Agile Cat — in the cloud

IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言

Posted in .Selected, IoT, On Monday by agilecat.cloud on April 6, 2015
Internet of Things: Security Device Access Rights with Identity Management
By Dick Weisinger − March 27, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-security-device-access-rights-with-identity-management/
_ formtek
The ability to be able to control identity and access rights is a critical component for ensuring the security of devices communicating within the Internet of Things.  But Gartner says that today’s identify and access rights management (IAM) tools are inadequate for handling the scale and complexity of identity management that the IoT will bring.  Within an IoT framework, identity management will expand to include not only people, but also systems and the things that people own, share and use.
 
IoT におけるデバイス間の通信で、そのセキュリティを確保するためには、ID とアクセス権のコントロールが欠かせない。しかし Gartner は、IoT がもたらすスケールと ID 管理の複雑さの取り扱いについて、今日の IAM (Identify and Access rights Management) ツールでは、不十分だと発言している。IoT のフレームワーク内における ID 管理は、人間にだけ適用されるものではなく、システムにまで広がり、また、人々が共有/使用/所有するものも取り込んでいく。
 
Vermeer_5Earl Perkins, research vice president at Gartner, said that ”identity and access management leaders must reconsider how traditional approaches to cybersecurity and identity and access management work in a world where devices and services are so abundant, in so many different forms and positioned at so many different points within the IT ecosystem… ”
 
Gartner の Research VP である Earl Perkins は、「 IAM のリーダーたちは、まだ見ぬ世界のサイバー・セキュリティと、ID およびアクセス管理に対処するため、これまでのアプローチを再考する必要がある。つまり、そこでは、きわめて多様な形態と位置付けを持つデバイスとサービスが、IT エコシステム内の膨大なポイントで接続されていく 」と発言している。
 
Ant Allan, research VP at Gartner, said that ”the Identity of Things (IDoT) requires a new taxonomy for the participants in IAM systems.  People, software that makes up systems, applications and services, and devices will all be defined as entities and all entities will have the same requirements to interact.”
 
Gartner の Research VP である Ant Allan は、「 Identity of Things (IDoT) が要求するのは、IAM システムにおける新たな参加者と分類法である。そこには、人々がいて、システム/アプリケーション/サービス構成するソフトウェアがあり、多様なデバイスもある。そのすべてが、エンティティとして定義され、すべてのエンティティがインタラクトするための共通要件を持つことになる」と述べている。
 
Earl added that “existing identity data and policy planning give IAM leaders and technology service providers (TSPs) a narrow view of entities leading to a static approach that does not consider the dynamic relationships between them. However, the concept of dynamic relationships is vital to the success of future IAM solutions. In fact, the concept of the relationship will become as important as the concept of identity is for IAM in the IDoT. It allows the IDoT to exist and become part of new responsibilities for IAM in the enterprise.”
 
Earl は、「 既存の ID におけるデータとポリシーの発想は、IAM のリーダーや TSP (Technology Service Provider) たちに、きわめて狭い視野を与えるのみである。それは、静的なアプローチであり、すべての接点における動的な関係を考慮していない。つまり、動的な関係というコンセプトが、将来の IAM ソリューションを成功に導くためには不可欠となる。実際のところ、このリレーションシップの概念が重要になっており、それは、IDot における IAM のための ID の概念に等しい。言い換えるなら、エンタープライズにおける IAM のために IDot が存在し、また、新たな責任の一部を担うというシナリオが成り立つ」と付け加えている。
 
ーーーーー
 On Mondayたしかに、IoT を語るなら、その前に Identity of Things (IDoT) の議論が必要ですね。 先週の Weisinger さんは、このコンテントの他にも 「Internet of Things: RFID Makes Strong Comeback as Low-Cost IoT Sensor 」をポストしています。 また、以前には、「BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ! 」という記事もありました。 まぁ、とにかく IoT に関しては、突出した企業がいるわけもなく、文中にもあるように、新たな参加者と分類法が必要なのでしょう。 そして、もちろん、それらをニュートラルな観点で議論していかなければなりません。 人類の叡智が試される、一大事業になるのでしょうね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Comments Off on IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言

%d bloggers like this: