Agile Cat — in the cloud

世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート

Posted in .Selected, Research, Telecom by Agile Cat on May 23, 2014

Infonetics: AT&T, Verizon and NTT Bring in the Most Revenue, China Mobile Has the Most Subscribers
http://wp.me/pwo1E-7vY

Infonetics Research – May 22, 2014
http://www.businesswire.com/news/home/20140522006264/en/Infonetics-ATT-Verizon-NTT-Bring-Revenue-China#.U353K1iSxss

CAMPBELL, Calif.–(BUSINESS WIRE)–Market research firm Infonetics Research released demographics, capex, opex, revenue and subscriber data on more than 450 global telecom service providers from its 1st edition 2014 Service Provider Capex, Opex, Revenue, and Subscribers Database.

CAMPBELL, Calif.–(BUSINESS WIRE)— マーケット調査会社である Infonetics Research が、450 社以上のグローバル・テレコム・サービス・プロバイダーにおける、人口統計/CAPEX/OPEX/収益/加入者に関するデータをリリースした。 それらは、同社が提供する Service Provider Capex, Opex, Revenue, and Subscribers Database 1st edition 2014 からのものである。

_  space

_  space

SERVICE PROVIDER DATABASE HIGHLIGHTS

  • The world’s top 3 service providers by 2013 revenue are AT&T, Verizon, and NTT Group
  • At 29%, China Mobile has the highest capital intensity (capex-to-revenue ratio) of the top 10 service providers by 2013 revenue; this is a 6% jump over the previous year
  • China Mobile is also the top service provider in terms of mobile subscribers in 4Q13, boasting 767 million subscribers; Taking the 2-spot is Vodafone Group, followed by China Unicom
  • NTT Group, Comcast, and Orange are the leaders in VoIP subscribers, while China Telecom and NTT are the top dogs in FTTH subscribers
  • The #1 cable broadband provider by subscribers is once again Comcast
  • この世界における、2013年 売上 Top-3 は、AT&T/Verizon/NTT Group が占めている。
  • 2013 Top-10 サービス・プロバイダーで、最も Capital Intensity (capex-to-revenue ratio) が高いのは China Mobile であり、昨年の 6% から 29% へと上昇している。
  • また、China Mobile は、2013 Q4 のモバイル・サブスクライバー数が 767 million に達し、Top の座を得ている。 そこに続くのが、Vodafone Group と China Unicom となる。
  • VoIP サブスクライバー数では、NTT Group/Comcast/Orange が Top の座を競っている。 また、FTTH サブスクライバー数では、China Telecom と NTT が競い合っている。
  • ケーブル・ブロードバンド・プロバイダーのカテゴリでは、今年も Comcast が、No.1 サブスクライバー数を誇っている。

ーーーーー

TAG indexこんなふうに、世界のテレコムを比較するチャートは、初めて見るものであり、とても興味深いです。 売上で、China Mobile が China Telecom を上回っているところと、グローバル・モバイル・サブスクライバー数で、China Unicom が3位に入っている点が、中国におけるモバイルの広がりを示していると思えます。 そして、他にも、たくさんの視点を提供してくれます。 このようなグローバル・データを、簡単に Web で参照できることが、とても嬉しいです。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する
Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!
Gartner が インドの Tata Communications を高く評価:決め手は途上国のサポート
中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい:エイプリル・フールではありません!
NEC と Alcatel が 海底ケーブルを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!

Comments Off on 世界のテレコム Top-3 を占める AT&T/Verizon/NTT:それを示す1枚のチャート

%d bloggers like this: