Agile Cat — in the cloud

Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく

Posted in AI ML, IoT, On Monday by agilecat.cloud on July 27, 2015
New Hardware: Enabler of IoT Innovation
By Dick Weisinger – July 21st, 2015
http://formtek.com/blog/new-hardware-enabler-of-iot-innovation/ 
_ formtek
Analysts have been all over the Internet of Things (IoT), predicting how billions and billions of dollars will be spent connecting billions and billions of devices.  But don’t confuse IoT with the many advances that we’re seeing with new hardware and new machines.
 
アナリストたちは、すべての Internet of Things (IoT) を見通すことで、数十億のデバイスを接続するために生じる、膨大な収益を予測しようとする。しかし、IoT と組み合わせるべき、新たなハードウェアとマシンがもたらす先進性と、これまでの概念を混同してはならない。
 
Gauguin_10But in a recent piece for O’Reilly, Jon Brunner identifies the New Machine market as one that is distinct from the Internet of Things.  Brunner says that the rapid rise in innovation in new machines, robots and devices is happening in parallel to IoT and is very distinct from it.
 
そして、O’Reilly の最近の記事ではJon Brunner が New Machine のマーケットを、IoT とは別のものとして識別している。Brunner の言葉によると、新たなマシン/ロボット/デバイスにおける急激なイノベーションは、IoT と平行して起こっているものであり、また、明確に区別すべきものとなる。
 
Brunner says that IoT is all about cheap hardware connected to the Internet, creating lots of data that can be crunched with cheap analytics and fed into machine learning.
 
さらに Brunner は、IoT の全体像について、インターネットに接続された安価なハードウェアがあり、そこで生成された大量のデータが安価に分析され、機械学習に受け渡されるだけのものと発言している。
 
On the other hand, Brunner says that the new tools that form the backbone of the New Hardware industry are being driven by advances in inexpensive hardware in the areas of 3D printing, new-generation CNC tooling, cheap microcontrollers, and new high-level programming languages to control embedded systems.  He sees the New Hardware Movement as more of an enabler of IoT.
 
その一方で Brunner は、安価なハードウェアが進化したことで、New Hardware 産業のバックボーンを形成する新しいツールが、新たな推進力を持ち始めているとも述べている。具体的に言うと、3D プリンティングや、次世代の CNC ツール、安価なマイクロコントローラ、そして、エンベッド・システムを制御するための、新たな高級プログラミング言語などが、その領域を構成していることになる。 つまり、IoT を実現する存在を超えたところで、彼は New Hardware Movement の動きを捉えている。
 
Brunner wrote that “the impact of the new hardware movement goes well beyond electronics and touches any industry that produces physical goods: it won’t be long before we see cars developed in an agile manner. On the other end of the spectrum, the new hardware movement is a primary enabler of the Maker movement; its accessible prototyping tools have become a popular hobbyist pastime.”
 
そして Brunner は、「 新しいハードウェアの動向は、物理的な商品を生産する大半の業界に、これまでのエレクトロニクスの概念を、遥かに超えたレベルで浸透していく。いわゆるアジャイルな手法で、自動車というものが開発されていく状況などが、それほど時間をかけずに現実のものとなっていく。そして、この領域の別のエッジでは、新しいハードウェアの動きが、メーカーの動きを率先して変革していくものとなる。つまり、誰もがアクセスできるプロトタイピング・ツールが、人々が好む趣味や娯楽の対象に変容していくのだ」と述べている。
 
ーーーーー
Youtube Hong KongOn Mondayたしかに、IoT によるイノベーションは、多様なスタイルを持つものになりそうですね。 たとえば、GoPro などのアクション・カメラと、ちょっと高級なドローンを組み合わせが、つまり安価で進化したハードウェアが、現実に大きな変化を生み出しているのです。 この Youtube の画像は、昨年の香港で生じた政権に対する抗議デモの様子を、安価な民生ハードウェアだけで、見事に捉えている実例と言えるでしょう。 もちろん、すべてがオンラインでつながっているわけではなく、人手による作業が介在しているのですが、あと数年で、全体が IoT に載ると、容易に推測できます。 この動画を観たとき、よく目にする「主催者側は10万人と発表し、政権側は3万人と発表」みたいな奇妙な報道が、すでに意味を失っていることに気づきました。 そして、維持費を含めれば何億円という費用がかかる報道ヘリが、都会の人々の動きを追うという範囲では、無用の長物になってしまったことに驚きました。 安価に利用できる IoT と、安価に手にできる高機能なハードウェアが広まるにつれて、ありのままに事実を共有できる、住みやすい世の中になっていくのだと、期待したいところです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Future Growth の調査: 大半の CEO たちが、テクノロジーを最重要視している
IoT の調査: 各種デバイスが生成するデータの、90% 以上が廃棄されているという現実
Data Warehousing の調査: Snowflake が、Azure と AWS にガチンコ勝負を挑む
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
 

Comments Off on Hardware の調査:IoT によるイノベーションは、新たなハードウェアが具現化していく

%d bloggers like this: