Agile Cat — in the cloud

Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? Google との新たな戦いが始まる?

Posted in Google, Microsoft, Mobile by agilecat.cloud on February 1, 2015

Microsoft Investing In Cyanogen To Take The Fight To Google
David Curry – Jan 30, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/34941/20150130/microsoft-investing-cyanogenmod-take-fight-google.htm

 
 _China Topix
 
Microsoft will reportedly becoming a minority investor in CyanogenMod, as the ROM provider looks to compete with Google.
 
Microsoft だが、伝えられるところによると、ROM プロバイダとして Google と競合していくと見られる CyanogenMod に対して、小口ながらも出資するようだ。
 
Microsoft wants to take another chunk out of Google by investing in ROM maker Cyanogen that’s developing its own version of the Andriod OS called CyanogenMod.
 
独自の Andriod OS バージョンを開発する、この CyanogenMod という ROM メーカーに投資することで、Microsoft は Google から、なんらかのご馳走を奪い取りたいと考えている。
 
CyanogenModCyanogen provides its ROM to suppliers like OnePlus and Micromax in 2014. Its CEO claims he wants to remove Android from Google by replacing the Google Play store with its own marketplace.
 
2014年の Cyanogen は、OnePlus や Micromax といったサプライヤーに、自身の ROM を提供している。
 
そして、同社の CEO は、独自のマーケット・プレイスにより、Google Play Store を置き換えることで、Google から Android を引き離したいと主張している。
 
To do this, Cyanogen needs developer support and enough love of the ROM, but even then it’s a risk to avoid Google Play that currently sells 1.3 million apps for an underwhelming alternative that may never reach full capacity.
 
それを実現するためには、Cyanogen の ROM に対する、デベロッパーからのサポートと、十分な LOVE が必要だ。 ただし、それにしても、現時点で 130万タイトルのアプリを販売している Google Play が、依然として未成熟な代替マーケット・プレイスを、色あせたものにしてしまうリスクが残る。
 
Microsoft will become a small investor in the latest funding round, valuing Cyanogen in the “high hundreds of millions” market.
 
そして、小口ながらも Microsoft が、直近の資金調達ラウンドで出資者になるなら、その広大なマーケットにおいて、Cyanogen に価値を与えるだろう。
 
Microsoft’s investment is also a bit weird considering the company has moved away from Android under CEO Satya Nadella. It also potentially pressures Microsoft’s patent relations with Google.
 
ただし、Microsoft が CEO である Satya Nadella の下で、Android から距離を置いていることを考えると、この出資は少し奇妙である。 さらに言えば、Microsoft と Google の間には、特許に関する潜在的な圧力が存在する。
 
Cyanogen does have 50 million users running its ROM, or five percent of Android to put it into perspective. It’s not clear how many of those 50 million are running the latest version, and who might be willing to leave Google Play for CyanogenMod.
 
Cyanogen の ROM には、5000万人のユーザーがいる。 それは、Android 全体の 5% に相当する規模である。そして、その 5000万人のうち、最新のバージョンが使用されている比率が分からない。 また、Google Play から CyanogenMod に、誰が移行するのかも分からない。
 
The move would make CyanogenMod similar to Amazon’s Fire OS by using the backbone of Android without the Google services. While this did work on the Kindle Fire, the Fire Phone was an absolute disaster due to the lack of apps and the high price point.
 
この一連の動きにより CyanogenMod は、Google サービスには依存せずに、Android バックボーンだけを利用する、Amazon Fire OS と似たものになるのだろう。 ただし、その考え方は Kindle Fire では功を奏したが、Fire Phone ではアプリの不足と高価なデバイスという意味で、ひどい目にあっている点を指摘しておく。
 
Fans have also criticized Cyanogen for moving away from Google and trying to promote themselves as a direct competitor. The exclusivity deal with Micromax also hurt Cyanogen’s reputation in India, after Cyanogen failed to tell OnePlus about the deal.
 
さらに言えば、Cyanogen ファンたちは、Google のライバルとなり、自身のマーケット・プレイスで対抗していく姿勢を批判している。 また、India においては、Micromax と独占契約を結んだことを、OnePlus に適切に伝えなかったことで、評判を傷つけている。
 
Microsoft hasn’t commented on the investment.
 
Microsoft は、この出資について、なにもコメントしていない。
 
ーーーーー
weekendCyanogenMod (Wiki) の名前を目にするようになったのは、最後の方に書かれている、India での Micromax と OnePlus の係争が起こった、昨年の 12月辺りからです。 そして、その後に、Micromax の戦略製品である Yureka が、CyanogenMod を搭載してデビューしたのです。 当初、Micromax が訴えたのは Xiaomi だったと記憶していますが、そちらは MIUI なので、おそらくセーフなのでしょう。 それにしても、CyanogenMod との距離を詰めていくなら、Microsoft は冴えていますね。 Windows Phone が、このまま鳴かず飛ばずなら、CyanogenMod ベースの Windows Phone を仕立てあげ、Android デベロッパー・エコシステムを、そのままイタダキという、戦略すら取れるのです。なんか、ワクワクしてくる展開ですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 
 

Comments Off on Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? Google との新たな戦いが始まる?

%d bloggers like this: