Agile Cat — in the cloud

Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!

Posted in Asia Weekly, Telecom by agilecat.cloud on May 24, 2015
あっという間に、モバイル・ユーザーが 2000万人に達したようだ・・・
 
_ cna-banner
 
Cloud News Asia を立ち上げた数カ月後に、Myanmar Times というメディアを見つけました。そして、昨年5月の「Myanmar poised to have ‘60 million citizens come online almost overnight’」という TechInAsia のポストで、ミャンマーでもインターネットが普及し始めることを認識しました。 とは言え、その後に続くニュースは、どれも散発的なものであり、それほどの勢いも感じることが出来ませんでした。
 
1024px-DSC014_Myanmar_Yangon_Paya_Shwédagon_Pagoda_Tazaung_Pavillon_(7181922960)Wikipedia
 
そんな中でも、2014年11月には、台湾からの「TEEMA to invest NT$14 billion ( US$0.5 billion) in Myanmar」という経済支援が行われ、それを追いかけるように中国からも「China, Myanmar agree on (US$7.8 billion)」という大規模な支援が行われるという状況になってきました。 また、12月には Eric Schmidt がミャンマーを訪問し、Google 上でのミャンマー語のサポートと、デベロッパー支援を約束しました。 それは、Google の世界戦略の一環でもあるのですが、民主化から間もないミャンマーにとって、とても明るいニュースだったと思います。
 
ここでミャンマーの歴史について、ちょっと振り返ってみたいと思います。 以下、Wikipedia より抜粋・・・
 
2003年8月、キン・ニュンが首相に就任。キン・ニュンは就任直後に Roadmap to democracy を発表し、保守派と対立。2004年10月、和平推進派のキン・ニュン首相が失脚して自宅軟禁された。後任の首相には、保守派のソー・ウィンが就任。同年、中国・ビルマ・パイプラインの協議が中国との間で開始され、翌2005年に中国石油天然気(PetroChina)との間で契約が成立し、中国のミャンマー進出が加速した。この緬中関係では、キン・ニュンの庇護の下でホテル経営を行なっていたロー・シンハン(羅星漢)率いるアジア・ワールド社が独占的な契約を結んでいった。
 
2007年10月12日にソー・ウィン首相が死去したことに伴い、軍出身のテイン・セインが2007年10月首相に就任すると、軍政主導の政治体制の改革が開始される。2008年新憲法案についての国民投票が実施・可決され民主化が計られるようになる。2010年10月国旗の新しいデザインを発表。11月には新憲法に基づく総選挙が実施される。また同月政府はアウンサンスーチーは軟禁期限を迎えると発表し、その後軟禁が解除された。2011年3月テイン・セインはミャンマー大統領に就任。同月国家平和発展評議会 (SPDC) は解散し、その権限は新政府に移譲された。11月アウンサンスーチー率いる国民民主連盟 (NLD) は政党として再登録されている。 ・・・ ココまで。
 
こうしてみると、民主化から 3年ほどしか経っていないことに気づきます。しかし、今年に入ってからのミャンマーの動きには、眼を見張るものがあります。まだ、マーケットの詳細については、具体的な情報が不足していますが、同国の三大テレコムである MPT と、Ooredoo と、Telenor のサブスクライバー数を合算すると、すでに 2000万人近くに達しているのです。
 
5/4: Ooredoo claims 3.3 million subs
5/7: Telenor racks up 6.4 million subscribers
5/19: MPT adds 8 million subscribers since July
 
その名前からして、MPT (Myanma Posts and Telecommunications)  は国策企業であり、日本からは KDDI が支援しているようです。 また、Oredoo の HQ はクエートにあり、Telenor はノルウェーから来ています。そんな背景からか、「Local consortium to claim Myanmar’s fourth telco licence」という記事が示すように、第4のテレコムが誕生するのかもしれません。そうなると、海外からの投資が更に加速するでしょうし、参入の間口も広がるでしょう。
 
ミャンマーの総人口は、6000万人弱とのことです。 その就労人口が 4000万人だとしても、インターネットの普及率が 50% に達したことになります。おそらく、その大半がモバイルだと思いますが、わずか一年しか要していないことに驚きを感じますし、途上国におけるインフラ整備の優先順位が、大きく変化しているようにも思えてきます。 ほんと、アジアはホットですね!
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 4/19: Android Wear is useless in China, so Baidu just created its own smartwatch OS
ChinaBaidu, China’s top search engine company, has just taken the wraps off of its own smartwatch OS. It’s called DuWear. Because pretty much every single Google service is blocked in China, Android Wear with its baked-in Google services is useless in China. That seems to have prompted Baidu to take a stab at it making its own. Kaiser Kuo, Baidu’s director of international communications, tells Tech in Asia that a “major manufacturer” is going to make a smartwatch that uses DuWear and it’ll be available to buy in June.
 
② 4/22: China’s Huawei targets July launch for public cloud service in China
ChinaSHENZHEN: Chinese telecom equipment maker Huawei Technologies said on Tuesday it will launch its public cloud computing services for Chinese corporate customers in July, becoming the latest Chinese company to enter the fast-growing market. Speaking at Huawei’s Global Analyst Summit in Shenzhen on Tuesday, Huawei rotating chief executive Eric Xu did not name the Chinese telecom carrier with which it would partner to offer the service. But Xu said the strategy would not create competitive friction with Chinese carriers, which have already indicated they plan to offer public cloud services.
 
③ 5/19: MPT adds 8 million subscribers since July, from Myanmar
MyanmarKDDI, which on May 12 released its financial report for the fiscal year ending March 2015, stated that launching operations in Myanmar had boosted revenues for its global services segment, with the segment’s operating revenues posted at 320.6 billion yen (US $2.7 billion) – up more than 20 percent over the year prior. The company first officially entered Myanmar last July when it joined Sumitomo Corporation in setting up a subsidiary, KDDI Summit Global Myanmar (KSGM), to assist state-owned MPT in competing with then-forthcoming international telcos Ooredoo and Telenor.
 
④ 3/8: Chinese Internet Giants Eyeing Silicon Valley Data Centers
ChinaEarlier this week, Alibaba subsidiary Aliyun announced it was opening a data center in Santa Clara, California, as the first step in expanding the giant’s reach into the U.S. cloud services market. Alibaba isn’t the only Chinese internet company looking to gain data center foothold in Silicon Valley. Other heavyweights, including Tencent and Baidu, have been shopping for data center space in the Valley in recent months, Jeff West, director of data center research at the commercial real estate firm Cushman & Wakefield, said.
 
⑤ 2014: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑥ 4/26: Gartner cuts forecast for 2015 chip market growth, from TW
TaiwanWorldwide semiconductor revenues are forecast to reach US$354 billion in 2015, a 4% increase from 2014, according to Gartner. However, the prediction is down from Gartner’s previous estimate of a 5.4% increase. “Concern is mounting about semiconductor revenue growth in 2015 as system suppliers start to grapple with the rapid depreciation in value of global currencies relative to the US dollar, excess inventories in the semiconductor and electronics supply chains, and the end of a PC upgrade cycle,” said Bryan Lewis, research vice president at Gartner.
 
⑦ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
⑧ 5/1: Chinese handset makers extend battlefield to foreign markets
ChinaHuawei unveiled its new Honor 4C handset in Beijing on April 28, the first day of the three-day Global Mobile Internet Conference, as the Chinese company eyes the market for smartphones priced below 1,000 yuan (US$160), reports Shanghai’s China Business News. Zhao Ming, president of Huawei’s Honor brand, said Honor has set its sight on the global market and will focus on products and services that meet the needs of users.
 
⑨ 4/26: Australian cyber security centre a ‘fundamental shift’
AustraliaAustralia’s new cyber centre represents a “fundamental shift” in the partnership between government and business, Attorney-General George Brandis (pictured) said. The Australian Cyber Security Centre (ACSC), set up in November, “represents a fundamental shift in the way that government wants to partner with business on cyber security”, Brandis said. “For the first time in Australia’s history, industry representatives will be invited into the heart of the Australian Government’s cyber security operations.”
 
⑩ 4/4: Office 365 cloud service unveiled, from Nepal
NepalKATHMANDU, APR 03 – Microsoft has launched Office 365 cloud service for businesses, educational institutions and consumers in Nepal. The service enables seamless sharing of data across personal computers and smartphones using cloud computing technology. Since it is internet-based, data and solutions can be accessed from anywhere using a browser, the company said.
 
ーーーーー
cna_6これも WikiPedia からの参照ですが・・・  2007年9月27日、APF通信社の長井健司が反政府デモ(サフラン革命)の取材中に射殺された。 ・・・ ミャンマーというと、私たち日本人は、長井さんのことを思い出すはずです。 そして、政情が安定し欲しいと願うはずです。 そのためにも、インターネットの普及と情報の共有が大切です。 すでに 2000万人がつながったことで、今度こそは安堵してもよいのだと、信じたいですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
Asia の調査 4/26〜5/9:Linode と Interoute がシンガポールに!
Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない
Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
 
 

Comments Off on Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!

%d bloggers like this: