Agile Cat — in the cloud

TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?

Posted in Asia, Mobile, Telecom, Xiaomi by agilecat.cloud on February 6, 2015
Digitimes Research: Global TD-LTE user base estimated at 96.1 million in 2014
Benson Wu, DIGITIMES Research – 12 Dec, 2014
http://www.digitimes.com/news/a20141212PD206.html
 
_ DiGiTimes
 
The total number of TD-LTE subscribers around the world will keep increasing to 96.1 million at the end of 2014, accounting for 21.6% of the global total number of LTE (4G) users. 81.8% of the total will be users in China, 8% in Saudi Arabia and 6.9% in Japan, according to Digitimes Research.
 
グローバルにおける TD-LTE サブスクライバーの合計は、2014年末の時点で 9610万人に達し、すべての LTE(4G)のユーザーの 21.6% を占めることになる。DigiTimes Research によると、そのうちの 81.8% が China、8% が Saudi Arabia、6.9% が Japan とされている。
 
China MobileOf the number of LTE networks around the world, 87% will be FDD LTE networks and 13% TD-LTE networks in 2014, Digitimes Research indicated.
 
また、Digitimes Research は、2014年のグローバル LTE ネットワークにおいて、87% が FDD LTE となり、13% がTD-LTE になると指摘している。
 
Asia accounted for 43% of TD-LTE networks around the world as of the end of the third quarter of 2014, but for over 95% of the global TD-LTE subscribers due to China Mobile’s active promotion of TD-LTE in the China market in 2014.
 
2014年 Q3  の時点で、グローバルでの TD-LTE ネットワークのうち、43% を Asia が占めていた。しかし、2014年における、グローバル TD-LTE サブスクライバーの 95% 以上が、China Mobile が国内で積極的に展開した、TD-LTE プロモーションの結果として得られている。
 
Unlike FDD LTE which is operated on a wide range of frequency bands, TD-LTE networks are operated mainly on medium and high frequency band units, with 900MHz and below taking up less than 10% of all band units.
 
広帯域にまたがる周波数で運用される FDD LTE と異なり、TD-LTE ネットワークは、主として 900MHz などの中高周波数帯域で運用され、すべての帯域の 10% 未満に収まるようだ。
 
Taiwan-based device makers will not benefit from the fast growing TD-LTE user base, with 2014 total production value of LTE data communication devices estimated at NT$5.53 billion (US$178 million), down 9.9% on year.
 
Taiwan ベースのデバイス・メーカーが、急成長している TD-LTE ユーザーベースから、恩恵を受けることは無さそうだ。2014年における LTE データ通信デバイスの総生産額は、NT$5.53 billion (US$178 million) と推測され、前年比で 9.9% のダウンになるとされている。
 
ーーーーー
Asia PacificLTE には、このように、TD-LTE と FDD LTE の二種類があります。 鉄道に例えれば、 TD-LTE が単線であり、FDD LTE が複線ということになります。 つまり、その時々の利用状況に応じて、上りと下りの構成を変化させられるのが TD-LTE の強みであり、また、文中にもあるように、絞り込んだ帯域で運用できることもメリットなのでしょう。 しかし、中国が TD-LTE へと進んだ背景には、西欧からの特許料の請求を回避し、さらには、そのテクノロジーを輸出していこうという、国家戦略が在るとされています。 そして、その尖兵としてグローバル市場を開拓しているのが、Huawei や ZTE といった企業になるのでしょう。 以下のリストは、Cloud News Asia から抜き出したものですが、西欧諸国と中国の間で、凄まじい戦いが繰り広げられている様子が窺えます。_AC Stamp
 
China Mobile Aims At 250 Million 4G Users In 2015
Singtel, Ericsson partner to test 5G technologies
Who offers the best 4G LTE connection in Indonesia? 
China’s Huawei Promises USD6.3 Million Investment For UK 5G
China’s ZTE Will Build 4G LTE Project In Cambodia
Xiaomi invests in 4G chip development, says sources
Chunghwa to reach domestic 4G market goal of 40 percent
ーーーーー
<関連>
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは本土の DC へ

Comments Off on TD-LTE の比率がグローバルで 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?

%d bloggers like this: