Agile Cat — in the cloud

NEC と Alcatel が 海底ケーブル・プロジェクトを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Strategy, Telecom by Agile Cat on March 18, 2014

NEC wins SEA-ME-WE 5 contract to strengthen ultra-broadband undersea connectivity
http://wp.me/pwo1E-7kp
By Zafar Anjum | MIS Asia | 12 March 14
http://www.mis-asia.com/resource/industries/nec-wins-sea-me-we-5-contract-to-strengthen-ultra-broadband-undersea-connectivity/

NEC Corporation has signed a contract with the South East Asia-Middle East-Western Europe 5 (SEA-ME-WE 5) consortium, comprising of 15 leading telecom operators to deploy a new 100 gigabit per second (Gbit/s) undersea cable system.

NEC Corporation は、South East Asia-Middle East-Western Europe 5 (SEA-ME-WE 5) コンソーシアムとの契約を締結したことで、15社の主要テレコム・オペレータをつなぐための、100 gigabit per second (Gbit/s) の海底ケーブル・システムをディプロイしていく。

The SEA-ME-WE 5 system will span 20,000 km from Singapore to Europe, and will deliver ultra-broadband capacity and faster access to consumers and businesses.

この、SEA-ME-WE 5 システムは、Singapore と Europe を隔てる 20,000 km の距離を走り、一般消費者および企業に対して、超広帯域のキャパシティと高速のアクセスを提供することになる。

The system will span 20,000 km connecting Singapore to France via Malaysia, Indonesia, Thailand, Myanmar, Bangladesh, Sri Lanka, India, Pakistan, Oman, United Arab Emirates, Djibuti, Yemen, Kingdom of Saudi Arabia, Egypt and Italy.

そして、Malaysia/Indonesia/Thailand/Myanmar/Bangladesh/Sri Lanka/India/Pakistan/Oman/United Arab Emirates/Djibuti/Yemen/Kingdom of Saudi Arabia/Egypt/Italy といった国々を介して、Singapore と France の間の、 20,000 km をつなぐことになる。

NEC will be deploying the segment spanning from Singapore to Sri Lanka, while our co-contractor Alcatel-Lucent will be deploying the Sri Lanka to France segments, the company said in a statement.

NEC がディプロイを担当するセグメントは、Singapore と Sri Lanka の間であり、また、共同事業者である Alcatel-Lucent が Sri Lanka と France をつなぐと、NEC サイドがステートメントを発している。

"As more data, applications and services move to the cloud, we need a more dynamic and agile way to serve end-users according to low-latency and quality-of-service that cannot be solved by bandwidth alone," said Linette Lee, Chairperson of the SEA-ME-WE 5 Management Committee. "We are confident that Alcatel-Lucent and NEC’s 100G undersea technology will provide us with the flexibility to address the increasing requirements for connectivity, as well as address new growth areas such as cloud computing for remote access.”

SEA-ME-WE 5 Management Committee の議長である Linette Lee は、「 大量のデータ/アプリケーション/サービスがクラウドへと移行するにつれて、帯域幅だけでは解決できないとされる、低レイテンシとサービス品質をベースにした、ダイナミックでアジャイルな方式をエンドユーザーに提供するという必要性が生じてくる。 そして、Alcatel-Lucent と NEC の 100G 海底ケーブル・テクノロジーが、コネクティビティにおいて増大する要求に対応するための、フレキシビリティを提供すると確信している。 さらに言えば、クラウド・コンピューティングへのリモート・アクセスといった、新しい成長分野に取り組みも実現してくれるはずだ」と、述べている。

SEA-ME-WE 5 is scheduled to be completed by early 2016.

SEA-ME-WE 5 が、2016年の初頭に完成する予定である。

ーーーーー

TAG index 世界最大とも言える、東南アジアのインターネット・マーケットへ向けて、ヨーロッパが物理的なコネクションを強化したがるというのは、当然のことだと思います。しかし、その玄関口がシンガポールに限定されてしまっては、日本のポジションはアジアの奥地となってしまいます。もちろん、SEA-ME-WE 5 は素晴らしい展開であり、アジアとして喜ぶべきことなのですが、日本を玄関口とする、北回りでのヨーロッパ・コネクションが欲しいですよね。Agile_Cat がソーリ大臣なら、北海道にデータセンター経済特区を作って、一定の条件を満たす事業者には電力を 5円 kWh で提供して、北極海に海底テーブルを敷き詰めて、地震の少ない日本海を抜ける東南アジア・ラインも確保して、LINX/AMS-IX/Open IX/Cloud IX などで構成される世界最大のエクスチェンジも作って、世界の名だたるクラウド事業者の巨大データセンターを誘致して、エリアとしての競争力を確保しながら、日本と東アジアのクラウド事業者に、最高の環境を提供していくのですが、そんなのってダメなもんでしょうかね? シンガポール政府と、同じことをするだけなんですが・・・__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
3.11 で被災した、太平洋海底ケーブル PC-1 の 復旧までの記録
なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?
インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
海外 Internet Speed テスト − 2014年版

Comments Off on NEC と Alcatel が 海底ケーブル・プロジェクトを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!

%d bloggers like this: