Agile Cat — in the cloud

2014 Agile Cat:Top-20 ポストと 総マトメ

Posted in .Chronicle, .Selected, Research by Agile Cat on December 31, 2014

途上国のモバイル・アクセスが生み出す、新しいビジネスとインフラ・・・
http://wp.me/pwo1E-88I

今年を振り返るときに注目したいのは、5月5日にポストした、「 Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図 」で紹介しているチャートだと思っています。それが示すのは、10億以上のユーザー数に達したソフトウェア・プロダクツ/サービスであり、その中の 4つを Google が所有しているという現実です。ただし、Google がマネタイズに成功しているのは Search ビジネスであり、徐々に Youtube が利益を出し始めているという感じです。

ここで考えるべきは、Google が有している金脈の、とてつもない潜在能力となるのでしょう。そして、10億というハードルを取り払ってしまえば、Apple の App Store や iTunes、Facebook の Instagram と WhatsApp、また、Line や、WeChat、Snapchap、Pinterest なども、大きな可能性を秘めたサービスとして浮上してくるはずです。

周知のとおり、Microsoft の収益はライセンスから生じていますが、サービスである Office 365 への切り替えなどが順調に進んでいることから、2015年には強さを取り戻してくると思えます。 その一方で、Google と Facebook の収益は、その大半がディジタル広告から生じています。 そして、おそらく、この広告の領域が、これからの IT エコシステムを支える、大きな収入源になっいくはずです。

<2014年:マトメの一覧>
2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

また、誰もが納得していると思いますが、これからの時代において、ラップトップ/デスクトップ PC が大きく成長していくことは無さそうです。 そして、それらの領域は、Android/iOS/Chrome OS などを搭載した、タブレットもしくはシン・クライアントにより、徐々に置き換えられると予測されています。 ただし、その勢いはというと、穏やかなものになりそうです。 言い換えるなら、スマホとファブレットのみが、図抜けた成長力を有するという結論に達しています。

そして、こうした成長力をもつデバイスを、充分に機能させていくために、クラウドや、データセンター、モバイル・キャリア、テレコムなどの事業者たちが、インフラ整備に邁進しているというのが、2014年という年を写し出すスナップ・ショットなのでしょう。 このようなインフラ投資を引き出す推進力は、中国とインドに代表される、アジア市場の途方もない成長力です。 また、アジアの後には、南アメリカやアフリカが続いてくるでしょう。

途上国における人々がモバイル・デバイスに触れることで、まずはディジタル・ベースの広告と物販が動き出し、その勢いがモバイル・ネットワークなどのインフラを整備していきます。 まぁ、この辺りは、鶏と卵の話なので簡単では無いのでしょうが、すでに中国では Alibaba が大きく成長し、インドでも FlipKart というスタートアップが育ちつつあるようです。

なんというか、とても大雑把なマトメですが、こんなことを考えながら、以下の Top-20 2014 を選び出してみました。 お時間があるときにでも、ぜひ、ご覧ください。

ーーーーー

January 10
WhatsApp がスゴイ! いくつかの国々で FB を上回るシェアを獲得!
Facebook は、世界で最も人気のソーシャル・ネットワークなのだろうが、ソーシャル・メッセージの話となると、その優位性を他のアプリに奪われようとしている。 On Device Research が実施した調査によると、アメリカで最も人気のスマートフォン・ソーシャル・メッセージング・アプリは Facebook であるが、その他の 4カ国では WhatsApp と WeChat が、その領域を支配しているという結果が出ている。

February 4
Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答なのだ!
Google が 2011年に、Motorola を $12.5 Billion で買収したとき、そのすべてが特許のためだと数多くの人々が言及したが、彼らは正しかったことになる。そして、いま、このデバイス・メーカーを、わずか $2.9 Billion で Google が売却したというニュースが流れているが、この取引が理に叶っているのかどうか、そして、この特許が果たす役割は何なのかを、調べる価値があるはずだ。端的に言うなら、それらの特許を含む一連の取引は、うまく機能したことになる。

February 12
Open IX という組織が、インターネット接続を再定義する
新しいグループが、アメリカ国内におけるネットワーク接続の方法を、別のものに変更しようとしている。そして、インターネットの物理接続における、コストを低減し信頼性を向上させることが可能だと言っている。Open IX は、Internet exchange points (IXPs) による新しいネットワークを構成し、メンバーによる中立な管理を実現し、さらには、参加者がトラフィックを交換できる状況を目指している。このグループは、非営利のモデルを採用し、すでにヨーロッパで広く利用され、マーケットにおける複数のデータセンター間でのエクスチェンジ・オペレーションを拡大しているところである。

February 15
Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?
Google が約束している、Android プラットフォームについて、きわめて異なる方向へと転換し始めていると、BI Intelligence は見ている。Android は世界で最大のスマートフォン・プラットフォームであるが、それを支えてきた最大の要因は、出発点である 2007年当時に、Android Open Source Project(AOSP)を選択したところにある。そのときの Google は、モバイル市場のシェアがゼロであった。したがって、サードパーティであるベンダーや開発者が、自身のモバイル・デバイス上で走らすための、フォークが可能なオープンソース・プラットフォームを提供したのだ。

April 2
モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリが 86% を占有
モバイル分析のスペシャリストである Flurry が、この火曜日(4/1)に示したチャートは、すべての人々にとって幻覚のように捉えられるだろう。それが、何を示しているのかと言えば、iOS と Android のユーザーたちがモバイル・デバイスを使うとき、その時間の 86% を、各種のアプリに費やしているという状況である。逆に言えば、モバイル・ブラウザの比率は、いまや 14% に過ぎないのである。

April 22
これが DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増設!
Beyonce が音楽業界に嵐を巻き起こした、昨年の 12月のことを覚えているだろうか? つまり、Amazon や Target といったリテーラーを一週間も待たせながら、自分の Web サイトと iTunes で、新しいアルバムをリリースしてしまった、あの騒動のことだ。そして、この騒ぎには、3人の男が関与しているのだが、そんなことは誰も知らない。彼らの会社は DigitalOcean であり、Beyonce の Web サイトをホストする、クラウド・サービスを運営しているのだ。

May 20
コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と NTT を比較する
Synergy Research Group のレポートによると、Equinix (Nasdaq: EQIX) はコロケーション市場のフロント・ランナーであり続け、North America と EMEA では手に負えない存在であるが、2013年 Q4 における APAC では NTT がトップに座っている。APAC の地域には、数多くの通信事業者と、国内に特化したオペレータが存在しているが、EMEA の市場では複数の国々にまたがる企業がリーダーであり、また、US には国内市場だけにフォーカスする、コロケーション・スペシャリストがたくさんいる。

June 10
IBM が Power チップをオープン化:Google の戦略は何処に?
IBM のチップ・ビジネスは助けを必要としている。したがって、同社は、このテクノロジーをオープン化した。 それにより、さまざまなニーズに合わせて、Power ベースのテクノロジーをモディファイし、また、製造していけるように、興味を持つ企業を引き込もうとしている。この、オープンでリベラルなライセンス・イニシアチブは、昨年の 12月に設立された OpenPower Foundation に支援/運用されていく。

June 20
Facebook と OCP から、Wedge という名のスイッチが発表された!
ソーシャル・ネットワーク・サイトである Facebook が言うには、初めてのモジュール式ネットワーク・スイッチである Wedge の構築が終わり、いまはテストの段階にあるようだ。 そして、この Wedge であるが、OCP サーバーと同様の、パワーとフレキシビリティを提供するという。Wedge に関する作業は、 Open Compute Project 一環として、Facebook により完了しているが、いくつかのオープン・スイッチのデザインをコントリビュートした、Broadcom/Intel/Mellanox/Accton といったベンダーとの協業の結果でもある。

July 8
Instagram のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から Facebook DC へ!
先週のことだが、Instagram は史上最大規模のデータ·マイグレーションへの取り組みの中で、Amazon Web Services (AWS)に保存された何百億枚というイメージを取り出し、Facebook が提供する独自のサーバー群に投げ込んだと発表した。 この出来事に関するニュースは、Facebook の Infrastructure Engineer と Open Compute Foundation の Program Developer を兼任する Charlie Manese とのインタビューから得られたものである。

August 5
iPhone の 価格は正しいの? 途上国で Android に負け続けて良いの?
Kanter によると、Brazil では約 90% の人々が Android Phone を使い、また、それらの人々の大半が  Apple iPhone を所有していない。 この、驚くべき統計値は、Argentina/Brazil/Mexico のスマートフォン市場で、Android が 75% 以上をシェアを得ているのと、同じレベルで衝撃的なニュースとなっている。つまり、この 9月に Apple が、新しい iPhone 6 を立ち上げるときに、逆風に直面するだろうという考えが、あなたの脳裏をよぎるだろう。

August 15
Google Maps は行動を記録している:Location History をチェック!
あなたが Gmail アカウントを持っている場合や、何らかの Google アプリを使用したとき、Google には、あなたのロケーション・データを貯めこむチャンスが生じている。 ただし、幸いなことに、あなたの行動を、どのように Google が把握しているのかを、しっかりと確認するための、簡単な方法も提供されている。 つまり、過去にさかのぼって、あなた自身の移動履歴をマップの中で参照できるようになっているのだ。

August 19
Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 膨大な DC 資産へ
それは、たった 15年前のことである。Sergey Brin と Larry Page の手により、Google が 100台少々のサーバー上で動き始めたのだ。絶縁体として用いられるコルク・ボードパッドまで含めて、安価なパーツで構成されるサーバーが、ラックの中に積み上げられていった。そうすることで、検索エンジンのインフラ・コストを、彼らは削っていった。この、日曜大工的な精神は、そのまま同社に生き続けているが、いまでは比べものにならないスケールで適用されている。

September 16
Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
Google  が初めてアナウンスした、Android One を走らせる 3種類のスマホは、途上国マーケットに安価な Android スマホをもたらすという、同社の取り組みを構成するものである。それらのデバイスは、Micromax/Spice/Karbonn というマニュファクチャで製造される、4.5-inch ディスプレイを持つものであり、最初は India のマーケットで販売される。

September 30
香港での抗議を支える Off-The-Grid チャット: それが FireChat だ!
昨夜(9/28)の Hong Kong は、平和的なデモ行動が、警察の攻撃対象になるという、歴史的瞬間を迎えてしまったようだ。Occupy Central というスローガンの下、数万という人々が Hong Kong の金融街に集結したが(主催者によると 60,000人:メディアの報道は 30,000人)、それは Hong Kong の行政長官選挙制度をめぐり、先月に China 政府が下した決定に反発する行動である。さらに言えば、この夏から生じている、抗議行動の一環として始まったものでもある。

October 1
ヨーロッパを 仮想 DC でカバー: 謎の Interoute クラウドが香港に進出!
Interoute は Hong Kong に Virtual Data Center(VDC)をオープンすることで、そのクラウド·コンピューティング·ソリューションを Far East に持ち込もうとしている。それにより、Interoute の顧客たちは、アプリケーションとデータへの高速でのアクセスを達成するために、Amsterdam/Berlin/London/Paris/Milan/Hong Kong などで構成される 7つの VDC ゾーンを選択できるようになる。

October 11
Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果のチャートで!
今週のはじめに Stone Temple Consulting が、3つの主要仮想アシスタント·プラットフォームである、Google Now/Apple Siri/Microsoft Cortana に対して、3000種類以上の問い合わせを投げかけるというテストを行い、その結果をまとめ上げた。 この包括的な調査は、個々のアシスタントが用いるデータ・ソース量と、回答結果における精度の比較、そして、すべての間違いのトラッキングに注目するものである。

November 12
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変
クッキーのトラッキングという手法だが、その寿命が尽きようとしている。モバイル・デバイスの急速な台頭により、Big-3 である Facebook/Google/Apple は、マルチ・デバイスを前提としてユーザーを追跡する、より新しく強力な手法を、広告主のために作りだそうとしている。クッキーに差し迫った死であるが、その発端は、2007年 の iPhone の発売まで遡ることになる。

December 11
Facebook アプリ:Push+Delta+Thrift で モバイル帯域を 40% 削減!
私たちは、モバイルが別の世界のものであることを学んできた。If You’re Programming A Cell Phone Like A Server You’re Doing It Wrong では、モバイル・プラットフォームのためのプログラミングが、独特のものであることを知った。そして、How Facebook Makes Mobile Work At Scale For All Phones, On All Screens, On All Networks では、モバイル・ネットワークの帯域幅が、きわめて貴重なリソースであることを学習した。

December 17
赤道上に浮かべる 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指す?
PARIS — Britain Tax Friendry の Channel 諸島を拠点とし、Google および、衛星ブロードバンド·トランキング·プロバイダー O3b Neuworks の Founder に支援される企業が、低軌道衛星群を構築するための無線スペクトルの権利を確保し、利用者となる企業に対してグローバル・ブロードバンドを提供していくことになると、業界関係者たちが語っている。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

このポストに貼ってある、「ネコの手 2014」を右ペインにバナーとして貼っておきます。 そのため、年が明けても、2014年を振り返るときに、このポストをすぐに参照できます。 ぜひ、ご利用ください。

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

ーーーーー

それでは、良いお年をお迎えくださ〜い 🙂 2014年 大晦日

Comments Off on 2014 Agile Cat:Top-20 ポストと 総マトメ

Agile_Cat:2014年 12月の マトメ : Facebook に学ぶ モバイル・アプリのデザインとは?

Posted in Research by Agile Cat on December 30, 2014

誰もが、4G ネットワークで、iPhone 6 を使えるわけではない・・・
http://wp.me/pwo1E-88g

image2_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb

12月のマトメですが、いつもの通り、導線を分析するためのリフェラル数から見ていきます。 異例だった 11月から、普通の月の 12月へと舞い戻ってきました 🙂 今月は、年間のマトメ・ポストが沢山あるので、ただでさえ減っている新しいポストが、さらに少なくなってしまいました。 とは言え、後になって 2014年を振り返るとき、マトメ・ポストは大切な道標になるので欠かすことは出来ません。 大晦日の総マトメを(マトメのマトメ)ポストした後に、右ペインにバナーを貼りますので、ぜひ、ご利用ください。

_--space15

_--space15_--space14

今月、是非とも知って頂きたかったのが、「2: Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国も OK 」と「16: Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% 削減!」で明らかになった、Facebook モバイルの考え方なのです。Internet.org の活動でも明らかなように、Facbeook は途上国マーケットの開拓に邁進しています。 しかし、そこは、貧しい人々が廉価なスマホで、しかも劣悪なネットワーク接続で、インターネットを使おうとしている国々なのです。そのような環境に適合させるために、Facebook が取り組んできた経験を、このようなかたちでオープンにするということは、デベロッパー・エコシステムに対して、途上国のマーケットに注目しようという、ある種のメッセージを投げかけているのだと思えるのです。

_--space13

1: 新聞を読まない若者たちと、スマホに触らない老人たち
2:
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国も OK
3:
どのようにして、ハッカーは Sony Pictures に侵入したのか?
4:
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変
5: iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
6:
2014 Agile Cat:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ
7:
急降下する Samsung のシェア:最新のスマホ勢力図をチャートで!
8: Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換をチャートで!
9: 2014年の Android と iOS:出荷数と売上額のチャートで!
10:
Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が?
11: iPhone 6 の浸透により、iPad へのニーズが殺されていく
12:
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40%:米国
13:
エンタープライズから、コンシューマへと流れるモバイル開発者たち
14: ダーク・ソーシャルが支配するオンライン共有の世界:チャート
15:
クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す!
16: Facebook アプリ:Push+Delta+Thrift で モバイル帯域を 40% 削減!
17: 日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/11月
18:
2014 :iOS/Android/iPad/Chromebook ごった煮 Post-PC マトメ
19: 2014 :データセンター と インフラ の マトメ
20:
データセンター・トラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る

___space3_thumb3_thumb_thumb_thumb_t[1]

ーーーーー

image右のチャートは(クリックで拡大)、Facebook 2014 Q2 の収支報告からのものであり、13億人とも言われる MAU(Monthly Active Uses)のうち、8億人以上がアジアおよび、北米・欧州を除いた国々にいることを示しています。 そして、周知のとおり、それらの国々は Android で埋め尽くされています。 こうした現実を背景にして、「5: iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?」というかたちで、Facebook からのメッセージがリークされたわけです。 それが、直接の引き金になったのかは分かりませんが、Tim Cook が「MAU など意味が無い」と言ったらしく、さらには Mark Zuckerberg が「努力次第で iPhone は安くなる」と応酬したらしく、なにやら、この二者間で舌戦が始まっているような感じです。 とても面白い展開なので、年明けの Agile Cat は、ココから始めようかと思っているところです。 image7_thumb_thumb_thumb_thumb_thumb[2]

ーーーーー

<関連>

Agile_Cat:2014年 11月の マトメ : マルチ・デバイスとクッキーの関係
Agile_Cat:2014年 10月の マトメ : バトル・フィールドが見えてきた
Agile_Cat:2014年 9月の マトメ : VMware を巡るウワサが注目を集める
Agile_Cat:2014年 8月の マトメ : Google Maps の人気を再確認
Agile_Cat:2014年 7月の マトメ : 常識は移ろい変わるもの
Agile_Cat:2014年 6月の マトメ : クラウドは何処へ向かうのか?

Comments Off on Agile_Cat:2014年 12月の マトメ : Facebook に学ぶ モバイル・アプリのデザインとは?

2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ

Posted in .Chronicle, On Monday by Agile Cat on December 29, 2014

クラウド全体を俯瞰する視点から・・・
http://wp.me/pwo1E-889

今年から、月曜日の朝にポストし始めたシリーズであり、On Monday という名前を付けていますが、その大元は、Formtek の Dick Weisinger さんのブログです。 彼が毎日のようにポストするコンテントから、今週の1本を選んで訳しています。 この Weisinger さんのコンテントの特徴は、有益な情報をシンプルかつタイムリーに提供してくれるところです。さらに言えば、あまり各論には踏み込まず、最も重要なポイントを大づかみにしていくところが、気に入っています。

そして、近視眼的になりがちな Agile Cat を、クラウド全体を俯瞰する位置へと、週の始まりに引き上げてくれるという、とても有り難い存在になってきています。 なにぶん、内容がシブめなので、どれくらいの人が読んでくれるのかと、当初は不安だったのですが、回を追うごとに PV も増えてきて、とても嬉しい気分で年末を迎えることができました。

それにしても、この Weisinger さんは、どのようにして情報を集めているのでしょうかね? 視野の広さと、すばらしい選別眼がなければ、こんなに沢山の、しかも 有益性の高い情報を、集められるものではありません。 そんなわけで、Agile Cat 的には、High Scalability の Todd Hoff さんと並んで、二大スター・ブロガーとして尊敬する存在になってきているのです。世界は広い!

ーーーーー

12/12: 2014 展望:Amazon CTO が語る 4つのトレンド
12/30:
Open Data の調査:年間で 500兆円の 経済効果が 見いだせる?
12/31:
Gartner の 2014 クラウド・トレンド Top-10

ーーーーー

01/13: IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすテクノロジーだが課題が山積
01/20: Enterprise の調査:ここでもソーシャル・ネットワークが 急成長している
01/22: Cloud の調査:Top-100 プロバイダーの 25% が買収される
01/31:
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
02/17: Hadoop と Big Data の調査:問題点は信頼性/使い易さ/解決策の欠落
02/26: Mobile Security の調査:エンタープライズと Androidと フリー・アプリ
03/04: Web Programming の調査:Google Dart が Javascript を置換える?
03/10: Hybrid File Sharing の調査:パブリックとオンプレの自由なブレンド!
03/17: IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索
03/18: Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由

ーーーーー

04/03: Green DC の調査:ビジネスでの優位性と、環境への影響
04/04:
Storage の調査:Long-Term Low-Costのコールド・ストレージは 5PB?
04/15: IoT の調査:データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす
04/18: Collaboration の調査:エンタープライズに不可欠な外部との協調とは?
05/02: Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが 3兆ドル分!
05/06:
Open Source の調査:ユーザー主導の確立が、人々と組織を惹きつける
05/16: Cloud Computing の調査:オンプレミスの補完から置き換えへ
05/23:
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
05/27: Data Center の調査: 未来の DC は、小型で手元に置かれるものになる
06/06: Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ
06/10:
IoT の調査: 見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
06/19:
Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?
06/24:
Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?

ーーーーー

07/01: Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化と大きな実績!
07/11: SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供!
07/16: Cloud の調査:マイグレ期間から、クラウド・ネイティブ・アプリ時代へ
07/25: Big Data の調査:Google DataFlow は、MapReduce の正当な継承者?
07/29: Hybrid の調査: 企業データの分析と、20-60-20 の 仕分けシナリオ
07/30: Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題を根絶
08/08: Cloud の調査:クラウドだからといって、プロジェクトの失敗は減らない
08/19: Public Cloud の調査: このマーケットは、年率 23% で伸び続ける
08/27:
Government の調査: 米政府がクラウドを活用すれば、約2兆円の節約
09/04: Security の調査: 優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供
09/08: Technology の調査:IBM による 7 NANO チップへの取り組み
09/09:
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へと向かう
09/24:
Open Source の調査:OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
09/25: SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく

ーーーーー

10/08: IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT に応用できるはずだ!
10/13:
Gartner の調査:私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
10/23:
Security の調査:Google と Dropbox の Simply Secure とは?
10/24:
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
11/06:
Social の調査:Twitter と MIT が、膨大なソーシャル・ストリームを分析
11/11: CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux を再編する
11/18: Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げる
11/28:
Mobile App の調査:エンタープライズからコンシューマへ流れる開発者
12/03: Cloud の調査:10 の神話に真実はあるのか? どこに虚構が?
12/09:
Cloud の調査:DC トラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る
12/16: Cloud の調査:クラウドへの投資は、2018年までにオンプレを追い越す

ーーーーー

それと、月曜の朝を爽やかな気分で迎えられるようにと思い、Agile Cat のお気に入り画家の、しかも雲が描かれた作品を差し込んでいるのですが、気に入ってもらえているでしょうか? ポストの内容を自分なりに考え、季節にも気遣いながら、1枚の絵を選んでいるのですが、それが、月曜の朝の、ちょっとした楽しみになってきました。 来年も、今年と同様、絵付きでお届けしていきま〜す!

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Comments Off on 2014 Agile Cat:月曜版 On Monday のマトメ

2014 Agile Cat:王者の風格 Google のマトメ

Posted in .Chronicle, Google by Agile Cat on December 28, 2014

ずっと維持して欲しい、途上国のサポートと 知的財産権の解放・・・
http://wp.me/pwo1E-881

2014年は、Google にとって素晴らしい年だったようです。 とにかく、モバイルからデータセンターまでをカバーするテクノロジーに加えて、衛星や気球を用いた新しいネットワークの仕組みや、これまでの Maps で培ってきたノウハウを最大限に活かしたクルマの自動操縦など、あらゆる分野をリードしてきた実績は大きく評価されるべきです。

そして、それらが、先進国マーケットに閉じられることなく、途上国に目線が向かっているところを、Agile Cat 的には応援したいです。 その結果として、この年末で Android の累計アクティベーション数は 約16億に、MAU(Monthly Active Users)は 約12億に達するとのことです。 そして、このボリュームを前提に、あらゆるインフラへの投資が算出されているはずなのです。

しかし、このように Google が巨大化してくると、たとえば、EU が示唆している業態の分割や、明確に要求している「人々の忘れる権利の保護」といった、政治がらみのプレッシャーが増えてくると予測されるので、それらへの対応もたいへんな負担になっていくでしょう。とは言え、テクノロジーの進化を阻害する、現行の特許制度に立ち向かっていく姿は拍手ものであり、こうしたところを、アメリカ以外の国々にも理解してもらう必要があるはずです。

ーーーーー

01/06: Boston 市政:76,000人分の メールを、Microsoft から Google へ移行
01/09: Chromebooks:大半の Microsoft パートナーが参加する事態に!
01/15:
Chrome Mobile の データ圧縮は ステキだけど、それで良いの?
01/16:
Big Data と 音楽:Google Play の Music Timeline が スゴイ!
01/30:
Google による Motorola の売却:狂気の特許に対する、正気の回答!
02/04: Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意:急成長する IoT への備え?
02/07: Android と OSS:Google の良心と公平性は、どこにあるのか?
02/10:
いまも Microsoft は、シッカリと Android で稼ぎ続けている
02/13:
Nokia X という Android フォンのウワサ:ベトナムでは価格まで公表
02/14: iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた
02/14:
Nokia の Android フォン:生産ラインが止まらない
02/26:
Yandex と Google が ディスプレイ広告で提携:同盟が誕生するのか?
03/04: Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇
03/04:
Web Programming の調査:Google Dart が Javascript を置換える?
03/05: Gmail for iPhone が、かなり高速化されたようだ : DL してみよう!
03/13: Google Drive が値下:1TB で $9.99/月は Dropbox の 1/10 だ!
03/18: Android Wear を Google が正式にアナウンス:Youtube で詳細を!
03/20: Google が NSA に対抗措置:ガチガチの HTTPS 化を Gmail に施す!
03/20: Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
03/27:
2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner
03/31:
Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴は?

ーーーーー

04/01: モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリが 86% を占有
04/03:
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube
04/16:
Google の 2014-Q1 収支を分析する:GigaOm
04/16:
Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた!
04/17:
Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
04/23:
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は?
04/28: Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図
04/30:
タブレット市場の成長は、ここで止まってしまうのか
05/13:
EU の 司法が Google に課した、人々の忘れる権利を護れという命題
05/14: Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
05/14:
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性
05/13:
Gmail for Android のダウンロード数が、ついに 10億に達した!
05/21:
Google Fiber:ピアリングに課金しない Win Win Win モデル
05/28:
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率
05/30:
赤道上に 180基の衛星:Google は成層圏バックボーンを目指す?
05/31:
Google への 忘れてほしいリクエスト:初日だけで 12000 件が集まる
06/02: Samsung が Tizen スマホを WWDC に合わせて発表!
06/02:
WWDC における Tim Cook の Android 批判:誰にとってイタイ話?
06/03: メール・エクスチェンジの約 50% が、依然として非暗号化
06/06:
Android KitKat のシェア: 北米では 37% まで伸びているらしい
06/12:
Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? 宇宙船を Youtube で!
06/18: 米教育関係者:Chromebook により全生徒にコンピューティングが!
06/21: Nexus 9 は登場するのか? HTC の Volantis が有力候補として浮上!
06/23: Google: 始まりは 112台の自作サーバー、そして 5000億円の DC資産へ
06/26: Google I/O 2014 ニュース・リンク 90本!
06/26:
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
06/30: Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップ

ーーーーー

07/01: Android L の狙いは バッテリー・ライフ : KitKat に対して 36% 増
07/08: アメリカの iOS は Android を寄せ付けない:Web トラフィック
07/09:
やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ!
07/15:
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
07/17:
Google の 2014 Q2 :モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK!
07/25: Big Data の調査:Google DataFlow は、MapReduce の正当な継承者?
08/05: Android が iOS を、ついに Web トラフィックで逆転
08/07:
Gmail の Unsubscribing 機能を活用し、不要なメールの配信を停止
08/12:
Acer Chromebook 13 と Tegra K1 のデュオ:安さ/軽さ/速さ
08/12:
Google Maps は 行動を記録している:Location History をチェック!
08/21: Florida のヘルスケア企業:従業員たちが Chromebooks を好んで使う?
08/27: Android L の L は、Lemon Meringue Pie の LMP の L なのだ!
09/05:
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てに?
09/12:
最新の Evernote for Android が、最高にイケている!
09/12:
Chrome for Mac 64-bit がリリース:11月の Ver 39 が待ち遠しい!
09/15: Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
09/16:
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさ
09/17:
192 Cores – K1 を搭載する、Nvidia SHIELD タブレットが登場!
09/23:
Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven DC とは?

ーーーーー

10/06: Samsung の Q3 収益が 60% に減少:スマホ・ビジネスの利益率が低下
10/06: クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変
10/06: 伝説の Google Free Food:美味しそうな 22品を 写真付きメニューで!
10/07: 2015年デバイス市場:中国の $1.8Bに対して、インドは $4.8Bの成長!
10/10: Siri と Cortana と Google Now の学力テスト
10/14:
Lollipop さんに負けてしまった、Android L な人たちのオーディション
10/16: Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは?
10/16:
モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
10/21:
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 で 67% も伸びている!
10/22: Google データセンターの世界:とても豪華な写真集
10/23:
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure
10/26:
広告:Yahoo と AOL を統合しても、Google と Facebook は止まらない
10/27: Android の MAU が 11.5 億に近づいている:マネタイズの視点で分析
10/29: Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく
11/05: iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
11/12:
iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!
11/13: Facebook と Google にでソーシャル・ログインの 80% を占有!
11/18:
Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!

ーーーーー

こうして、今年の Google の足取りを追いかけてみると、この企業の魅力は「途上国のサポート」と「知的財産権の解放」に集約されるのだと思えてきます。 それは、Facebook にも言えることであり、この地球上で棚晒しになっている問題を、すばやく解消していくためのビジネス・モデルの提案でもあるのです。 インターネットという文明のトップ・ランナーには、ぜひとも取り組んで欲しいテーマであり、また、より多くの企業に理解して欲しいスタンスなのです。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Comments Off on 2014 Agile Cat:王者の風格 Google のマトメ

2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ

Posted in .Chronicle, Facebook, Open Compute by Agile Cat on December 27, 2014

意外と少なかった FB 関連のポスト数、、、でも、、、
http://wp.me/pwo1E-87I

OCP Japan をお手伝いしているという立場もあり、今年は無意識のうちに Facebook との距離感を考えていたのでしょう。 そのため、ポストするコンテントも絞り込んでいたのだと思いますが、こうして 2014年の Facebook を振り返ってみると、若さでゴリゴリ押していく企業から、大人の思慮がにじみ出てくる企業へと、そのポジションを引き上げてきた様子が浮かび上がってきます。おそらく、Open Compute Project や Internet.org といった、ノン・プロフィットの活動を生み出し、それを限りなくパブリックなものに変容させていくという Facebook のスタンスに、ある種の落ち着きが感じられるからなのでしょう。

とは言え、一介の企業が、こうした活動を推進していくためには、それを支える経済力が必要であり、また、その経営陣にはマネタイズとボランティアという、相反する局面を平行して推進していくだけの度量が求められます。 その意味でも、モバイル・アドを真っ先に成功させ、そこから生まれる余裕により、いくつかの社会貢献を成功させてきた手腕を評価したいです。

もっと現実的に見ていけば、それもビジネスなのですが、インフラに関する整備と情報共有を推進し、企業としての効率を高めた上で、そこから生まれる余剰を、途上国マーケットへ投資していくという、壮大なビジョンを実施してきたのは、この Facebook と Google だけだったと思います。 そして、一人のアジア人として、有難うと言いたいことなのです。

ーーーーー

01/28: Facebook は OCP のおかげで、この3年で 1200億円も節約できた!
02/04: Facebook が Open Graph の デベロッパー・コレクションを停止した
02/19: WhatsApp:① 買収額の $19 Billion を、歴史の中に位置づけてみる
02/19:
WhatsApp:② 10億人という ユーザー数に、FB よりも早く到達する? 
02/21: WhatsApp:③ Facebook を上回る、ユーザーを惹きつけるパワー
02/20: WhatsApp:④ Skype や Line と、どのように世界を住み分ける?
02/21: WhatsApp:⑤ 今年の試算だと、テレコムたちは $33 B も奪い取られる
02/20:
WhatsApp:⑥ キャリアの SMS ビジネスを、メッセージ・アプリが破壊

ーーーーー

04/01: モバイル・ブラウザは終わったのか? アプリによる 86% の占有
04/04:
Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かう?
04/09: インドの FB ユーザー数が1億人:しかも 84% がモバイル接続だ!
04/22: 快速 WhatsApp は、すでに5億ユーザーに到達している!
04/28:
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図
04/30:
Facebook モバイル艦隊の快進撃が始まる
05/15:
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
05/20: Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
05/23:
B2C は Facebook で B2B は LinkedIn:大きく異なるソーシャル・シェア
06/19: Facebook と OCP から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表!
06/20: 木曜日の夕方に生じた Facebook のダウンは、中国からの DDoS 攻撃?
06/30: Instagram:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!

ーーーーー

07/15: Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界
07/17:
Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay の脅威に?
07/23:
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
07/24: FB + WhatsApp + Instagram のユーザー数は、世界の総人口の 1/3
07/28:
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
09/03: Facebook が買収し続けている特許の内容が、とても興味深い
09/05:
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
09/22:
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国も OK!
09/26: ソーシャルと滞在時間:Engagement Index 指標で FB がダントツ!
09/26: 広告:Yahoo と AOL を統合しても、Google と Facebook は止まらない
09/29: Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく

ーーーーー

10/06: クッキーは死んだ: そして Facebook/Google/Apple の広告が激変
10/16: モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
10/20:
FB アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
10/28: Facebook の 2014 Q3 決算を分析する:モバイル広告の伸びがスゴイ!
10/28: Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% はモバイルから
10/30: Facebook の Graph API がアップデート、そして AD API も強化!
11/05:
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
11/13:
Facebook と Google によりソーシャル・ログインの 80% を占有

ーーーーー

テック・ジャイアントには、未来を語って欲しいし、夢を見せて欲しいし、ロマンに浸らせて欲しい。 その意味で、2014年は Facebook と Google の、二強の年だったと、個人的に捉えています。そして、2015年は、それが四強に戻り、さらには五強・六強へと、育っていって欲しい年なのです。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Comments Off on 2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ

2014 Agile Cat:新しい動向の マトメ

Posted in .Chronicle, Bare-Metal, Digital Ocean, Equinix, IoT by Agile Cat on December 27, 2014

IT の 一部であるクラウドが、IT の全体像を描き換えていく・・・
http://wp.me/pwo1E-87C

今年の新しい流れをピックアップし、4つの項目に分類してみました。 ただし、新しいというのは、Agile Cat の目線からの表現であり、もっと以前から知っているという方もいるはずだと思います。 というわけで、その辺りは、ちょっとユルく捉えて頂ければ幸いです。

最初の項目は、「Equinix/Digital Ocean/Interoute」であり、クラウドと言う括りの中で、それほど注目を集めていないプロバイダーの動向をまとめています。 たとえば、Equinix に関しては、ハイブリッド・クラウドのためのネットワーク・ハブ機能を提供するプロバイダーであり、その領域では一人勝ちしている存在だと言えるでしょう。 Digital Ocean は、いわゆる SSD クラウドの草分け的な存在であり、スタートアップでありながら、素晴らしい実績を残しています。 Interoute はヨーロッパ・ベースの、仮想 DC クラウドを提供するプロバイダーであり、今年はアジアと北米への進出を果たしています。

2番めの項目は、新しいクラウド・テクノロジーのキーワードである、「Bare-Metal/CoreOS/Docker」をまとめています。 この中で、個人的に印象深かったのは、Instagram の AWS から Facebook へのマイグレーションの話です。とても大規模なプロセスを経て、ベアメタルの環境へと移行したのですが、それに見合うだけのパフォーマンスの向上が得られたようです。また、CoreOS と Docker の組み合わせは、クラウド・ネイティブな運用のスタイルから生じたものであり、これから先の展開が、とても楽しみです。

3番目と、4番目は、「Net Neutrality」と「IoT」であり、どちらも、その名の通りのマトメとなっています。Net Neutrality の方は、集めたパブリック・コメントが消えてしまったり、FCC が Netflix を Fast Lane だと批判したりとかで、なにやらボロボロの状況になっているようです。IoT については、各社が一斉にコンセプトを打ち出している状況であり、2015年には、それらの整理が行われるのかと、期待しているところです。

ーーーーー

Equinix/Digital Ocean/Interoute

01/29: AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
03/05: Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
03:28:
コロケの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較する
04/07: ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に!
04/18: ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増す!
04/30: Equinix Cloud Exchange による、洗練されたハイブリッド・クラウド
05/21: DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支える Equinix
06/17:
Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表
06/18:
Interoute の 仮想 DC ゾーンは London - NY を 68ms で接続する!
09/05: DigitalOcean+CoreOS+Docker のトリオが 大変革を引き起こす!
12/25: DigitalOcean の London がオープン:Equinix がファシリティを提供

ーーーーー

Bare-Metal/CoreOS/Docker

06/30: Instagram のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から Facebook へ!
07/01: IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
07/01: Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する
07/01: Docker によるアプリのパッケージ化は、大きな実績を残し始めている!
07/02: Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、香港 DC にも展開!
10/14: SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ
11/11: CoreOS:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編
11/18: Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動を容易に

ーーーーー

Net Neutrality

02/23: Netflix と Comcast のダイレクト・ピアリング契約:その背景を探る
02/25: Verizon も AT&T も、Netflix とダイレクト接続を交渉していた!
03/31: ネットの中立性: Verizon と AT&T の遅延をチャートで検証してみた
04/14: Netflix と Comcast の ピアリング:どれだけ速くなったのか?
04/24: FCC の言うネットの中立性に対して、Wall Street Journal が 噛み付いた
04/28: ネットの中立性: Netflix は Verizon とも個別交渉せざるを得ないのか?
05/07: ネットの中立性を護れと、Amazon/Google などが FCC に圧力!
05/08: アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
05/21: Google Fiber:ピアリングに課金しない Win Win Win モデル

ーーーーー

IoT

01/13: IoT の調査:ビジネスに革命をもたらすが、まだまだ課題が山積みだ
02/04: Google と Cisco が 特許・非訴訟 の合意に至った:IoT への備えなのか?
03/17: IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
04/15: IoT の調査:データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす
05/23: IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
06/06: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
06/10: IoT の調査: 見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
07/11: IoT が 海に潜っていく: そのための、水中 WiFi テクノロジーとは?
10/08: BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
10/13: これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

ーーーーー

こうして眺めてみると、クラウドの多様性と、クラウド・ネイティブ・テクノロジー、クラウド時代のルール、クラウドの拡張、、、という切り口になっているようにも思えてきます。 2015年になり、それぞれが、どのように展開していくのか、そして、さらに新しいコンセプトなどが登場するのか、その辺りがとても楽しみですね。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Comments Off on 2014 Agile Cat:新しい動向の マトメ

2014 Agile Cat:とっても元気な アジア の マトメ

Posted in .Chronicle, Asia by Agile Cat on December 26, 2014

西欧諸国が望む、中国とインドの マッチレースは成り立つのか・・・
http://wp.me/pwo1E-87s

今年は、Cloud News Asia という、アジアのマトメ・サイト(英語)を立ち上げたこともあり、このチョー元気なエリアは、Agile Cat にとって、さらに身近な存在になってきました。 その結果として、東はニュージーランドから、西はインドまで、それぞれのローカル・サイトからニュースを拾うことになり、そこからの対訳を Agile Cat にポストするケースもあったと思います。

構図として、いちばん大きな流れは、国策である TD−LTE をアジア諸国へも売り込もうとする中国の存在と、それを脅威とみなす西欧のスタンスです。そして、その対峙から生まれているのが、過剰ともいえるインドへの傾斜と投資なのですが、狙いが中国からの影響の緩和にあるのなら、話の辻褄は合ってくるように思えます。

とりわけ、この 9月の Modi 詣では象徴的な出来事であり、Google/Amazon/Microsoft の首脳たちが続々とインドを訪れ、また、今後の投資を約束していきました。 そして、10月には Mark Zuckerberg も訪印し、Internet.org を介した支援を約束してきたはずです。 ここには、Qualcomm/Ericcson/Nokia/Samsung なども名前を連ねているだけに、その影響力も絶大なはずです。

おそらく、2015年も、この中印の対峙の中で、アジアのマーケットは急成長を継続していき、それがグローバル IT を動かす最大の牽引力になるはずです。 ほんと、アジアは最高に面白いです!

ーーーーー

02/13: Microsoft の巨大データセンターが韓国に構築されるらしい
02/20:
中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?
03/27: Line のユーザー数が 4億人に近づいてきた
03/28:
コロケの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジアの NTT を比較
03/31: 中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい
04/01:
Gartner が インドの Tata Communications を高く評価
04/07:
欧州を 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に進出!
04/08: Apple iWatch の ウワサ:台湾の Quanta が 独占契約を獲得
04/09:
中国には 約2億台の Windows XP マシンが取り残されている
04/09:
インドの Facebook ユーザー数が1億人に達した:84% がモバイルだ!
04/16: Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた!
04/18: インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される
04/23:
台湾の Wistron と Inventec が、ARM サーバーの生産に着手!
04/25: NTT Com の、マレーシア 第4データセンターがオープンした

ーーーーー

05/08: LINE の収益が倍増している:どこに成長の秘密があるのか?
05/13: SingTel と TelecityGroup は、非インターネットで Azure 接続を実現
05/15: Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
05/21: DigitalOcean が シンガポールに上陸! 支えるのは Equinix だ!
05/22:
世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT
05/27:
Foxconn が Asia Pacific Telecom を合併:キャリアへの転身?
05/27: Twitter も Asia を目指すことになる : マネタイズは大丈夫なのか?
06/02: Samsung が Tizen スマホを WWDC に合わせて発表!
06/02:
SoftLayer の Hong Kong DC がオープン: IBM の $1.2B が流れ込む?
06/02:Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、香港 DC に展開!
06/05:これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する
06/09:
やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ!
06/14:
富士通がクラウド・シフトのための、膨大な予算を計上!
06/18:
SSD のビジネスは、2014年に 60% も拡大する : 台湾レポート
06/21: Nexus 9 は登場するのか? HTC が有力候補として浮上してきた!
06/22: 中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転
06/23: Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
06/28: iPhone の 価格は正しいのか? 途上国で Android に負け続けて良いのか?

ーーーーー

08/04: スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
08/05:
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
08/12: China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
08/12:
Acer Chromebook と Tegra K1 のデュオの  安さ/軽さ/速さ!
08/15: Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは本土の DC へ
08/22: China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?
08/27:
KDDI が 東京と大阪に構築する Telehouse DC は、超弩級の電力密度を誇る
08/29:
Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの新スマホ勢力
08/30: Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
09/09: Line in Thailand : ツーリスト・ポリスのスタンプが可愛い!
09/11: iPhone 6 が 中国で異常事態:ウラ市場では $5,000 の値付けとか?
09/15: Google が、Android One を搭載する $100 スマホを発表した!
09/16: iPhone 6 と Apple は、北京政府に ひじ鉄を食らってしまったのか?
09/22: iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない
09/29:
香港での抗議を支える Off-The-Grid チャット: それが FireChat だ!
10/04: スマホ 歩き 専用 レーン って、中国はマヂですか?
10/06:
Samsung の Q3 収益が 60% に減少:スマホ・ビジネスの利益率が低下!
10/07: 2015年のデバイス市場:中国の $1.8Bに対して、インドは $4.8Bの成長だ!
10/28:
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
11/03:
Samsung と Apple がシェアを落とす、2014 Q3 の スマホ 攻防戦
11/24: 急降下する Samsung のシェア:最新のスマホ勢力図を1枚のチャートで!

ーーーーー

いま、ヒートアップしているのは、Xiaomi とインドの司法との対決のようです。 ただでさえ、インドでも大人気の Xiaomi ですが、海外ユーザーのプロファイルを、シンガポールとアメリカのデータセンターへ移行させるという、本気のグローバル戦略を打ち出しています。 それを脅威と判断したのか、インドの最高裁が Xiaomi の輸入を禁止してしまったのです。 この騒ぎには、OnePlus も巻き込まれそうであり、Micromax などの国産ブランドを育てたいインド政府と、イケイケ・チャイナ・スマホ勢との間で、クリスマスも関係なしに、ホットな戦いが繰り広げられています。 こんな動向も、Cloud News Asia を見れば、手に取るように分かりますよ、、、というコマーシャルでした 🙂 

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Comments Off on 2014 Agile Cat:とっても元気な アジア の マトメ

DigitalOcean の London がオープン:ここでも Equinix がファシリティを提供

Posted in Data Center Trends, Digital Ocean, Equinix by Agile Cat on December 25, 2014

DigitalOcean Expands into London With Equinix
http://wp.me/pwo1E-87n
Jason Verge – July 15, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/07/15/digitalocean-expands-london-equinix/

_ DC Knowledge

Cloud provider DigitalOcean has expanded to an Equinix data center in London. The company says this is just the beginning of a larger worldwide expansion. Fresh after a funding round, the company is gearing up to bring its easy-to-use cloud for developers everywhere.

クラウド·プロバイダーである DigitalOcean が、London の Equinix データセンター内で、その規模を拡大している。同社が言うには、より大規模なグローバル展開の、始まりに過ぎないとのことだ。資金調達ラウンドを終了した同社は、使いやすいクラウドを、あらゆるロケーションで開発者に提供するための準備を進めている。

DigitalOcean has been growing rapidly. In 2013, Netcraft noticed it was growing at an impressive clip despite it being a fairly late entrant into the cloud provider game.  The high adoption rates are often contributed the the user-friendly nature of its cloud.

DigitalOcean は、素晴らしい勢いで成長している。Netcraft が指摘するように、クラウド・プロバイダー市場には、かなり遅れて参戦したにもかかわらず、2013年には目覚ましい結果を残している。そして、その高い採用率により、クラウドにおけるユーザーフレンドリーな性質に、しばしば貢献している。

Inside one of the Equinix data centers in London. (Photo: Equinix) 

“Our mission is to simplify the complexity of cloud infrastructure for developers and user experience is number-one on the priority list,” said Mitch Wainer, co-founder and chief marketing officer at DigitalOcean. “AWS wants to offer anything and everything under the sun, but you can see they don’t prioritize user experience. We make it easy to use and easy understand how much you’ll spend a month.”

「私たちのミッションは、開発者のためにクラウド・インフラストラクチャの複雑さを軽減することであり、また、ユーザー・エクスペリエンスの優先順位を No.1  にすることである。 AWS は、この世における、あらゆるものと、すべてのものを、提供しようとしているが、ユーザー・エクスペリエンスが最優先されていないことが分かるだろう。 私たちは、それを使いやすいものにし、また、1ヶ月あたりのコストが、どれくらいになるのかを、簡単に理解できるようにしたいのだ」と、DigitalOcean の Co-Founder and CMO である Mitch Wainer は述べている。

This is the company’s third location in Europe. It has two data centers in the Amsterdam market with TeleCity Group.

同社は、TeleCity Groupe の Amsterdam データセンターに、すでに 2つのクラウドを有しており、この London は、Europe で 3番目となる。

Wainer said London was the next stop for DigitalOcean because it’s been a heavily requested region by customers. “The UK is going through a tech renaissance, and we want provide startups with the infrastructure to grow.”

DigitalOcean にとって、London が次のステップになったのは、このリージョンを要求する顧客からの声が大きかったからだと、Wainer は発言している。

Another reason for the location is the increasing need to host data within coutry borders. The London data center gives UK developers a native location to service their customers.

このロケーションを選んだ、もう1つの理由は、UK 内にデータを置きたいというニーズの高まりにある。 この London データセンターは、その顧客たちをサポートする国内の開発者に対して、ネイティブのロケーションを提供する。

The European Union’s Data Privacy Directive currently makes it difficult for data to be moved outside of the region. This is an issue that will keep coming up as the company grows its geographic reach.

European Union の Data Privacy Directive(規則)では、そのリージョンの外側にデータを移動することが、現在のところ難しいのである。したがって、この問題は、同社が地理的なリーチを広げるにつれて、浮上し続けるものとなる。

Wainer said DigitalOcean is also currently looking to expand into other countries, such as Canada, which has similar laws and regulations when it comes to data. “It’s going to be interesting to see what the adoption rate is in these new regions that prohibit storing data [on foreign territory].”

Wainer が言うには、DigitalOcean は現時点において、データの取り扱いについて同じような法律/規制を持つ、Canada などの国々にも事業を拡大していくようだ。「それらの新たなリージョンでの、つまり、国外でのデータ・ストアを禁止する国々での展開は、興味深い結果を見せてくれるだろう」と、彼は述べている。

The recent funding round gives the company enough cash to invest in expansion, Wainer said. “I’m happy to say, as of recent, we’ve secured a massive amount of credit to help us secure enough capacity for the future without limitations, driven by demand.”

先日の資金調達ラウンドにおいて、充分な投資を行うだけの現金を得ることができたと、Wainer は言っている。そして、「 最近の状況には満足している。私たちのビジネスは、需要によりドライブされていくものであるが、それを制約することがないだけの、将来へ向けた充分な規模の信用を確保できた」と、付け加えている。

The company recently announced the launch of a Singapore data center, its first location in Asia.

この 5月のアナウンスメントにより、同社は Asia における最初のロケーションとして、Singapore データセンターを立ち上げると表明している。

LON1 will be running the latest version of the company’s backend codebase, allowing for IPv6 support on all “Droplets” – the company’s branded term for cloud servers. The new codebase provides a number of benefits, including actions that can be initiated without needing to power off a Droplet (e.g. snapshots and enabling/disabling networking services), as well as a more reliable backup service architecture overall.

この LON1 では、同社のバックエンド・コードベースの最新バージョンが走ることになり、そのクラウド・サーバー・ブランドである Droplet の、すべてにおいて IPv6 がサポートされる。 さらに、この最新バージョンでは、Droplet を OFF にしなくても初期化が可能なアクションや(スナップショットの取得や、ネットワーク・サービスの ON/OFF 切り替えなど)、より信頼性の高い全体的なバックアップ・サービス・アーキテクチャを含めて、数多くのメリットが実現される。

IPv6 can also be added to existing Droplets without rebooting. DigitalOcean will be mandating IPv6 support as the standard for all locations moving forward.

さらに言えば、Droplet をリブートすることなく、IPv6 への切り替えが可能になっている。また、DigitalOcean は、IPv6 サポートを標準として、すべてのロケーションに展開する方針である。

“With this expansion, we’re using Equinix again, who have been a great partner,” said Wainer. “We feel very comfortable using them, and we’ve used them for years.”

「 今回の拡張においても、私たちの素晴らしいパートナーである Equinix を利用している。そのデータセンターは、私たちにとって、きわめて適した存在であり、また、長年にわたって使い続けている」と、Wainer は言っている。

Equinix was home to the company’s first data center in New Jersey. DigitalOcean also takes space at a Telx data center within the Google-owned carrier hotel at 111 8t Avenue in New York City.

同社が、New Jersey でデータセンターの利用を開始したときから、Equnix  はホーム・グラウンドのような存在である。また、同社は、New York City の 111 8t Avenue で Google が所有する、キャリア・ホテルにもデータセンター税を支払っている。

ーーーーー

DigitalOcean は、元気があって、とても良い感じですね。 CMO である Mitch Wainer の発言も、クラウドの多様化を促すという意味で新鮮です。 誰もが知っている存在として AWS を引き合いに出していますが、おそらく DigitalOcean と AWS は、まったく異なるゲームを戦っているのだと思います。そして、ゲームの数だけモノサシがあると主張しながら、素晴らしい勢いでビジネスを拡大しているわけです。 2015年も、この DigitalOcean は、目を離せない存在ですね!

ーーーーー

<関連>

DigitalOcean+CoreOS+Docker:フレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!
Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表:IP アドレス問題を悪化させない
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増強!

Comments Off on DigitalOcean の London がオープン:ここでも Equinix がファシリティを提供

%d bloggers like this: