Agile Cat — in the cloud

Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが、3兆ドル分も眠っている

Posted in Government, On Monday by Agile Cat on May 7, 2014

Open Data: Unlocking $3 Trillion of Untapped Value
http://wp.me/pwo1E-7tj

By Dick Weisinger – May 2, 2014
http://formtek.com/blog/open-data-unlocking-3-trillion-of-untapped-value/

_ formtek

The Open Data 500 is a study conducted at New York University’s GovLab and funded by the Knight Foundation.  The purpose of the project is to promote the dissemination and use of data collected by the government.  The project encourages the creation of new open data companies and promotes the use of open data by existing companies.

この Open Data 500 は、Knight Foundation が資金を提供し、New York University の GovLab が実施した、調査による成果物である。このプロジェクトの目的は、政府が収集したデータを普及させ、その利用を促進することにある。また、このプロジェクトは、オープン・データを取り扱う、新たな企業の創出を促進し、また、既存企業によるオープン·データ利用を促進していく。

Research by McKinsey suggests that by sharing government data openly with business, more than $3 trillion a year in new value can be generated.  Open data can become the foundation for new products and even new market segments.  Open Data can also be used to improve the efficiency and effectiveness of business operations.

McKinsey による調査が示唆するのは、政府によるデータが、企業によりオープンに共有されることで、年間で $3 Trillion という、新たな価値が創出されるというものである。オープン・データは、新たなプロダクトだけではなく、新たなマーケット・セグメントの基礎にもなり得る。さらに言えば、オープン・データを活用することで、業務における効率と効果も改善できる。

Joel Gurin, senior advisor at the GovLab and director of the Open Data 500 project, said that ”2014 feels like the year open data is coming of an age as a source for business ideas…  People are doing more than developing apps… They’re building something bigger. We’re seeing it all over the country. While California and New York are way ahead, there are companies in Massachusetts, Washington, Virginia, Illinois, Texas, and beyond. We’re seeing [open data] businesses in 36 states. This is the kind of tech that can be applied everywhere…  In talking to federal agencies there’s a large enthusiasm for it, but it’s very hard to do.  We believe that by setting up really effective information lanes about the business uses of open data and by bringing government and business together in roundtables that we can help government agencies prioritize the data they think are most important based on user need.”  That makes the problem of utilizing government open data more manageable.

GovLab の Senior Advisor と Open Data 500 Project の Director を兼務する Joel Gurin は、「 この、2014年は、ビジネスにアイデアをもたらす資源として、オープン・データが到来した年だと感じる。人々は、アプリケーションを開発する以上のことを、実施している。彼らは、何か大きなものを構築している。 私たちは、国内のあらゆる場所で、それを認識している。California と New York が先陣を切っているが、Massachusetts/Washington/Virginia/Illinois/Texas などでも、その徴候が見られる。私たちは、36の州で、Open Data によるビジネスを観察している。それは、あらゆる領域に適用できる、ある種のテクノロジーである。連邦政府について言及するなら、そこに大きな熱意あると言えるが、それを実施していくには、大きな困難が伴う。実際に企業が利用するオープン・データの流れと道筋を効果的に設定し、政府と企業が集まるラウンド・テーブルを開催することが重要だと考える。そうすれば、ユーザー・ニーズに基づく、最も重要だと思われるデータに、政府機関は優先順位を付けていけるだろう」と述べている。つまり、政府によるオープン・データを、効率よく管理していくことが、大きな課題となる。

Mark Doms, undersecretary of commerce for economic affairs, said that “there’s a tsunami of information.  We’re faced with ‘how do we make that tsunami more valuable?’ How do we make this information more valuable?’ We want the best data in the hands of the end users.”

連邦政府の商務担当官である Mark Doms は、「 そこには、情報の津波がある。私たちが直面している、その津波を、どのようにすれば、より価値のあるものに変えられるのだろうか? 私たちは、エンドユーザーに対して、最良のデータを手渡したいのだ」と述べている

ーーーーー

アメリカという国は、良くも悪くも、実験国家である、、、と、司馬遼太郎が言っていましたが、このオープン・データをめぐる動きを見ていると、その実験国家という言葉を思い出します。その点、日本を含むアジアの国々は、古代からの官尊民卑を引き継ぐ重文化の国々であり、どしても歩みが遅くなります。 オバマ政権が誕生したときに、外交と軍事を除いて、すべての情報をオープンにするというステートメントがありましたが、オープン・データを信じてもらうには、「この一言」が大切なのでしょう。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Collaboration の調査:エンタープライズに不可欠な、外部とのコラボレーションとは?
IoT の調査:その急成長が、データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない
Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?
Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由

Comments Off on Open Data の調査:規制のない未開のビジネスが、3兆ドル分も眠っている

%d bloggers like this: