Agile Cat — in the cloud

Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven データセンターとは?

Posted in Data Center Trends, Google by Agile Cat on September 24, 2014

Google to build gigantic 120-megawatt data center in the Netherlands
http://wp.me/pwo1E-7TH
By David Meyer – Sep 23, 2014
https://gigaom.com/2014/09/23/google-to-build-gigantic-120-megawatt-data-center-in-the-netherlands/

_ Giga Om

Summary: The $772 million facility in Eemshaven will benefit from proximity to the landing point of major international submarine cables, as well as a good deal of renewable energy, reports say.

Summary: この、Eemshaven における $772 million のファシリティは、 主要な国際海底ケーブルの陸揚げポイントに近いというだけではなく、再生可能エネルギーの安価な供給という意味でも恩恵を被ると、いくつかのレポートが述べている。

ーーーーー
Google is set to build an enormous data center in Eemshaven, in the Dutch province of Groningen. According to local reports, it will invest €600 million ($772 million) in the project over four years.

Google は、Groningen, Dutch 地方の Eemshaven に、巨大なデータセンターを構築するための準備を進めている。 その地方の報道によると、4年間のプロジェクトに €600 million ($772 million) が費やされるとされる。

photo
Eemshaven.net

The company already uses a TCN-owned, 20-megawatt data center in Eemshaven, which pitches itself as an ideal location for such things – it has access to many kinds of renewable energy, it’s a landing station for international internet cables and it has a mild climate that’s conducive to cheaper cooling.

すでに同社は、各種の再生可能エネルギーにアクセスできるという意味で、理想的なロケーションだと主張する Eemshaven で、TCN が所有する 20 MW のデータセンターを使用している。さらに言えば、Eemshaven には国際インターネット・ケーブルの陸揚げ局があり、また、穏やかな気候を活用した安価なクーリングも実現できる。

According to De Telegraaf, the new 120-megawatt data center will create 100 to 200 new jobs in Groningen. Construction will begin in 2016. Apple has also reportedly considered siting a new data center there, and Microsoft is also building a large new data center in Middenmeer, Noord-Holland.

De Telegraaf によると、この 2016年から構築が開始される、新しい 120 MW のデータセンターは、Groningen に 100人〜200人 の新規雇用をもたらす。

伝えられるところによると Apple も、この地に新しいデータセンターを構築すると推測される。さらに Microsoft も、Middenmeer, Noord-Holland に大規模なデータセンターを構築している。

Google already has three major European data centers of its own: in Hamina, Finland; St. Ghislain, Belgium; and Dublin, Ireland. The need to build out capacity in Europe comes not only from requirements for low latency from Google’s streaming media services, but also from unease — particularly among enterprise customers — over using services that are based in the U.S., due to the revelations of NSA whistleblower Edward Snowden.

すでに Google は、Hamina, Finland および、St. Ghislain, Belgium、そして Dublin, Ireland という、3つの主要データセンターをヨーロッパに所有している。ヨーロッパにおけるキャパシティの拡大は、Google のストリーミング・メディア・サービスで必要となる、低レイテンシの実現という要求に対応するものだ。ただし、Edward Snowden の内部告発が暴露した NSA による監視という、アメリカ・ベースのサービスにまつわる、エンタープライズ顧客の不安を取り除くという意味もあるのだろう。

Related research

How the mega data center is changing the hardware and data center markets March 2013
What mattered in mobile during the second quarter of 2014 July 2014
How the mobile payment market is shaping up in 2014 May 2014

ーーーーー

地理的に見て、London のマーケットにも近く、また、Ghislain, Belgium にも近い北海に面した海辺という感じですね。 Hamina で実現している海水冷を、ここでも活用するのでしょうか?  また、再生可能エネルギーが潤沢と書かれていますが、オランダということは、風力発電が盛んなのでしょうかね? これから、完成まで、いろいろなレポートが登場するはずなので、とても楽しみです 🙂

ーーーーー

<関連>

Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ
Google データセンターを埋め尽くす、独自サーバーのコンセプトとは?
Google がフィンランドに作った海水冷 DC とは?
Facebook が北欧に建設している、冷気と水力をフル活用の DC とは?

Comments Off on Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven データセンターとは?

%d bloggers like this: