Agile Cat — in the cloud

iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Mobile by agilecat.cloud on March 27, 2015
Apple rumored entry-level iPhone 6C to be made by Wistron
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES [Thursday 26 March 2015]
http://www.digitimes.com/news/a20150326PD202.html
 
_ Digi Times
 
Apple is reportedly planning to unveil a new range of iPhones in the second half, and among the new smartphones, the 4-inch entry-level iPhone 6C is expected to be manufactured by Wistron, according to sources from the upstream supply chain. However, the ODM declined to comment on clients or orders.
 
Apple だが、今年の後半に、iPhone の新しいラインナップを発表すると伝えられている。そして、新たな iPhone シリーズには、エントリー・モデルである、4-inch  iPhone 6C が含まれ、また、Wistron より製造されるだろうと、台湾の上流サプライチェーンから情報が流れてきている。しかし、この ODM は、顧客および注文については、ノーコメントを貫いている。
 
iPhone 5CWolf Gang
Flickr
 
Wistron and Compal Electronics recently joined as manufacturing partners of Apple. Wistron is mainly handling the vendor’s previous-generation iPhones while Compal assembles iPads.
 
最近のことだが、Wistron と Compal Electronics が、Apple のパートナーとして製造ラインに参加している。Wistron は 旧世代 iPhone を取り扱い、Compal は iPad をアセンブルするというのが、主要な業務となっているようだ。
 
To strengthen its competitiveness, Wistron established a touch panel business a few years ago, originally targeting the touchscreen notebook market; however, the business landed orders from Apple in 2014 for laminating touch panels for the iPhone 5 and the partnership later helped Wistron to receive orders for manufacturing the whole iPhone, and to be in charge of the upcoming iPhone 6C, the sources noted.
 
Wistron は数年前に、競争力を強化するために、タッチ・パネル事業を確立している。もともと Wistron は、タッチ・スクリーンのノート PC 市場をターゲットにしていたが、iPhone 5 用のタッチ・パネルを積層するために、2014年に Apple からの注文を得ることになった。そして、このパートナーシップが、iPhone 全体を製造するという作業を、Wistron が引き受けるキッカケとなった。そして、さらに、新たに登場する iPhone 6C を担当することになったと、情報筋は指摘している。
 
During its recent investors, Wistron noted that its mobile communications product shipments will reach 25 million units with an annual growth of 25% and its handheld device business will be the main revenue contributor of 2015.
 
Wistron は、先日の投資家たちへの説明会において、モバイル・コミュニケーション製品の出荷台数が 25万台に達すると予測し、また、25% の年間成長率を達成するだろうと述べている。つまり、同社のハンドヘルド・デバイス事業は、2015年における主要な収益源となってくのだ。
 
ーーーーー
appleこのポストと前後して、やはり DigiTimes からですが、「 TSMC to supply chips for rumored iPhone 6S and 6C 」というレポートが提供されています。 それによると、「20nm chips for an upcoming 6C model and 16nm FinFET chips for 6S models」との事のようです。 また価格に関しては、「 US$400-500」と述べられており、Xiaomi などのハイエンド機と、近いレベルまで降りてくるようです。 まだまだウワサなので、ほんとうに iPhone 6C が出てくるのかどうか、その辺りは不明ですが、ぜひ、実現して欲しいプロダクトですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める
iPhone と 日本市場:グローバルでの成長をよそに失速している?
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?
iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく
Zuck が Cook に 一発かました:Apple は自分の顧客を大切にすべきだ!
 

Comments Off on iPhone 6C 廉価版のウワサが 台湾の情報筋から:価格は $400〜$500 か?

%d bloggers like this: