Agile Cat — in the cloud

Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表:放置すれば クラウドの普及が IP アドレスの問題を悪化させる

Posted in Data Center Trends, Digital Ocean, Network by Agile Cat on October 9, 2014

Upstart cloud player Digital Ocean to roll out IPv6 worldwide
http://wp.me/pwo1E-7Wg

By Barb Darrow – Jun. 17, 2014
https://gigaom.com/2014/06/17/upstart-cloud-player-digital-ocean-embraces-ipv6/

_ Giga Om

Summary: Digital Ocean needs a ton more IP addresses for all those compute “droplets” it runs for customers. So it’s moving all its data centers to IPv6 by years’ end.

Summary: Digital Ocean は、その顧客たちが実行する、Droplets という名のコンピューティングのために、膨大な IP アドレスを必要としている。 それ故に、今年の末までに、すべてのデータセンターを IPv6 に移行するという。

photo
Digital Ocean

We’ve heard the IPv6 wave is coming — although none too soon — and Digital Ocean is going to ride it. The New York City-based IaaS provider plans to announce Tuesday that it is adding support for the new protocol — which will open up millions of new IP addresses — in its data centers in Singapore, Amsterdam, New York, and San Francisco.

以前から、IPv6 の波は来ているのだが、誰もが知らぬ素振りをする中で、Digital Ocean は乗ると決めたようだ。この New York ベースの IaaS プロバイダーは、無数の IP アドレスへ向けてドアを開ける新しいプロトコルのサポートを、Singapore/Amsterdam/New York/San Francisco のデータセンターに加えると、火曜日(6/17)に発表する予定である。

It’s a sort of rolling release, however. Singapore is up first, where the support will be tested out and the company will use that experience to implement across the other data centers, CEO Ben Uretsky said in a recent interview. All of those data centers should be fully aboard IPv6 by years’ end, he added.

しかし、このリリースでは大雑把すぎる。CEO である Ben Uretsky が最近のインタビューで語ったところによると、そのためのテストを行なっている Sigapore が、最初に IPv6 サービスを立ち上げ、そのエクスペリエンスを他のデータセンターに展開していくようだ。この年末までに、すべてのデータセンターは、完全に IPv6 に乗っているはずだと、彼は付け加えている。

With more mobile devices, sensors and — face it — virtual machines running in clouds coming online by the minute, the demand for unique IP addresses is exploding and that’s leading to IPv4 IP address exhaustion. “The issue is that IPv4 provides something like 4 billion unique addresses, which seemed sufficient in 1980 when the protocol was created, but nowadays there are billions of smartphones alone,” he noted. There are IPv4 workarounds, but they are not elegant, he said.

大量のモバイル・デバイスとセンサーに対応するためには、クラウド上の仮想マシンを次々と立ち上げ、オンライン接続していく必要がある。ユニークな IP アドレスに対する需要は爆発的なものとなり、また、IPv4 IP アドレスは枯渇へと向かっていく。Ben Uretsky は、「 IPv4 プロトコルが作成された 1980年当時には、40億の IP アドレスで充分だと思われていたが、そこに問題が生じている。しかし、いまでは、スマートフォンだけでも数十億台が存在しているのだ。IPv4 による、その場しのぎの回避策もあるが、エレガントではない 」と、指摘している。

The regional IP address authorities — the American Registry for Internet Numbers (ARIN) in the U.S. — have pretty much hit the bottom of the barrel. Uretsky said there are about 15 million IPv4 addresses left in the U.S. with Europe and Asia pretty much sold out, while there is some remaining capacity in Latin America and Africa. (Microsoft already occasionally assigns IP addresses from other regions to U.S. workloads and if Microsoft can’t get new IPv4 addresses you know we’re in dire straits.)

US におけるリージョナル IP アドレス管理組織である American Registry for Internet Numbers (ARIN) は、その枯渇を訴えている。 それでも、US には 1500万ほどの IPv4 アドレスが残っているが、Europe と Asia の状況は悪化しており、Latin America と Africa には若干の余裕があると、Uretsky は述べている。(すでに Microsoft は、US のワークロードに対して、他の地域からの IP アドレスを割り当てている。 このようなかたちで、Microsoft が新たな IPv4 アドレスを取得できなくなると、私たちは苦境に陥ると認識すべきだ)

Source: Akamai

“Cloud computing has accelerated pace of IP address consumption — each of these Droplets we sell and every single Amazon EC2 server needs one. Cloud vendors lowered the barriers to entry but we also exacerbated this address problem,” Uretsky said.

「 クラウド・コンピューティングにより、IP アドレスの消費ペースが加速している。 私たちが販売している個々の Droplets や、それぞれの Amazon EC2 などが、1つの IP アドレスを必要とする。クラウド·ベンダーにより参入障壁が引き下げられたが、このアドレスの問題を、私たちは悪化させている 」と、Uretsky は発言している。

What this means is that all the big cloud providers — Microsoft Azure, Amazon Web Services, Google etc — need to get off the stick vis-a-vis IPv6 support in their clouds which should happen sooner rather than later. (Google App Engine does support IPv6, as does Amazon’s ELB load balancing service.) IBM SoftLayer already supports IPv6 and Verizon Cloud, due out this year, also supports IPv6.

彼が言いたいのは、すべての大手クラウド・プロバイダーたち(Microsoft Azure/Amazon Web Services/Google など)が、IPv6 サポートに関する睨み合いをやめて、それぞれのクラウドにおいて、直ちに対応すべきという点に集約される(Google App Engine や、Amazon ELB load balancing service などは、IPv6 をサポートしている)。IBM Softlayer は、すでに IPv6 をサポートしている。 また、Verizon Cloud も、年内には IPv6 をサポートするとしている。

Related research

What developers should know when choosing an MBaaS solution Sept 2013
The importance of benchmarking clouds June 2014
Consumer products will drive enterprise breakthroughs June 2014

ーーーーー

最後のマトメを読むと、それぞれのクライド・プロバイダーが、IPv6 サポートに取り組んでいるようですが、この元気の良いスタートアップが、それらの先輩たちを急かしているように見えてきます。 文中にもあるように、1980年当時は 40億の IP アドレスで充分と思われたとしても、少なくとも 10億台近いスマホが、今年だけで増えそうというご時世なのですから、やはり、クラウド事業者には考えて欲しい問題ですよね。

ーーーーー

<関連>

これが DigitalOcean だ! AWS 以上のペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Akamai と OpenDNS が提携:もっと もっと Web を速くしたい!
Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
Facebook と Open Compute から、Wedge という名の オープン・スイッチが発表された!
Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!

Comments Off on Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表:放置すれば クラウドの普及が IP アドレスの問題を悪化させる

%d bloggers like this: