Agile Cat — in the cloud

Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!

Posted in .Selected, Google, IoT, Weekend by agilecat.cloud on August 15, 2015
Google self-driving car meets accident, 4 injured
AP | Jul 17, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Google-self-driving-car-meets-accident-4-injured/articleshow/48111647.cms
 
_ Times of India
 
LOS ANGELES: Google Inc revealed that one of its self-driving car prototypes was involved in an injury accident for the first time.
 
LOS ANGELES: Google だが、その自動操縦プロトタイプ・カーが、事故に巻き込まれた件数などについて、初めて明らかにした。
 
In the collision, a Lexus SUV that the tech giant outfitted with sensors and cameras was rear-ended in Google’s home city of Mountain View, where more than 20 prototypes have been self-maneuvering through traffic.
 
このテック・ジャイアントのホームである Mountain View で、センサやカメラを装備した Lexus SUV をテストしている最中に、衝突されるという事故があった。 この街では、20台以上のプロトタイプが、公道上で自動操縦されているのだ。
 
The three Google employees on board complained of minor whiplash, were checked out at a hospital and cleared to go back to work following the July 1 collision, Google said. The driver of the other car also complained of neck and back pain.
 
この、7月1日の事故では、同乗していた 3人の Google 従業員が、軽いムチ打ち症を訴えていたが、病院から退院した後に仕事に戻っていると、Google は述べている。また、もう一方の車のドライバーは、首と背中の痛みを訴えていたという。
 
Google self-driving carFlickr
smoothgroover22
 
In California, a person must be behind the wheel of a self-driving car being tested on public roads to take control in an emergency. Google typically sends another employee in the front passenger seat to record details of the ride on a laptop. In this case, there was also a back seat passenger.
 
California では、公道上での自動操縦のテストにおいて、緊急時のコントロールが必要とされるため、ハンドルを操作できる座席にドライバーが座らなければならない。また、Google は、ドライバーの隣にも従業員を同乗させ、ラップトップ PC で詳細な記録を取るというのが常である。さらに、今回のケースでは、後部座席にもに同乗者がいた。
 
Google has invested heavily as a pioneer of self-driving cars, technology it believes will be safer and more efficient than human drivers.
 
Google は、自動操縦車のパイオニアとして、多額の研究費を投資している。 そして、このテクノロジーは、人間のドライバーよりも安全で効率が良いと確信している。
 
This was the 14th accident in six years and about 1.9 million miles of testing, according to the company. Google has said that its cars have not caused any of the collisions — though in 2011 an employee who took a car to run an errand rear-ended another vehicle while the Google car was out of self-driving mode.
 
Google によると、6年の歳月をかけ、約190万マイルの距離を走ったテストにおいて、今回の事故は 14件目のものであるという。そして Google は、いずれの事故においても、その原因を作り出してはいないと述べている。ただし、2011年に 1件だけ、用事のためにセルフ・モードを解除して運転していた従業員が、他車に追突するという事故があったという。
 
In 11 of the 14, Google said its car was rear-ended.
 
そして、14件のもらい事故のうち、11件が追突によるものだと、Google は述べている。
 
In a blog, the head of Google’s self-driving car program, Chris Urmson, wrote that his SUVs “are being hit surprisingly often” by distracted drivers, perhaps people looking at their phones.
 
Google の Self-Driving Car Program の責任者である Chris Urmson は、注意が散漫なドライバーにより、彼らの SUV が頻繁にぶつけられていると、そのブログに書いている。 それらのドライバーは、おそらくスマホを触っていたのだろう。
 
“The clear theme is human error and inattention,” Urmson wrote. “We’ll take all this as a signal that we’re starting to compare favorably with human drivers.”
 
Urmson は、「明らかなテーマは、人間は間違いを犯すし、不注意に陥りやすいという点だ。 私たちのテクノロジーは、人間であるドライバーに対して、良い意味で匹敵し始めているという、シグナルを受け取っている」と、発言している。
 
In a telephone interview, Urmson said his team was exploring whether its cars could do something to alert distracted drivers before a collision. Honking would be one possibility, but Urmson said he worried that could start to annoy residents of Mountain View.
 
Urmson は、電話を介したインタビューで、注意が散漫なドライバーが衝突しそうになる前に、なんらかの警告を発せないかと、彼のチームは考えていると述べていた。 ホーンを鳴らすというのが、1つの選択肢になるだろうが、Mountain View の住民に迷惑をかけるかもしれないと、Urmson は躊躇しているようだ。
 
According to an accident report that Google filed with the California Department of Motor Vehicles about the July 1 crash: Google’s SUV was going about 15mph in self-driving mode behind two other cars as the group approached an intersection with a green light.
 
Google が California Department of Motor Vehicles に提出した、7月1日の事故に関するレポートによると、セルフ・モードの Google SUV が、2台の車に続いて 15mph で走っており、青信号の交差点に差し掛かったときに、その事故が起きたようだ。
 
The first car slowed to a stop so as not to block the intersection — traffic on the far side was not moving. The Google car and the other car in front of it also stopped.
 
先頭の車が、交差点をブロックしないように、減速して停止した。 なぜなら、交差点を渡った向こう側が渋滞していたのだ。2番目の車と、Google SUV 自動操縦車も、それに合わせて停止した。
 
Within about a second, a fourth vehicle rear-ended the Google car at about 17 mph. On-board sensors showed the other car did not brake.
 
それから数秒後に、4番目の車が約 17 mph で、Google SUV の後部に突っ込んできた。なお、その車が、ブレーキをかけていないことを、オンボード・センサーが示していた。
 
The driver of that car reported “minor neck and back pain.” The SUV’s rear bumper was slightly damaged, while the vehicle that struck it lost its front bumper.
 
事故を起こした車のドライバーは、首と背中に、軽い痛みがあると訴えていた。SUV のリア・バンパーが、少し破損した。そして、もう一方の車は、フロント・バンパーを失ったという。
 
Mountain View police responded, but did not file an accident report.
 
Mountain View の警察が駆けつけたが、事故報告書は提出していないという。
 
ーーーーー
weekendGoogle のセルフ・ドライブ・カーというと、あの、小さくて丸っこいのを思い浮かべますが、Lexus SUV などでもテストされているようですね。 この、セルフ・ドライブには、多くの人が注目していると思います。 そして、自分で車を運転する人であれば、人間よりも機械のほうがマシと感づいているはずです。 こうして、Google のプロトタイプが、公道上でのテストを積み重ねて、人間のドライバーよりも安全であることを証明していけば、世界的な規模で変革が起こるでしょう。 とりわけ、都市部においては、自動車が所有物から共有物へと変化していくことで、交通渋滞が解消するかもしれません。 そして、高い駐車場代を支払いながら、目的地の駐車場が確保できないので、自動車が使えないというような矛盾も消え去っていくでしょう。 この分野は、明るい未来が見えていますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google Maps のスタッフは 7000人 : Apple は どうするの?
Google Maps は、あなたの行動を記録している:心配な人はチェックしよう!
Google Maps の底力:膨大なデータを用いて、目的地までの時間を予測する!
Google Maps は Big Data を使いこなすが、Apple Maps には それが出来ない
Google が自動車損保にアプローチ:容易な比較のためのツールとは?
 
 

Comments Off on Google セルフ・ドライブ・カーの、もらい事故レポート: 追突されて4人が イテテ!

%d bloggers like this: