Agile Cat — in the cloud

富士通 (豪) が Google と提携: 企業向けのフル・マネージド・ソリューションを Chromebook 上で実現!

Posted in .Selected, Asia, Citrix, Google, Post-PC by agilecat.cloud on July 7, 2015
Fujitsu, Google collaborate on managed Chromebook Services delivery
Peter Dinham – July 07, 2015
http://www.itwire.com/business-it-news/enterprise-solutions/68556-fujitsu-google-collaborate-on-managed-chromebook-services-delivery
 
_ IT Wire
 
Fujitsu has teamed up with Google to deliver an enterprise-grade managed service offering in Australia and New Zealand that it says leverages the flexibility, simplicity and security of the Chrome platform (Chromebooks and Chromeboxes).
 
Fujitsu は Google と提携し、 Australia と New Zealand において、エンタープライズ・グレードのマネージド・サービスを提供しようとしている。つまり、それにより、Chrome プラットフォーム(Chromebook と Chromeboxes)の柔軟性/簡潔性/安全性を、エンタープライズのために活用しようと目論んでいるのだ。
 
ーーーーー
 
Under the partnership, the Fujitsu Managed Chromebook Service will equip organisations with a flexible, scalable and cost effective solution to employee mobility, comprehensively controlled by Fujitsu’s managed services.
 
このパートナーシップの下で、Fujitsu Managed Chromebook Service が顧客に提供するのは、従業員のためのモバイビリティを、Fuhitsu のマネージド・サービスで包括的に制御するための、柔軟性/拡張性/経済性に富んだソリューションとなる。
 
Fujitsu ChromebookThe Managed Chromebook Service is closely aligned with Fujitsu’s Virtual Workplace Solution, which will allow Chromebook users to access their traditional applications and data via virtual desktop technology. Fujitsu partners with Citrix to deliver the service.
 
この Managed Chromebook Service は、Fujitsu の Virtual Workplace Solution と密接に連携している。それにより、対象となる Chromebook ユーザーたちは、仮想デスクトップ・テクノロジーを介して、レガシーなアプリケーションやデータにアクセス可能となる。 なお、この種のサービスに関して、Fujitsu は Citrix と提携している。
 
Phil Dean-Jones, Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC, at Citrix, said, “As more and more Citrix customers move to cloud-based delivery of Windows Desktops and Applications, Fujitsu is a key Service Provider with a track record for hosting Citrix and managing these migrations across Australia and the world.
 
Citrix の Senior Director of Channel Sales and Partner Development, APAC である Phil Dean-Jones は、「 Citrix における数多くの顧客が、Windows のデスクトップとアプリケーションを、クラウド・ベースで供給し始めている。それにつれて Fujitsu は、Citrix ホスティングに関する実績を積み上げ、また、Australia とグローバルで一連のマイグレーションを管理するという、きわめて重要な Service Provider となっている」と述べている。
 
“Momentum for Chromebooks has been building and the cost benefits are clear, however the first question asked by customers is ‘what about my Windows applications?’ which is why Citrix released our Receiver for Chromebook in 2013.
 
「Chromebook は勢いを生み出しており、そのコスト・メリットも明確である。しかし、顧客たちは、「私の Windows アプリケーションは、どうなる?」と、最初に必ず聞いてくる。そこに、2013年の時点で Citrix が、Chromebook レシーバをリリースした理由がある」
 
“We see the new Fujitsu Managed Chromebook Service as the next step for these devices, as the Chromebook gains mainstream business attention, now backed in Australia by a Tier 1 Citrix Service Provider in Fujitsu.”
 
「 Chromebook がビジネスのメインストリームで注目を集めるにつれて、一連のデバイスにおける次のステップとして、この新しい Fujitsu Managed Chromebook Service が必要になると、私たちは認識している。Australia においては、Fujitsu の Tier 1 Citrix Service Provider により、その試みが促進されているのだ」
 
The Fujitsu Managed Chromebook Service enables customers to select the Chromebook of their choice.  When combined with a Citrix virtual desktop or application environment, Dean-Jones says the service provides a versatile, highly secure and well managed client computing solution with seamless access to both Windows and Web based applications for the enterprise.
 
この Fujitsu Managed Chromebook Service により、顧客たちは自らの選択肢として Chromebook を取り上げることが可能になる。そして、このサービスと Citrix 仮想デスクトップおよび、アプリケーション環境を組み合わせるとき、汎用性と安全性が不可欠なエンタープライズのための、適切に管理されたクライアント·コンピューティング·ソリューションが実現されると、Dean-Jones は発言している。つまり、Windows と Web のアプリケーションをまたいだシームレスなアクセスが、エンタープライズに対して提供されるのだ。
 
Fujitsu then undertakes all user management; device configuration and management; provisioning of corporate approved applications from the Google Store, listing of sites that devices and users can access, environment look and feel, controlled OS updates, OS and hardware support, and hard installation.
 
さらに Fujitsu は、すべてのユーザー・マネージメントおよび、デバイスのコンフィグレーションとマネージメントを実現していく。具体的に言うと、Google Store におけるアプリケーションの中から、ユーザー企業が承認したものだけがプロビジョニングされ、また、デバイスおよびユーザーが、アクセス可能なサイトがリストアップされる。それだけではなく、環境のルック&フィールや、コントロールされた OS の更新、OS と ハードウェアのサポート、そして、ハード・インストールなども管理されていく。
 
According to Kevin Ackhurst, Director, Google for Work Asia Pacific, said: “Businesses around the world have found that Chromebooks provide them with a more secure and simple way of working. They’re fast, easy to share and easy to manage, and we’re delighted to be working with Fujitsu to bring these benefits to more businesses across Australia and New Zealand.”
 
Google for Work Asia Pacific の Director である Kevin Ackhurst は、「世界中の企業が Chromebook に対して、自社の IT を安全かつ簡単な方法で、提供することが可能なものだと認識するだろう。彼らは、容易な共有と、容易な管理を、あっという間に実現していく。Fujitsu と協調することで、Australia と New Zealand の数多くの企業に、こうしてメリットを提供できることを、私たちは喜んでいる」と述べている。
 
Mike Foster, Chief Executive Officer of Fujitsu Australia and New Zealand, said the company knew from discussions with its customers that there was a growing interest in the Chromebook as an enterprise platform.
 
Fujitsu Australia and New Zealand の CEO である Mike Foster は、エンタープライズ・プラットフォームとしての Chromebook に対して、関心が高まってきたことを、顧客とのディスカッションから得たと述べている。
 
“We are proud of our new partnership with Google and our ability to continue pushing innovation boundaries. We are the first SI to offer managed services to enterprises for Chromebooks as part of our vision of ‘Workplace Anywhere’.”
 
「私たちは、Google との新たなパートナーシップに関して、そして、イノベーションの限界を拡張し続けていく能力に関して、とても誇りに思っている。私たちは、”Workplace Anywhere” というビジョンの一環としての Enterprise Chromebook に対して、マネージド・サービスを提供する最初の SI である」
 
ーーーーー
Post-PCGoogle for Work Asia Pacific と Fujitsu Australia and New Zealand の提携ということなので、オーストラリアとニュージーランドに限定されるものなのか、それともグローバルに広がっていくものなのか、そのあたりは定かではありません。しかし、Citrix というパートナーを巻き込み、センスの良い SIer が顧客の要望に応えるなら、こんなソリューションが実現できるという、とても良い事例になるでしょう。 それにしても、面白い展開です。 これからの進み方に、注目していきたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
米教育関係者:Chromebook により、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
 

Comments Off on 富士通 (豪) が Google と提携: 企業向けのフル・マネージド・ソリューションを Chromebook 上で実現!

モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!

Posted in Advertising, Amazon, Apple, Facebook, Google, Microsoft, Mobile, Research, Social, Yahoo by agilecat.cloud on July 7, 2015
Facebook and Google are winning the app war
Matt Rosoff – Jun. 29, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-and-google-are-winning-the-app-war-2015-6
 
_ Business Insider
 
 
Smartphone users spend more time with apps they’ve installed from Facebook and Google than with any other company, according to new research published today by Forrester.
 
Forrester の最新の調査(6/29)によると、スマートフォン・ユーザーたちは大半の時間を、Facebook および Google からダウンロードしたアプリで費やしており、その比重は他社を圧倒していることが分かる。
 
The company surveyed 2,000 smartphone owners between October and December 2014 to find out which apps they were using most. The poll excluded apps that ship with operating systems, so apps like Apple’s Mail, iMessage, Calendar, and Safari browser are not included.
 
Forrester は、2014年10月〜12月の間で 2,000人のスマホ所有者を対象とし、それらの人々が最も利用するアプリについて調査した。ただし、この調査では、たとえば Apple の Mail/iMessage/Calendar/Safari といった、OS にバンドルされているアプリは除外されている。(注記:ユーザーの意思で DL されたアプリを、対象にしているようです)
 
↓ クリックで拡大 ↓
Time Spend of Apps
Forrester
 
Of the apps they chose to download, users spent 13% of their total time in Facebook’s apps, and the bulk of that time (11.5% of total time spent) is spent doing social networking — probably Facebook’s main app and Instagram. The rest is split evenly between communication — most likely with messaging apps like Messenger and WhatsApp — and news reading, presumably through the main app.
 
それらのユーザーが、ダウンロードを選択したアプリの中では、Facebook のアプリ群が、全体における 13% の時間を占有している。Facebook アプリ群の内訳としては、ソーシャル・ネットワーキングが大半を占めているが(合計時間の 11.5%)、おそらく Facebook App と Instagram が、そのパーセンテージを占めているはずだ。メッセージング・アプリの内訳としては、Messenger や WhatsApp などが、その時間を均等に分割しているのだろう。また、ニュースに関しては、メインの Facebook App を介して消費されているはずだ。
 
Google has the second most-used collection of apps, taking up 12% of users’ total time. Most of this time (4.8% of total time spent) is on TV and video, presumably with YouTube.
 
このアプリ占有率の調査で、二番手となったのは Google であり、全体の時間における 12% を占めている。 その内訳だが、全体に対する 4.8% が TV や Video に関するものとなり、YouTube を介して消費される時間だと推測できる。
 
Disclosure: Jeff Bezos is an investor in Business Insider through his personal investment company Bezos Expeditions.
 
ーーーーー
research_55なんというか、異次元の強さを発揮する、Facebook と Google という感じですね。 文中にも注釈を入れましたが、あくまでも、ユーザーが意識的に、ダウンロードして利用しているアプリを、対象にした調査のようです。 したがって、たとえば iPhone 上の iTunes だけではなく、Android 上の Gmail なども、この調査の対象外になるのでしょうか? そのあたりのルールを、もう少し詳しく説明して欲しいですね。 そして、Facebook の強さに関してですが、「ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!」という、先月のポストのことを思い出してしまいます。 なお、2011年2月の「Facebook と YouTube に注がれる、私たちの大切な時間」という抄訳で紹介したように、この Top-2 が他を圧倒している状況が、もう4年以上も続いていることにも注目したいです。そして、最近は、Facebook App におけるビデオの利用時間が伸びており、新たなバトルが勃発という状況のようです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
YouTube も 10億人 ユーザー・クラブに入会 : Facebook を追え!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、その4つの秘密とは?
ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ
Facebook が Youtube から、ビデオ広告の王座を奪った
 

Comments Off on モバイル・アプリと消費時間: Facebook と Google の圧倒的な強さを 1枚チャートで!

%d bloggers like this: