Agile Cat — in the cloud

赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指すのか?

Posted in .Selected, Google, Satellite, Strategy by Agile Cat on December 17, 2014

Google-backed Global Broadband Venture Secures Spectrum for Satellite Network
http://wp.me/pwo1E-86a
Peter B. de Selding | May. 30, 2014
http://www.spacenews.com/article/satellite-telecom/40736google-backed-global-broadband-venture-secures-spectrum-for-satellite

ーーーーー

<注記> ちょっと古い記事であり、ここで取り上げられている WorldVu は、最近では Elon Musk の SpaceX と提携するだろう、という記事も出ています。

ーーーーー

PARIS — A company based in Britain’s tax-friendly Channel Islands and backed by Google and the founder of satellite broadband trunking provider O3b Networks has secured radio spectrum rights to build a low-orbit satellite constellation to provide global broadband to individual consumers, industry officials said.

PARIS — Britain Tax Friendry の Channel 諸島を拠点とし、Google および、衛星ブロードバンド·トランキング·プロバイダー O3b Neuworks の Founder に支援される企業が、低軌道衛星群を構築するための無線スペクトルの権利を確保し、利用者となる企業に対してグローバル・ブロードバンドを提供していくことになると、業界関係者たちが語っている。

Brian Holz, 03b’s former chief technology officer, is leaving the company for WorldVu. Credit: Photo courtesy of Brian Holz

The company, which uses the name L5 in its regulatory filings and is registered in St. Helier, Jersey, under the name WorldVu Satellites Ltd., has picked up Ku-band spectrum initially planned for use by a now-defunct company called SkyBridge to launch a constellation of 360 small satellites for a global Internet service.

その会社は、L5 という名称で規制当局への申請を行い、WorldVu Satellites Ltd. という名で St. Helier, Jersey 島に登記されている。そして、いまは消滅してしまった SkyBridge という会社が、グローバル・インターネット・サービスを提供するために、360個の小型衛星群を運用しようと計画したときの、Ku-band というスペクトルを拾い上げ、新たなビジネスを立ち上げようとしている。

The International Telecommunication Union (ITU), the Geneva-based United Nations affiliate that regulates satellite orbital slots and wireless broadcast spectrum, shows L5 filings as promising to start service in late 2019.

Geneva ベースの国連関連団体として The International Telecommunication Union (ITU) があるが、この人工衛星の軌道スロットと無線ブロードキャスト・スペクトルを規制する組織の報告書を見ると、2019年の後半には L5 がサービスを開始する可能性が高いと分かる。

The satellites, tentatively designed to operate in circular orbits of 800 and 950 kilometers inclined 88.2 degrees relative to the equator, have been given regulatory deadlines of between late 2019 and mid-2020 to enter service, according to ITU records.

この衛星は、赤道を基準に 88.2 度の緯度幅をカバーし、800km 〜 950km の高度で軌道を描くよう、暫定的にデザインされている。そして ITU の記録によると、サービスに入るための規制上のデッドラインとして、2019年の後半〜2020年の半ばという期限が与えられている。

WorldVu appears to be a Google response to the same question being asked by all the big global Internet service providers, search engines and social networks: How do you reach hundreds of millions of potential users residing in places without broadband access?

グローバルかつ大規模に展開される、すべてのインターネット·サービス·プロバイダ/検索エンジン/ソーシャル・ネットワークに共通する疑問への、Google の回答が WorldVu なのだと思われる。つまり、ブロードバンドでアクセスできない場所に住んでいるかもしれない無数のユーザーに、どのようにしてリーチするのかという問いに対する答えとなる。

Facebook purchased Britain’s Ascenta unmanned aerial systems designer as part of what it calls its Connectivity Lab project, which is exploring satellite and atmospheric Internet nodes. Google earlier this year purchased Titan Aerospace, a drone designer of what are sometimes called "atmospheric satellites." With WorldVu, Google appears to be adding a play in conventional exo-atmospheric version.

Facebook は Connectivity Lab プロジェクトと呼ぶ活動の一環として、イギリスの Ascenta という無人航空機システムのデザイナーを手にしており、それにより、衛星を用いた大気圏内インターネット・ノードの構築を模索している。その一方で Google は、今年の初めに Titan Aerospace を買収しているが、これも大気圏内衛星とも言える、ドローンのデザインが絡んでいる。つまり、Google は WorldVu により、これまでの大気圏バージョンでの活動を強化しているように見える。

注記:地球の大気圏は 1000km に及ぶ。

The ITU’s Master International Frequency Register is routinely peppered with filings — satellite networks in ITU parlance — that clog the system, hoard spectrum rights and ultimately never are built.

ITU の Master International Frequency Register は、ITU 用語で衛星ネットワークと呼ぶ書類により、毎日のように攻め立てられている。 つまり、それによりシステムが目詰りし、スペクトル権を買い溜めされるが、最終的には構築されないという状況が繰り返されていた。

In the case of L5/WorldVu, there is reason to suspect this is not just another paper satellite.

しかし、L5/WorldVu のケースでは、単なるペーパー・サテライトではないと、推測させる理由がある。

For starters, WorldVu is located in the same small town where Greg Wyler registered and founded O3b Networks, which also started with modest support from Google and is now building a business of providing high-speed fixed and mobile Internet links to customers located between 40 degrees north and 40 degrees south of the equator. O3b’s mission, as the company likes to point out, is to connect the “other 3 billion people” around the globe “who have been denied broadband access for reasons of geography, political instability and economics.”

まず、第一に、Greg Wyler が O3b Networks を設立/登記した、同じ小さな街に WorldVu は位置しており、また、Google からのささやかな支援が開始されている。そして、現在は、北緯 40度と 南緯 40度の間に住む人々をサポートするための、ワイヤー/モバイルによるインターネット·リンクを提供するためのビジネスを立ち上げている。O3b が、よく口にする同社の使命は、地理/政治/経済などの理由により、ブロードバンドへのアクセスが不可能だとされる、もう一方の世界の「 30億人 」をインターネットに接続することである。

Joining Wyler in the WorldVu venture are Brian Holz, O3b’s former chief technology officer; and David Bettinger, a long-time chief technology officer of satellite ground terminal provider iDirect.

WorldVu の冒険において、Wyler と行動を共にする Brian Holz の前職は O3b の CTO であり、また、David Bettinger は衛星用の地上ターミナル・プロバイダーである、iDirect の CTO を長年にわたって務めてきた。

Holz’s departure from O3b at this juncture in the company’s history — a component defect on the first four satellites has delayed the launch of the second four, now scheduled for July — might be viewed as curious.

同社の歴史おいて、つまり、第一陣の 4つの衛星におけるコンポーネントの欠陥により、第二陣の 4つの衛星の打ち上げが 7月にズレ込んでいるという時点で、O3b のプロジェクトから Holz が離脱するのは、不思議なことだと思われるだろう。

While the current satellites operate well, their life expectancy has been compromised by the defect in the onboard component, called the centralized power supply and frequency generator unit.

現時点で、それらの衛星は上手く機能しているが、集中電源と周波数ジェネレータをいう、オンボード・コンポーネントの欠陥により、その平均寿命は期待値に届かないだろう。

In a May 27 response to SpaceNews inquiries, O3b said Holz “is leaving us for Google, which as you know is an O3b shareholder, but he will continue to serve on O3b’s technical advisory committee.” Attempts to reach Wyler, or anyone else, at the address listed for WorldVu were unsuccessful.

5月27日の SpaceNews からの問い合わせに対して O3b は、「 周知のとおり、O3b の株主でもある Holz は Google へと去っていくが、O3b の技術諮問委員は継続して務めることになる」と述べている。つまり、Wyler たちが連携していくような、WorldVu が考えていた試みは、上手く行かなかったことになる。

Holz has been replaced at O3b by Stewart Sanders, a senior vice president at satellite fleet operator SES of Luxembourg, which is O3b’s biggest shareholder.

Holz の後任には、 O3b の最大の株主であり、複数の衛星を管理する SES of Luxembourg の、Senior VP である Stewart Sanders が就任することになった。

An industry official familiar with the move said Holz will remain active at O3b at least through the launch of the second group of satellites, and his departure was arranged in a way to minimize perturbations at O3b, which remains a startup enterprise.

この動きに詳しい業界関係者は Holz について、第二陣の衛星群と打ち上げるまで、彼は少なくとも O3b でのアクティブな状況を維持し、スタートアップ・エンタープライズである O3b の、不安要素を最小限に抑えるよう再考された、と述べている。

“There is no way that Brian was going to do anything that would hurt O3b,” the industry official said, adding that L5/WorldVu should not be seen as a future O3b competitor.

「 O3b を傷つけることなく、何らかの行動を Brian が起こせるかというと、それは不可能である」と、その業界関係者は述べているが、将来的に L5/WorldVu と O3b がライバル関係になるかというと、それも違うと、付け加えている。

“O3b provides low-latency broadband trunking to telcos and large mobile platforms through relatively expensive ground stations,” the official said. “WorldVu wants to connect the world with affordable links to millions of individuals not now on the grid.” Google’s ultimate involvement in the venture “remains speculative at this point,” the official said.

「 O3b は、相対的に見て費用のかかる地上局を介して、テレコムと大手モバイル・プラットフォームに、低レイテンシのブロードバンドをバルクで提供する。 その一方で、WorldVu は、いまはグリッドにアクセスできない無数の人々に、安価なリンクで接続したがっている」と、その業界関係者は述べている。 そして、最終的には、この冒険に Google も関与するだろうが、「現時点では推測も伴う」と付け加えている。

L5/WorldVu’s ambition is to succeed where previous global satellite Internet projects have failed. O3b is using Ka-band frequencies that were abandoned by the now-defunct Teledesic venture, in which more than $1 billion was invested before its backers threw in the towel.

L5/WorldVu の野望は、これまでのグローバル・サテライト・インターネット・プロジェクトが失敗した領域で、成功を収めることである。 O3b が使用している Ka-band 周波数帯域は、いまは無き Teledesic というベンチャーが放棄したものであり、その支持者たちが諦めるまでに、$1 Billion 以上が投資されている。

SkyBridge had a similar idea, but in Ku-band. It too was abandoned for lack of financing, and it is the legacy SkyBridge frequencies that L5/WorldVu proposes to use.

SkyBridge も、Ku-band においてだが、同じような考えを持っていた。 そして、あまりにも膨大な資金を必要とするため、SkyBridge が放棄したものを、L5/WorldVu が使用すると提案しているわけだ。

Youtube ⇒

The Teledesic and SkyBridge projects accomplished the key goal at ITU of securing regulatory approval for nongeostationary-orbiting satellite communications networks.

Teledesic と SkyBridge のプロジェクトは、非静止軌道衛星通信ネットワークのための、規制当局の承認を確かなものにするという意味で、ITU における主要な目標を達成している。

Both networks agreed to incorporate complicated power-flux-density adjustments so that their satellites’ frequencies would not disturb broadcasts from satellites using the same spectrum from higher geostationary orbit.

この 2つのネットワークは、複雑な電波密度の調整を組み込むことで合意していた。それにより、同じスペクトルを使用する、より高い高度の静止軌道衛星からのブロードキャストを、二社の衛星の周波数が妨害しないようになっている。

It is an issue that WorldVu will face — especially when its hundreds of satellites pass over the equator — as Ku-band is widely used by telecommunications operators who have priority rights to the same spectrum.

それは、WorldVu が直面することになる問題だ。 つまり、同じスペクトルにおいて優先権を持っているテレコム事業者が、Ku-band を広範囲で使用するにつれて生じることになる、何百もの衛星が赤道上を通過する際の問題である。

Just as important for L5/WorldVu is the dramatic decrease in prices for sophisticated satellite antennas, satellite power-generation systems and payload electronics. It is here that Teledesic and SkyBridge confronted issues that drove up the costs of the systems and ultimately forced their collapse.

また、L5/WorldVu にとって重要な事柄として、きわめて洗練された、衛星のアンテナおよび発電システムと、搭載する電子機器に関する、劇的なコストの削減が挙げられる。それこそが、Teledesic と SkyBridge の前に立ちはだかった問題であり、システムのコストをつり上げ、最終的にはプロジェクトを崩壊へと至らしめた。

“Lots of things have changed since then,” the industry official said. “Satellite technology is no longer considered black magic. Look what’s being done with Earth observation constellations like SkyBox Imaging and Planet Labs and the new generation of cubists.”

「 あれから、あらゆるものが変化した。もはや、衛星テクノロジーを魔術として捉えるべきではない。 SkyBox Imaging や Planet Labs といった、地球の観測を志す、新たな世代の台頭を見てほしい」と、前述の業界関係者は述べている。

SkyBox Imaging — a California company building a constellation of high-resolution optical Earth imaging satellites in which Google is said to be interested — and Planet Labs of San Francisco have both launched the first of their imaging satellites.

ちなみに、SkyBox Imaging とは、地上のイメージを高解像度で撮影する California の企業であり、Google が興味を示しているとされる。また、San Francisco の Planet Labs も、地上イメージを撮影するための、自身の衛星を打ち上げている。

In addition to offering limited scale economies in satellite production, smaller satellites hold out the hope for lower launch costs when measured on a per-delivered-megabit basis.

さらに言えば、配信するデータをメガビット単位で規定できるなら、その望みを叶える実用的な小型衛星を打ち上げるための、規模の経済が具体化してきているのである。

ーーーーー

とても夢のある話で、訳していてワクワクしてしまいました。 海底に設置されたケーブルと赤道上に並ぶ衛星により、多層化されたインターネット・バックボーンのメッシュが、この地球を包み込んでいくのでしょうね。 さらに言えば、より低軌道に浮かぶ衛星やドローンなどを介して、地上に網を張りにくいアフリカや南米などにも、インターネット接続を提供するという流れが、さらに加速していくかもしれません。また、Google に関しては、この記事がポストされた直後の 6月に、Skybox Imaging という衛星スタートアップを買収しているので、なんらかの方針の変更が生じているのかもしれません。 Elon Musk の SpaceX も含めて、2015年は衛星に関する動向も追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて
Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!
Intelsat と SpeedCast が連携して、グローバル接続をカバーする通信衛星とは
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?

Comments Off on 赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指すのか?

%d bloggers like this: