Agile Cat — in the cloud

モバイル・コマースの比率が最高なのは、なんと食料品! 米国の調査から近未来が見えてくる

Posted in .Chronicle, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 25, 2015
More people use mobile devices to buy groceries than any other retail category
Dave Smith – Feb. 23, 2015
http://www.businessinsider.com/the-most-popular-retail-purchase-on-mobile-phones-is-groceries-2015-2
 
_ Business Insider
 
When it comes to buying stuff online, most people still prefer PCs. But mobile is becoming an increasingly important sales channel for one particular retail industry above all others: Groceries.
 
オンラインによる商品の購入に関してだが、大半の人々は PC を介した処理を好むようだ。 しかし、特定の小売業界において、モバイルによる販売チャネルの重要性が、ますます高まってきている。 それは、Grocery(日常品・食料品)だ。
 
 
grocery-mobile-commerce
BI Intelligence
 
Based on data from PriceWaterhouse Coopers charted for us by BI Intelligence, 37% of all grocery e-commerce sales in October came from purchases on a mobile device like a phone or tablet. Other retail industries, like furniture and health, are not too far behind, but BI Intelligence predicts sales of online groceries will grow at a much faster rate than sales at traditional supermarkets.
 
PriceWaterhouse Coopers のデータを、BI Intelligence がチャートにしてくれた。 それによると、10月の eコマースにおいて、スマホやタブレットといったモバイル・デバイスが 37% も使用され、トップに立ったのが Grocery であることが判明した。Furniture や Health といった産業も近い比率となっているが、従来からのスーパーマーケットでの売上よりも、オンライン Grocery 売上の方が遥かに速く成長すると、BI Intelligence は予測している。
 
Considering how the US grocery industry accounts for roughly $600 billion a year in sales, BI Intelligence forecasts the online grocery market will grow about 21% each year for the next three years. After all, the food and beverage industry is the largest retail industry by far, and online services that can get food into your home — whether it’s fresh from the store or already prepared by a restaurant — are in high demand: Companies from GrubHub to Amazon and Uber are already launching campaigns to get in on the action.
 
まず、アメリカの Grocery 業界が、年間で $600 billion という売上を計上している点を考えてほしい。そして BI Intelligence は、オンライン Grocery マーケットが、これからの 3年間において、約 21% の年率で成長すると予測している。結局のところ、最大の小売業界として、食品と飲料は君臨し続けるだろう。そして、あなたの家まで、食品を届けるというオンライン・サービスに、大きな需要が見込まれることになる。つまり、新鮮な食品が店舗で購入され、また、レストランで用意されるにしても、この傾向は変わらない。 そして、こうした新しい需要に応えるために、GrubHub/AmazonUber といった企業が、すでにキャンペーンを開始している。
 
SEE ALSO:  How GrubHub Seamless will capture a bigger bite of the $70 billion takeout market
 
ーーーーー
mobile_55このデータはアメリカのものなので、日本とは事情が異なる点も数多くあると思います。 しかし、女性が社会に進出し、その中で出産や育児もという世の中になると、食料品を購入するための手間を省くというのは、当たり前のことになるのかもしれませんね。 考えてみれば、それぞれの家庭に定番があり、それをリピートして購入するわけですし、大半の食品が重たくて、運ぶのが大変なのです。なんというか、1つの近未来が見えてくる、調査の結果ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cisco 予測:世界のモバイル・トラフィックは、2019年 までに 10倍増する
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:Facebook が図抜けている!
iPhone の生み出す利益は スマホ業界の 93% を占める
Google の成長率が 徐々に低下している:それを示す1枚のチャート
日本と世界のインターネット・トラフィック:2015年/1月
 

Comments Off on モバイル・コマースの比率が最高なのは、なんと食料品! 米国の調査から近未来が見えてくる

%d bloggers like this: