Agile Cat — in the cloud

Web 上でフォーカスが変化する写真:それを実現する Lytro フォーマットが GitHub に!

Posted in Entertainment, Weekend by Agile Cat on August 16, 2014

Lytro Debuts New File Format, Partners With 500px
http://wp.me/pwo1E-7Lf

By Karissa Bell – June 12, 2014
http://mashable.com/2014/06/11/lytro-new-file-format-500px/

_ Mashable

Lytro’s cameras first entered the spotlight because they enabled users to change the focus of images after they were already shot.

Lytro のカメラがスポットライトを浴び始めたのは、すでに撮影されたイメージであっても、そのフォーカスをユーザーが変更できるからである。

But one obstacle holding the light-field platform back — other than expensive hardware — is that the greater photography ecosystem isn’t equipped to handle Lytro’s "living pictures," which use a file type not widely supported on the web. But that’s about to change.

しかし、明視野像プラットフォームの展開を妨げるものとして、そのハードウェアが高価なこと以外にも、Living Picture を取り扱うための、大規模なフォト・エコシステムが存在していないことが挙げられていた。つまり、そこで用いられるファイル・タイプは、Web 上で広く普及しているものではないのだ。しかし、それも、変わろうとしている。

Image: Flickr
Max Braun

The company is altering the way it stores images, which will now use a new open-file format that applies the WebGL standard for 3D graphics, according to Recode.

Recode説明によると、そのイメージをストアする方式を、同社は変更しているようだ。 具体的に言うと、3D グラフィックスのための WebGL スタンダードを適用する、新たなオープン・ファイル・フォーマットを使用することになる。

The first third-party platform that will take advantage of Lytro’s new format is online-photography community 500px, whose users will be able to view, edit and share Lytro photos. Lytro’s images will likely start appearing in other places around the web, too, as the company plans to make its new format available on GitHub, so anyone can take advantage of it.

この、Lytro の新しいフォーマットを活用する最初のサードパーティは、500px というオンライン·フォトコミュニティのプラットフォームだ。そのユーザーたちは、Lytro で撮影した写真の、参照/編集/共有を実現していくことになる。そして、Lytro のイメージは、数多くの Web 環境に登場してくるだろう。 つまり、GitHub 上の新しいフォーマットとして提供し、誰もが活用できるようにするという計画を、同社は持っている。

Lytro’s first cameras, which focused on light-field photography, became available in 2012. The company introduced its second-generation camera, the $1,599 Illum, earlier this year.

この、明視野像にフォーカスする、Lytro による最初カメラは、2012年に登場している。 そして同社は、第二世代のカメラである Illum を、$1599 という価格で、今年の初めに投入している。

Lytro has focused on consumer photography up until now. Last year, the company’s secured a $40 million round of funding to apply its technology to new categories.

そして、いま、Lytro がフォーカスしているのは、コンシューマの市場である。 この新しいカテゴリに、同社のテクノロジーを適用するための資金として、昨年のラウンドで $40 million を得ているのだ。

See also: Lytro Unveils Its Second-Generation Camera, the Illum

ーーーーー

カメラのことが、なにも分からない Agile_Cat であり、[light-field を 明視野 ] と、そのまま訳していますが、これで正解なのでしょうか? 変なところがありましたら、ぜひ、ご指摘ください。 それにしても、この Lytro のサンプル・ページは面白いですよ。 写真のフォーカスを後から変えることで、そして、その変化を見せることで、素晴らしい表現力が得られています。 言い換えるなら、印画紙に焼き付けられるところから始まり、Web 上でも固定されていた写真というものが、まさに Living Picture として、新たな生命を授けられたという感じです。 これからの展開が、とても楽しみです!

ーーーーー

<関連>

一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた
告白しますが、むかしは、筋金入りの テトリス名人 でした by Woz

Comments Off on Web 上でフォーカスが変化する写真:それを実現する Lytro フォーマットが GitHub に!

%d bloggers like this: