Agile Cat — in the cloud

中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!

Posted in .Chronicle, .Selected, Apple, Google, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on April 30, 2015
Thanks to China, Android apps now make more money than iOS apps
Paul Bischoff – Apr 27, 2015
https://www.techinasia.com/china-android-apps-money-ios-apps/
 
 _ tech in asia
 
“Accepted wisdom and research tells us that iOS makes more money than Google Play, despite Google Play having more downloads. Nobody would argue with that,” says Tim Merel, founder and managing director of Digi-Capital. “But what about iOS versus Android at a global level? Include the massive Chinese Android app stores, and Android didn’t just dominate download volumes, it made more money than iOS last year.”
 
「受け入れるべき知識と調査結果が、iOS の方が Google Play よりも、多くの売上を達成していると教えてくれる。もちろん、Google Play の方がダウンロード数は大きいのだが、そんなことは誰も主張しないだろう」と、Digi-Capital の Founder and Managing Director である Tim Merel は述べている。しかし、「グローバル・レベルになると、Android と iOS は、どうなのだろう? 大規模な China Android App Store を含めると、Android はダウンロード数を支配するだけではなく、iOS よりも多くの売上を得ている。 それは、昨年の話である」と続けている。
 
android-mascotA new report (paywall) today from tech-focused investment bank Digi-Capital shows, for the first time, Android apps made more money than iOS apps in 2014. But before you switch to an Android-first development schedule, keep in mind that iOS apps are still far more lucrative on a per download basis. The wider proliferation of Android devices across the world means Android makes more as a gross total, despite iPhone owners spending much more on apps than their Android counterparts.
 
ハイテク・フォーカスの投資銀行である Digi-Capital からの最新レポートが、この事実を初めて明らかにした。 つまり、2014年における Android アプリは、iOS アプリよりも、多くの売上を獲得しているのだ。だからと言って、デベロッパーたちは、Android ファーストのスケジュールに、慌てて切り替えるべきではない。 なぜなら、1回のダウンロードあたりの単価は、依然として iOS アプリの方が、遥かに有利な状況にあるからだ。しかし、世界中に広く拡散する Android デバイスの方が、合計では多くを売り上げている。iPhone オーナーたちが、Android アプリの平均よりも、遥かに多くを費やしているにもかかわらず、このように状況は変化している。
 
 App-store-revenue-value-share“Dominating downloads is great, but downloads can be a vanity metric if they aren’t backed up by corresponding revenue. Analyzing revenue data and research across global app stores – including China – changes the picture from iOS versus Google Play, to iOS versus Android,” Merel explains. “So where iOS generates the most revenue of any one individual app store globally, followed by Google Play and Chinese Android, all Android app stores combined passed iOS revenue at a global level for the first time in 2014.”
 
Merel は、「 ダウンロード数を支配することは素晴らしいことだが、それに対応する収益に裏付けされない限り、虚栄心の基準に成り下がってしまう。しかし、China を含むかたちで、グローバルでの売上データを分析し、App Store を調査すると、iOS 対 Google Play という図式が、iOS 対 Android いう図式に変化していく。つまり、グローバルでの App Store 単体としては、iOS が最大の売上を獲得しているが、すぐ後ろに Google Play と China Android が迫っているのだ。そして、すべての Android App Store を合計すると、iOS を超えていることが分かる。 それは、2014年になって、初めて訪れた状況である」と述べている。
 
“In other words, iOS made less money than Android last year. And that’s a big deal.”
 
「言い換えるなら、昨年の iOS の経済は、Android よりも小ぶりであったとなる。 それは、大きな変化だ」
 
Despite Google’s lack of a consumer-level presence in China (and with Google Play blocked in the country), it was the Chinese market that tipped the scales in Android’s favor, according to Merel. Both Google Play and iOS are in the minority of total app downloads, pushed out by alternative Chinese Android app stores like Beijing-based startup Wandoujia, as well as Android download portals from tech titans such as Baidu, Qihoo, and Tencent.
 
Google が China において、コンシューマ・レベルでの存在感を欠いているにもかかわらず(同国では Google Play がブロックされている)、Android への賛意によりマーケットのスケールが逆転していると、Merel は述べている。Google Play も iOS も、トータルなアプリ・ダウンロードでは少数派なのである。つまり、Beijing のスタートアップである Wandoujia のような、その代わりを務める China Android App Store により、押し出されてしまっている。 それだけではなく、Baidu/Qihoo/Tencent といった、ハイテク・ジャイアントたちの Android ダウンロード・ポータルにも押されている。
 
“Apple and Google took very different approaches to China. Apple embraced China with spectacular success, but Google ultimately exited,” he says. “Together with China’s inherent strengths and business dynamics, the Chinese app ecosystem now looks fundamentally different to all other markets.”
 
Merel は、「 Apple と Google は、きわめて異なるアプローチを、China において取っている。Apple は成功と引き換えに China を受け入れているが、結局のところ Google は出ていってしまった。China 固有の強みと、ダイナミックなビジネスを合わせると、China アプリのエコシステムは、その他すべてのマーケットと、根本から異なるように見える」と述べている。
 
Merel says iOS is a value market, Google Play is a hybrid value-volume market, and Chinese app stores are pure volume markets. “Apps in China must hit more than eight times the number of downloads on average compared to iOS to make the same amount of money,” he says – and they did so last year.
 
Merel が言うには、iOS は価値のマーケットであり、Google Play は価値と量のハイブリッド・マーケットであり、China App Store は純粋に量のマーケットとなる。そして、「 China アプリが、iOS と同じだけの売上を得るには、平均で8倍のダウンロード数が必要になる」と彼は言う。 しかし、昨年の China は、ほんとうに、それを乗り越えてしまったのだ。
 
App-store-Value-Volume-Index“The volume nature of Chinese Android app stores shows how distribution relationships are critical, as without massive downloads the Chinese market is challenging. But hit it big in China, and the streets are lined with golden cats and red envelopes.”
 
「 China Android App Store における、ボリューム依存という性質は、流通リレーションシップの重要性を示している。大規模なダウンロードが無ければ、China マーケットは厳しいものになる。しかし China は、それを打ち破り、風水のシンボルである金色の猫と赤い封筒で、表通りを埋め尽くしたのだ」
 
Editing by Steven Millward, top image by Digi-Capital
 
ーーーーー
research_552013年は 2億台くらい? 2014年は 3億台くらい? ・・・というようなスピードで、大量のスマホを呑み込んでいく中国市場ですから、世界の趨勢に大きな影響をおよぼしているとは思っていましたが、これほどまでに、アプリの売上面で成長しているとは、予想もしていませんでした。そして、こうした Android App Store のアジア・モデルは、インドやインドネシアといった、膨大なインターネット人口をか抱える市場にも波及していくでしょう。 少なくとも、この 2015年という年は、Android が iOS に対して、差を広げていく年になりそうです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる
 

Comments Off on 中国魔術が世界を変える! Android アプリの総売上額が、あっという間に iOS を追い越してしまった!

NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について

Posted in Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on April 29, 2015

NTT Opens Shanghai Data Center
Jason Verge – November 26, 2014

http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/11/26/ntt-opens-mainland-china-data-center/ _ DC Knowledge

Japan’s NTT Communications has opened a data center in the Pudong Development Zone of Shanghai. The facility has 28,000 square feet of data center floor space, room for about 1,000 racks.

Japan の NTT Communications が、Shanghai の Pudong Development Zone (浦東開発区) にデータセンターをオープンした。このファシリティは、データセンター床面積として 28,000平方フィートを有し、約 1000 ラックを収容できる。

China data center market is growing, up around 20 percent from last year. In order to capitalize on the market, data center providers providers need local footprint. In addition to normal latency considerations, cross-border network traffic is slowed down further by what is popularly referred to as the Great Firewall of China.

China のデータセンター市場は、2013年から2014年にかけて、約 20% の成長を示している。そして、このマーケットに投資するデータセンター・プロバイダは、ローカルにおけるファシリティを必要とする。それに加えて、レイテンシの問題がある。つまり、国境を越えていくネットワーク・トラフィックは、Great Firewall of China の存在により、さらに減速してしまうのだ。

NTT Shanghai DCA rendering of the new NTT facility (Image: NTT)

CenturyLink recently launched a data center in Shanghai, citing the government’s firewall as one of the reasons, and Oracle is in discussions to establish China data center presence. Earlier this week CloudFlare announced intentions to open 12 data centers in mainland China over the next six months.

最近になって CenturyLink も Shanghai にデータセンターをオープンしているが、その理由の一つとして、この政治的なファイアウォールへの対応を挙げている。また Oracle も、China におけるデータセンター・プレゼンスを確立するために、議論を進めている最中にある。また、この 11月には CloudFlare が、これからの 6ヶ月の間に、China Main Land に 12ヶ所のデータセンターをオープンするという主旨を発表している。

The new facility will be NTT’s first China data center capable of total service design, construction, and operation for customers. The company is expanding its data center servies in the country to include cloud in addition to colocation. The data center is branded under the Nexcenter brand NTT uses worldwide.

この新しいファシリティは、NTT が China に構築する初めてのデータセンターであり、顧客のためのトータルなサービスの設計/構築/運用を実現するものになる。拡張されたデータセンター・サービスを目指しており、China におけるコロケーションに加えて、クラウドまでを取り込んでいく。なお、同データセンターは、NTT がグローバルで用いる、Nexcenter ブランドに組み入れられる。

The company claims its efficient way of building and efficient operations means 20 percent lower costs than other facilities in the area. The company is also touting its connectivity. It is carrier neutral and has direct network connections to communications companies across China to help the problem of Internet instability common in China due to inadequate connections among local carriers, according to NTT.

NTT は、効率的な構築と運用により、同エリア内の他のファシリティと比べて、約 20% の低コストを実現すると言っている。さらに同社は、そのコネクティビティについても主張している。つまり、キャリア・ニュートラルであり、China 全土の通信会社との、ダイレクト・コネクションを実現しているという。NTT によると、China のローカル・キャリアとの接続で生じる、不安定なインターネットという問題を、それにより解決していくことになる。

NTT has been expanding its data center services business elsewhere in the world as well.

また、NTT はグローバルにおける各ロケーションで、そのデータセンター・サービス事業を拡大している。

Its subsidiary NTT Facilities recently acquired EEC, a U.S. data center management firm. NTT also won a big deal with Salesforce.com in the U.K., where the company is providing the data center behind the SaaS giant’s UK expansion.

最近のことだが、NTT の子会社である NTT Facilities が、US のデータセンター管理会社である EEC を買収している。さらに NTT は、Salesforce.com との大型契約を、U.K. で締結している。それにより、この SaaS ジャイアントの U.K. 進出を、データセンター提供によりサポートしていくことになる。

Stateside, NTT-backed colocation provider RagingWire recently commenced construction on its second data center in Northern Virginia. NTT also recently expanded in Osaka.

また、U,.S. 本土での NTT は、コロケーション・プロバイダーである RagingWire を支援しており、最近では Northern Virginia での第2データセンターに着工している。それに加えて、NTT は Osaka での展開も拡張している。

ーーーーー

datacenter_55今月の Agile_Cat の仕事は、アジアのインフラについてまとめることなのですが、クリッピングしていて訳していなかった記事として、この NTT Com の上海進出がありました。 そんなわけで、慌てて訳したというわけです。話は 2012年11月の、Microsoft と 21Vianet の提携にまで遡りますが、その時は、Microsoft Azure のライセンスが、21Vianet に提供されるという契約形態であったと記憶しています。 北京政府による外資の受け入れ体制が、この 2年の間に変化したと見るべきなのでしょう。_AC Stamp

ーーーーー

<関連>

NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
NTT は DC 事業者 RagingWire を買収し、国際戦略の要とするのか?
中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

 

Comments Off on NTT の 上海データセンターと、そのアジア戦略について

Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較を1枚のチャートで!

Posted in Advertising, Facebook, Google, Research, Twitter, Yahoo by agilecat.cloud on April 28, 2015
Google’s online advertising dominance explained in one chart
Eugene Kim – Apr. 15, 2015
http://www.businessinsider.com/wpp-advertising-spend-google-is-5x-ahead-of-nearest-competitor-2015-4
 
_ Business Insider
 
Google controls roughly three-quarters of web search queries in the US and close to 90% worldwide. That kind of dominance, along with the effectiveness of search ads, makes Google an attractive partner for ad companies.
 
Google の Web サーチ・クエリーは、US の 75% を、そしてグローバルの 90% 近くをコントロールしている。この、ある種の支配は、検索広告における有効性を伴うものである。 それにより Google は、広告会社にとって、きわめて魅力的なパートナーとなる。
 
google-ad-wpp
BI Intelligence
 
As seen in the chart below, put together by BI Intelligence, WPP, the world’s largest advertising company, spent $2.9 billion, or roughly 3.9% of its total $75 billion online media bookings, on Google ads.
 
BI Intelligence がまとめたチャートによると、世界最大の広告代理店である WPP は、そのオンライン・メディア総予算である $75 billion の3.9% を、つまり $2.9 billion を、Google に注ぎ込んでいることになる。
 
Put another way, Google attracted more ad money from WPP than the next four digital properties combined. In fact, WPP spent about $2.5 billion on Fox and News Corp combined last year, while most major traditional companies received $1 billion at most from WPP.
 
別の言い方をすれば、Google が WPP からかき集めた広告掲載料は、後に続く 4つのデジタル・カンパニーの合計よりも大きいのだ。また、昨年に Fox と News Corp は、その合計として WPP から $2.5 billion を得ているが、その他の伝統的なメディアは、多くても $1 billion を得ているに過ぎない。
 
ーーーーー
AdWikipedia で WPP (Wire Plastic Products) を調べると、「税務上の理由から、登記上はアイルランドダブリンに本社を置いている。オムニコムとならぶ世界最大の広告代理店(2009-2011年現在)、107カ国に進出。グループ全体で2,400のオフィス、146,000人の従業員を擁する」と紹介されています。この規模であれば、文中にあるように、$75 billion という広告枠を埋めていけるのでしょう。 そして、Google の強さは、相変わらず、圧倒的なのですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と4つの秘密とは?
モバイル・ビデオ広告 が 本格化:小さなスクリーンに 札束が詰め込まれる!
 

Comments Off on Google が占有するオンライン広告の世界:WPP における売上比較を1枚のチャートで!

Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?

Posted in .Selected, DevOps, On Monday by agilecat.cloud on April 27, 2015
Cloud Developer Profiles: Are you a DevOp, Coder, or RAD?
Dick Weisinger – April 22nd, 2015
http://formtek.com/blog/cloud-developer-profiles-are-you-a-devop-coder-or-rad/
_ formtek
So, you’re a developer, but which cloud platform is best for you?
 
たしかに、あなたはデベロッパーだけど、どのクラウド・プラットフォームがベストなのだろうか?
 
Forrester says that depends.  They’ve developed three different developer profiles of different developer types and the types of cloud environments that work best for each type.
 
Forrester の言い方を真似するなら、そこには三種類のデベロッパーがいて、それぞれが異なるプロファイルを有している。つまり、彼らが働きやすい、三種類のクラウド環境が存在することになる。
 
Chagall_1Some developers are heavy into Java, Ruby or C# code, while others might prefer quick-and-dirty scripting.  Some developers love working with lots of configuration, others want point and click environments.  Forrester profiles, based on developer methodologies, recommend cloud platforms based on your development style.  Forrester identified three different developer classifications.
 
一部のデベロッパーたちは、Java/Ruby/C# といったコードに没頭するが、安かろう悪かろうのスクリプトを好む人もいる。 一部のデベロッパーたちは、大量のコンフィグレーションも苦にしないが、お手軽な環境を望む人もいる。 Forrester は、こうしたデベロッパーたちの方法論をベースにして、あなたの開発スタイルに合ったお勧めクラウド・プラットフォームをプロファイル化している。Forrester は、デベロッパーたちを、三種類に区分している。
 
  • Coders don’t want to muck with mucking with infrastructure configurations and would prefer an environment where those details were pre-configured.
  • Corder は、インフラスのコンフィグレーションで手を煩わすのを嫌い、それらの詳細が、プリ・コンフィグレーションされた環境を好むだろう。
  • DevOp pros tend to use the command line heavily, write scripts, and work with server, database, network, and storage configurations.
  • DevOp pros は、コマンド・ラインを駆使してスクリプトを書き、サーバー/データベース/ネットワーク/ストレージをコンフィグレーションしていく傾向がある。
  • RAD developers love point and click and every chance they get to auto-generate some code.  They’re into doing things fast, with an emphasis on not only high velocity and quantity, but also quality.
  • RAD developers は手軽さを好み、あらゆるチャンスを見つけては、コードを自動生成していく。 彼らは、迅速さと量的な観点からだけではなく、品質を維持しながら、素早く開発することに興味を持つ。
 
The Forrester report found that “Public cloud platforms take several forms, including those providing basic infrastructure-as-a-service up through those providing full or partial platform services and tools. Each of these types of platforms is best suited to a distinct type of application development and delivery (AD&D) pro within your ranks… AWS, Microsoft, and Salesforce are each leaders in meeting CIO requirements.  Each of these vendors started its cloud-platform journey in a distinct position serving a specific developer type and has expanded its offerings to provide greater breadth to a wider range of developers and support for a larger catalog of application types. Across all four Forrester Wave comparisons, two vendors stood out as consistent and clear leaders, while another, AWS was a leader across three of the four segments.”
 
こちらの方の Forrester レポートは、「パブリック・クラウド・プラットフォームには、いくつかの形態がある。その中には、全体的あるいは部分的な、プラットフォームのサービスやツールの提供を介して、基本的な IaaS を提供するものも含まれる。それぞれのプラットフォームが、あなたが位置づける AD&D (application development and delivery) に応じて、最適なタイプとなる。そして、こうした要件を満たす CIO にとって、AWS/Microsoft/Salesforce がリーダーとなっている。それらのベンダーは、こうしたデベロッパーのタイプに応じて、それぞれのサービスを提供するというポジションから、クラウド·プラットフォームへと旅立っていった。そして、自身を拡張することで、デベロッパーたちを幅広く支援し、大規模なアプリケーション・タイプをサポートしてきた。この Forrester Wave における 4つの区分で比較すると、2つのベンダーは、一貫性と明確性を備えたリーダーとして際立っていた。その一方で、AWS はというと、4つのセグメントにおける、3つの区分でリーダーとなっていた」と指摘している。
 
Further, the report notes that “the popular wisdom that cloud computing comes in three flavors — Software-as-a-Service (SaaS), IaaS and PaaS — no longer describes reality. We find that vendors are blurring the lines between the three cloud-computing categories.”
 
そして、このレポートは「クラウド・コンピューティングを、3つのフレーバーである IaaS/PaaS/SaaS で分類するという考え方は、もはや、現実味を伴っていない。つまり、この 3つのカテゴリーを区分する境界線を、ベンダーたちが曖昧にしている点に、私たちは気づくべきだと」と述べている。
 
ーーーーー
Forrester WaveOn Monday訳す前は、3つの分類と 4つの分類で混乱してしまい、全体の意味がつかめなかったのですが、4つの分類の方は、この図のことを指しているようです(クリックで拡大)。文中の、2つ目のリンクから無償で DL できるレポートなので、お時間のある方は、ぜひ、ご参照ください。そして、この記事ですが、「デベロッパーのタイプに応じて、クラウドのタイプを再編しても良いだろう」と、Weisinger さんは言いたいのでしょうかね? 関連性を説明しない、まったく異なる 2つの文脈が並んでいると、そうとしか受け取れませんよね 🙂 それぞれのベンダーが、クラウドに取り組み始めた時点と比べて、デベロッパーのタイプも大きく変化しているわけですし、ここらで再編した方が、スッキリするようにも思えます。この世で最も強いのは、プラットフォームでもなく、ベンダーでもなく、エコシステムなのですから ・・・ _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Security の調査:CFO と CIO が協力しなければ、サイバー・アタックを迎撃できない!
 
 

Comments Off on Cloud Developer の調査: あなたは DevOp 派? Coder 派? それとも RAD 派?

Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない

Posted in Asia Weekly, Huawei by agilecat.cloud on April 26, 2015
年明けから、圧倒的なプレゼンスを示し続けている・・・
 
_ cna-banner
 
このところ、Huawei が元気だと思い、Cloud News Asia の Huawei カテゴリを追いかけてみたところ、モバイル/テレコム/ネットワーク/クラウドで、そして全体的な収益や特許取得において、快走し続けている様子が見えてきました。
 
Huawei at MalaysiaVernon Chan
Huawei Ascend P7
launch, Malaysia
 
まず、モバイルですが、2014年の販売台数が 7500万台ということですから、Xiaomi の更に上を行く実績を収めているわけです。 そして、China Mobile などとの提携により、4G エリアで大きく業績を伸ばしているようです。
 
そして、ヨーロッパでは、大規模な実証実験を成功させたり、4G LTE のネットワークを展開したりと、これまた大活躍です。最近のヨーロッパを見ていると、アメリカの大手に対して、強い拒否反応を示しているような感じがします。 そして、中国を、とりわけ Huawei をサポートすることで、均衡を保とうとしているように見えてきます。 こうした動きは、Cisco などにとって、厄介なものになり得るでしょう。
 
そして、ついに、パブリック・クラウドにも進出してくるようです。 当然の事として、中国国内では Alibaba などと激しく戦うことになるでしょうし、海外にも勢力を伸ばそうとしてくるはずです。以下に、この1月からの、Huawei における代表的なトピックを集めてみました。 ただし、これらは、その一部に過ぎないのです・・・
 
1/1: Huawei and Spain’s IB-RED Deploy First 4G LTE Networks
1/5: Huawei Boasts 2014 Revenues of $46B
1/14: China’s Huawei Technologies says 2014 profit likely rose 17%
1/16: Huawei sells 75m smartphones, ranks 3rd as largest smartphone vendor
2/1: Huawei increases Malaysian foothold with Ingram Micro tie-up
2/2: StarHub in commercial trial of Huawei’s LampSite solution
2/6: Huawei and China Mobile Improve Upload Speed by 180%
2/7: Huawei and China Unicom Deploy World’s First Tiniest Atom Router
2/10: Huawei, BT Ireland Test 400 Gbps Fiber Broadband Transmission
3/2: Huawei, Qualcomm and EE Test 400 Mbps Wireless Network at UK
3/4: Huawei bumps up patent portfolio as 5G era draws near – CEO
3/8: Huawei debuts new CloudMall data center solution, signs MOU with Baidu
3/20: Huawei filed most patents in 2014: WIPO
4/5: 4G, smartphones drive Huawei profit
4/8: Huawei achieves deep network and security convergence
4/10: Huawei launches NGFW card for data center switches
4/11: Huawei designs DC architecture for real-time data processing
4/22: China’s Huawei targets July launch for public cloud service in China
4/23: Chinese cybersecurity rules could backfire, says Huawei CEO
4/25: Huawei Will Soon Launch Public Cloud Services In China
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 4/25: Huawei Will Soon Launch Public Cloud Services In China
ChinaAt Huawei’s Global Analyst Summit, the company’s rotating CEO and deputy chairman Xu Zhijun said Huawei will launch public cloud services in China in July 2015. This launch will put Huawei in direct cloud service competition with Alibaba’s Aliyun service. Microsoft and Amazon already launched their public cloud services in China, but those services will ultimately not be able to compete on a large scale because of their foreign investment structures.
 
② 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters. The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
③ 4/15: China DC server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
ChinaThe third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain. China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
④ 4/18: Oxygen vs Cyanogen: a side-by-side review for OnePlus owners
ChinaOnePlus One owners are at a crossroads right now. The young Chinese smartphone maker is ending its relationship with the maker of its Android-based operating system, Cyanogen, after the latter struck an exclusivity deal with rival brand Micromax in India. In dire need of an alternative, OnePlus chose to build its own fork of Android Lollipop, which it released earlier this month. OnePlus owners looking to upgrade to the latest and greatest version of Android must choose between the two.
 
⑤ 4/21: Is Japan losing its influence in global semiconductor market?
JapanIn 2014, there were only two Japan-based companies – Toshiba and Renesas – among the top-10 semiconductor suppliers. Assuming the NXP/Freescale merger is completed later in 2015, IC Insights has forecast that Toshiba will be the lone Japan-based company left in the top-10 ranking. Japan-based semiconductor manufacturers wielded their greatest influence on the global stage and held six of the top 10 positions in 1990, IC Insights said.
 
⑥ 4/23: Malaysia signs private sector deal on Big Data centre
MalaysiaMalaysia has signed a new deal with a private sector analytics firm to help achieve its goal of becoming a regional Big Data hub. The Malaysian Development Corporation (MDeC) and SAS have signed an agreement to set up a Centre of Excellence that will build and test Big Data proofs of concepts for government and commercial use. The centre “will mobilise the country’s top BDA [Big Data analytics] experts to develop national high-impact use cases and proofs of concepts to drive BDA adoption and innovation”, said Ng Wan Peng, Chief Operating Officer at MDeC.
 
⑦ 1/23: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑧ 4/24: Video streaming startup iFlix gets US$30M funding, ASEAN
PhilippinesAccess to a whole new range of streaming movie and TV content is one step closer to viewers in Southeast Asia, as internet media startup iFlix has successfully completed a US$30 million funding round. iFlix’s parent company Catcha Group and telco Philippines Long Distance Telephone Company led the round. The funds will be used towards the continued rollout of the service throughout Southeast Asian territories, as well as acquiring the rights to more content and producing original content.
 
⑨ 4/12: aCommerce CEO Hadi Wenas leaves to join John Riady and MatahariMall
IndonesiaIndonesia’s family-owned conglomerate Lippo Group announced today that Hadi Wenas, co-CEO of ecommerce service provider aCommerce in Indonesia, will join MatahariMall as CEO. The news comes not long after Lippo Group representative John Riady went on record saying that MatahariMall has a team of ecommerce superstars ready to race Lazada Indonesia for the title of the largest business-to-consumer ecommerce firm in the archipelago.
 
⑩ 4/18: Alibaba helps Sinopec with cloud computing, big data
ChinaSHANGHAI: Chinese e-commerce titan Alibaba Group Holding Ltd has tied up with Sinopec, Asia’s biggest oil refiner, to provide cloud computing services and ‘big data’ analysis, the companies said. The link-up was for technical services and did not involve equity cooperation, China Petroleum & Chemical Corp, or Sinopec, said on its official microblog. It did not say how much money was involved. Cooperation between Alibaba, a poster child for private enterprise in China, and one of the country’s biggest state-owned companies dovetails with government policy.
 
ーーーーー
cna_6今週は、Huawei 大特集という感じになってしまいましたが、パワフルなプロダクトやサービスだけではなく、その売上規模特許取得数にも、同社の強さが現れています。 モバイル・デバイスからテレコム機器まで、そして、ネットワーク/セキュリティ機器にまで、さらにはクラウド・サービスにまで広がるカバレッジは、世界でも類を見ないものです。 言い方を変えると、グローバルにおけるすべてのテック・ジャイアントたちを相手に、これから戦っていくというスタンスでいるようです。 おそらく、アメリカの IT 産業から見て、一番イヤな相手が、この Huawei なのだと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
 

Comments Off on Asia の調査 4/19〜4/25:Huawei の勢いが止まらない

Amazon の収支報告:AWS は $5 Billion ビジネスに成長し、収益も確保している

Posted in .Chronicle, .Selected, Amazon, Businesses by agilecat.cloud on April 24, 2015
Amazon beats, stock jumps, and its cloud business is quite profitable
Matt Rosoff – Apr. 23, 2015, 3:59 PM
http://www.businessinsider.com/amazon-earnings-q1-2015-2015-4
 
_ Business Insider
 
Amazon HQWikipedia Amazon
 
Amazon just reported earnings for the first quarter of 2015, and it was a nice beat. The stock bounced around after hours, but is now up almost 5%.
 
先ほど、Amazon は 2015年 Q1 における業績をレポートしたが、その内容は素晴らしいものである。その後の数時間で株価は跳ね上がり、現時点で 5% ほどのアップとなっている。
 
Here are the numbers:
 
  • $22.72 billion revenue, vs $22.39 billion expected.  — 売上は $22.72 billion で、アナリストたちの $22.39 billion という予測を上回っている。
  • EPS of ($0.12) versus ($0.13) expected. Net loss was $57 million, versus net income of $108 million a year ago.  — EPS は $0.12で、アナリストたちの $0.13 という予測を下回った。 $108 million という昨年の純利に対して、この期は $57 million の損失を計上している。
  • AWS revenue came in at $1.57 billion, or a run rate of a little over $6 billion a year. That’s up 49% from last year’s figure, and in line with what most analysts were expecting.  — AWS の売上は $1.57 billion であり、年間に均すと $6 billion 以上が見込まれる。 それは、昨年に対して 49% 増という数字であり、大半のアナリストの予測に沿ったものである。
  • AWS profits of $265 million, up from $245 million a year ago. Analysts had all kinds of expectations for AWS earnings, so this is a surprise. If it sticks to this rate, that means AWS earns more than $1 billion in profit a year.  — AWS の収益は $265 million であり、前年同期の $245 million を上回っている。アナリストたちは AWS の収益に対して、あらゆる種類の予測を行っていたが、これは驚きである。
  • North American net sales of $13.41 billion, up 24% from a year ago. North American net income was $517 million.  — North American の純売上高は $13.41 billion であり、前年比で 24% の成長となる。また、North American の純益は $517 million である。
  • International net sales of $7.75 billion, down slightly from a year ago. Net loss in this segment was $76 million, more than double last year’s figure of ($33 million).  — International の純売上高は $7.75 billion であり、前年を少しだけ下回っている。このセグメントでは、$76 million の損失が生じており、前年の $33 million に対して2倍となっている。
 
Amazon also said that it’s expecting Q2 sales of between $20.6 billion and $22.8 billion, in line with consensus expectations of around $22.1 billion.
 
また、Amazon は、2015年 Q2 の売上高について、$20.6 billion と $22.8 billion の間になると述べているが、それは $22.1 billion という、大方の予測に沿ったものとなる。
 
The company is doing something it’s never done before: Breaking out finances for Amazon Web Services, its cloud computing service that companies use to host applications so they don’t need their own data centers full of hardware. We now know that AWS is on a $6 billion+ annual run rate, which makes it the biggest cloud service provider out there in terms of revenue. It’s also profitable, which we didn’t know before.
 
同社は、これまでに行なってこなかった、Amazon Web Services の収支報告も実施した。このクラウド・コンピューティング・サービスが、Amazon のアプリケーションをホストするため、ハードウェアを詰め込んだデータセンターを、自ら所有する必要がなくなっている。そして、いま、AWS の年間売上が、$6 billion を上回ることが明らかになった。それは、売上という面で、AWS が最大のクラウド·サービス·プロバイダーであることも示している。さらに言えば、私たちが予測していなかった収益性も確保しているのだ。
 
In a statement in the press release, CEO Jeff Bezos said “Amazon Web Services is a $5 billion business and still growing fast — in fact it’s accelerating. Born a decade ago, AWS is a good example of how we approach ideas and risk-taking at Amazon… We manage by two seemingly contradictory traits: impatience to deliver faster and a willingness to think long term. “
 
CEO である Jeff Bezos は、「Amazon Web Services は $5 billion のビジネスであり、依然として成長期にある。 さらに言えば、加速しているのだ。AWS は、10年前に誕生し、Amazon がアイデアやリスクに取り組むときの、素晴らしいアプローチを示すことになった。私たちは、矛盾する二つの特性を管理している。 つまり、迅速にデリバリーしたいという焦燥と、長期的に思考したいという意欲である」と、そのステートメントで述べている。
 
ーーーーー
amazon-55a先月にポストした、「AWS の 2015 売上は $6.6 billion にいたるが、赤字になる!」で、その収益性について Citi は、「2014年に $123 million を失い、2016年になっても $66 million の利益を得るに過ぎない」と推定していました。 今回のレポートでは、その点が「AWS の収益は $265 million であり、前年同期の $245 million を上回っている」と述べらているので、良い意味で期待が裏切られたことになります。 クラウドは儲かる! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する
 

Comments Off on Amazon の収支報告:AWS は $5 Billion ビジネスに成長し、収益も確保している

Google の MVNO:Project Fi の内容が 明らかになった!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Network by agilecat.cloud on April 23, 2015
This is Google’s new wireless phone service: Project Fi
Lisa Eadicicco – April 22, 2015
http://www.businessinsider.com/google-wireless-phone-service-2015-4
 
_ Business Insider
 
Google just announced Project Fi, its new wireless phone service. The company is partnering with T-Mobile and Sprint for the new project. For now, it’s only available on the Google Nexus 6 phone.
 
ついに Google が、新たなワイヤレス・フォン・サービスである、Project Fi を発表した。 この新しいプロジェクトのために、同社は T-Mobile および Sprint と提携している。 そして、現時点では、Google Nexus 6 だけが対応している。
 
Project Fi is a bit like a traditional carrier plan you would get from a AT&T, Verizon, Sprint, or any other provider, except Google is focusing on two key areas: making it easier to switch between Wi-Fi and cellular, and letting you pay only for the data you actually use.
 
この Project Fi は、従来からのキャリア・プランと、つまり AT&T/Verizon/Sprint などのプロバイダから提供されるプランと似ている。ただし、Google は2つの領域にフォーカスしている。 具体的に言うと、Wi-Fi と セルとの接続を容易に切り替え、実際に使用されたデータにのみに課金する点が異なっている。
 
man-phone-window.pngYouTube/Google
 
For example, when you’re using Project Fi, the service will automatically connect you to whichever network is fastest and within range.
 
たとえば、Project Fi を使用しているなら、その場所で利用できる最も高速のネットワークが、このサービスににより選択/接続される。
 
So, if you’re using cellular but there’s a faster Wi-Fi service nearby, it will automatically switch, and vice versa. Google also says it uses encryption to protect your data once your device is connected.
 
したがって、セル接続されている場合でも、より高速の Wi-Fi サービスが近くにあるなら、また、その逆の状況であっても、自動的な切り替えが行われる。
 
そして Google は、このサービスと、あなたのデバイスが接続された直後から、データを保護するための暗号化が用いられると発言している。
 
And, Google also says it will credit you for unused data that you’ve already paid for once your cycle is up. That’s the real advantage you can’t get with a wireless carrier today.
 
さらに Google は、対応する期間が終了した後であっても、すでに支払いが行われているデータ通信料に関して、繰越を認めると発言している。それは、現時点で既存のワイヤレス・キャリアから得ることができない、本当のメリットである。
 
For $20 per month, you get all the basics such as talk, text, and international coverage. Then, you pay a flat rate of $10 per gigabyte of data. So 1GB of data is $10 per month, 2GB is $20 per month, and so on.
 
$20/月のプランで、通話/テキスト/国際電話などの、すべての基本的なサービスが得られる。 それで足りなければ、続いて $10/GB の定額料金を支払う。 つまり、1GB のデータが $10/月額で得られ、2GB のデータが $20/月額で得られるという具合である。
 
That’s a big deal — not only is Google crediting you for the data you don’t use, but the pricing plan is really simple and transparent compared to those offered by carriers.
 
素晴らしいことである。 Google は未使用のデータ分を繰り越すだけではなく、その料金プランについても、他のキャリアから提供されるものと比べて、きわめてシンプルで透明性のあるものにしている。
 
You can also connect your phone number to any device that supports Google Hangouts, so that you can make or receive phone calls on phones, laptops, and Chromebooks among other devices.
 
また、Google+ Hangouts をサポートする、あらゆるデバイスに対して、その電話番号を接続できるようになる。それにより、スマホでも、ラップトップでも、Chromebook でも、電話をかけること、そして受けるとこが、可能になのだ。
 
Google’s Sundar Pichai mentioned at Mobile World Congress that Google was working on a small-scale wireless network, but this is the first time Google has given concrete details.
 
Google の Sundar Pichai は Mobile World Congress で、小規模なワイヤレス・ネットワークで取り組んでいると話していたが、その具体的な詳細について、Google は初めて明らかにしたことになる。
 
ーーーーー
google-55a日本では当たり前になってきている MVNO ですが、ようやくアメリカでも Google が具体化したということなのでしょう。 先月の「Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!」という抄訳で、Sundar Pichai の MWC 発言を追いかけていますが、どのようにアメリカ市場に受け入れられるのか、とても興味があります。なお、このポストの冒頭に、T-Mobile および Sprint と提携と書かれていますが、この2つのキャリアが同時に掴めた場合でも、速い方に接続されるのでしょうかね?  そうだとしたら、とても羨ましいサービスですよね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Google の Chromebit は、$100 以下で買える Chromebook ドングルなのだ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? 新たな戦いが始まる?
iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
 
 

Comments Off on Google の MVNO:Project Fi の内容が 明らかになった!

中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

Posted in .Chronicle, Alibaba, Asia, Data Center Trends, Open Compute by agilecat.cloud on April 22, 2015
China data center server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai – April 14, 2015
http://cloudnewsasia.com/2015/04/15/china-data-center-server-standard-project-3-0-to-announce-at-year-end-2015-cloud-cloudcomputing-china-datacenter/
 
_ Digi Times
 
The third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain.
 
China ベースの Baidu/Alibaba/Tencent が率いる、China DC サーバー・テクノロジー標準化プロジェクトの Version 3.0 が、2015年の終わりに発表されるらしい。 上流サプライチェーンの情報筋によると、このプロジェクトにより、China DC におけるサーバー調達コストを削減するための、モジュール化されたデザインに関する、数多くの規格がカバーされるという。
 
Alibaba_group_HeadquartersAlibaba HQ
Wikimedia Commons
 
China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
China は、このプロジェクトの Ver 1.0 を 2012年に、そして、Ver 2.0 を  2014年に立ち上げている。 そして、このプロジェクト自体は、Facebook が積極的に推進してきた Open Compute Project(OCP)に、かなり似ている。
 
In the first quarter of 2015, China’s x86 server shipments reached 427,000 units, up 29% on year and compared to the on-year server shipment growth of the worldwide market of 1.4%, China continues to be the growth driver of global server market, the sources said citing figures from Gartner.
 
2015年における China の x86 サーバー出荷台数は、427,000台に達し、前年比で 29% のアップとなっている。昨年におけるグローバル市場の、サーバー出荷台数と比べて、この数字は 1.4% のリードを得ているのだ。Gartner によると、グローバルサーバー市場を、これからも China が成長させていくことになる。
 
In addition to the three major leaders of the project, server players such as Inspur, Sugon, Hewlett-Packard (HP), Dell, Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry), Quanta and Inventec have all joined the project. However, the sources noted that the non-China-based players are not guaranteed to receive orders for participating in the project.
 
具体的に言うと、この Big-3 が率いるプロジェクトには、Inspur/Sugon/Hewlett-Packard (HP)/Dell/Foxconn Electronics (Hon Hai Precision Industry)/Quanta/Inventec などが参加している。しかし、情報筋が言うには、このプロジェクトに non-China のプレイヤーが参加しても、受注が保証されるわけではないようだ。
 
ーーーーー
datacenter_55Cloud News Asia (CNA) を始めてからというもの、こうしたアジアのインフラに関するポストが増えてきています。 その CNA の中で、頻繁に検索され、また、読まれ続けている記事に「Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0」があります。 この Scorpio ですが、文中にもあるように、ひとことで言うと中国版の Open Compute なのですが、最近では台湾勢だけではなく、Inspur や Sugon といったプロバイダーも活躍しているようです。 この領域でも、中国の存在感が強まってきていますね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Apple と Open Compute:台湾の ODM が サーバーを受注しているらしい!
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
Facebook の ネットワーク環境:そこに Cisco の支配は有り得ない
Open Compute : Summit 2015:ついに Apple が正式参加!

Comments Off on 中国の巨大クラウドを支える、Scorpio の Ver 3.0 が年末に発表される?

%d bloggers like this: