Agile Cat — in the cloud

コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する

Posted in Asia, Data Center Trends, Equinix, Telecom by Agile Cat on May 20, 2014

Equinix, NTT dominate North America, APAC colocation markets, says Synergy
http://wp.me/pwo1E-7vA
March 28, 2014 | By Sean Buckley
http://www.fiercetelecom.com/story/equinix-ntt-dominate-north-america-apac-colocation-markets-says-synergy/2014-03-28

Equinix (Nasdaq: EQIX) continues to be a frontrunner in the colocation market, taking charge of both the North America and EMEA market, while NTT took the top spot in the APAC region in the fourth quarter of 2013, according to a Synergy Research Group report.

Synergy Research Group のレポートによると、Equinix (Nasdaq: EQIX) はコロケーション市場のフロント・ランナーであり続け、North America と EMEA では手に負えない存在であるが、2013年 Q4 における APAC では NTT がトップに座っている。

There are some clear distinct dynamics in each of these markets, the report notes. "In APAC there are a lot of telcos and single-country operators, while the EMEA market is led by companies with operations in multiple countries and the U.S. is home to a long list of colocation specialists that focus solely on their home market," said John Dinsdale, a chief analyst and research director at Synergy Research Group. "Over time multi-country operators will account for an ever-increasing share of the market.”

このレポートは、いくつかの明確かつ個別のダイナミクスが、それぞれの市場にあると指摘している。具体的には、「 APAC の地域には、数多くの通信事業者と、国内に特化したオペレータが存在しているが、EMEA の市場では複数の国々にまたがる企業がリーダーであり、また、US には国内市場だけにフォーカスする、コロケーション・スペシャリストがたくさんいる。そして、時間が経つにつれて、複数の国々にまたがる事業者が、市場でのシェアを伸ばし続けることになる 」と、Synergy Research Group の Chief Analyst and Research Director である John Dinsdale は述べている。

In North America, Equinix enjoys a wide lead over its nearest competitors Verizon Terremark (NYSE: VZ) and CenturyLink (NYSE: CTL). However, in EMEA Equinix is in a dead heat with TeleCity and Interxion.

North America における Equinix は、それに続くライバルである、Verizon Terremark (NYSE: VZ) と CenturyLink (NYSE: CTL) に対して大きなリードを保っているが、EMEA では TeleCity および Interxion とデッドヒートという状況にある。

"Equinix has aggressively built large-scale operations over a long period of time, including a clear focus on building a strong presence in EMEA and APAC in addition to North America," Dinsdale said in an e-mail to FierceTelecom. "It now has a data center presence in 6 EMEA countries and 5 APAC countries in addition to the US (plus Canada and Brazil). It has a lot of key countries around the world covered, which plays well to attracting multi-national enterprises as clients – in addition to winning local business."

「 Equinix は、これまでの長い期間にわたって、大規模なオペレーションを展開しているが、そこには North America だけではなく、EMEA および APAC でもプレゼンスを高めていこうという、明確な意志が含まれている。つまり、US( Canada と Brazil を含む)に加えて、EMEA 6カ国と APAC 5カ国において、データセンターのプレゼンスを示し始めている。つまり、同社は、この世界における大半の主要国をカバーし、ローカル企業だけではなくグローバル企業も、そのクライアントにしている」と、Dinsdale は FierceTelecom への電子メールで述べている。

Meanwhile, in APAC, NTT’s market share is double that of its closest rival, China Telecom, while Equinix has taken a third ranking spot.

その一方で、APAC では NTT が、次に続く China Telecom に対して二倍の規模を誇り、Equinix は 3番手に留まっている。

Similar to the European market, Dinsdale said that much of NTT and China Telecom’s power resides in their home countries where "they each control 30%-40% of their home markets which is the foundation of their leading positions in the region.”

Europe の市場と同様に、NTT と China Telecom は、自国のクライアントに大きく存在し、また、「 そうして確保している 30%〜40% のシェアが、それぞれの地域における主導的なポジションの基盤になっている」と、Dinsdale は述べている。

He added that "NTT does have a lot of data centers in other APAC countries, but still generates the bulk of its colocation revenue from Japan.”

そして、「NTT は APAC の全域に大量のデータセンターを保有しているが、そこでの利益の大半は、日本からのコロケーションに依存している」と、彼は付け加えている。

The fourth quarter was an overall positive time for the regional colocation market, having grown 8 percent year-over-year to $4.5 billion. What’s more, quarterly spending on wholesale colocation to some 26 percent of retail spend from three main providers: Digital Realty Trust, Global Switch and DuPont Fabros.

この、2013年 Q4 は、それぞれのコロケーション市場に対して追い風をもたらし、前年比で 8% の成長と、$4.5 Billion の収益を生み出した。さらに言えば、卸売されるコロケーションの 1/4 に相当する、全体の 26% ものビジネスが、Digital Realty Trust/Global Switch/DuPont Fabros から提供されているのだ。

For more: – see the release

Related articles:

Amazon, Salesforce, IBM dominate IaaS, PaaS cloud infrastructure segments, says Synergy
Week in Research: Cisco, HP battle for enterprise router supremacy; Q2 broadband CPE rises 5.6%
Synergy Research: SaaS-based conferencing boosts UC applications market

ーーーーー

TAG index別の探しものをしていて、とても興味深いポストを見つけたので、訳してみました。 これまでにも、Equinix の強さを感じてはいましたが、これほどまで、世界を網羅するかたちで、大きなシェアを有しているとは思っていませんでした。 昨日のポストに、「パブリック·クラウドのプラットフォームは 2020年までに、従来からのインフラストラクチャに匹敵するレベルでディプロイされるようになる」という、Forrester のコメントが有りましたが、裏を返せばコロケーションの強さを、そして、ネットワークド・コンピューティングの優位性を示していることになるのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

Comments Off on コロケーションの世界:グローバルの覇者 Equinix と アジア・チャンピオンの NTT を比較する

%d bloggers like this: