Agile Cat — in the cloud

Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国:それを示す1枚のチャート

Posted in Mobile, Research by Agile Cat on December 12, 2014

Facebook And YouTube Account For Almost 40% Of All Mobile Internet Traffic
http://wp.me/pwo1E-85R
Dave Smith – Dec. 9, 2014
http://www.businessinsider.com/facebook-and-youtube-account-for-almost-40-of-all-mobile-internet-traffic-2014-12

_ Business Insider

At Business Insider’s IGNITION event last week, Business Insider CEO Henry Blodget detailed the future of the digital landscape, pointing out some important trends. For example, more than a quarter of all internet traffic now comes from smartphones and tablets — and two big internet properties are responsible for a huge amount of that traffic.

先週に Business Insider が主催した IGNITION というイベントで、当社の CEO である Henry Blodget は、いくつかの重要なトレンドを指摘しながら、デジタルの世界の未来について詳しく説明した。たとえば、すべてのインターネット・トラフィックの 1/4 以上が、スマホとタブレットから発生している。また、2つの大きなインターネット・プロパティが、その膨大なトラフィックの要因となっている。

_  space

BI Intelligence

Based on data from a Sandvine report charted for us by BI Intelligence, Facebook and YouTube accounted for nearly 40% of all mobile web traffic in North America in September. Facebook accounted for 19% of that aggregate mobile traffic, YouTube was close behind with 18%, and the third largest share belonged to “general web traffic” through web browsers, at 11%. As BI Intelligence’s Mark Hoelzel points out, ads make up a big percentage of Facebook’s and YouTube’s mobile traffic, since autoplay video ads increase the mobile data demands on those social networks.

BI Intelligence がチャートにした、Sandvine レポートのデータをベースにすると、この 9月における北米の全モバイル Web トラフィックの約40%を、Facebook と Youtube が占めることになる。集計されたモバイル・トラフィックのうち、Facebook が占める割合は 19% であり、Youtube の 18% が僅差で続いている。そして、3番手は、Web ブラウザを介した、「一般的な Web トラフィック」の 11% となる。BI Intelligence の Mark  Hoelzel が指摘するように、Facebook と Youtube のモバイル・トラフィックにおいては、広告が大きな割合を占めている。なぜなら、自動的に再生されるビデオ広告が、これらのソーシャル・ネットワーク上のモバイル・データ量を、増加させているからである。

ーーーーー

アメリカ市場に限定した調査の結果ですが、まず、目を引くのが、Netflix に対する Youtube の圧倒的な強さです。 モバイルでは、こんな比率になる、、、というのが、正直な感想です。 また、今月は、モバイル・トラフィックを低減するための、Facebook の取り組みについて紹介してきましたが、それでも、これだけの帯域を消費しているのですね。 2年ほど前に、「Facebook が1位で、Google Maps が2位 : モバイル・アプリ 2012 ランキング」という抄訳をポストしましたが、こちらは、各モバイル・サービスにおける滞在時間を比較したものです。 今日のポストと比較すると、それぞれのサービスの性質が見えてきて、とても面白いです。

ーーーーー

<関連>

Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/11月(アメリカ編)
急降下する Samsung のシェア:最新のスマホ勢力図を1枚のチャートで!
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!

Comments Off on Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国:それを示す1枚のチャート

%d bloggers like this: