Agile Cat — in the cloud

Open Source の調査:コミュニティとプロプライエタリの間に、商用オープンソースという第3の選択肢が!

Posted in On Monday, Privacy, Security by agilecat.cloud on February 2, 2015
Commercial Open Source: Better Rankings for Cost, Quality, Security and Control
http://wp.me/pwo1E-8g9
Dick Weisinger – Jan 28, 2015
http://formtek.com/blog/commercial-open-source-better-rankings-for-cost-quality-security-and-control/
 formtek.png
 Open Source is no longer just about getting low-cost or free software.
 
もはやオープンソースは、低コストや無料で得られるソフトウェアという観点で、単純に語るものではないようだ。
 
Rob Howard, Zimbra CTO, said that “open source provides way more benefit than cost savings alone. Open source delivers on quality and control; it empowers IT to make an impact on more than just the bottom line… there is significant opportunity for open source also to play a central role in the future of security and privacy… ”
 
Zimbra の CTO である Rob Howard が言うには、「オープンソースが提供するものは、単なるコスト削減ではなく、より多くのメリットを実現するための方式である。オープンソースは、クォリティとコントロールを提供する。 つまり、それにより、IT 部門に与えられる権限が、最低限のラインよりも膨れ上がってくるのだ。 さらに言えば、将来におけるセキュリティとプライバシーを、オープンソースが中心となって担っていくという、大きな期待感も存在する」となる。
 
Chagall_11Olivier Thierry, Zimbra CMO, wrote that “with a pure open source model, the community is accountable for security; whereas, in a proprietary model, the software vendor is responsible. A third model exists, commercial open source, which provides a risk-appropriate blend of incentive-based vendor accountability and community-driven code transparency.”
 
Zimbra の CMO である Olivier Thierry は、「純粋なオープンソース・モデルでは、その対象となるコミュニティが、セキュリティについても責任を持つ。 その一方で、プロプライエタリ・モデルでは、ソフトウェアを供給するベンダーが、その責任を持つ。第3のモデルとして、商用オープンソースというものが存在する。 そこでは、インセンティブ・ベースのベンダーによる義務と、コミュニティが主導するコードの透明性というかたちで、最適なリスク・ブレンドが達成される」と述べている
 
A Ponemon/Zimbra survey on Open Source found that IT professionals rank open source software above proprietary software on cost, business continuity, quality and control.  Specific rankings are as follows:
 
オープンソースに関する Ponemon/Zimbra の調査では、そこで生じるソフトウェアのコストおよび、ビジネスの継続性、品質/制御という視点において、オープンソースの方がプロプライエタリを上回っていると、IT プロフェッショナルたちが評価している状況が見えている。いくつかの項目において、オープンソースが得ている評価は、以下のとおりである:
 
  • Better business continuity (67 percent)
  • Higher quality (60 percent)
  • Greater control (57 percent)
ーーーーー
On Monday商用オープンソースというと、CloudStack と Citrix の関係を思い浮かべてしまいますが、規模の大小を問わなければ、それ以外にも数多くのケースが存在するようです。 文中にもリンクが貼られていますが、Wikipedia の List of commercial open-source applications and services を見ると、かなりの数の商用オープンソースが存在しているという実態が見えてきます。とりわけ、セキュリティとプライバシーに関しては、あらゆるオープンソースが取り組むべき、基盤としてのレイヤが確立し、また、ビジネスとして責任をもつ企業が登場してくるというモデルが、充分に考えられると思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する
SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率
Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される
Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!

Comments Off on Open Source の調査:コミュニティとプロプライエタリの間に、商用オープンソースという第3の選択肢が!

%d bloggers like this: