Agile Cat — in the cloud

InfoQ China の仕切りで、中国大手クラウドのコンテナ仕様は共通化さるのか?

Posted in Alibaba, Asia, Container, Huawei, Standard, Tencent by agilecat.cloud on June 26, 2015
China Cloud Computing: InfoQ China Creates Container Technology Hub
Adrian Darylle Torralba – Jun 24, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/55073/20150624/china-cloud-computing-infoq-creates-container-technology-hub.htm
 
_China Topix
 
InfoQ’s CNUT meeting with technology leaders in China was considered successful after it was attended by big technology companies such as Alibaba, Tencent, Baidu, Huawei, Ctrip, Meituan, JD and other tech companies in the country.
 
InfoQ の CNUT と、China のテクノロジー·リーダーたちとのミーティングは、成功したと捉えられるだろう。 なぜなら、 Alibaba/Tencent/Baidu/Huawei/Ctrip/Meituan/JD といった、同国における大手ハイテク企業が参加したからである。
 
CSCL_GlobeWikipedia
 
According to InfoQ, the use of container technology has risen to a significant number of users, and InfoQ is keeping an eye on several developers such as CoreOS, Docker, Kubernetes and Mesos. Start up container technologies are also rising and making the effort to compete globally.
 
InfoQ によると、コンテナ・テクノロジーを使用するユーザーの数は、かなりのレベルまで増加しているようだ。そして InfoQ は、CoreOS や、Docker、Kubernetes、Mesos といった、いくつかのデベロッパーに注視し続けている。また、コンテナ・テクノロジーのスタートアップも増大し、それぞれが、グローバルでの競合に備えている。
 
The full extent of small enterprises that is using the services of these storages have reportedly brought so much attention to the container technology hub to develop and support more providers of the said service. The CNUT container technology aims to provide services and information about the storage and container technologies to current, start-ups and possible investors in the said technology.
 
伝えられるところによると、ストレージ・サービスを使用している大半の中小企業が、それぞれのプロバイダーに関連する開発とサポートを推進するために、このコンテナ・テクノロジー・ハブに対して、大きな関心を寄せているようだ。そして、CNUT Container Technology は、ストレージおよびコンテナのテクノロジーについて関心を持っている、スタートアップや投資家たちに対して、サービスと情報を提供していく方針である。
 
Huawei’s technical expert  Wang Yang said that they did discuss about the connection between existing container technology and traditional virtual technology. It is said that the latter is more focused and intended for resources’ rational distribution such as improving utilization while the former is more of an application-oriented. He added that infrastructure resources should still adopt traditional virtual technology while container technology should be opt for use in packaging and division.
 
Huawei の技術部門に属する Wang Yang は、現在のコンテナ・テクノロジーと、従来からの仮想化テクノロジーを、適切に接続する方式について、議論してきたと発言している、つまり、仮想化の方は、合理的なリソース・ディストリビューションと、利用効率の向上を意図しているのに対して、コンテナの方はアプリケーション指向の側面を持っているようだ。 彼は言うには、インフラ・リソースに関しては、依然として従来からの仮想化テクノロジーが採用されるはずだが、アプリケーションを集合/分散させるためには、コンテナ・テクノロジーが最適になるようだ。
 
Cui Yubao, chief architect from Mi, however, said that the Chinese’ technological influence to international partners is not enough to create a breakthrough and that it is important to create a structured planning in order to conquer the international market.
 
しかし、Mi の Chief Architect である Cui Yubao は、海外のパートナーへ向けた、China からの技術的な影響力は不十分であると発言している。つまり、突破口が必要であり、また、インターナショナル市場を征服するための、構造化された計画の推進が重要になると述べている。
 
ZDNet, on the other hand, recently featured Docker’s breakthrough on container technology with enterprise data center and cloud virtualization.
 
その一方で、ZDNet は以前に、エンタープライズ・データセンターとクラウドの仮想化において、Docker のコンテナ・テクノロジーが突破口を開くと論じている。
 
ーーーーー
Asia Pacific面白いと思って訳してみましたが、文中で参照されている InfoQ の記事のほうが、はるかに分かりやすかったですつまり、この記事を選んでしまいガッカリしているのですが、少なくとも  Alibaba/Tencent/Baidu/Huawei/Ctrip/Meituan/JD といった大手が揃って、コンテナの運用に関する何らかの取り決めを行おうと、相談し始めたたところまでは分かりました。 また、InfoQ のポストは、「ストレージ云々」に触れていないので、3つ目の段落は意味のないものとして、読み飛ばしたほうが良いと思います。
 
話はハードウェアに飛びますが、中国には Alibaba/Tencent/Baidu などが作り出した、Sporpio というサーバーのデファクト仕様があり、また、それを活用することでデータセンターの運用効率を高めているのです。これも、Open Compute Project の発想に乗ったものなのですが、次第にプレゼンスを発揮し始めています。 それだけ、上記の China Top-3 の規模が巨大であり、また、中国国内で大きな影響力を有しているのでしょう。 そして、最近の Huawei などの海外進出を見ていると、その影響力を上位のソフトウェア層に広げ、また、グローバルに展開し始めているように思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
 

Comments Off on InfoQ China の仕切りで、中国大手クラウドのコンテナ仕様は共通化さるのか?

%d bloggers like this: