Agile Cat — in the cloud

Apple Pay は スランプなのか? リテール連合の反撃により、シェアを減らしている?

Posted in Apple, Mobile, Research by agilecat.cloud on August 9, 2015
Why Apple Pay is slumping
Jaime Toplin – Aug. 8, 2015
http://www.businessinsider.com/why-apple-pay-is-slumping-2015-8
 
_ Business Insider
 
The percentage of eligible users who use Apple Pay dropped from Q1 to Q2 of this year, according to a new installment of the PYMNTS.com and InfoScout Apple Pay Adoption Tracker. In March, 15.1% of users surveyed had used Apple Pay, but in June, that number dropped to 13.1%.
 
Apple Pay を利用するユーザーの比率だが、PYMNTS.com と InfoScout Apple Pay Adoption Tracker の最新調査結果によると、今年の Q1 から Q2 にかけて、マイナス成長の状況にあるという。この 3月の時点において、調査対象となるユーザーの 15.1% が Apple Pay を使用していたが、6月の比率が 13.1% に低下しているのだ。
 
Apple Pay Adoption
BI Intelligence
 
Apple Pay is still facing significant hurdles:
 
Apple Pay は、依然として、以下のような高いハードルに直面している:
 
  • Customers are still struggling to see the benefits of using Apple Pay over another payment method. 32% of iPhone 6 and 6 Plus users who said they didn’t use Apple Pay cited satisfaction with their current payment method, and 34% felt like they didn’t understand how the software worked.
  • Apple のユーザーたちは、他のペイメント方式に代えて Apple Pay を使用するときの、メリットを確認しあぐねている。iPhone 6 および iPhone 6 Plus ユーザーの 32% が、現状のペイメント方式に満足しており、また、Apple Pay を使用していないと述べている。そして、それらのユーザーの 34% が、Apple Pay の機能について理解していない。
  • Apple Pay still is not widely accepted. Apple Pay was accepted at 700,000 retail locations as of March, but those locations only represent a handful of major US retailers. And a sizable chunk of national merchants are currently working to roll out their own competing mobile wallet, CurrentC. Until Apple Pay’s presence becomes less fragmented and more commonplace, there probably won’t be any tectonic shifts in usage. That said, 75% of shipped US terminals were NFC-enabled in 2014 which means that the base of merchants that can accept Apple Pay is growing quickly.
  • Apple Pay を導入している店舗は、依然として広範囲におよんでいない。この 3月の時点で、Apple Pay を導入している小売店は 70万店舗であるが、その数はというと、アメリカにおける主要小売店の一握りにすぎない。そして、アメリカ国内における大多数の商店は、Apple Pay と対抗するオサイフ・ケータイである、CurrentC の展開を促進している。Apple Pay の展開が、より一般的なものになり、その断片化が払拭されるまで、現状における使用形態に、なんらかの変動シフトが発生することはないだろう。ただし、2014年にアメリカで出荷された、レジ端末の 75% が NFC 対応になっており、Apple Pay の受け入れが可能になるベースが、急速に成長していることも指摘しておく。
  • Not all iPhone users have Apple Pay-capable devices. 40% of active iPhone users had upgraded to iPhone 6 or 6 Plus as of March. This leaves a large user base who might be interested in using Apple Pay but lack the hardware to do so.
  • すべての iPhone ユーザーが、Apple Pay 対応のデバイスを持っているわけではない。この 3月の時点で、アクティブな iPhone ユーザーの 40% が、iPhone 6 または iPhone Plus 6 にアップグレードしていた。それにより、Apple Pay の潜在ユーザーが増えたことになるが、その一方では、Apple Pay を使いたくても、そのためのハードウェア機能が欠落しているという、ユーザーベースが大量に取り残されている。
ーーーーー
research_55このチャートが示すのは、Auriemma Consulting/InfoScout/Trustev/Average/Weighted Average の各社が、Apple Pay について調査した、3月時点のデータなのでしょう。 そして、InfoScout が 6月に調査したら、以前の 15% が 13.1% に下がっていたのでしょう。 さらに、このチャートには含まれない  PYMNTS.com も、6月の調査結果として、13% 程度のシェアだと発表したのでしょう。 文中にもありますが、iPhone のバージョンと、NFC 対応レジ端末の普及という、依然として値の定まっていない、大きな変数が残されているようです。しかし、3月と 6月の比較で、シェアを減らしているというのは、どう考えても、Apple にとって厳しいトレンドである。そして、ペイメント方式のコントロールは生命線なので、小売業も Apple Pay と徹底的に戦っていくでしょう。 これからの展開が見ものですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?
クレジット・カード決済における手数料を分析してみた:Apple Pay の予習に ど〜ぞ!
スマート・ウォッチへの期待: iOS ユーザーが Android ユーザーを、大幅に上回る!
Apple Watch の 大失敗を示すチャート: あなたは、どう読む?
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?
 
 

Comments Off on Apple Pay は スランプなのか? リテール連合の反撃により、シェアを減らしている?

%d bloggers like this: