Agile Cat — in the cloud

やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Asia, Google, Mobile, Research by Agile Cat on July 14, 2014

CHART OF THE DAY: Android Leads iOS In Several Key Regions — Except Japan
http://wp.me/pwo1E-7EY
Dave Smith – Jul. 9, 2014
http://www.businessinsider.com/-android-leads-ios-in-several-key-regions-2014-7

_ Business Insider

As we mentioned in Tuesday’s Chart Of The Day, Android is far behind iOS in terms of mobile web traffic, but Google’s open operating system still maintains a strong lead over Apple’s mobile platform in terms of global market share of smartphone sales.

火曜日の Chart Of The Day で示したように、モバイル Web トラフィックの観点では、Android は iOS に大きく遅れをとっている。 しかし、この Google オープン・オペレーティング・システムを、グローバルにおけるスマートフォン販売の観点で見ると、Apple のモバイル・プラットフォームに対して、強烈なリードを保持していることが分かる。

_  space

Statista

Thanks to the latest data from Kantar Worldpanel charted for us by Statista, you can see how Android has maintained a clear advantage in several major regions over the last three months, including the U.S., China, and five prominent EU countries including Germany, France, Spain, Italy and the UK. But, by a narrow margin, Apple’s iOS is still more popular than Android in Japan, which is one of the leading nations in terms of science and technology R&D.

Kantar Worldpanel による最新データを、Statista がチャートにしてくれたことに感謝しなければならない。 この 3ヶ月の間、いくつかの主要マーケットにおいて、どれほど Android が優位性を維持しているのか、それを容易に確認できる。U.S. と China だけではなく、EU の主要 5カ国である、Germany/France/Spain/Italy/UK が、その中に含まれる。しかし、僅差ではあるが、Japan においては、Apple の iOS の方が Android よりも優位となっている。 言うまでもなく、同国は科学技術の研究開発の面で、世界の主要国の一角を占めている。

ーーーーー

先日に、「 アメリカの iOS は Android を寄せ付けない 」という抄訳をポストしましたが、アメリカ市場におけるデバイス数を比較すると、こんなに Android の方が多いのに、トラフィックは iOS が圧勝という、とても混沌とした状況にあることが分かります。 その理由を知りたいと、以前から情報をあさってはいるのですが、まだ、見つかりません。 この2つの OS の、平均的ユーザーのプロファイルを比較すると、とても興味深い事実が明らかになると思うのですが・・・ 

ーーーーー

<関連>

2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場を1枚のチャートで!
モバイル・ユーザーが使用するアプリは、平均で 30タイトルを下回る:それを示す1枚のチャート
世界のメディアは モバイルのために存在する:それを示す1枚のチャート
ファブレットが絶好調になってきた:スマホとタブレットを上回る成長を1枚のチャートで
Chrome が Explorer をアメリカでも逆転: この大きな流れを Adobe の調査が裏付ける
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/5月

Comments Off on やっぱり、日本人は iPhone が大好きなんだ! それを示す1枚のチャート

SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する

Posted in Businesses, On Monday by Agile Cat on July 14, 2014

SaaS and ECM: The Benefits of Managing Content in the Cloud
http://wp.me/pwo1E-7EQ
By Dick Weisinger – July 11, 2014
http://formtek.com/blog/saas-and-ecm-the-benefits-of-managing-content-in-the-cloud/

_ formtek

SaaS-based Enterprise Content Management (ECM) is predicted to grow at an average annual rate of 31 percent from 2013 to 2018, based on a report by TechNavio Research.  This compares to the total global ECM market which is expected to grow only 12 percent annually over the same period. 

SaaS ベースの Enterprise Content Management(ECM)だが、TechNavio Research のレポートによると、2013年から 2018年にかけての年間成長率が、平均で 31% に至るらしい。 それと同じ期間で、グローバルにおける全体的な ECM マーケットを比べると、そちらの方の年間平均成長率は、わずか 12% に留まっているのだ。

On-premise ECM still holds the bulk of the market share for the total ECM market space at 91 percent, but on-premise is expected to be slowly displaced by cloud-based solutions from now until 2018.

そして、オンプレミス ECM だが、すべての ECM マーケットの大部分と言える、91% というシェアを依然として維持している。 しかし、オンプレミスは、これから 2018年までの間に、クラウド・ベースのソリューションにより、ゆっくりと置き換えられていくと思われる。

The number of vendors with solutions in the cloud ECM space is growing.  Cloud ECM vendors include Alfresco, Nuxeo, SpringCM, OpenText and EMC.

この、クラウド ECM 領域では、ソリューションとベンダーの数が増え続けている。 そして、それらのクラウド ECM ベンダーには、AlfrescoNuxeoSpringCMOpenTextEMC などが含まれる。

Some reasons why Cloud ECM is so attractive compared to On-Premise ECM solutions include:

なお、Cloud ECM が On-Premise ECM に対して、それほどまでに魅力的な理由としては、以下の項目が挙げられる:

  • Faster Startup
  • Reliability
  • Scalability
  • Lifecycle Management. Systems are easier to support and improve
  • 迅速な立ち上げが可能
  • 信頼性が高い
  • スケーラビリティに優れる
  • ライフサイクルが管理される(システムのサポートとアップデートが容易)

Faisal Ghaus, TechNavio Research Vice President, said that ”SaaS-based ECM provides all the benefits of on-premise ECM systems in a trouble-free environment so that customers can focus on their core business activities while achieving a significant reduction in the total cost of ownership,” said in the report.

TechNavio Research の VP である Faisal Ghaus は、「 SaaS ベースの ECM は、オンプレミス ECM システムが持つすべての利点を、トラブルの無い環境で提供する。それにより、顧客たちは自身のコア・ビジネス・アクティビティに集中できるようになるが、それを所有するトータル・コストも大幅に削減される」と、そのレポートで述べている。

ーーーーー

似ていて違う話なのかもしれませんが、この抄訳をポストしている WordPress も、巨大な SaaS 型クラウドです。 そして、エンタープライズを対象とはしていませんが、Content Management の最先端を走っている、誰もが認めるサービスです。 ちなみに、その VIP アカウントは、かなり高額なサービスですが、Gigaom や TechCrunch といった、イケてるメディアが利用しているというのも周知の事実です。 Agile_Cat の場合は、スタンダードの無償サービスを使っているわけですが、それでも $40/年も支払えば、独自ドメインの利用と AdSense の停止などが可能となります。 そして、まったくの無償ユーザーであっても、サイバー・アタックからの保護や、各種ソーシャル・メディアとの API 連携、Google Authencator による二段認証などで、大きなメリットが提供されます。 おそらく、クラウド ECM も、それと似たような状況にあり、それが、素晴らしい成長の推進力になっていると思えるのです。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、大きな実績を残し始めている!
Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?
Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ

Comments Off on SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する

%d bloggers like this: