Agile Cat — in the cloud

Android KitKat のシェア: 北米では 37% まで伸びているらしい

Posted in Google, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on June 27, 2014

Chitika: KitKat jumps to second most used Android version in North America
http://wp.me/pwo1E-7CG

By Kevin C. Tofel – June 6, 2014
http://gigaom.com/2014/06/06/chitika-kitkat-jumps-to-second-most-used-android-version-in-north-america/

_ Giga Om

Summary: Handset makers are starting to make good progress getting Android 4.4 to phones in the U.S. and Canada, based on data from Chitika. If you want your phone upgraded the fastest, a Nexus or Motorola handset is the way to go.

Summary: Chitika からのデータをベースにすると、アメリカとカナダのハンドセット・メーカーたちは、Android 4.4 へのアップデートに関して、目覚ましい進歩を遂げ始めているようだ。もし、デバイスの迅速なアップグレードが必要なら、Nexus や Motorola を選ぶのも手かもしれない。

ーーーーー

Earlier this week at Apple’s WorldWide Developer Conference, Tim Cook pointed out that the Android community can’t get its act together when it comes to software versions. He’s right that there are several editions of Android on phones around the world, although I’d argue it doesn’t matter that much since Google is upgrading its services across all of those versions. Besides, the KitKat upgrade train is coming on strong, up more than 25 percentage points in North America in the past three months.

今週初めの Apple WWDC で Tim Cook は、Android コミュニティがソフトウェアのバージョンにより分断されていると指摘した。 しかし、それらの全バージョンを横断するかたちで、Google はサービスをアップグレードしているので、問題ではないというのが、私の捉え方である。また、KitKat へ向けたアップグレードの流れが強まっており、最近の 3か月における北米での動きにより、全体の 25% を超えるところまで来ているのだ。

The data comes from Chitika’s ad network where it last reported Android 4.4 adoption in April. At that time, only 10 percent of the phones browsing sites on its network in the U.S. and Canada ran KitKit. Fast forward to the current day and that figure is 37 percent, making KitKat usage second in North America only to Jelly Bean, the prior version of Android.

一連のデータは、アド・ネットワークである Chitika から提供されたものであり、4月末の時点における Android 4.4 採用率をレポートするものとなっている。そのときは、US と Canada における 10% のモバイル・ブラウジング・サイトをサンプリングし、KitKit の利用率を測定している。そして、目覚ましい進捗があり、現在の比率は 37% まで伸びている。North America において、それ以上の比率を持つのは Jelly Bean のみであり、KitKat は二番手に付けていることになる。

クリックで拡大 ⇒

Unsurprisingly, Samsung accounts for the most KitKat users in the study overall. It sells the most handsets (by far), so even though it’s typically not the first hardware partner offering software upgrades to its phones, it makes up the difference in sheer breadth of market.

当然のことながら、今回の調査において、最も多くの KitKat ユーザー・アカウントを有していたのは Samsung である。そして、同社は、最も多くの(はるかに)ハンドセットを販売している。したがって、対象となるハードウェアに、最初にソフトウェアをアップグレードしていくパートナーではないが、そのマーケットの違いを見せつけることになる。

Google’s own phones rule the roost when it comes to fast upgrades, which is one of the key benefits to owning a Nexus phone. But a very near second is owning a Motorola handset because it has quickly offered Android upgrades since launching its Moto X last August. That phone, along with the Moto G and E models, is now getting Android 4.4.3, just days after Google made the code available to its partners.

アップグレードの順序だが、もちろん、Google 自身のスマホが最優先となる。 つまり、それが、Nexus Phone と所有する大きなメリットである。それに僅差で続くのが、Motorola Phone である。 昨年 8月の、Moto X の立ち上げ以来、迅速に Android アップグレードが提供されている。現実に、Google がパートナーへ向けてコードを提供した数日後には、Moto G と Moto E で Android 4.4.3 が動き出していた。

クリックで拡大 ⇒

Google first introduced Android 4.4 KitKat in October and although it can run on a wider range of phones — the software is optimized to run better on lesser hardware — it’s still up to Google’s hardware partners to make it available. For companies that have added their own software layer on top of Android, it takes time and effort to do so. Motorola is quicker than most partly because it has no such user interface skin, instead opting for a more pure Android experience with some added software features.

Google が Android4.4 KitKat を導入したのは、昨年 10月のことであり、より広範囲におよぶデバイスで実行できるものとなった。つまり、この ソフトウェアは、ハイ・スペックとは言えないハードウェアでも、適切に動作するよう最適化されており、その採用は、Google のハードウェア・パートナーに委ねられている。そして、Android の上位レイヤに、独自のソフトウェアを追加する企業にとっては、そのための時間と労力が必要となる。その点、Motorola は独自のユーザー·インターフェース・スキンを持たずに、ピュアな Android エクスペリエンスを選択し、いくつかのソフトウェアにより機能を付加している。したがって、他社よりも迅速に対応できるのである。

As always, Chitika’s data provides a proxy view of the overall Android market; if an Android phone never hits a website using Chitika ads, it can’t be counted in the study. So consider it a subset of the whole market to give an idea of Android’s current state in North America.

いつものように、Chitika のデータは、全体的な Android マーケットを連想させる視点を提供する。もし、Chitika の広告が掲載されている Web サイトに、Android スマホがヒットしないなら、このような調査も不可能だ。このサブセットを介して、北米における Android 全体的なステータスを推測して欲しい。

Related research

Is Android broken and if so, will Google fix it? April 2012
What first-quarter 2014 meant for the mobile space April 2014
What to expect for the mobile OS market in 2013 August 2013

ーーーーー

いま、Agile_Cat が利用中の Android デバイスは、Xperia V/Xperia Z/Nexus 7の3台です。この中で、一番古い Xperia V(2012)は、いまでは貴重な 4-inch デバイスであり、また、軽くて薄いので重宝しているのですが、Android のバージョンは ICS 4.04 という状況でした。 そして、4月に提供され始めた Jelly Bean 4.3 へと、つい先日にアップデートしたところですが、1.5GHz- Dual Core のマシンながら、かなりキビキビと動くようになりました。それよりは新しい、Xperia Z/Nexus 7の2台は、どちらも Quad Core なので、とても速いのだと思っていましたが、OS の差も大きいことが分かってきました。まだ、Xperia V には KitKat のアップデートは来ていないのですが、Sony の Web ページには予定として掲載されているので、それを心待ちにしているところです。

ーーーーー

<関連>

WWDC における Tim Cook の Android 批判:いったい、誰にとってイタイ話なのか?
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた:それを示す1枚のチャート
Android が 10億 アクティベーションに到達 : 次期 OS の名前は KitKat だ!
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート
2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/5月

Comments Off on Android KitKat のシェア: 北米では 37% まで伸びているらしい

%d bloggers like this: