Agile Cat — in the cloud

インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!

Posted in .Chronicle, Asia, Government, IoT by agilecat.cloud on January 29, 2015
US joins Indian smart cities race, signs three deals
Immediately overtakes Singapore, New South Wales.
http://wp.me/pwo1E-8fv
By Joshua Chambers – Jan 26, 2015

http://www.futuregov.asia/articles/6083-us-joins-indian-smart-cities-race-signs-three-deals

_ Future Govt

The United States has joined the race to help India build 100 smart cities, signing memorandums of understanding with three Indian states to assist with new projects.
 
アメリカも、インドの100都市におけるスマートシティ構築というレースに参加する。 そして、この新しいプロジェクトを促進するために、インドの 3つの州との覚書にサインした。
 
The deals were signed this week as part of President Obama’s visit to India. The states of Andhra Pradesh, Uttar Pradesh and Rajasthan signed the deal with the U.S. Trade and Development Agency on 25 January to develop Vishakhapatnam, Allahabad and Ajmer.
 
具体的に言うと、今週に Obama 大統領がインドを訪問した際に、この試みに関する署名が交わされている。 それは 1月25日に、Andhra PradeshUttar PradeshRajasthan 州と、U.S. Trade and Development Agency が合意したものであり、VishakhapatnamAllahabadAjmer といった都市を開発していくことになる。
 
obama-modiAn initial commitment to develop a partnership was agreed in September last year during Prime Minister Modi’s state visit to the US, and this week’s partnership represents the culmination of negotiations.
 
このパートナーシップを促進する最初の取り組みは、昨年の 9月に Modi 首相が訪米した際の合意であり、その後の話し合いの結果として、今週のパートナーシップ発表につながっている。
 
Other countries are also vying to work closely with India on its smart cities projects. Singapore recently signed a deal to build one smart city, and has been lobbying for over a decade to assist Tamil Nadu but has been unsuccessful so far.
 
インドにおけるスマートシティ·プロジェクトに関しては、その他の国々も競合に参加している。最近、シンガポールも、1つのスマートシティ構築に関する契約を締結し、さらには Tamil Nadu 州の支援に関して 10年越しのロビー活動を展開しているが、これまでのところ、成功しているとは言えないようだ。
 
Meanwhile, Australia’s New South Wales announced plans this year to start pursuing deals for companies from its own region.
 
その一方で、Australia の New South Wales も、地元の企業による支援を促進していくという、新たな計画について発表している。
ーーーーー
Asia Pacificなにやら、インドのスマート・シティ開発が、すでにデッドヒート状態になっているようです。 モバイル・キャリアの誘致で大成功を収めたインド政府が、さらなる経済支援を得ようと動き、アメリカ/シンガポール/オーストラリアの各政府が、将来のビジネス展開を前提に、対応しているという図式のようです。 たくさんの地名が並んでいますが、まったくイメージが湧かないので、日本語訳の方には Wiki のリンクを貼っておきました。 州名に関しては日本語がありましたが、都市名に関しては英語のみでした。 今日は朝から、インドの地理の お勉強でした 🙂 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud News Asia – Smart City
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
2014 Agile Cat:とっても元気な アジア の マトメ

Comments Off on インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!

%d bloggers like this: