Agile Cat — in the cloud

Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!

Posted in .Selected, Alibaba, Asia, Huawei, Telecom by agilecat.cloud on August 5, 2015
Chinese Cloud Computing War Will Soon Begin
July 20, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/07/20/21900-chinese-cloud-computing-war-will-soon-begin
 
_ China Tech News
 
Huawei is ready to battle Alibaba’s Aliyun cloud service as Huawei plans to hold a launch event at the end of July 2015 to officially release its own public cloud computing services.
 
Huawei は、Alibaba の Aliyun クラウド・サービスと戦う準備を整えている。そして、Huawei のオフィシャルな計画としては、独自パブリック·クラウド·サービスのリリースを、2015年7月末のイベントで発表する予定となっている。
 
Huawei’s rotating CEO and vice chairman Xu Zhijun disclosed in April that the company would soon launch its public cloud services to formally enter the Chinese information service industry, and now local Chinese media are confirming that the commencement will happen within two weeks.
 
Huawei の CEO and Vice Chairman(交代制)である Xu Zhijun は、独自のパブリック·クラウド·サービスを展開し、China の情報サービス産業に正式に参入すると、4月の時点で表明していた。そして、China のローカル・メディアも、これからの 2週間の間に、同社のクラウドが立ち上がると解説している。
 
14358280636_b45390ca3a_oFlickr
Pierre Lecourt
 
Xu said in April that Huawei wants to provide customers with a complete cloud service solution. Huawei will also provide related solutions to carriers; meanwhile, the company will continue to cooperate with other carriers in the overseas market and provide public cloud solutions to them.
 
4月における Xu の表明は、完全なクラウド·サービス·ソリューションを、Huawei は顧客に提供していくという内容のものだった。さらに言えば、Huawei は国内キャリアに適したソリューションを供給するはずだが、その一方では、海外市場におけるキャリアとも提携し、パブリック·クラウド·ソリューションを提供していくようだ。
 
At the end of 2010, Huawei launched a cloud computing strategy named “Yunfan” and announced its formal entry into the cloud computing sector. In October 2011, Huawei announced the establishment of an IT product line focused on cloud computing. In 2014, the company launched its Fusion Sphere 5.0 cloud operating system. Then with nearly four years of development, Huawei launched a series of products and solutions based on cloud computing and it accumulated users in various sectors, including server services, storage solutions, and distributed cloud data centers. Huawei currently has over 400 data centers across the world, including 120 cloud data centers.
 
2010年の終わりに Huawei は、「Yunfan」というクラウド·コンピューティング戦略を立ち上げ、この分野に参入していくことを正式に発表している。そして 2011年10月には、クラウド・コンピューティングにフォーカスした、IT プロダクト・ラインの確立すると表明している。さらに 2014年には、Fusion Sphere 5.0 という、クラウド OS を立ち上げている。この 4年におよぶ開発期間において、Huawei はクラウド・コンピューティングをベースとして、各種のプロダクトやソリューションを発売してきた。具体的に言うと、サーバー・サービス/ストレージ・ソリューション/分散型クラウド·データセンターといった、多様な分野のユーザーを取り込むものであった。実際のところ、現時点において Huawei は、世界に展開される 400ヶ所以上のデータセンターを有しているが、そのうちの 120ヶ所がクラウド・データセンターとなっている。
 
For the year of 2015, Huawei signed a cloud computing strategic cooperation agreement with Centrin Data Systems in May; on June 15, Deutsche Telekom announced intentions to select Huawei as its public cloud strategy partner; on June 16, Huawei signed a cloud computing strategic cooperation agreement with the municipal government of Dalian in northeastern China to jointly build a software cloud service platform.
 
そして 2015年の Huawei は、5月に Centrin Data Systems と、クラウド・コンピューティングに関する戦略的な契約を交わしている。続いて 6月15日には Deutsche Telekom が、パブリック・クラウドの戦略的パートナーとして、Huawei を採用するという意思を示している。その翌日の 6月16日には China の Dailen 市政府が、クラウド・サービス・プラットフォームに関するソフトウェア開発において、Huawei と戦略的な契約を交わしている。
 
Huawei’s public cloud services will focus first on the IaaS sector. Its target customers will be industries that are impacted by the Internet and willing to transform to the cloud service sector such as finance, government, manufacturing, energy, and education.
 
Huawei のパブリック·クラウド·サービスは、IaaS 分野にフォーカスするところから始まっている。そこでターゲットとなる顧客は、インターネットからの影響を受ける産業であり、また、クラウド・サービス分野へ転身したがっている企業となる。具体的に言うと、金融/政府/製造業/エネルギー/教育などの分野が挙げられる。
 
Alibaba’s Aliyun service launched more than two years ago and has quickly built both a brand an a ubiquitous service around China. In addition, China’s laws limit foreign players in the cloud computing sector, so companies like Amazon and Rackspace are greatly limited in seizing any sizable piece of the market in China.
 
話は Alibaba に変わるが、その Aliyun サービスは 2年と少し前に立ち上げられ、きわめて短期間のうちに、China を中心とした市場で、ブランドとユビキタス・サービスを確立している。また、China の法律は、クラウド・コンピューティング分野における海外企業の動きを制約している。したがって、Amazon や Rackspace といった企業は、China 市場における限定された分野に、その活動の範囲を限定されている。
 
Related Links:
 
ーーーーー
_ Huaweiこのところ、Huawei が気になって仕方のない Agile Cat ですが、このポストを訳していて、さらに興味が湧いてきてしまいました。 中国という、世界で最大のインターネット・マーケットを背景にして、B2C からクラウドへと勢力を拡大してきたのが Alibaba なら、そのためのネットワーク網をキャリアと一緒に整備し、実績と利益を積み上げてきたのが Huawei なのだと思います。 そして、海外のマーケットに関しては、Aiibaba がアメリカから開拓するなら、Huawei はヨーロッパからというふうに、これまでの両者の間では、根本的なところで競合が回避されてきています。 しかし、Huawei のパブリック・クラウドが登場するなら、まったく異なる展開になります。6億人以上のスマホ・ユーザーという、圧倒的な内需に支えられる中国マーケットでの、カチンコ勝負が、とても刺激的です。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Huawei が ジョホールバールに、独自の Cloud Exchange をオープンする!
Huawei と Vodafone が、クラウドと IoT で全面的に提携か?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!

Comments Off on Huawei のパブリック・クラウドが発進する: そして Alibaba とのガチンコ勝負が はじまる!

%d bloggers like this: