Agile Cat — in the cloud

2014 Agile Cat:日曜版の マトメ

Posted in .Chronicle, Weekend by Agile Cat on November 30, 2014

今年は Facebook が 10歳になった年でした・・・
http://wp.me/pwo1E-83Y

Agile_Cat の Weekend テゴリからの、2014年のマトメです。 一応、土曜日と日曜日のポストで構成されていますが、ちょっと普段とは毛色の異なるというコンテントも、少し混じっているかもしれません。

Youtube ⇒

今年も、いろいろと有りましたが、10周年に敬意を評して、Facebook 手書きイラスト Youtube を紹介したいと思います。 Facebook を知ったのは 2009年の春ですが、ユーザーとして使い始めたのは 2010年に入ってからです。 そして、使ってみようと思ったのは、「Facebook のスケール感覚に驚愕!」という記事を訳したときからだったと記憶しています。もちろん Facebook は、情報共有のための便利ソーシャル・メディアですが、それだけではなく、Agile Cat にとっては、ハイパー・スケール Web のデザインとデータセンター・インフラを探る上での、大切な教材でもあるのです。今年は、そんな Facebook が 10歳になった年でした。 あたらめて、オメデトウ!

ーーーーー

01/10: iPad Pro 13-inch の 勝手コンセプト・ビデオ:Youtube で ど〜ぞ!
01/13: SimCity がオフラインになるが、もう少し待って、、、ということらしい
01/29: Super Bowl 対決:勝つのは TV か、FB か、TW か?
02/04:
Facebook が 10歳 になった:ステキな 手書きイラストで おめでとう!
02/07: いまの iPhone を、1991年に戻って製造すると 3.5 億円になる!
02/07: iPhone 6 を予測する、美しいデザイン・コンセプト写真を ど~ぞ!
02/21: iOS 8 のマルチ・タスクは こうなる! Youtube でデモを ど〜ぞ
02/28: SanDisk の 128GB microSD が $120 :時代は 1GB=100円

ーーーーー

03/06: 米国のハイテク・インターンたちは、学生なのに年間で 750万円も稼ぐ
03/12: S.F. の Apple Store が建て替えられる:新しい場所は Union Square だ!
03/31: Windows XP のサポートが終わるが、あの緑の草原も、いまはブドウ畑に
04/03: Apple WWDC が 6/2〜6/6 で開催される:抽選の締め切りは 4/7
04/03:
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!
04/17: 新しい 4.7 インチの iPhone が、どれほどデカくなるのか比べてみた

ーーーーー

05/30: さぁ WWDC 2014 だ! iOS 8 だ!
06/06:
告白しますが、むかしは、筋金入りの テトリス名人 でした by Woz
06/05:
FIFA World Cup の前哨戦:スター・プレイヤーの Twitter フォロワー数
06/08: Apple が eBay で在庫整理らしい : iPhone 6 の発売が近いのか?
06/12: Web 上でフォーカスが変化する写真:Lytro フォーマットが GitHub に!
06/13: 一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し

ーーーーー

08/07: Gmail の Unsubscribing 機能を活用し、不要なメールの配信を停止しよう
08/09: Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた
08/22: iPhone 5S は $79 で 5C は $1 だ: Walmart の在庫一斉処分が始まった
08/22: China Telecom が目論む、世界最強の iPhone 6 とは?
08/27:
Android L の L は、Lemon Meringue Pie の LMP の L なのだ!

ーーーーー

09/01: IT 億万長者たちの愛車: Mark Z の $1.3M から Jeff B の $4000 まで
09/09: Line in Thailand : ツーリスト・ポリスのスタンプが可愛い!
09/12:
Chrome for Mac 64-bit がリリースされる:11月の Ver 39 が待ち遠しい
09/16: iPhone 6 と Apple は、北京政府に ひじ鉄を食らってしまったのか?
09/17: 192 Cores–K1 と 4G LTE をサポートする、Nvidia SHIELD タブレット!
09/22: iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない

ーーーーー

10/04: スマホ 歩き 専用 レーン って、中国はマヂですか?
10/06:
伝説の Google Free Food:美味しそうな 22品を 写真付きメニューで!
10/14: Lollipop さんに負けた、Android L な人たちのオーディション風景
10/21: シャドウ IT と 人気アプリの関係:1300万人を対象とした調査結果!

ーーーーー

それと、意表を突かれたのは、筋金入りの テトリス名人だったという Woz の話です。なにやら、Evets Kainzow という逆さ読みハンドル名で活躍していたらしく、Agile Cat の FB トモからも、「その人知ってる!」という反応があったほど、その世界では超有名人だったそうです 🙂 また、来年も、この Weekend カテゴリを充実させていきたいと思っています。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Comments Off on 2014 Agile Cat:日曜版の マトメ

2014 Agile Cat:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

Posted in .Chronicle, Research by Agile Cat on November 29, 2014

Facebook ページにインデックスを作りました・・・
http://wp.me/pwo1E-83Q

締め切りが月末の仕事が終わって(一応あるんです)、しかもアメリカは Black Friday で、これといったニュースもないはず。 というわけで、久々の静かな週末の朝。 そろそろ年末のマトメなどを考えようと思い立ち、まずは 2014年のチャートから手を付け始めたところです。

こうしてビジュアライズされたデータで振り返る一年は、文字よりも直感性が高くてイイですね。 チャートの一覧を眺めるだけで、2014年の大きな流れが、なんとなく見えてきます。今年の MVP を選ぶなら、Android になるのでしょうか? IT のマーケットを、先進国だけに閉じることなく、途上国にまで広げた功績は、褒められるべきものだと思います。

そして、OS のマネタイズという観点からすると、ライセンスを売る Windows/デバイスを売る iOS/広告を売る Android と分類できるはずですが、この Google の戦略が大当たりでしたね。でも、Android が作り出した大波に、一番乗りしたのは Facebook なのかもしれません。

Q1/Q2/Q3/Q4 という切り分けで、以下のようなインデックスを Facebook ページに作り、WordPress の右ペインにはバナーを貼りましたので、よかったら、ご利用ください。

ーーーーー

2014-Q1

この 1月〜3月期は、昨年から囁かれていた Facebook からの若者離れというウワサが、いくつかのチャートで沈静化した時期だったのですね。 そして、間髪をいれずに発表された WhatsApp の $1.9 billion 買収により、メッセージングというマーケットのポテンシャルが、一挙にビジュアライズされました。

_  space

2014-Q2

それに続く 4月〜6月期は、タブレットの需要というものが、スマホほどの規模には至らないことが、明確になってきた期間です。 iPad のスタート・ダッシュが素晴らしかっただけに、業界には様々な目論見が生まれたのでしょうが、一斉にトーンダウンしていきました。 それと、エンタープライスの世界では、Equinix の強さがハッキリしてきた時期でもありました。

_  space

2014-Q3

この夏は、中国に続けとアクセルを踏み続けてきた、インド市場のポテンシャルが徐々に見えてきた時期だと捉えています。 6億人とも言われるインターネット人口と内需を盾にして、TD-LTE ベースのテクノロジーを世界に売っていこうとする中国に、強い危機感を抱いた西欧の政治と経済が、インドへの投資に賭け始めたのです。

_  space

2014-Q4

そして 10月~12月期ですが、個人的には、Google Now/Apple Siri/Microsoft Cortana の精度を比較するチャートが印象に残っています。 それは、パーソナル・アシスタントの単なる比較というものではなく、Google がバックエンドに持つ機械学習システムの、凄まじさを示すものだと認識しています。 それと戦っていくのは、Facebook の Graph なのでしょうか? 両社とも、ディジタル・アドという打ち出の小槌を持つだけに、財力も充分でしょうし、面白い戦いを見せてくれるはずです。

ーーーーー

こうして、マトメが1つ出来あがると、あれを作りたいとか、これに取り組んでみたいとか、いろいろと浮かんできてワクワクします。 でも、12月は忘年会も多く、飲んでいる間に終わってしまうのが、恒例になっています。 マトメをとるか、サケをとるかで、なかなか悩ましい Agile Cat ですが、なんというか、どちらも頑張りたいと思います 🙂 ほんと、今年も、あと一月で終わりなのですね。

ーーーーー

<2014年:マトメの一覧>

2014:Top-20 ポスト 総マトメ(root)

ーーーーー

2014:月曜版 On Monday のマトメ
2014:王者の風格 Google のマトメ
2014:大人になった Facebook の マトメ
2014:新しい動向の マトメ
2014:とっても元気な アジアの まとめ
2014:データセンター と インフラ の マトメ
2014:ディジタル広告の マトメ
2014:ソーシャル関連の マトメ
2014:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
2014:日曜版の マトメ
2014クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

ーーーーー

2013: 総マトメ Top-10
2012: 総まとめ ページ

Comments Off on 2014 Agile Cat:クラウドの一年を 振り返る、チャート の マトメ

急降下する Samsung のシェア:最新のスマホ勢力図を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Asia, Mobile, Research, Samsung, Xiaomi by Agile Cat on November 28, 2014

CHART OF THE DAY: Samsung’s Mobile Market Share Is Tumbling
http://wp.me/pwo1E-83s
Dave Smith – Nov. 24, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-samsungs-mobile-market-share-is-tumbling-2014-11

_ Business Insider

We’ve previously reported on the troubled state of Samsung’s mobile business, but the cheese became a little more binding on Monday with a report from The Wall Street Journal saying the South Korean company is considering replacing some of its top executives as a result of its cratering smartphone business.

先日のレポートでは、Samsung のモバイル・ビジネスが問題を抱えている状況を伝えたが、月曜日の Wall Street Journal によると、同社の体制に動きが見られるようだ。そして、この South Korean カンパニーは、スマートフォン事業における問題を解決するために、トップ人事の変更を検討していると述べている。

To get an idea of the pressure Samsung is facing in the mobile sphere, check out the company’s global smartphone market share. Based on IDC data charted for us by BI Intelligence, Samsung’s market share is getting eaten not only by Apple, representing the high-end smartphone market, but most notably from low-end phone makers in China including Lenovo, Huawei, and Xiaomi, which has come out of nowhere to become the biggest smartphone maker in China and the third-biggest in the world. (The “Other” section in this chart includes a bunch of smaller phone makers in India, Indonesia, and other big countries. But they’re all much smaller than HTC.)

モバイル分野で Samsung が直面しているプレッシャーを理解するためには、グローバル・スマートフォン市場における同社のシェアを確認する必要がある。IDC のデータから BI Intelligence が作成したチャートによると、Samsung のシェアは、ハイエンド・スマートフォンを代表する Apple にも攻めこまれているが、最も注目すべきは、Lenovo/Huawei/Xiaomi といった China ローエンド・スマホ・メーカーによる浸食である。とりわけ、この Xiaomi は、China で最大のスマホ・メーカーになっただけではなく、グローバル市場でも三番手に成長してきている。( なお、このチャートの Other のセクションには、India や Indonesia などのスマホ・メーカーが含まれているが、それらは、HTC よりもは遥かに小規模である)

Samsung’s mobile profits and revenue are both tumbling, but that only partially explains the shakeup. As for what Samsung should actually do about its mobile woes, Business Insider’s Jay Yarow has a far-out idea to save the company.

Samsung の モバイル事業は、売上と利益の両方で急降下している状況にあるが、その大改革といっても、部分的なものに留まるようだ。 Samsung が、モバイル事業を苦境が救うために実施すべき点については、Business Insider の Jay Yarow もアイデアを提供している。

SEE ALSO:  CHART OF THE DAY: Apple Has Nearly A Billion Payment Cards On File

ーーーーー

この Samsung の苦境は、単にシェアを減らすだけではなく、そのビジネスを縮小させるという深刻な状況にあるようです。 11/18 には China Topix が、「Samsung Reducing Smartphone Range By 30% In 2015」という記事をポストしていますが、アジアの途上国マーケットで戦っていくために、中国勢と同じレベルで価格競争していくという判断なのかもしれません。 おそらく、同じことは Sony にも言えることであり、ハイエンド・スマホというカテゴリーが、大きな転換期に差し掛かっているのかもしれません。

ーーーーー

<関連>

iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!
Samsung と Apple がシェアを落とす、2014 Q3 の スマホ 攻防戦
モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
Android の MAU が 11.5 億に近づいている:アドとアプリを分析する
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:収益の 66% がモバイルから!

 

Comments Off on 急降下する Samsung のシェア:最新のスマホ勢力図を1枚のチャートで!

Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!

Posted in Data Center Trends, Energy, Google, Green IT by Agile Cat on November 27, 2014

Google buys up Dutch wind energy for data center
http://wp.me/pwo1E-839
By AP | 18 Nov, 2014
http://articles.economictimes.indiatimes.com/2014-11-18/news/56221929_1_wind-project-data-center-u-s-search-giant

_Economic Times

AMSTERDAM: Google says it will buy the entire output of an 18-turbine, 62-megawatt Dutch wind energy project in the Netherlands to supply power to a major data center it is building.

AMSTERDAM: Google だが、いま構築している大規模データセンターに電力を供給するために、Netherlands において 18 タービン/62 MW を実現する、Dutch wind energy の全出力を購入する予定だと発言している。

Company officials said Tuesday that Google wants both price certainty and to ensure that the 600 million euro ($750 million) data center in Eemshaven, Netherlands – due to be completed in 2017 – will be supplied by renewable energy from the start.

この火曜日 (11/18) の、同社によるオフィシャルな説明によると、2017年の完成を目指して Eemshaven, Netherlands に建設中のデータセンターに対して、600 million euro ($750 million) というコストが注ぎ込まれ、また、最初から再生可能エネルギーが供給されることが明らかになった。

The wind project is also still under construction at nearby Delfzijl, with turbines both onshore and off the coast in the North Sea.

また、北海に面した Delfzijl 付近の海岸線と沖合にタービンを配置する、この風力発電プロジェクトも、開発が進められているところだ。

Google did not disclose terms but said it has signed a 10-year contract. The U.S. search giant has inked similar deals in Finland and Sweden in the past two years.

この契約は、10年間に渡るものになるようだが、その点について、Google は明らかにしていない。 なお、これまでの 2年間に、この米検索大手は Finland と Sweden で、今回のような契約を結んでいる。

ーーーーー

この 9月に、「Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven データセンターとは?」という抄訳をポストしましたが、ちょっと供給電力の計算が合いませんね 🙂 今回の記事のほうが、オフィシャルな発言ということなので、正しいはずだと思います。それにしても、素晴らしいかたちで、自己完結しているプロジェクトであり、ヨーロッパにおける Google 大規模データセンターの、デザイン・パターンも完成という感じがします。 続報が楽しみですね!

ーーーーー

<関連>

IDC : 2017年を境にDC 数は減少にいたるが、全体的なキャパは成長し続ける
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
Google データセンターの世界:とても豪華な写真集
Facebook のゴージャスな DC を、15枚の写真で紹介しよう!
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner

Comments Off on Google:オランダの 62MW 風力発電プロジェクトと大型契約を締結!

Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて

Posted in Google, Network, Satellite by Agile Cat on November 26, 2014

Google purchases Skybox Imaging satellite firm for $500m
http://wp.me/pwo1E-834
Mark McSherry – 11 June 2014
http://www.independent.co.uk/news/business/news/google-buys-skybox-imaging-satellite-firm-for-500m-9525170.html

Google said late on Tuesday it agreed to buy satellite start-up firm Skybox Imaging for $500 million in cash. Google said Skybox’s satellites will help keep Google Maps accurate with up-to-date imagery.

Google は、火曜日(6/10)の午後に、サテライト・スタートアップである Skybox Imaging を、$500 million で買収する合意に至ったと発表した。そして Google は、Skybox の衛星により、Google Maps のイメージを、最新かつ正確に保つことが可能になると述べている。

In time, Google said it hopes that Skybox’s team and technology will also be able to help improve internet access and disaster relief — areas that Google said it has long been interested in.

Google は Skybox のチームとテクノロジーについて、インターネット・アクセスを向上させ、災害時の支援を改善するものになると発言している。 そして、それは、Google が長年に渡って興味を抱いてきた領域である。

Skybox said on its website that it builds satellites, writes code, and deploys data centres.

その一方で Skybox は、衛星を構築し、コードを書き、データセンターをディプロイしていると、その Web サイトで語っている。

In its statement, Skybox said the time was right “to join a company who can challenge us to think even bigger and bolder, and who can support us in accelerating our ambitious vision.”

そのステートメントにおいて、Skybox は正しいタイミングだったと述べている。そして、「さらに広大で大胆な考え方を持つ、挑戦させてくれる企業に参加し、私たちの野心的なビジョンが加速するようサポートしてもらっている」と、続けている。

Skybox said it had built and launched the world’s smallest high¬-resolution imaging satellite, which collects images and video every day.

Skybox は、高解像度イメージを取得する、世界で最小の衛星を構築して打ち上げ、それにより、日々のイメージとビデオを収集していると述べている。

“We have built an incredible team and empowered them to push the state-of-the-art in imaging to new heights,” said Skybox.

「 私たちが創ったチームは、信じられないほどの能力を持っている。そして、高次元のイメージ処理を、最先端のテクノロジーで促進するために、このチームを育成していく」と、Skybox は 述べている。

ーーーーー

先日の TechCrunch に、「SpaceX がインターネット接続用低価格小型衛星を開発」という記事がポストされていました。 この SpaceX とは、Tesla の Elon Musk が率いるスタートアップであり、ヨーロッパ・ベース(?)の WorldVu という衛星プロジェクトと連携して、この壮大な試みを推進するとされています。 しかし、WorldVu と Google の間にも、共同プロジェクトのウワサがあるのです。そして、この Skybox Imaging は、通信というより地表イメージの取得と配信がメインのようですが、Google にとって、2つの衛星プロジェクトが必要なのか不要なのか、その辺りが、とても興味深いところです。 いずれにせよ、2015年は衛星がホットになりそうなので、引き続き、追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!
Intelsat と SpeedCast が連携して、グローバル接続をカバーする通信衛星とは
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリング・ビームの理論とは?
インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる

Comments Off on Google が買収した、Skybox Imaging という衛星スタートアップについて

モバイル・ビデオ広告 が 本格化:小さなスクリーンに 札束が詰め込まれる!

Posted in Advertising, Mobile, Research by Agile Cat on November 25, 2014

Mobile Video Advertising Is Taking Off, As Ad Buyers Pile Billions Of Dollars Into Small-Screen Ads
http://wp.me/pwo1E-82Y
Mark Hoelzel – Oct. 22, 2014
http://www.businessinsider.com/mobile-video-is-the-growth-area-2014-10

_ Business Insider

Mobile video isn’t a huge slice of mobile advertising, but it’s growing fast.

モバイル広告における Video は、大きな比率にはなっていないが、その成長率は最速である。

Mobile is growing faster than all other digital advertising mediums in the US, but one mobile format in particular is catching ad buyers’ eyes: Mobile video.

U.S. におけるモバイルは、すべてのデジタル広告メディアよりも、急速に成長している。その中でも、とりわけ広告主の目を引いているのが、モバイル Video である。

_  space

BII

Consider:

  • Display, including rich-media ads, will grow even faster, propelled by the migration of desktop ads to mobile, which is where audiences are today. But the advantage of mobile video is that it can absorb advertisers’ video ad assets created for larger screens.
  • U.S. の、モバイルにおける Video の広告収益は、2018年の時点で $4.4 billion を超える。 また、2013年からの CAGR は 73% に至る。
  • モバイルにおける Video は、デスクトップと比較して、5倍という成長率を達成する。同じ期間におけるデスクトップ Video の CAGR は、わずか 15% に過ぎない。
  • リッチ・メディアなどで構成される Display 広告も、デスクトップからモバイルへとユーザーが移行するにつれて、急速に成長していく。しかし、モバイル Video の利点は、広告主がデスクトップ用に作成した、Video 広告試算を吸収できる点にあるようだ。

These insights are from a new BI Intelligence report on mobile advertising, which includes an exclusive forecast of the segments of the mobile ad market and how fast they will grow. These include display, video, social, and search. The report provides exclusive breakdowns on how spend on each format will grow and why, and examines the overall performance of mobile ads. It also looks at how programmatic ad-buying tools, including real-time bidding, are reshaping mobile advertising.

これらの洞察は、モバイル広告に関する、最新の BI Intelligence レポートから提供されるものである。 このレポートは、モバイル広告市場のセグメントと、その成長率について、独自の予測を提供している。このレポートは、最も重要なフォーマットとして、Display/Video/Social/Search を含む、モバイル広告に注目している。また、このレポートは、成長する個々のフォーマットに対して、どれだけの広告料が費やされるのかという視点で独自の分析を提供し、また、モバイル広告の全体的なパフォーマンスを調べている。さらに、RTB(Real Time Bidding)を含めたプログラマブル・アド・ツールが、どのようにモバイル広告を再編していくのかという点にも注目している。

Access The Full Report And Downloads By Signing Up For A Trial Subscription Today »

ーーーーー

最近は、Facebook を開けば動画が流れ出しますし、Youtube の冒頭に挿入される広告にも、それほどの違和感を覚えなくなりました。小さなスクリーンだからこそ、広告主からのメッセージをシンプルに表現する、ビデオが好まれるのでしょう。先日に、「モバイル・アドの急成長:2018年には全米デジタル広告の 50% を超えるだろう!」という抄訳をポストしましたが、そこでのモバイル広告における成長の内訳が、今回のチャートと一致するのだと思います。

ーーーーー

<関連>

モバイル広告を分析:トラッキング方式/自動入札/ビデオが、広告を激変させるFacebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:すでに収益の 66% をモバイルから!
クッキーは死んだ:そして Facebook/Google/Apple の広告が激変している
Facebook の 2014 Q3 決算を分析する:モバイル広告の伸びがスゴイ!

Comments Off on モバイル・ビデオ広告 が 本格化:小さなスクリーンに 札束が詰め込まれる!

Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動が さらに容易になる

Posted in Container, On Monday, Research by Agile Cat on November 24, 2014

Container Technology/Flocker: Simplifying the Migration of Apps and Data Servers
http://wp.me/pwo1E-82M

By Dick Weisinger – November 18, 2014
http://formtek.com/blog/container-technologyflocker-simplifying-the-migration-of-apps-and-data-servers/

_ formtek

Moving an application installed on one machine to another one has traditionally been a tedious task.  But ClusterHQ provides an elegant solution to the problem that they’re calling Flocker, and today they are announcing an update to that solution, release 0.3.  Flocker makes it possible to move the components of multi-server applications and associated data volumes to different servers.  It’s particularly useful for moving containers running applications, databases, and data-backed services between servers in one or more clouds.

あるマシンにインストールされたアプリケーションを、他のマシンに移動することは、ずっと昔から、ウンザリする作業とされてきた。しかし ClusterHQ は、Flocker という洗練されたソリューションを提供することで、この問題を解決しようとしている。 そして、彼らは、アップデートされた Release 0.3 をアナウンスした。Flocker を用いれば、マルチ・サーバー・アプリケーションのコンポーネントと、それらに関連付けられたデータ・ボリュームを、他のサーバーに移行できる。つまり、複数のクラウド上でサーバー間でコンテナを移動させ、アプリケーション/データベース/データ・バックアップ・サービスを実行するときに、とりわけ有用となる。

 ClusterHQ’s Flocker product is based on the popular Docker software. Docker is a container technology that’s seen phenomenal growth and acceptance since it was first released in March 2013.  A Docker container is similar in concept to a virtual machine, but considerably  lighter weight.  Virtual machines emulate  an entire server device and don’t make good use of the physical resources on the machine where they run.  Containers, on the other hand, abstract just the operating system kernel.  Unlike VMs, individual containers share a single base operating system, making them much leaner, smaller and more efficient.  Their leaner design translates to a much higher possible density of server instances.  It’s possible to run as many as six times the number of containers on a single physical server as the number of VMs that could run on the same machine.

ClusterHQ の Flocker というプロダクトは、人気の Docker をベースにしたものである。そして、言うまでもなく Docker とは、2013年3月にリリースされてから、驚異的な成長と浸透を達成しているコンテナ・テクノロジーのことである。Docker コンテナは、仮想マシンのコンセプトに似ているが、かなりライトウェイトなものになっている。仮想マシンは、全体的なサーバー・デバイスをエミュレートするが、それを実行するマシンの、物理リソースを有効に活用するものではない。その一方で、コンテナは、オペレーティング・システムのカーネルを抽象化する。つまり、仮想マシンとは異なり、それぞれコンテナはベースとなるシングル・オペレーティング·システムを共有するものであり、また、はるかにスリムで、小型で、効率的になっている。そのスリムなデザインにより、きわめて高密度で、サーバー・インスタンスを転送することが可能となる。 そして、同一の物理マシン上で仮想マシンを実行するケースとの対比においては、その6倍にも相当するコンテナを実行することが可能になる。

Flocker lets developers deploy their entire app, including its databases, to multiple hosts, and then migrate them later as operations demands. Benefits of Flocker version 0.3 include:

Flocker を用いることでデベロッパーたちは、データベースも取り込んだアプリ全体を、マルチ・ホストにディプロイできるようになり、また、その後のオペレーションにおける要求に応じて、それらを移動できるようになる。Flocker Ver 0.3 のメリットは、以下のとおりである:

  • Integration with Docker Fig for describing complex applications
  • Entire applications, including databases, queues and key-value stores can be deployed to multiple servers
  • Easily migrate containers and their data between different hosts
  • Docker Fig とのインテグレーションにより、複雑なアプリケーションにも対応できる。
  • DB/Queue/Key-Value などを取り込んだアプリ全体を、多数のサーバーへ向けてディプロイできる。
  • それらのコンテナとデータを、各種のホスト間で容易に移動できる。

Luke Marsden, founder and CTO of ClusterHQ, said that “adding Fig support to Flocker enables enterprise DevOps teams to move their applications and databases from development to staging to production much more easily than before.  This new functionality brings Flocker closer to production readiness and to providing the critical data-backed services that will allow the container industry to scale at an even greater pace.”

ClusterHQ の Founder and CTO である Luke Marsden は、「Flocker に対して、Docker Fig のサポートを加えたことで、エンタープライズ DevOps チームは、これまで以上に効率よく、開発ステージから本番ステージへと、アプリケーションとデータベースを移動できるようになる。この新機能により Flocker は、重要なデータ·バックアップ·サービスを提供し、また、完成へと近づいていく。つまり、コンテナというカテゴリが、より広範囲におよぶペースへと、さらに拡大していくことになる」と述べている。

ーーーーー

Docker のコンセプトがシンプルなだけに、この Flocker のようなバリエーションが、数多く生まれてくるのでしょうね。 ClusterHQ は、そのユーザーを、エンタープライズ DevOps チームに絞っているような感じですが、それ以外にも、さまざまな Docker 拡張版の切り口がありそうで、なんとなくワクワクしてきます。 言うまでもなく、仮想化テクノロジーを活用することでクラウドは普及したわけですが、今度はクラウドを起点として、新しいテクノロジーが生み出されようとしています。 面白いですね!

ーーーーー

<関連>

CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

Comments Off on Container の調査:Flocker を Docker 上に積み上げることで、アプリとデータの移動が さらに容易になる

DigitalOcean+CoreOS+Docker:このフレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!

Posted in .Chronicle, .Selected, Container, Digital Ocean by Agile Cat on November 22, 2014

Hot cloud DigitalOcean throws its support behind the Docker-friendly CoreOS operating system
http://wp.me/pwo1E-82z
September 5, 2014 – Jordan Novet
http://venturebeat.com/2014/09/05/hot-cloud-digitalocean-throws-its-support-behind-the-docker-friendly-coreos-operating-system/

_ VB

Cloud providers — those companies that store remote data — are coming around to welcome a new kind of operating system, one that updates itself not unlike Google Chrome browser. CoreOS, the fledgling startup behind this operating system, today announced that the OS can now be set up with a mouse click on the fast-growing DigitalOcean cloud.

クラウド·プロバイダーとは、顧客のデータをリモートにストアする企業であるが、そんな彼らが、Google Chrome ブラウザとは異なる方式で自身をアップデートする、ある種の新しいオペレーティング・システムを歓迎し始めている。それが CoreOS であるが、このオペレーティング・システムを支えるホットなスタートアップの発表によると、急成長している DigitalOcean クラウド上でも、マウス・クリックだけで設定が完了するようになったようだ。

Image Credit
DigitalOcean

The development points to the increasing acceptance of containers that wrap up application code and can be moved from one server environment to another with no tinkering. The startup Docker released its container technology under an open-source license last year and has accelerated the adoption of containers as an alternative to virtualization software for running multiple applications on each physical server.

それらを用いた開発のポイントは、アプリケーション·コードをラップするコンテナを受け入れ易くするところにあり、また、作成されたコンテナが、なんの苦労も必要とせずに、複数のサーバー環境間を渡り歩けるようにするところにある。そして、もう1つのスタートアップである Docker は、このコンテナ・テクノロジーを昨年に、オープンソース・ライセンスの下でリリースしており、仮想化ソフトウェア代替手段としてコンテナの採用を加速している。 つまり、それにより、各種の物理サーバー上で実行が可能な、大量のアプリケーションを生み出しているのである。

CoreOS builds on top of Docker, by enabling developers to shoot their applications inside Docker containers across scores of physical servers. Google and Rackspace have partnered with CoreOS to make it possible to easily set up the Linux-based operating system on their respective cloud infrastructures. It’s also possible to boot CoreOS on the market-leading public cloud, Amazon Web Services. And with smaller but trendy DigitalOcean hopping aboard, CoreOS could become more common for applications born in the cloud.

Docker 上に構築される CoreOS は、物理サーバー間の線引を超えていく Docker コンテナの内側に、自身のアプリケーションを詰め込みたい、デベロッパーたちの思いを実現していく。すでに GoogleRackspace は、CoreOS に関する提携をスタートしており、それぞれのクラウド・インフラ上で、この Linux ベース OS の設定を容易にするために取り組んでいる。さらに言えば、このマーケットをリードする、パブリック・クラウドである Amazon Web Services 上でも CoreOS を起動できる。そして今回、規模は小さくても、ホットでトレンディな DigitalOcean が乗ってきたことで、クラウド・ネイティブなアプリケーションにとって、CoreOS が共通項となる可能性が生じてきた。

Now CoreOS faces the grand challenge of convincing companies to run its operating system in their on-premises data centers and become a standard like Red Hat.

CoreOS にとって、現時点における大きなチャレンジとは、使い慣れた OS をオンプレミスのデータセンターで運用しているエンタープライズたちを説得し、Red Hat のようなスタンダードとして、自らのポジションを位置づけていくことである。

The recent funding round should help in that affair, along with CoreOS’ acquisition of Quay for storing private Docker files. Stay tuned to see what happens next on “The CoreOS Revolution.”

最近のファンド・ラウンドにおける資金調達は、プライベートに Docker ファイルをストアする Quay を、CoreOS が買収するという戦略を推進するはずだ。“The CoreOS Revolution” は、次に何を引き起こすのだろうか? 引き続き、注目していきたい。

ーーーーー

DigitalOcean と、Core OS と、Docker という組み合わせですが、ほんの数年前には、どれとして、この世に存在していなかったという、超フレッシュなトリオということになります。世の中の常として、大規模なプロダクトやサービスは、基本は変えずに周囲を補強することで進化していきます。 しかし、それらとて、テクノロジーの海に浮かぶ小舟であり、新たな大波に乗って登場してくるスタートアップたちに、時として本質論で厳しく攻め立てられていきます。 なんというか、大きな潮流の変化を感じるトピックですね。

ーーーーー

<関連>

DigitalOcean:AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表
CoreOS:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!

 

Comments Off on DigitalOcean+CoreOS+Docker:このフレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!

%d bloggers like this: