Agile Cat — in the cloud

Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

Posted in IoT, On Monday, Research by Agile Cat on October 20, 2014

Gartner 2015 Crystal Ball: Top 10 Technology Predictions for the next Five Years
http://wp.me/pwo1E-7XN
Dick Weisinger – October 13th, 2014
http://formtek.com/blog/gartner-2015-crystal-ball-top-10-technology-predictions-for-the-next-five-years/

_ formtek

Gartner recently made ten predictions on how technology will influence businesses over the next five years.  The predictions are grouped into three categories:

先日に Gartner が提供した 10項目の予測は、これからの 5年間において、どのようなかたちのテクノロジーが、企業の在り方に影響を与えるのかというものである。それらの予測は、以下の 3つのカテゴリーに分類される

Smart machines

  • By 2017, a new computer algorithm will enable at least one significant new digital business to be launched
  • By 2018, compared to traditional business models, digital businesses will have halve the number of business process workers and use five times the number of key digital business jobs.
  • By 2018, the introduction of smart machines and industrialized services will reduce the total cost of business operations by 30 percent
  • By 2020, wireless health monitoring technology will add an extra six months to everyone’s life expectancy
  • 2017年まで:未知のコンピュータ・アルゴリズムが考案され、少なくとも1つの重要なデジタル・ビジネスが、新たに具体化されていく。
  • 2018年まで:これまでのビジネス・モデルとは異なり、デジタル・ビジネスにおいては、その作業のプロセスに従事する労働者の数が半数になってしまう。 そして、デジタル・ビジネスにおける主要な作業は、5倍まで膨れ上がる。
  • 2018年まで: スマート・マシンと産業化されたサービスの導入により、企業における全体的な運用コストは 30% ほど削減される。
  • 2020年まで:ワイヤレスのヘルス・モニタリング技術により、平均寿命が半年ほど伸びることになる。

Influence of data on economic decisions

  • By 2016, mobile digital assistants will account for more than $2 billion business in online shopping
  • By 2017, mobile commerce will exceed half of the US digital commerce revenue
  • 2016年まで:モバイル·デジタル·アシスタントにより、オンライン・ショッピングにおける $2 billion 以上の売上が処理されるようになる。
  • 2017年まで:モバイル·コマースの占有率は、米国においては全デジタル・コマースの 50% を超える。

Improving customer experience with data

  • By 2017, 70 percent of digital business models will deliberately factor in unstable rapidly shifting customer needs
  • By 2017, 50 percent of consumer product investments will target innovations in customer experience
  • By 2017, 20 percent of durable goods e-tailers will offer personalized products created by 3D printers
  • By 2020, retailers that message their in-store customers based on the customer location in the store will increase sales by five percent
  • 2017年まで:デジタル・ビジネス・モデルの 70%は、顧客ニーズの不安定かつ急速なシフトに、慎重に対応していくことなる。
  • 2017年まで:コンシューマ・プロダクトに対する投資の 50%が、顧客エクスペリエンスにおけるイノベーションを目指すものとなる。
  • 2017年まで:オンライン・リテールにおける耐久消費財の 20% は、3D プリンタから生成される、パーソナライズ・プロダクトへと変化する。
  • 2020年まで:リアルな店舗内における、ロケーション・ベースのメッセージ・サービスにより、小売業者たちの売上は 5% の上昇を達成する。

ーーーーー

大きな変化と言えなくもないですが、外さない範囲で手堅くまとめた予想という感じもしますね。 TechCrunch の「スマートマシン: 知能と学習能力を持った第二次OAの波が大量の専門職を不要にする」というポストによると、昨年も Gartner は、同じような予測を行っていたことが分かります。個人的には、パーソナル・アシスタントとスマートマシンに興味がありますが、先日にポストした「Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!」を読むと、この2つのテクノロジーを組み合わせたものが Google Now なんだろうと思えてきます。 そして、このようなテクノロジーが台頭する中で、私たちは新たな共存の形態を、どのように見つけ出していくのでしょうか? いずれにしても、いつも未来には、期待と不安が混在するのですね。

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく
Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
Technology の調査:IBM による 7 NANO チップとポスト・シリコンへの挑戦
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へ向けて下がり続けるだろう

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. agilecat.cloud said, on November 17, 2014 at 11:29 pm

    ご紹介を有難うございます。 私も、スマート・マシンについて、再認識しました。 これからも、よろしく お願い致します 🙂


Comments are closed.

%d bloggers like this: