Agile Cat — in the cloud

Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?

Posted in .Selected, Google, IoT by agilecat.cloud on May 24, 2015
Google Developing ‘Brillo’ Software for Internet of Things
Amir Efrati and Steve Nellis – May 21, 2015
https://www.theinformation.com/Google-Developing-Brillo-Software-for-Internet-of-Things
 
_ The Information
 
Google wants its software to power any electronic device that connects to the Internet, whether or not it has a digital screen.
 
Google が供給していくソフトウェアは、対象となる電子デバイスがスクリーンを持っていようがいまいが、そのすべてをインターネットに接続することを想定している。
 
Tony Fadell, CEO
Google’s Nest Labs
 
To that end, Google is working on technology that could run on low-powered devices, possibly with as few as 64 or 32 megabytes of random-access memory, according to people who have been briefed about the project.
 
それを実現するために、Google は低電力デバイス上に展開するテクノロジーに取り組んでいる。 そのプロジェクトに関する説明を聞いたという人物によると、64MB もしくは 32 MB という、きわめて小容量のランダム·アクセス·メモリで走るソフトウェアになるようだ。
 
Google is likely to release the software under the Android brand, as the group developing the software is linked to the company’s Android unit. The lower memory requirements for devices running the new software would mark a sharp drop from the latest versions of Android, which are primarily aimed at mobile phones with at least 512 megabytes of memory.
 
Google は Android ブランドの下で、そのソフトウェアをリリースする可能性があり、その開発グループは Android 部門と連携することになるかもしれない。 この新しいソフトウェアを実行するデバイスは、少なくとも 512 MB のスマホを前提とする、Android の最新バージョンに対して、さらに小容量のメモリ要件を指し示すものとなる。
 
The technology could make it easier for other companies to build everything from “smart” fridges and light bulbs to garden monitors.
 
なお、このテクノロジーは、Google 以外の企業にもオープンなものとなり、スマート冷蔵庫から庭を照らすライトにいたるまでの、すべてを構築するために利用できるという。
 
ーーーーー
google-55aいろいろなテクノロジーを開発している Google ですから、その中には IoT 的なものも含まれているはずですが、ここまでストレートであり、しかも汎用性のあるテクノロジーというと、これまでとは一線を画したものになるでしょう。 もちろん。正式なアナウンスではありませんが、今週に開催される Google I/O 2015 に先行して、ちょっとリークしたという可能性もありますね。 昨年の 2月に、「Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:爆発的に成長する IoT への備えなのか?」という抄訳をポストしていますが、その時から、Google の IoT に対する取り組みを期待していました。 Google I/O で、なにか発表されるとイイですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
IoT の調査:Verizon レポート:10億個以上の B2B IoT デバイスが機能している
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる
IoT の調査:英政府が公表したレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
 

Comments Off on Google が開発する Brillo は、IoT のための オープン OS なのか?

%d bloggers like this: