Agile Cat — in the cloud

IoT が 海に潜っていく: そのための、水中 WiFi テクノロジーとは?

Posted in Government, IoT by Agile Cat on November 9, 2014

Underwater WiFi expands the Internet of Things
http://wp.me/pwo1E-80c
07/11/2014 – By Charlene Chin
http://www.futuregov.asia/articles/5348-underwater-wifi-expands-the-internet-of-things

The Internet of Things (IoT) has been limited to the land, but researchers are now investigating its underwater potential.

IOT(Internet of Things)が活躍するのは陸上のみだと考えられていたが、何人かの研究者たちが、水中での可能性を調査し始めている。

クリックで拡大 ⇒

Their work could dramatically change any area of government where divers are required, from fisheries and flooding to shipping and defense.

彼らの作業は、潜水ダイバーが必要とされる、漁業や潅漑から海運や防衛にいたるまでの、行政におけるあらゆる領域を、ドラマティックに変化させるという可能性を秘めている。

FutureGov caught up with Manu Ignatius of Subnero to discuss how submarines can be used to connect the previously unconnected.

FutureGov は、切断されたしまったコネクションを復旧させるために、どのように潜水艇を使うのかという質問をするために、Subnero の Manu Ignatius にインタビューを試みた。

Ignatius explained that many underwater tasks require humans to dive down to check on a situation. But with underwater wifi, “you can just deploy your sensor or a node, and they can communicate together and relay information without the human in the loop,” he said. “That’s perfect.”

Ignatius の説明によると、大半の水中作業において、状況をチェックするための人間に依存した潜水が必要になるという。しかし、水中 WiFi を用いることが可能になると、「 自身のセンサーおよびノードをディプロイし、それらを組み合わせることで情報を中継できるが、そこに人間を介在させる必要はない。 それはパーフェクトに機能する」と、彼は述べている。

Subnero is focusing on how this technology could be used in defence, securing coastal waters by deploying sensors. For example, a submarine recently infiltrated the coastal waters of Sweden, and the navy were unable to locate it. This technology would have helped to do so.

Subnero では、沿岸の水域にセンサーをディプロイすることで、このテクノロジーを防衛のために活用する方式にフォーカスしている。先日に、ある潜水艦がスウェーデンの沿岸水域に潜入したが、同国の海軍は見つけることができなかった。 このテクノロジーがあれば、こうした探索も促進される。

Youtube ⇒ 

Also, underwater wifi could be used to expand the concept of smart cities, Ignatius believes. For example, agencies can monitor the effects of climate change and the erosion of a coastline. Further, sensors that can communicate underwater would be of use in areas which regularly experience flooding.

また Ignatius は、水中 WiFi により、スマートシティの概念が拡張すると確信している。たとえば、それを行政機関が活用するなら、気候変動の影響や、海岸線の浸食がモニタリングできる。さらに言えば、水中でも通信できるセンサーがあれば、定期的に洪水にみまわれる地域を、モニタリングすることも可能になるだろう。

Other potential uses that FutureGov can think of include monitoring shipping, shoal waters and patterns, and water temperatures.

FutureGov が考える、その他の応用方法には、海運のモニタリングや、浅瀬のパターン、水温のチェックなども含まれる。

Some sensors already operate underwater, but can only connect with another receiver. This service allows for an interconnected network of sensors communicating with one another, and land-based systems.

いくつかのセンサーが、すでに水中で機能し、他のレシーバーとだけコネクションを確立できている。このサービスにより、水中でセンサー間を相互接続するネットワークと、地上システムとの通信が実現される。

An idea whose time has come, underwater submarines may soon surface at a coastline near you.

アイデアがあるなら、あなたの足元の海面に、潜水艇が浮上してくるだろう。

ーーーーー

空中や陸上と異なり、人の視線が遮られてしまう水中というのは、IoT にとって素晴らしい活躍の場となりそうですね。 あまり深い海でなければ、それほど水圧を気にすることもなく、さまざまなデバイスをデザインできるでしょうし、それらが Off_the_Grid のラインもしくはメッシュを構築するというのも、とても興味深いですね。

ーーーーー

<関連>

BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

Comments Off on IoT が 海に潜っていく: そのための、水中 WiFi テクノロジーとは?

%d bloggers like this: