Agile Cat — in the cloud

Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?

Posted in Hybrid, On Monday by Agile Cat on June 30, 2014

Public, Private and Hybrid Cloud Computing: There can only be One
http://wp.me/pwo1E-7CV

By Dick Weisinger – June 24, 2014
http://formtek.com/blog/public-private-and-hybrid-cloud-computing-there-can-only-be-one/

_ formtek

‘There can only be one’, said Scott Sanchez, Lead Cloud Evangelist at Rackspace, invoking the cult fantasy film The Highlander, when explaining the direction of cloud computing.  Sanchez notes that while there are many cloud vendor brands, creating a landscape of differing cloud platforms and capabilities is ultimately counter-productive.  Sanchez said that “when you look at how to build a Cloud strategy, you should just have one Cloud strategy.”  Sanchez is a proponent for the creation of cloud standards, like OpenStack.

Rackspace の Lead Cloud Evangelist である Scott Sanchez は、クラウド・コンピューティングの方向性を説明するとき、カルト・ファンタジー映画である The Highlander を引き合いに出しながら、生存できるのは 1つだけだと述べた。Sanchez は、数多くのクラウド·ベンダー・ブランドが存在するが、それらのプラットフォームや機能で、1つの世界観を形成していくことは、最終的には非生産的な結果につながると指摘している。そして「クラウド戦略を構築するための方法を見出すとき、1つのクラウド戦略を持つはずである」と、述べている。Sanchez は、OpenStack のようなかたちで、クラウドの標準を作成することを支持している。

 Kerry Bailey, HP senior VP of sales, said that ”the first phase that enterprise did was a bit of lifting and shifting of existing workloads… These customers are looking at cloud and saying ‘I don’t know what’s going to happen in the next two years.”  Developers are now writing applications that take advantage of the cloud infrastructure.  Bailey argues that these businesses can ensure an easier future migration path either to or from both public and in-house data centers by basing their development on an open-source platform like OpenStack.

HP の Senior VP of Sales である Kerry Bailey は、「 エンタープライズたちが実施した最初のフェーズは、既存のワークロードに、少しだけ働きかけ、それを移行することであった。そして、それらの顧客たちはクラウドを見ながら、これからの 2年間に、何が起こるのか、分からないと言う」と、述べている。しかし、いまの開発者たちは、クラウド·インフラを活用するアプリケーションを開発している。そして、Baily の主張は、それらの企業においては、これからの容易な移行を実現するための、マイグレーション・パスが確保されているというものだ。それは、OpenStack のようなオープン·ソース·プラットフォーム上で開発してきた基盤により、パブリックおよびインハウスという、双方のデータセンターからの移行を実現するものとなる。

Mark Shuttleworth, the founder of Canonical Ltd., said that the “hybrid cloud is central to the conversation about cloud computing.  Some large organizations are native to the cloud or moved all of their computing to the cloud, but they are rare.  Most companies are committed to public and private clouds, and getting data to the right cloud. Hybrid cloud is without a doubt central to the conversation and thought about the cloud.”

Canonical Ltd. の Founder である Mark Shuttleworth は、「クラウド・コンピューティングについて会話するとき、その中心に座っているのはハイブリッド・クラウドだ。いくつかの大規模な組織は、クラウドとの相性が良く、また、すべてのコンピューティングを移行するだろうが、そのようなケースは稀である。また、ほとんどの企業は、パブリックとプライベートのクラウドに依存しており、データの内容に応じて、適切なクラウドを選んでいる。つまり、ハイブリッド·クラウドが、クラウド全般において、話題の中心になることに、なんの疑念も生じない」と述べている

Wide acceptance of standards like OpenStack would allow more fluid movement by businesses of their data to and from public and private clouds.  More than 50 percent of large businesses are expected to have hybrid cloud deployments by 2017 according to Gartner.  Reasons for why the hybrid cloud is appealing to businesses include:

OpenStack のような、広く受け入れられているスタンダードが、パブリックとプライベートのクラウドの間で、データを行き来させるエンタープライズの、より円滑な業務の流れを実現していく。Gartner の予測によると、エンタープライズの 50% 以上が、2017年までにハイブリッド・クラウド環境を有することになるという。ハイブリッド・クラウドが、エンタープライズに受け入れられる理由は、以下のとおりである:

  • Data security can be more easily controlled by classifying which data and which applications are sensitive or which need to comply with strict government regulations. Sensitive data can remain within the firewall while less sensitive data can be moved to a public cloud.
  • Hybrid architectures mean that businesses can tap into public cloud infrastructure when demand peaks and exceeds what private clouds can deliver.
  • Hybrid clouds also allow businesses to score some of the much-hyped cost-saving benefits of the public cloud.
  • 機密性の高さや、法的な規制に応じて、データおよびアプリケーションを分類することで、データに関するセキュリティ対策が、容易にコントロールできるようになる。つまり、機密性の高いデータはファイアウォール内に留まり、それほどセンシティブではないデータは、パブリック・クラウドへと移行することになる。
  • ハイブリッドのアーキテクチャであれば、需要のピークなどがプライベート・クラウドの能力を超えたときに、パブリック·クラウド·インフラを活用するという方式を、エンタープライズは実現できる。
  • ハイブリッド・クラウドを活用するエンタープライズであれば、パブリック・クラウドの大きなメリットである、コスト削減を享受することも可能になる。

ーーーーー

このところ、「Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?」と、「SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する」という、ハイブリッドに関する抄訳をポストしてきました。 それらを読んていて感じるのは、まずはプライベート(オンプレミス)有りきで、そこに対極としてのパブリックが登場し、それらを統合するハイブリッドが主役になっていくという、とても自然な流れが生じてきたことです。 そんなこんなで、ネットワークに投資し続けてきた、Equinix や Level 3、そして、各テレコムや Google の動向が気になる、今日 この頃です。

ーーーーー

<関連>

Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
Data Center の調査: 未来のデータセンターは、小型で手元に置かれるものになる
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!

Comments Off on Cloud の調査: すべては Hybrid へと集約されていくのか?

100人に聞きました: いくらなら iWatch を買いますか? 結果をチャートで ど〜ぞ!

Posted in Apple, Research, Wearable by Agile Cat on June 28, 2014

Here’s What People Would Pay For The iWatch
http://wp.me/pwo1E-7CP
Lisa Eadicicco – Jun. 25, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-iwatch-price-predictions-2014-6

_ Business Insider

Although Apple is expected to release its first smartwatch later this year, the truth is we still don’t know anything about the device — including how much it will cost. What we  can estimate, however, is how much people are willing to pay for it.

今年の後半には、Apple から初のスマートウォッチが発売されるようだが、何が真実なのかとなると、価格も含めて、このデバイスについては、まったく分からないという状況にいる。しかし、何かを推定することは可能である。 つまり、いくらまでなら、それに対して人々は、喜んで対価を支払うのかという仮説である。

_  space

Business Insider/Statista

Earlier this week, investment firm Piper Jaffray published results from a study which found that most adult consumers wouldn’t be interested in buying an iWatch for $350. The firm then asked respondents how much they would consider paying for an iWatch.

今週の初めになるが、投資会社である Piper Jaffray が、そんな調査の結果を発表した。そして、もし iWatch が $350 だったら、ほとんどの人々が、興味を示さないだろうということが分かった。続いて同社は、いくらなら、iWatch に支払う気になるのかと、回答者たちに尋ねた。

While most consumers said they wouldn’t purchase one regardless of the price, more than 30% said they would buy the iWatch if it fell in the $100-$200 price range. Only 10% said they would buy the watch if it was priced at $100 or less, as shown in the chart from Statista posted below.

最も多い回答は、その価格が安かろうが高かろうが、購入しないだろうというものだった。次に多かったのは、$100〜$200 であれば、iWatch を買うだろうという回答だった。また、$100 以下なら購入すると言う人々は、10% しかいなかった。 このチャートに示されるように、Statista が調査結果をマトメてくれた。

ーーーーー

なんとなく、回答者の気持ちが分かる、調査の結果です。 実は、Agile_Cat も Sony SmartWatch 2 を、香港の通販サイトで狙って居るのですが、ズルズルと 1万8000円くらいまで下がってきたので、「もう一声」を待っているという状況なのです。 W杯記念の、ブラジル・カラーのベルトのものは、すでに 1万5500円 まで来ているのですが、それだと恥ずかしくて使えません。 やはり目立たない、黒が良いです。 これは、Android ウォッチの話しなので、iWatch だと、もっと高くても売れるのかと思っていましたが、みなさん、考えることは同じようですね :)  なお、調査の母数は 100人とのことなので、かなり簡易的なものだと思います。 しかも、投資会社がアクセスできる 100人ですから、実際には、もう少し安い方へと、回答者の立ち位置は振れるのかもしれませんね。

ーーーーー

<関連>

ゆるして Apple! ノーモア iWatch! 俺のサイフは空っぽだぁぁぁ!
Apple が iWatch を発売するなら、1年間で 1.7 兆円 を売り上げる - Morgan Stanley
Apple iWatch の ウワサ:台湾の Quanta が 独占契約を獲得/年末までに 6500万台を販売?
iWatch は こうなると予測する、3D コンセプト・モデルだ!
Google Glass + Apple iWatch : ウェアラブル写真館です

Comments Off on 100人に聞きました: いくらなら iWatch を買いますか? 結果をチャートで ど〜ぞ!

Android KitKat のシェア: 北米では 37% まで伸びているらしい

Posted in Google, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on June 27, 2014

Chitika: KitKat jumps to second most used Android version in North America
http://wp.me/pwo1E-7CG

By Kevin C. Tofel – June 6, 2014
http://gigaom.com/2014/06/06/chitika-kitkat-jumps-to-second-most-used-android-version-in-north-america/

_ Giga Om

Summary: Handset makers are starting to make good progress getting Android 4.4 to phones in the U.S. and Canada, based on data from Chitika. If you want your phone upgraded the fastest, a Nexus or Motorola handset is the way to go.

Summary: Chitika からのデータをベースにすると、アメリカとカナダのハンドセット・メーカーたちは、Android 4.4 へのアップデートに関して、目覚ましい進歩を遂げ始めているようだ。もし、デバイスの迅速なアップグレードが必要なら、Nexus や Motorola を選ぶのも手かもしれない。

ーーーーー

Earlier this week at Apple’s WorldWide Developer Conference, Tim Cook pointed out that the Android community can’t get its act together when it comes to software versions. He’s right that there are several editions of Android on phones around the world, although I’d argue it doesn’t matter that much since Google is upgrading its services across all of those versions. Besides, the KitKat upgrade train is coming on strong, up more than 25 percentage points in North America in the past three months.

今週初めの Apple WWDC で Tim Cook は、Android コミュニティがソフトウェアのバージョンにより分断されていると指摘した。 しかし、それらの全バージョンを横断するかたちで、Google はサービスをアップグレードしているので、問題ではないというのが、私の捉え方である。また、KitKat へ向けたアップグレードの流れが強まっており、最近の 3か月における北米での動きにより、全体の 25% を超えるところまで来ているのだ。

The data comes from Chitika’s ad network where it last reported Android 4.4 adoption in April. At that time, only 10 percent of the phones browsing sites on its network in the U.S. and Canada ran KitKit. Fast forward to the current day and that figure is 37 percent, making KitKat usage second in North America only to Jelly Bean, the prior version of Android.

一連のデータは、アド・ネットワークである Chitika から提供されたものであり、4月末の時点における Android 4.4 採用率をレポートするものとなっている。そのときは、US と Canada における 10% のモバイル・ブラウジング・サイトをサンプリングし、KitKit の利用率を測定している。そして、目覚ましい進捗があり、現在の比率は 37% まで伸びている。North America において、それ以上の比率を持つのは Jelly Bean のみであり、KitKat は二番手に付けていることになる。

クリックで拡大 ⇒

Unsurprisingly, Samsung accounts for the most KitKat users in the study overall. It sells the most handsets (by far), so even though it’s typically not the first hardware partner offering software upgrades to its phones, it makes up the difference in sheer breadth of market.

当然のことながら、今回の調査において、最も多くの KitKat ユーザー・アカウントを有していたのは Samsung である。そして、同社は、最も多くの(はるかに)ハンドセットを販売している。したがって、対象となるハードウェアに、最初にソフトウェアをアップグレードしていくパートナーではないが、そのマーケットの違いを見せつけることになる。

Google’s own phones rule the roost when it comes to fast upgrades, which is one of the key benefits to owning a Nexus phone. But a very near second is owning a Motorola handset because it has quickly offered Android upgrades since launching its Moto X last August. That phone, along with the Moto G and E models, is now getting Android 4.4.3, just days after Google made the code available to its partners.

アップグレードの順序だが、もちろん、Google 自身のスマホが最優先となる。 つまり、それが、Nexus Phone と所有する大きなメリットである。それに僅差で続くのが、Motorola Phone である。 昨年 8月の、Moto X の立ち上げ以来、迅速に Android アップグレードが提供されている。現実に、Google がパートナーへ向けてコードを提供した数日後には、Moto G と Moto E で Android 4.4.3 が動き出していた。

クリックで拡大 ⇒

Google first introduced Android 4.4 KitKat in October and although it can run on a wider range of phones — the software is optimized to run better on lesser hardware — it’s still up to Google’s hardware partners to make it available. For companies that have added their own software layer on top of Android, it takes time and effort to do so. Motorola is quicker than most partly because it has no such user interface skin, instead opting for a more pure Android experience with some added software features.

Google が Android4.4 KitKat を導入したのは、昨年 10月のことであり、より広範囲におよぶデバイスで実行できるものとなった。つまり、この ソフトウェアは、ハイ・スペックとは言えないハードウェアでも、適切に動作するよう最適化されており、その採用は、Google のハードウェア・パートナーに委ねられている。そして、Android の上位レイヤに、独自のソフトウェアを追加する企業にとっては、そのための時間と労力が必要となる。その点、Motorola は独自のユーザー·インターフェース・スキンを持たずに、ピュアな Android エクスペリエンスを選択し、いくつかのソフトウェアにより機能を付加している。したがって、他社よりも迅速に対応できるのである。

As always, Chitika’s data provides a proxy view of the overall Android market; if an Android phone never hits a website using Chitika ads, it can’t be counted in the study. So consider it a subset of the whole market to give an idea of Android’s current state in North America.

いつものように、Chitika のデータは、全体的な Android マーケットを連想させる視点を提供する。もし、Chitika の広告が掲載されている Web サイトに、Android スマホがヒットしないなら、このような調査も不可能だ。このサブセットを介して、北米における Android 全体的なステータスを推測して欲しい。

Related research

Is Android broken and if so, will Google fix it? April 2012
What first-quarter 2014 meant for the mobile space April 2014
What to expect for the mobile OS market in 2013 August 2013

ーーーーー

いま、Agile_Cat が利用中の Android デバイスは、Xperia V/Xperia Z/Nexus 7の3台です。この中で、一番古い Xperia V(2012)は、いまでは貴重な 4-inch デバイスであり、また、軽くて薄いので重宝しているのですが、Android のバージョンは ICS 4.04 という状況でした。 そして、4月に提供され始めた Jelly Bean 4.3 へと、つい先日にアップデートしたところですが、1.5GHz- Dual Core のマシンながら、かなりキビキビと動くようになりました。それよりは新しい、Xperia Z/Nexus 7の2台は、どちらも Quad Core なので、とても速いのだと思っていましたが、OS の差も大きいことが分かってきました。まだ、Xperia V には KitKat のアップデートは来ていないのですが、Sony の Web ページには予定として掲載されているので、それを心待ちにしているところです。

ーーーーー

<関連>

WWDC における Tim Cook の Android 批判:いったい、誰にとってイタイ話なのか?
iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた:それを示す1枚のチャート
Android が 10億 アクティベーションに到達 : 次期 OS の名前は KitKat だ!
Google の Before/After で激変したプラットフォーム勢力図:それを示す1枚のチャート
2015年の Android は、Windows の4倍の勢力に成長する:Gartner
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/5月

Comments Off on Android KitKat のシェア: 北米では 37% まで伸びているらしい

Google I/O 2014 ニュース・リンク 90本!

Posted in Events, Google by Agile Cat on June 26, 2014

Google I/O 2014 News Archive
June 26, 2014
http://wp.me/pwo1E-7Cw

Agile_Cat_Loupe

_  space

今朝は寝坊してしまい、Google I/O の Live も見ていないという状況ですが、取り急ぎ、自分用の RSS から、主だったメディアによるトピックスを拾い集めて、以下のようなリンク集を作ってみました。 キーノートに関しては、以下のイメージをクリックして、Youtube で ど~ぞ!

_  space

_  space

なお、Google I/O Event ページは こちらです。

ーーーーー

_ Business Insider

Here’s How Google Plans To Change Android (GOOG)

GOOGLE: We Have 1 Billion Monthly Active Android Users (GOOG)

Here’s How Google’s New Smartwatches Will Work (GOOG)

Google Just Unveiled Its Plan To Take Over Your Car

Here’s How Your Chromebook Is About To Get A Lot Better

Google Just Launched Android TV To Further Infiltrate Your Living Room

Google’s Top Cloud Guy, Urs Hözle, Throws Down The Gauntlet With Amazon, Microsoft

_  space

_ Mashable

Google Glass Now Shipping With More Memory

Android Now Has 1 Billion Active Users

Google Overhauls Android With L Developer Preview

Google Unveils Android Auto

25 Other Names Google Considered for Android L

Google Announces Native Microsoft Office Editing in Google Docs

Google Fit Is Android’s New Health and Fitness Tracking Service

_  space

_ Giga Om

AndroidOne: It’s like the Nexus line for inexpensive phones

It’s here: Google officially unveils Android TV

Android L preview: a whole new look for Google’s mobile operating system

Google’s Android Auto joins the growing number of infotainment systems in the car

Android Wear is a contextually-aware phone remote on your wrist

Google adds a big data service and lots of monitoring to its cloud

_  space

_ VB

Google I/O 2014 keynote: Livestream and live analysis

Android now has over 1B active users, up from 538M last year

Android now makes up 62% of tablet shipments worldwide

Protestors break into Google I/O

Google shows off Android Wear, the OS for smartwatches

This is Android Auto, Google’s platform for your car

Google announces Android TV, the next generation of Google TV development

Google’s Chromecast streamer learns some cool, new tricks

Google says Chromebooks will run Android apps in the future

Google is bringing mobile games to television with Android TV

Google Drive now has 190M users & a brand new tablet app for presentations

Google wraps up Stackdriver integration work and releases monitoring tools for its cloud

Google unveils a big-data pipeline for batch and stream processing in its cloud

_  space

_ Read Write (2)

Google I/O 2014: Join ReadWrite For Live Event Coverage

A Google Glass Upgrade Might Address Its Failings, But Lose The Faithful

Google’s Gender-Diversity Push Is Paying Off

Google Previews The Next Big Release Of Android: "L"

_  space

TIME

Everything You Need to Know About Google I/O 2014

Google Has a Plan to Bring Smartphones to a Billion More Users

Google Announces Google Fit Health Platform

Google Just Released Its Most Low-Tech Product Ever

_  space

_gardian

Google I/O 2014: smartwatches, Google Fit and Android Lollipop? 5 hours ago

Google’s Android L: ‘One of the most comprehensive releases we have done’

Samsung Gear Live smartwatch will run Google’s Android Wear software

Android TV: Google’s connected TV ambitions reach their third episode

Android has 1bn active users and grand ambitions for cars, wearables and TV

_  space

_ techcrunch

Google Now Has 1B Active Monthly Android Users

Google Introduces Android One Program To Bring More Smartphones To Developing Markets

Google Unveils New Cross Platform Design Language “Material Design”

Google Makes Phone Logins Easier With Personal Login Feature For Android L

The First Android Wear Smartwatches Will Go On Sale Today

Google Launches Full Android Wear SDK, Developers Create Custom UIs And Access Sensors

Google Shames Apple’s iOS For Adding What Android Did Years Ago

Google Introduces Android TV, Its New Platform For Smart TV Apps And Navigation

Google Blurs The Line Between Web And Native Apps On Android

Google Announces Android Auto, Promises Enabled Cars By End Of 2014

Google IO Protester Stopped The Conference Claiming To Be Jack Halprin Eviction Victim

Google Will Soon Bring Android Apps To Chrome OS

Google I/O Attendees Gifted Brand-New Android Wear Smartwatches

_  space

_ into Mobile

Android 5.0 Will Be Announced at Google I/O Tomorrow yesterday

Watch the Google I/O 2014 Keynote Live Stream Right Here!

Android One Announced, Hardware and Software Solution for Emerging Markets

Google I/O 2014: Android’s Got a New Look With ‘L-Release’

_  space

_ Talk Android

Google announces Android One project for low-cost smartphones

1 billion active users on Android, tablet presence impresses

Google Play Services holds important role in security for Android devices

LG G Watch, Samsung Gear Live available today via Play Store, Moto 360 for summer launch

Google details what’s new in Android L preview, including new design language

Google’s Android Auto ready to hit the road

Android Wear gets detailed, full SDK available today

Android TV gets announced, hardware launches this fall

Chromebooks to include new security unlock features, Google Now cards, run Android apps

Samsung, LG provide specifications on their Android Wear smart watches

_  space

_ engadget

Live from Google I/O’s 2014 opening keynote!

Android still the dominant mobile OS with 1 billion active users

Google’s next version of Android ‘L-release’ has a new look, deeper ties to the web

Google’s Android One program will set minimum standards for bargain-basement

Google’s new ‘Material Design’ UI coming to Android, Chrome OS and the web

Android L can squeeze out 90 extra minutes of battery life with a new mode

Samsung unveils Gear Live, its first smartwatch using Android Wear

Google boosts in-car connectivity with Android Auto

Google targets Amazon’s and Apple’s set-top boxes with Android TV platform

Here’s what Google’s Android Wear can do

Android TV will be in Sony, Sharp and Philips TVs next year

Google bringing Android apps to Chromebooks

Chromecast can finally mirror your Android device’s screen

Google Drive for Business now offers unlimited storage for $10 per month, per user

Android for Work lets your personal and business data coexist on one device

Google Fit is Android’s answer to exercise and health tracking

ーーーーー

 

Comments Off on Google I/O 2014 ニュース・リンク 90本!

SingTel と TelecityGroup は、インターネットに依存することなく Azure 接続を実現する

Posted in Asia, Data Center Trends, Hybrid, Microsoft, Telecom by Agile Cat on June 25, 2014

SingTel and TelecityGroup enable access to Azure without internet connection
http://wp.me/pwo1E-7BB

By Karen McCandless on Tuesday, May 13, 2014
http://www.onwindows.com/Article/singtel-and-telecitygroup-enable-access-to-azure-without-internet-connection-23413#.U6nlZY2Sxsu

SingTel and TelecityGroup will provide secure and private direct connections into Microsoft’s Azure public cloud solution, as announced at TechEd 2014. The companies, along with AT&T, BT, Equinix, Level3 and Verizon, allow customers to connect Azure and on-premise technologies through the new Azure ExpressRoute offering.

TechEd 2014 での発表によると、SingTel と TelecityGroup は、セキュアなプライベート・ダイレクト・コネクションを、Microsoft の Azure パブリック·クラウド·ソリューションに提供することになる。つまり、この両社も、AT&T/BT/Equinix/Level 3/Verizon などと同様に、新たに提供される Azure ExpressRoute を介して、顧客のオンプレミス・テクノロジーと Azure の接続を実現していく。

Previously, businesses could only use the internet to access Azure, but ExpressRoute (codenamed Golden Gate) allows users to access private and dedicated network connections that don’t use the internet.

これまでのユーザー企業にとって、Azure にアクセスするため利用できるのは インターネット のみであったが、ExpressRoute(codenamed Golden Gate)により、インターネットに依存しない、専用のプライベート・ネットワークによる接続が可能になる。

SingTel will first roll out Microsoft’s private networking service to the Singapore and Asia markets before replicating this network arrangement in Australia to serve the markets in Oceania. SingTel’s Multi-Protocol Label Switching virtual private network will integrate directly with ExpressRoute.

SingTel は、最初に、Singapore と Asia のマーケットへと、Microsoft のプライベート・ネットワーク・サービスを展開していく。 続いて、同じサービスを Oceania のマーケットに展開するために、このネットワークを Australia にリプリケートする。 SingTel には、Multi-Protocol Label Switching という VPN が存在するが、それと ExpressRoute を、ダイレクトに統合していくことになる。

“Through this strategic alliance with SingTel, we can lower the barriers to entry for cloud computing by providing a more secure and reliable connectivity option for our joint customers in Asia Pacific,” commented Steven Martin, general manager of Microsoft Azure.

「 この、SingTel との戦略的な提携により、Asia Pacific における両社の顧客たちに、高度な安全性と信頼性を備えた接続オプションを提供できる。 つまり、クラウド·コンピューティングにおける参入障壁を引き下げることが可能になる」と、Microsoft Azure の GM である Steven Martin は述べている。

TelecityGroup will also provide Azure ExpressRoute in 37 of its locations across Europe through its Cloud-IX networking platform. Low-latency connections will be available in locations where Microsoft co-locates its ExpressRoute access points within TelecityGroup’s data centres.

また、TelecityGroup は、Cloud-IX のネットワーク・プラットフォームを介して、Europe 全域に広がる 37 のロケーションで、Azure の ExpressRoute を提供していく。 そのための、低レイテンシー・コネクションは、Microsoft が ExpressRoute アクセス・ポイントをコロケートする、TelecityGroup データセンターから供給される。

The company says that through the avoidance of a connection to the public internet, Azure ExpressRoute via Cloud-IX will offer increased reliability, faster speeds, lower latencies and higher security compared to other connections over the internet.

それについて同社は、パブリック・インターネットへの接続を回避する、Cloud-IX を介した ExpressRoute は、その他のインターネット接続と比較して、信頼性/高速性/低レイテンシ/高セキュリティを提供すると述べている。

Martin said: “Our expansion into TelecityGroup’s data centres via ExpressRoute is an important step, enabling customers to more easily execute scalable hybrid cloud deployments.”

そして、Martin は、「 ExpressRoute を介した、TelecityGroup データセンター内での拡張は、私たちにとって重要なステップである。なぜなら、それにより私たちの顧客が、拡張性の高いハイブリッド・クラウド環境を、容易に運用できるようになるからである」と発言している。

Related articles

ーーーーー

昨日に、「Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?」という抄訳をポストしましたが、この記事における SingTel や TelecityGroup の狙いも、オンプレミス統合からハイブリッド・クラウドへと向けて展開されていくのでしょう。今日の Gigaom では、Joyent の Hybrid Management が紹介されていましたが、そのサマリーには「Joyent believes that hybrid clouds are the way of the future and a way in which the company can compete against big cloud service providers like Amazon」という一文が記されていました。まだまだ黎明期のクラウドです。これからの展開が、とても楽しみですね!

ーーーーー

<関連>

エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスの自由なブレンドだ!
Hybrid の調査:ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから
Hybrid の調査:プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?

Posted in .Selected, Hybrid, Research, Strategy by Agile Cat on June 24, 2014

Hybrid cloud will be largest cloud segment: analyst firm TechNavio
http://wp.me/pwo1E-7Bw

By Krishan Sharma – June 23, 2014
http://www.zdnet.com/hybrid-cloud-will-be-largest-cloud-segment-analyst-firm-technavio-7000030800/

_ zdnet normal

Summary: The hybrid cloud market is forecast to top $US79.12 billion by 2018, says a new report from the analyst outfit.

Summary: ハイブリッド·クラウド市場は 2018年までに、$ US 79.12 Billion を超えるという予測が、この分析会社のレポートで述べられている。

Hybrid cloud will make up the largest and most used segment of the cloud computing market in coming years, according to the report.

そのレポートによると、これからの数年の間にハイブリッド・クラウドが、クラウド・コンピューティング市場において最も使用される、最大のセグメントへと成長するようだ。

TechNavio says the hybrid cloud market was valued at a moderate $US21.18 billion in 2013, with North America contributing the majority of the revenue, followed by Europe and Asia Pacific. The report found that there is currently higher adoption of hybrid cloud in the government, BFSI (banking, financial services, and insurance), retail, telecom, healthcare, and media and entertainment sectors.

TechNavio が言うには、2013年のハイブリッド·クラウド市場は、$ US21.18 Billion という適度な売上を得ている。そして、収益の大部分が North America によりもたらされ、そこに Europe と Asia Pacific が続いている。また、現時点において、ハイブリッド·クラウドの採用率が高いのは、行政機関および、BFSI(banking, financial services, and insurance)、小売、通信、ヘルスケア、メディア、エンターテインメントといった領域である。

However, the report expects that nearly half of large organisations will have hybrid cloud deployments by 2017 as enterprises look to boost productivity by hosting critical applications on private clouds and applications with less security concerns on the public cloud.

しかし、このレポートは、2017年までに大規模な組織の約半数が、ハイブリッド・クラウド環境へのデプロイメントを実施すると予測している。それは、重要なアプリケーションをプライベート・クラウドにホストし、セキュリティ上の懸念の少ないアプリケーションをパブリック・クラウドにホストすることで、エンタープライズが生産性を高めるにつれて具現化されていく。

The report also highlights increasing adoption of hybrid cloud by SMEs, suggesting that many SMEs have limited access to internet bandwidth and are likely to preference hybrid because it lets them “use applications and store data wherever required.”

さらに、このレポートは、中小企業によるハイブリッド·クラウドの採用が増加していくと強調している。つまり、多くの中小企業が、インターネット・アクセスにおける帯域幅の制限という問題を抱えており、「必要される場所にアプリケーションやデータをストア」できるなら、ハイブリッドへ移行する可能性が高いと示唆しているのだ。

TechNavio notes that while the market has several drivers, there will be some key challenges for the hybrid cloud model that could stunt the rapid adoption rate expected over the next five years – namely the need to ensure business continuity and latency in data transfer.

このマーケットには、いくつかの先駆者たちがいるが、ハイブリッド・クラウド・モデルにおいては重要な課題が浮上するだろうと、TechNavio は述べている。つまり、今後の 5年間において、クラウドの急速な普及が頭打ちとなる可能性を示唆しているのだが、具体的にいうと、 データ転送におけるレイテンシーのことであり、その中でビジネスの継続性を保証する必要が生じてくると言うのだ。

The report, which also surveyed 100 cloud companies from around the globe, says enterprises and SMEs can resolve data segmentation hurdles by employing analytics software and building on current IT policies to include data allocation between public and private clouds. The majority of respondents said that although many companies are planning to implement such protocols, “there are still a lot of businesses that have little to no protocols in place.”

世界のクラウド企業 100社を調査した、このレポートは、エンタープライスや中小企業は分析ソフトウェアを導入することで、データのセグメント化というハードルを解決すると指摘している。そして、パブリック/プライベート・クラウド間におけるデータの切り分けも含めて、既存の IT ポリシーの上で、継続してシステムを構築していくことになるとも述べている。ただし、この調査の回答者の大半は、そのようなプロトコルの実装を、数多くの企業が計画してはいるが、「 適切なプロトコルを配置している企業は、依然として皆無に近い」と述べている。

ーーーーー

このところ、クラウドを巡る議論は、その当初から言われていた規模の経済とエラスティックという論点を一巡してしまい、次のステージであるネットワークド・コンピューティングへと移行しているように思えます。 現実に、Equinix や Level 3、そして各種のテレコムが提供するプライベート・ネットワークと、有名どころのパブリック・クラウドが連携し始めています。つまり、規模の大小を問うことなく、あらゆる規模の企業が、ハイブリッド・クラウドを必要としているのでしょう。

ーーーーー

<関連>

エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスの自由なブレンドだ!
Hybrid の調査:ベスト・クラウド は Private と Public のブレンドから
Hybrid の調査:プライベートはハイブリッドへと変異する宿命にある
Rackspace と CERN が推進する OpenStack ハイブリッド戦略とは?
Multi-Cloud と DevOps が 急成長している : RightScale の調査

Comments Off on Hybrid がクラウド・チャンプになるという、TechNavio の分析とは?

Nexus 9 は登場するのか? HTC の Volantis 8.9-inch が有力候補として浮上してきた!

Posted in Asia, Google, Post-PC by Agile Cat on June 24, 2014

This Is Volantis, HTC’s Nine-Inch Nexus Tablet
http://wp.me/pwo1E-7Br

Posted by Liam Spradlin
http://www.androidpolice.com/2014/06/21/this-is-volantis-htcs-nine-inch-nexus-tablet/

With Android Silver rumors brewing, and LG’s Ken Hong indicating that the manufacturer doesn’t have a Nexus phone in the cards, the fate of the Nexus line as a whole has been sort of up in the air.

Android Silver のウワサが信ぴょう性を持ち始めてきた。 そして、マニュファクチャである LG の切り札に Nexus Phone が含まれていない 、同社の Ken Hong が示唆している。 つまり、Nexus プロダクト・ラインの、全体的な方向性が、空中に霧散してしまったと思われていた。

We don’t have news about whether a Nexus phone exists, but we do have information related to HTC’s Volantis (or Flounder), an 8.9" Nexus tablet. The information provided to us indicates possible specs, features, and pricing, as well as an early look at the form factor, though the images we have don’t appear to be final renderings of the device.

私たちも、Nexus Phone の存在の有無については、なんのニュースも持っていない。しかし、HTC の Volantis(もしくは Flounder)について、つまり、8.9-inch Nexus Tablet に関する情報を持っている。 私たちに提供された情報は、予測される仕様/機能/価格を示すだけではなく、初期のフォーム・ファクタを示すイメージもある(ただし、このデバイスの最終的なレンダリングではないようだ)。

This information won’t be treated as a rumor, since we feel confident in our information, and we’ve heard about Volantis from multiple sources as early as Q1 2014. This is one of the rare instances where we will be sharing a source image.

この情報が、ウワサとして扱われることはないだろう。なぜなら、それについて、私たちは確信を持っており、また、2014年 Q1 の当初から、この Volantis について、さまざまな情報源から話を聞いているからである。以下の、共有したいと思っているソース・イメージは、かなり貴重なものである。

According to our information, the tablet is internally referred to as the Nexus 9, though this name could change before it comes to market. Here’s what we’ve heard so far in the specs department:

私たちが持っている情報によると、このタブレットは内部的には Nexus 9 と呼ばれているが、

マーケットに登場するときには、別の名前に変わる可能性もある。以下の情報は、スペックの部門から、これまでに聞いてきたものである:

  • 8.9" Display at 2048×1440 (281ppi)
  • NVIDIA Logan 64-bit processor (Tegra K1)
  • 2GB RAM
  • 16/32GB internal storage
  • 8MP OIS main camera, 3MP front facing camera
  • Aluminum zero-gap construction
  • Stereo front-facing speakers
  • 8.91"x5.98"x0.31" body (that’s 22.63×15.19×0.79cm)
  • 418g (or 427g with LTE) (that’s 14.74/15.1 ounces)

For reference, the 2013 Nexus 7 is 0.34" thick, and weighs 290g (or 299g with LTE). Samsung’s new Galaxy Tab S 8.4, meanwhile, is a svelte 0.26" thick, weighing in at 298g, making Volantis thicker and heavier, though aluminum construction comes with heft compared to plastic.

参考までに説明しておくと、2013 Nexus 7 は、厚さは は0.34-inch であり、重量は 290g(LTE版は 299g)となる。その一方で、Sansung の最新である、Galaxy Tab S 8.4 の場合は、その厚みは 0.26-inch であり、重量は 298g である。つまり、Volantis は厚くて重くなっているが、プラスティックではなくアルミニウムが用いられているからである。

For those curious about the Tegra K1’s performance, check here, here, here, and here.

なお、Tegra K1 に興味があるなら、 ココと、ココと、ココと、ココを参照してほしい。

Here’s a quick look at one source image:

そして、以下が、私たちが入手したソース・イメージである:

_  space

_  space

For the sake of clarity, I’ve redrawn the image above as faithfully as possible below, and illuminated the display.

明瞭にするために、上記のイメージを修正し、また、ディスプレイをはめ込んでみた。

_  space

_  space

Right off the bat, Volantis looks like the love child of LG’s Nexus 5 and ASUS’ 2013 Nexus 7 (and maybe the iPad Mini), but the image above obviously doesn’t quite correspond with the listed features.

ちょっと見たところ、LG の Nexus 5 や ASUS の 2013 Nexus 7 (そして iPad Mini) に似ているが、このイメージとシストアップされた仕様が一致しないのは明らかである。

HTC’s now signature front-facing stereo speakers are nowhere to be found, and the casing (which resembles the soft touch back of the current Nexus 7) doesn’t exactly look like an aluminum zero-gap construction. Additionally, 2048×1440 isn’t a 4:3 aspect ratio, though it’s possible that the 4:3 specification is accounting for the screen real estate lost to software nav buttons and a status bar.

いまでは、HTC が特徴としている、フロント・ステレオ・スピーカーは何処にも見つからないし(現行 Nexus 7 の背面方式のように見える)、そのケースも、アルミによるゼロ・ギャップ構造のようになっていない。さらに言えば、2048 x 1440 は 4:3 のアスペクト・レシオではない。しかし、ソフトウェアによる NAV ボタンとステータスバーのためのスクリーン領域を除けば、4:3 の比率になるとも考えられる。

It is likely that what are listed are approved specs, while the image is an early draft of the hardware’s industrial design. From the information available to us, it’s clear that matching specs are listed in several places, so we feel fairly confident in their validity compared to the image.

上記のリストに含まれる仕様が、なんらかの承認を得ていても、イメージの方は、ハードウェアの工業デザインにおける初期のドラフトという可能性もある。ただし、私たちが入手している情報に基づくと、いくつかの場所に記載されている仕様との整合性は明らかであり、このイメージとの比較は、かなり有効だと確信している。

From the information available to us (beyond the above image), we’ve also learned some possible price points. Right now, the tablet is planned to start at $399 for the 16GB version, with the step up to 32GB costing $499. LTE connectivity would come at an extra cost, possibly in the $600+ range. Of course, pricing is something that can very easily change in the run-up to release.

私たちが入手している情報は、上記のイメージだけではなく、価格帯に関する可能性にまで及んでいる。このタブレットだが、現時点において、16 GB 版は $399 とされ、32 GB 版は $499 とされている。そして、LTE コネクト版は、$600+ というレンジになるだろう。もちろん、こうした価格設定は、リリース時までに変更される可能性が高い。

These prices are quite a bit more than the current Nexus 7, but from the sound of it, Volantis will be packing more premium hardware. Volantis may also launch with a few official accessories (including a keyboard case), but we’ll save that discussion for later.

一連の価格設定は、現行の Nexus 7 よりも少々高めになるが、Volantis は高級なハードウェアになるという感じがする。また、Volantis には、いくつかのオフィシャル・アクセサリー(キーボードケースを含む)が提供されるかもしれないが、その説明は後にさせてもらいたい。

Speaking of release, Volantis is expected to be the launch device for Android’s L release, pegged for an unspecified date in Q4 2014. We definitely are not expecting this for Google I/O.

Volantis のリリース時期に関しては、2014年 Q4 とだけ決められている、Androd’s L(Kの次)のリリースと結び付けられる。また、Google I/O でのリリースを期待しても、それは絶対に無理だと思う。

With rumors that the Nexus 6 was canceled in light of the Android Silver program, it’s important to be cautious when approaching any information regarding future Nexus devices. That said, a source familiar with Volantis tells us that the hardware already exists, and that the tablet is already being toted around by some at Google. Additionally, the first devices pegged for the Android Silver program aren’t expected until 2015, so it would make sense that Google is prepping a Nexus to launch Android L.

Android Silver プログラムと照らし合わせると、Nexus 6 のウワサは消えるだろう。つまり、将来の Nexus デバイスに関する、あらゆる情報に近づく場合には、このプログラムに注意しなければならない。そして、Volantis に詳しい情報筋は、このハードウェアがすでに存在し、何人かの Google 社員が持ち歩いていると伝えている。さらに言えば、このデバイスの最初のバージョンと、Android Silver プログラムが関連することは、2015年の時点では起こり得ないだろう。したがって、Google は Android’s L を立ち上げるために、何らかの Nexus を準備しているのだろう。

Many in the Android community have been yearning for another HTC-built Nexus for some time now, and this tablet’s specs – if they end up being true to the information we’ve seen – read like a wish list. We aren’t likely to hear anything official about this tablet until this fall, but it already sounds very promising.

Android コミュニティにおける多くの人々は、HTC が作り出す Nexus を、これまで待ちわびてきた。そして、このタブレットの仕様が、ここで予測する通りのものになるなら、彼らの希望も叶えられるだろう。秋になるまで、このタブレットに関するオフィシャルな情報は提供されないだろうが、すでに、かなり有望だと感じられる。

ーーーーー

このところ、SIM フリーの Android を満喫している Agile_Cat としては、普段から Nexus  6・8・9 のウワサが気になって仕方ないのです。 そして、HTC から Nexus 9 が出るとなると、ワクワクし始めるのですが、ちょっと値段が高めなのと、400g という重量が引っかかります。 Nexus 7 の美点である、安い、軽い、高性能を、ぜひとも踏襲して欲しいと思います。 Nexus の価値は、スクリーン上に有りです。 ここは、易くて軽いプラスティック・ケースで攻めて欲しいですね。 その他はスバラシイ!

ーーーーー

<関連>

Nexus 6 は Google I/O に登場するのか? 予測される 5つの特徴を並べてみる!
Xiaomi の Mi Pad がスゴイ! Retina + Tegra K1 で $240 だ!
Google は Nexus 10 を Asus に任せるのか ? Sumsung 以上が作れるのか?
Google Nexus 10 は、$400 で 2560 x 1600
Google Nexus 7 のアップデートは、32GB + モバイル通信
新しい Nexus 7 は、薄くて 軽くて Retina で $230 だ!

Comments Off on Nexus 9 は登場するのか? HTC の Volantis 8.9-inch が有力候補として浮上してきた!

Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?

Posted in Big Data, Hadoop, On Monday by Agile Cat on June 23, 2014

Big Data and Hadoop: Will Hadoop Continue to Dominate?
http://wp.me/pwo1E-7Ba

By Dick Weisinger – June 19, 2014
http://formtek.com/blog/big-data-and-hadoop-will-hadoop-continue-to-dominate/

_ formtek

When people talk Big Data today, often they’re talking about Hadoop, a technology first created by Doug Cutting in 2005.  Forrester Research says that “Hadoop is unstoppable as its open source roots grow wildly and deeply into enterprises.”

現時点において、人々が Big Data について語るとき、大半の場合、Hadoop の話になる。そのテクノロジーは2005年に Doug Cutting により作り出されたものである。Forrester Research は、「 オープンソースをルーツに持つものが成長し、エンタープライズにも強引に入り込んでくるにつれて、Hadoop も止められないものになる」と発言している

The following are just some of the vendors have built solutions around Hadoop: Amazon Web Services (AWS), Cloudera, Hortonworks, IBM, Intel, MapR Technologies, Microsoft, Pivotal Software, and Teradata.

この流れに従う形で、いくつかのベンダーが、Hadoop に関連するソリューションを構築している。 具体的には、Amazon Web Services (AWS)/Cloudera/Hortonworks/IBM/Intel/MapR Technologies/Microsoft/Pivotal Software/Teradata などの名前が挙げられる。

Analysts like Allied Market Research estimate that the Hadoop market will grow from $2.0 billion in 2013 to $50 billion in 2020.  The forecast includes software, hardware and services.  Today services represent about half of the Hadoop market.  But how realistic are estimates for a product market-size five-years out?

Allied Market Research などのアナリストたちは、Hadoop のマーケットが、2013年の $2.0 billion から、2020年は $50 billion にまで成長すると推定している。

そして、この予測には、ソフトウェア/ハードウェア/サービスが含まれる。 今日の Hadoop マーケットにおいては、サービスの割合が、全体の約半分を占めている。しかし、このマーケットの規模に関する、5年の推定値はというと、どの程度まで現実的なのだろうか?

Forrester ticks off the following four reasons as to why Hadoop is so hot today:

Forrester は、いまの Hadoop がホットな理由として、以下の 4つの理由を挙げている:

  • Provides lower cost storage
  • Based on open source innovation
  • Scales well
  • Provides businesses a way to squeeze profits from their data

Allied Market Research attributes the growth in Hadoop to a strong interest in managing structured and unstructured data and big data analytics.

また、Allied Market Research は、構造化/非構造化データと Big Data 分析の運用において、Hadoop が強い関心を引き寄せているとしている。

But Hadoop is a platform and forecasts about how Hadoop will grow don’t or can’t factor in the appearance of new competing technologies.  Estimates for how technologies will play out six years hence are very difficult to predict.  Consider the effect of the iPad and the fact that the first iPad was sold less than five years ago.   Things can change quickly.  When Big Data is considered as an umbrella category of technologies, it is almost certain to see huge growth between now and 2020, but whether Hadoop will continue to be the center of Big Data in 2020 is less clear.

しかし、Hadoop はプラットフォームであり、また、Hadoop の成長を予測するにあたり、それと競合する新しいテクノロジーを、考慮することは困難である。つまり、これから 6年の間に、どのようなテクノロジーが登場するかと予測することは、きわめて難しいことなのだ。考えて欲しいのは、iPad の出現による変化と、最初に iPad が販売されてから、まだ 5年も経ていないという事実である。すべては、素早く変化していく。Big Data が、テクノロジーの傘下にあると考えた場合、いまから 2020年までの間に、ほぼ確実に大きな成長が見られるだろう。しかし、2020年においても、Hadoop が Big Data の中心に居続けるかというと、明確な根拠があるわけでもない。

James Kobelius, IBM Big Data evangelist, says that “Hadoop’s footprint will continue to grow for some time in the big data arena, especially as the core open-source technologies evolve and enterprises invest more heavily in the technology.  However, Hadoop will be neither the dominant platform nor the architectural centerpiece of most enterprise big data deployments. But that also applies to any other big data platforms, current or emerging, that you might name.”

IBM の Big Data evangelist である James Kobelius は、「 Hadoop の実績は、Big Data という分野において、しばらくの間は成長していくだろう。 とりわけ、コア・オープンソース・テクノロジーが進化し、エンタープライズがテクノロジーに多額の投資を行う世界で、それは顕著になる。しかし、大半のエンタープライズが Big Data をディプロイしていくとき、Hadoop は支配的なプラットフォームではなく、アーキテクチャ上の中心に座ることもないだろう。つまり、いまは名前もない、新しい Big Data プラットフォームの適用もありえるのだ」と、発言している

ーーーーー

Hadoop といえば、その大元は Google の MapReduce になるのですが、Agile_Cat が敬愛する High Scalability の Todd Hoff さんが、「Google Instant では、リアルタイム検索のために MapReduce を排除!」という記事を、2010年 9月の時点で書いていました。 これは、Google がインクリメント・サーチを開始した時期と同じころの話であり、すでに違う世界でチャレンジしているのだなぁ・・・ と関心した記憶が蘇ってきました。 いまの Google 先生はというと、BigQuery というサービスを提供していますが、それと GCE 上の Hadoop の関係など、いったい、どうなっているのでしょうか? いろいろと、興味の尽きないフィールドですね。

ーーーーー

<関連>

IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Digital Universe の調査: データの生成は、人間からマシンへ、そして先進国から途上国へ
Data Center の調査: 未来のデータセンターは、小型で手元に置かれるものになる
IoT の調査:ベンダーごとの呼び方があるが、やはり IoT は IoT だ!
Cloud Computing の調査:クラウドはオンプレミスを置き換えるものへとシフトしている

Comments Off on Big Data の調査:未来においても Hadoop の支配は続くのか?

%d bloggers like this: