers KDDI of Japan, SingTel of Singapore, Global Transit of Malaysia, China Mobile International and China Telecom Global.
 
この 9,000km の FASTER ケーブルは、来年に運用が開始されると、60 Tbps (terabytes per second)という最大キャパシティで、Oregon と Japan を接続することになる。このプロジェクトには、Google だけではなく、Japan の KDDI/Singapore の SingTel/Malaysia の Global Transit/China Mobile International/China Telecom Global といった、テレコム・キャリアたちも相乗りしている。
 
At the landing site in Shima, Mie Prefecture, east of Osaka, a machine pulled the cable onto the beach from an offshore cable-laying ship while stacks of armored pipes, which shield the link from anchors near the shore, were piled nearby. A Shinto ritual was held to pray for the success of the project, which will cost roughly US$300 million. The cable was routed into a landing station building that houses optical equipment.
 
Mie Pref の Shima サイトでは、敷設船から海岸線へと、ケーブルが陸揚げされている。そして、このリンクは、何重にも装甲されたパイプにより、船のイカリから守られている。神道による祈願も、この US$300 million のプロジェクトを、成功へと導いていた。そして、光学機器を収容したステーションへと、このケーブルは無事に陸揚げされた。
 
The FASTER cable will also be connected to existing infrastructure offshore at Chikura, Chiba Prefecture, southeast of Tokyo, next month. With six fiber pairs and 100 wavelengths, it will have a peak capacity 300 million times greater than the TAT-1 transatlantic cable of 1956, which could handle 36 telephone calls, or roughly 200kbps, Google said.
 
FASTER ケーブルは、来月には Chiba Pref の Chikura でも、既存のインフラストラクチャに接続される。この 6 Fiber ペアと 100 Wavelength を有するケーブルは、1956年から運用されている TAT-1 海底ケーブルと比較すると、約 3億倍の最大キャパシティを有することになる。その当時は、200 Kbps のキャパシティにより、36回線の通話をサポートするものに過ぎなかったと、Google は述べている。
 
KDDI said it was 3000 times faster than the 20Gbps TPC-5 cable system, which began service in 1995. Consumers on either side of the Pacific, however, won’t have the option of choosing which of the several undersea cables their data goes through.
 
また、KDDI の説明によると、このケーブルは、1995年から運用されている 20Gbps TPC-5 システムに対して、約 3000倍の高速性を誇るものになるという。つまり、太平洋を挟んで通信する利用者たちは、どちらのケーブルを望むのかという点で、選択肢を持ち得ないことになる。
 
“It just means that there’s more capacity between United States and Japan, and the throughput will be better,” said Shota Masuda, a senior manager at the Submarine Network Division at NEC, which is building the new cable system. “You might feel that the Internet experience is a little smoother or faster.”
 
NEC Submarine Network Division の Senior Manager である Shota Masuda は、「U.S. と Japan を、これまで以上のキャパシティで接続することで、そのスループットも向上するだろう。そして、より高速で滑らかな、インターネット・エクスペリエンスを得るだろう」と述べている。
 
Roughly 99 percent of all transoceanic Internet data goes through submarine cables, which are designed to last decades. Several hundred systems link various parts of the world, and the FASTER cable is scheduled to be ready for service in the second quarter of 2016.
 
大海原を横断していくインターネット・データの約99%が、10年〜20年も前にデザインされた海底ケーブルを通過し、この世界における各地を、数百のシステムがリンクしている。そして、FASTER ケーブルは、2016年 Q2 にはサービス・インの予定である。
 
ーーーーー
google-55aこの FASTER ですが、約20年前の TPC-5 に対して、3000倍というキャパを持つようですね。Android フォンの Google Now で、音声が瞬時に解析されたときに、ビックしたのですが、それ以上の驚きが次々に登場してくるのでしょう。 海底ケーブルによる遅延が限りなくゼロに近づき、また、データセンターへの電力供給 (自給) の問題が解決されたとき、どんな災害にも負けないインターネット網が、ほんとうの意味で確立されるのです。楽しみですね〜〜〜 🙂 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Cloud Platform の圧倒的なネットワーク能力: ユーザー企業が賞賛!
Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Google Now と WhatsApp をつなげて、しゃべったメッセージを テキストで送信!
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
 

Comments Off on Google の 60Tbps 太平洋海底ケーブルは、どのような未来を見せてくれるのか?

%d bloggers like this: