Agile Cat — in the cloud

Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Mobile, Post-PC, Xiaomi by Agile Cat on December 5, 2014

Xiaomi Moves Overseas Mobile Phone Data Away From Chinese Servers
http://wp.me/pwo1E-84C

October 28, 2014
http://www.chinatechnews.com/2014/10/28/21076-xiaomi-moves-overseas-mobile-phone-data-away-from-chinese-servers

_ China Tech News

Hugo Barra, global vice president of Xiaomi, recently issued a statement that claims Xiaomi is moving its international user data from servers in Beijing to U.S. and Singapore.

Xiaomi の Global VP dearu Huge Barra が、同社のインターナショナル・ユーザー・データを、Beijing のサーバーから U.S. および Singapore に移行しているという、ステートメントを発表した。

This is reportedly a response to previous incidents which exposed that Xiaomi smartphones automatically returned global user data to Beijing servers. Chinese telecommunications regulations require Chinese companies to store domestic data on local Chinese servers.

それは、Beijin のサーバーへ向けて、自動的に Xiaomi スマホから送信されていた、グローバル・ユーザー・データの漏洩という、最近の出来事への対応だと伝えられている。China における電気通信法では、同国内のユーザー・データに関しては、China のローカル・サーバーにストアすべきと規制されている。

Is this move by Barra enough to quell security and privacy concerns that a Chinese mobile phone company may be in cahoots with the Chinese government for harvesting global user data?

この Barra のアクションにより、グローバルにおけるユーザー・データを刈り取るために、China の政府とスマホ・メーカーが共謀しているという、セキュリティとプライバシーの懸念は、鎮静化されるのだろうか?

According to Barra the international user data migration aims to improve experience of users all over the world, cut down latency and reduce failure rates. At the same time, it will help the company maintain high privacy standards and comply with local data protection regulations.

Barra の説明によると、今回のインターナショナル・ユーザー·データの移行は、グローバルにおけるユーザー・エクスペリエンスの向上および、レイテンシの低減、障害の回避を目指すものとなる。しかし、それと同時に、高度なプライバシー基準の維持と、それぞれの国々におけるデータ保護規制の遵守にも寄与するはずだ。

Based on Xiaomi’s plans, the company will first migrate their global e-commerce platforms and user data for all international users from Beijing data centers to Amazon AWS data centers in California, U.S. and Singapore, which is expected to be completed at the end of October 2014. It will benefit users in all international markets, including Hong Kong, India, Indonesia, Malaysia, Philippines, Singapore, and Taiwan.

Xiaomi は、今回の計画に基づき、グローバルなコマース・プラットフォームとインターナショナル・ユーザー・データから、全面的な移行を開始する。それは、Beijing のデータセンターから、California, U.S. と Singapore の Amazon AWS データセンターへ向けたものであり、2014年10月末までに完了すると予測されている。 その結果として、Hong Kong/India/Indonesia/Malaysia/Philippines/Singapore/Taiwan などを含む、すべてのインターナショナル・マーケットのユーザーにメリットがもたらされる。

For the second step, Xiaomi will migrate their MIUI services and corresponding data for all international users from Beijing data centers to Amazon AWS data centers in Oregon, U.S. and Singapore, realizing the migration of Mi account, cloud messaging and Mi cloud services. The migration is expected to be completed at the end of 2014.

次のステップで Xiaomi は、すべてのインターナショナル・ユーザーのための、MIUI サービス(カスタム ROM?)と、それに対応するデータを、Beijing のデータセンターから、Oregon, U.S. と Singapore の Amazon AWS データセンターへ移行する。それにより、Mi Account/Cloud Messaging/Mi Cloud Service の移行が達成される。それらは、2014年末までに完了するという。

Finally, Xiaomi plans to improve user experience in emerging markets such as India and Brazil in 2015. Due to the lack of Amazon AWS services in those markets, Xiaomi will cooperate with local data center providers.

最後になるが、Xiaomi が意図しているのは、2015年に急成長が期待される India や Barazil での、ユーザー・エクスペリエンスの向上である。 ただし、それらの国々では、Amazon AWS のデータセンターが欠落しているため、Xiaomi 自身がローカルのデータセンター・プロバイダと協調していくことになるだろう。

ーーーーー

とても興味深い展開ですね。これまで、すべてを呑み込んできた中国市場から、今度は外へと飛び出す企業が出てきたわけです。 この背景には、いわゆるバック・ドア問題が有ったわけですが、Xiaomi としては潔白を証明したいのでしょうし、北京政府としても同社のグローバル化を妨げることが、中国のためにならないと判断しているのでしょう。 GOOD ですね!

ーーーーー

<関連>

中国の Xiaomi App Store が、10億ダウンロード を 1年で達成
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
Apple と China Telecom :中国人ユーザーのデータは、中国本土の DC へ
Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!

 

Comments Off on Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!

%d bloggers like this: