Agile Cat — in the cloud

ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に進出!

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Hybrid by Agile Cat on October 1, 2014

Interoute opens in Hong Kong data center
New facility expands reach at a time when more companies are looking east
http://wp.me/pwo1E-7UP
7 April 2014 by Eira Hayward
http://www.datacenterdynamics.com/focus/archive/2014/04/interoute-opens-hong-kong-data-center

_ DC Dynamics

Interoute is taking its cloud computing solution to the Far East with the opening of a Virtual Data Center (VDC) in Hong Kong. It means Interoute customers can now choose from seven VDC zones – Amsterdam, Berlin, London, Paris, Milan or Hong Kong – to gain fast access to their applications and data.

Interoute は Hong Kong に Virtual Data Center(VDC)をオープンすることで、そのクラウド·コンピューティング·ソリューションを Far East に持ち込もうとしている。それにより、Interoute の顧客たちは、アプリケーションとデータへの高速でのアクセスを達成するために、Amsterdam/Berlin/London/Paris/Milan/Hong Kong などで構成される 7つの VDC ゾーンを選択できるようになる。

Interoute plays to its network advantage, offering one SLA for both networking and cloud computing and not charging for data transfer. Interoute general manager for cloud computing Lee Myall said the expansion has come primarily as a result of European businesses pushing east.

Interoute の特徴は、ネットワークのアドバンテージにあり、ネットワーキングとクラウド・コンピューティングの双方を網羅する単一の SLA を提供するが、データ転送について課金することはない。Interoute の General Manager for Cloud Computing である Lee Myall は、今回の拡張について、欧州企業をアジアにプッシュするという、主要な目標を達成するための結果だと説明している。

クリックで拡大 ⇒ 

He said there would be more VDCs to come, both in the Far East and elsewhere, as Interoute continues to expand. “This expansion is about pushing compute power to the boundaries of our network, but I can foresee that computing will start dragging the network to a few places,” Myall said. “Hong Kong is already filling up – we have customers with big migration plans who are going live at the moment.”

Myall が言うには、Interoute が拡大し続けるにつれて、Far East などの地域で、これまで以上の VDC が立ち上がっていくようだ。「 この拡張は、私たちのネットワークの境界線へ向けて、コンピューティング・パワーをプッシュするものだが、そのコンピューティングが私たちの領域を、押し広げ始めると予見している。すでに Hong Kong は満杯であり、これから移行しようと計画している、たくさんの顧客を持っている」と、彼は続けている。

The VDC is built into the core of Interoute’s network and, according to the company, this means it can deliver a fully networked cloud which is faster and has greater resilience and security than other cloud computing services.

この VDC は、Interoute ネットワークのコアに組み込まれる。そして、同社によると、他のクラウド・コンピューティング・サービスと比較して高速であり、高い弾力性と安全性を保持する、フル・ネットワーク化されたクラウドを提供できることになる。

Interoute’s move comes at a time when spending on cloud services in Asia Pacific is growing at a CAGR of 30%, according to IDC, and the Asian market is providing robust growth for both local and Western multinationals.

この、Interoute の動きは、Asia Pacific のクラウド・サービスに対する支出が、30% の CAGR で成長していると、IDC が述べるタイミングで生じている。また、Asia のマーケットは、ローカルの企業と、西欧の多国籍企業に対して、堅調な成長をもたらしている。

Last week, for example, IBM announced that luxury children’s fashion retailer Club 21 will be using its cloud, e-commerce and analytics software to expand its online presence across Asia-Pacific, increasing its reach from four to 15 countries across the region.

例を挙げると、先週に IBM が発表したのは、高級子供服のリテーラーである Club 21 が、Asia-Pacific 全体にまたがるオンライン・プレゼンスを高めるために、そのクラウド/コマース/分析のソフトウェアを使用するというものだ。それにより、この地域においてリーチしていく対象が、4カ国から 15カ国に増えることになる。

The importance of Asian markets for multinational businesses was reinforced by recent pan-Asian large research project from Telstra Global which found that 83% of multinationals in Asia expect to either meet or exceed their financial and strategic objectives in the next three years.

多国籍企業にとって、Asia のマーケットの重要性は、Telstra Global が実施した Pan-Asia 大規模調査により裏付けられている。その調査では、Asia における多国籍企業の 83% が、今後の3年間で、それぞれの財務および戦略の目標を達成したいと望んでいることが分かった。

Telstra Global’s Connecting Countries report found that the ICT industry in particular is a stand-out success in Asia, with 71% of ICT companies having been very successful in Asia in the past three years, compared to 61% of companies across other sectors.

Telstra Global の Connecting Countries レポートは、とりわけ ICT 産業が、Asia のマーケットで成功していると指摘している。この地域における、これまでの 3年間のデータによると、ICT 企業の 71% が成功を収めているが、他の地域での成功率は 61% となる。

“Over the next three years both financial services and insurance companies and those in the ICT sector are most bullish about exceeding their objectives in Asia, with 55 and 51% respectively, compared to 42% across the board,” said Telstra Global managing director Martijn Blanken.

「 これからの 3年間において、金融サービスおよび保険会社と、その ICT 部門が、Asia で成功していくだろう。 それぞの目標値は、55% と 51% であるが、世界の平均は 42% である」と、Telstra Global の Managing Director である Martijn Blanken は述べている。

ーーーーー

ヨーロッパのクラウドは、いったい、どうなっているのかと、以前から不思議に思っていました。 そして、数ヶ月ほど前に、この Interoute の存在を知ったのですが、同社の Web ページから拾ってきたマップを見ても、「なるほど、ヨーロッパ的だ」という雰囲気が漂ってきます。 アメリカ型の巨大データセンターを中心とする構造ではなく、それぞれの国や都市に分散するデータセンターを、メッシュ状にネットワークしていくという考え方のようです。 何年か前に、スマートグリッドのことを調べていて、国ごとに経済エリアを区切ることが、ヨーロッパでは必要だからという理由に、納得したことを思い出しました。 送電網もファイバー網も、国境ををまたいで物理的に結ばれているわけですが、経済を考えた場合に、どこかに論理的な仕切を入れる必要があるのでしょう。 ひょっとすると、1つの事業体に見える Interoute も、各国に分散する企業の集合体なのかもしれません。 この、謎だらけのヨーロッパ・クラウドを、これからも追いかけてみたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

Hybrid 対 Public : ユーザーの必要性と、ベンダーの目論見は、どこで交差するのか?
ダーク・ファイバーの存在が、クラウドに信頼性をもたらす – Verizon
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Equinix Cloud Exchange により、洗練されたハイブリッド・クラウドが実現されていく

Comments Off on ヨーロッパを 仮想 DC でカバーする、謎の Interoute クラウドが香港に進出!

%d bloggers like this: