Agile Cat — in the cloud

Toshiba と SanDisk が多層フラッシュ・メモリで協業:スマホに 1TB の時代がやってくる!

Posted in .Chronicle, .Selected, IoT, Mobile, Wearable by Agile Cat on May 15, 2014

Toshiba, SanDisk to mass produce high-power ‘3D’ memory
http://wp.me/pwo1E-7uN

14 May 2014 – AFP / Josep Lago
http://www.channelnewsasia.com/news/technology/toshiba-sandisk-to-mass/1105076.html

_Channel News Asia

TOKYO: Japan’s Toshiba is teaming up with US chip giant SanDisk to produce a "3D" memory chip they hope will allow users to save up to 50 hours of ultra-high definition video.

TOKYO: Japan の Toshiba と US のチップ・ジャイアントである SanDisk が協業し、“3D” メモリ・チップを製造することになった。それは、多層型のメモリ・チップのことであり、50時間分の Ultra HD ビデオをストアできるものになる。

In a deal worth a reported 500 billion yen ($4.84 billion) the companies will build a factory to make flash memory consisting of several layers of semiconductors stacked together to give as much as a terabyte — 1,000 gigabytes — of storage.

この、興味深いレポートによると、5000億円($4.84 billion)相当の契約において、この両社はフラッシュ・メモリを製造するための工場を建設する。このメモリは、何層にも積み重ねられた半導体のレイヤで構成されるものであり、Tera Byte(1000 GB)のストレージを実現する。

File photo of a SanDisk memory card. Japan’s Toshiba is teaming up with US chip giant SanDisk to produce a "3D" memory chip they hope will allow users to save up to 50 hours of ultra-high definition video. (AFP/Josep Lago)

That is around 16 times bigger than the largest 64-gigabyte Toshiba memory currently available in smart phones and tablet devices.

具体的に言うと、スマホやタブレットで使用するために、現時点で Toshiba が供給している 64 GB メモリの、約16倍の容量を実現するものになる。

Toshiba will demolish its existing plant in Japan to build a new facility that will house production apparatus using technologies from both firms and which the firms hope will start operating in 2016, a statement said. "In about five years (from the planned start of the factory), we would like to produce one-terabyte products," said a Toshiba spokeswoman.

Toshiba は、新しいファシリティを建設するために、Japan における既存の工場を閉鎖する。そして、新たな製造ラインを構成するための機器は、両社から提供され、2016年から稼働するという、ステートメントが発表されている。「この工場が開設されてから 5年以内に、1TB のプロダクトが製造されるだろう 」と、Toshiba のスポークスマンは述べている。

The plan comes at a time of increasing competition among the world’s technology firms to meet demand for ever-higher capacity memory chips for consumers increasingly using mobile devices such as smart phones, tablet computers and wearable gadgets.

この計画は、これまでには想像もしなかった大容量メモリ・チップへの、消費者からの需要を満たすために、世界中のテック・カンパニーが競争を激化させるタイミングに合わせたものとなる。それにより、スマホ/タブレット/ウェアラブルといった、モバイル・デバイスやガジェットなどの利用が促進されていく。

The spread of high-definition video, with so-called 4K screens at the leading edge, is boosting demand for computing memory to store content. "Small, high-capacity memories can of course be applied to smartphones, but they could also be used for wearable devices," the Toshiba spokeswoman said.

この需要を、最先端で引っ張っていくのは、4K スクリーンを備えた DH ビデオの普及であり、コンテントをストアするコンピュータ・メモリへの要求を高めるものとなる。「 もちろん、小型で大容量のメモリはスマホでも活用されるが、ウェアラブル・デバイスへの適用もあり得る」と、Toshiba のスポークスマンは述べている。

Manufacturers have traditionally competed with regular chips by trying to make the physical object smaller. Toshiba, along with major rivals such as Samsung, believe they are reaching the physical limit, and are shifting toward 3D memories, where layering — effectively a third dimension — is used to boost the capacity of objects the same size.

いくつかのメーカーは、これまでのチップ・テクノロジーを、さらに小型化することで、この需要に対応しようとしている。しかし、Toshiba だけではなく、その最大のライバルである Samsung も、チップの小型化は物理的な限界に達していると考え、3D 多層化メモリへ向けてシフトしている。 つまり、効率よく三次元化することで、同じサイズのチップであっても、その容量を飛躍的に高めることが可能になる。

Yasuo Naruke, Toshiba senior vice president, said in a statement: "Our determination to develop advanced technologies underlines our commitment to respond to continued demand (for) flash memory.” SanDisk president and chief executive Sanjay Mehrotra said the plant "will advance our leadership in memory technology into the 3D… era”.

Toshiba の Senior VP である Yasuo Naruke は、「 この、先端テクノロジーに取り組んでいくという決意は、フラッシュ・メモリに関する継続的な需要に対する、私たちのコミットメントを強調するものである」と述べている。そして、SanDisk の President and CEO である Sanjay Mehrotra は、「 このプラントにより、3D メモリ・テクノロジー時代における、当社のリーダーシップが強化される」と述べている。

– AFP/fa

ーーーーー

TAG indexアメリカでは、すでに Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングを開始すると発表しています。 このトレンドは、一挙に世界中へ広まり、スマホに DL した 4K ビデオを、たとえば Chromecast のようなインターフェイスで、大画面の TV  へ送信して楽しむ、、、というような使い方が一般的なものになるのでしょう。 また、日本でも iTunes Match のサービスが開始されまいsたが、このような大容量メモリがスマホに搭載されると、すのすべてを Off Line で楽しむことも可能になります。それにしても、テクノロジーの進化って、ぜんぜん止まらないものなのですね。 ため息が出てきます 🙂 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

SanDisk の 128GB microSD が $120 で売られている:時代は 1GB=100円なのか?
DDR4 が 今秋には 市場に登場:クラウドは どうなる? Mac Pro は どうなる?
0.1 NANO メーターのトランジスタと CPU の進化 – インフォグラフ
いまの iPhone を、1991年に戻って製造すると 3.5 億円になる! その内訳は?

Comments Off on Toshiba と SanDisk が多層フラッシュ・メモリで協業:スマホに 1TB の時代がやってくる!

%d bloggers like this: