Agile Cat — in the cloud

HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!

Posted in .Selected, Network, On Monday, Standard by agilecat.cloud on June 15, 2015
HTTP/2: Blueprint for Speedier and More Secure Internet Communications
By Dick Weisinger – June 12th, 2015
http://formtek.com/blog/html2-blueprint-for-speedier-and-more-secure-internet-communications/
_ formtek
In February 2015 an overhaul of the HTTP protocol was approved, the first change since HTTP 1.1 was adopted in 1999.  The new protocol is being called HTTP/2.
 
2015年2月のことだが、HTTP プロトコルに関する徹底的な改善が承認された。 それは、1999年に HTTP 1.1 が採択されてから、初めての変更となる。 そして、この新しいプロトコルは、HTTP/2 と呼ばれている。
 
The new protocol was in development for two years by the IEFT (Internet Engineering Task Force) and is based on a protocol created by Google called SPDY.
 
この新しいプロトコルは、IEFT(Internet Engineering Task Force)が2年を費やして開発したものであるが、Google が作成した SPDY というプロトコルをベースにしている。
 
Chagall_15Some of the ways in which HTTP/2 will speed up internet communication is the compression of header information and the ability to send multiple requests over a single connection.  Web pages should load ten to forty times faster with HTTP/2.  The improvements are expected to speed up web traffic and improve efficiency so that mobile devices will consume less power when loading browser pages.
 
HTTP/2 がインターネット通信を高速化する手法としては、ヘッダ情報を圧縮する能力や、シングル・コネクション上でのマルチ・リクエストの送信などが挙げられる。そのため、HTTP/2 を用いた場合において、Web ページのロードは 10倍〜40倍も高速化されるという。この更新により、Web トラフィックが高速化され、効率がを改善されるはずだ。したがって、モバイル・デバイス上のブラウザで、Web ページをロードする際に、電力の消費が低減されることになる。
 
HTTP/2 was originally intended to have TLS (Transport Layer Security) encryption, or SSL, built in, but that idea was rejected because it was felt that doing so would make implementation of the new standard much more difficult for network operators and proxy vendors.
 
もともとの HTTP/2 構想では、TLS(Transport Layer Security)暗号化と、SSL をビルトインで取り込むことた意図されていたが、その考えは拒否された。なぜなら、そのセキュリティ対策を実施することで、ネットワーク・オペレータやプロキシー・ベンダーによる、この新しいスタンダードの実装が難しくなるという、懸念が生じたからである。
 
Mark Nottingham, chair of the IETF HTTP Working Group, said that “one of the big reasons that HTTP/2 took so long to get to is that upgrading the protocol in the deployed infrastructure is really hard; there are lots of boxes out there that assume HTTP/1 will never change.  So, if the transition from HTTP/1 to HTTP/2 goes well, it should be a lot easier to introduce the next version, because we can use the same mechanism that we used for the first big hop.”
 
IETF HTTP Working Group の Chair である Mark Nottingham は、「HTTP/2 の確定までに、かなりの時間が費やされた大きな理由として、インフラの深部にディプロイされたプロトコルを、アップグレードすることが、きわめて困難になるという捉え方があった。つまり、HTTP/1 が変化しないと想定すると、たくさんの障害が取り残されることになる。したがって、HTTP/1 から HTTP/2 への移行が上手くいけば、次期バージョンの導入が、きわめて容易になるはずだ。なぜなら、最初の大きな飛躍で用いたメカニズムを、再び利用できるようになるからだ」と述べている
 
ーーーーー
On Mondayそんなに Web が速くしてくれるなら、HTTP/2 に対する期待が膨らみますね。 しかし、HTTP/1 のトラフックが飛び交う中で、HTTP/2 を増やしていく必要があるので、プロトコルの切り替えというのは、ほんとうにタイヘンですね。 そして、HTTP 2.1 の登場により、HTTP/2 の時代が幕を開けるのでしょう。 文中の最後の方で、「最初の大きな飛躍で用いたメカニズム」と表現されているのは、HTTP 1.0 から HTTP 1.1 へのステップ(たけけんのサーバー勉強日記)のことなのだろうと推測しています。 楽しみですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?
Microservices の調査:Amazon.com におけるマイクロサービス・アーキテクチャとは?
 
 

Comments Off on HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!

%d bloggers like this: