Agile Cat — in the cloud

Apple と iPhone の問題:富裕層マーケットの飽和と成長の鈍化

Posted in Apple, Mobile, Research by Agile Cat on March 13, 2014

This Chart Tells You Everything You Need To Know About The Current State Of The iPhone Business
http://wp.me/pwo1E-7jc

Jay Yarow – Mar. 11, 2014
http://www.businessinsider.com/apple-iphone-sales-from-pacific-crest-2014-3

_ Business Insider

Pacific Crest analyst Andy Hargreaves upgraded Apple to "outperform" this morning, citing the upcoming iPhone 6 as something that would pump up the stock. In his note on Apple, he included this chart, which pretty much tells you all you need to know about the iPhone business.

Pacific Crest のアナリストである Andy Hargreaves は、株価を引き上げる材料として iPhone 6 を引用するかたちで、Apple に関する情報を、今朝の outperform で更新している。この、Apple 関する彼のノートには、以下のチャートが含まれているが、それは iPhone のビジネスについて知っておく必要がある、すべての要因を指し示すものでもある。

The iPhone’s growth is slowing considerably as Apple shifts from taking on new iPhone owners to selling upgrades to current iPhone owners.

まず、iPhone の成長だが、Apple の方針が、新たな顧客を探すというものから、既存の顧客の iPhone をリプレースするかたちに変化したときから、大幅に鈍化している。

The problem for Apple is that its market of smartphone buyers appears to be largely saturated. Apple sells a premium product to wealthy customers. Those people have bought their iPhones.

Apple における問題は、そのスマートフォンを購入するマーケットが、完全に飽和したと思える点にある。 つまり、Apple は、富裕層の顧客にプレミアムなプロダクトを販売しているが、それらの人々は自身の iPhone を、すでに購入しているのだ。

The growth in the smart phone industry will come from less wealthy consumers who buy $100 smart phones in emerging markets. That’s not a market Apple wants anything to do with since there’s no money to be made.

この業界の成長は、途上国マーケットで $100 のスマホを購入する、あまり裕福ではない消費者により支えられている。そして、そこは、大きな利益が得られない市場であり、また、Apple が何かをしたいと望んでいる市場でもない。

And in case you need a reminder about why this matters to Apple right now, here’s a chart of how Apple makes money from Hargreaves:

Apple における重要な問題点を思い出したいなら、Hargreaves の提供する、このチャートが良いだろう。 そこでは、それぞれのプロダクトごとの、収益が明らかにされている。

So, what does this mean for Apple overall? Years of slow growth are ahead unless it releases a new product that radically stimulates sales.

このような数字は、Apple 全体に対して、何を意味するのだろうか? 本質的なところで売上を刺激する、新作をリリースしない限り、これからの数年は、低成長の年になると思えてくる。

ーーーーー

TAG indexApple というか、iPhone が強いマーケットというと、最初に思い浮かぶのが北米と欧州と日本です。 どちらのマーケットも、富裕層だけで成り立っているとは言い難いですが、東南アジアやアフリカと比べると、つまり世界の平均と比較すると、富裕層で構成されるマーケットなのでしょう。さらに言えば、北米と日本は、モバイル・キャリアからの支援金があり、また、2年というライフ・サイクルで、新しい iPhone が市場に吸い込まれていく地域でも有るわけです。 こうした特質を持つマーケットが、Apple の屋台骨となっているのですが、iPad の利益が相対的に見て小さいのは、2年のライフ・サイクルが適用されないからだと言われています。こうした、Apple における問題点については、いろいろなアナリストが以前から指摘していましたが、昨年の iPhone 5C の価格設定を見れば分かるように、世界の低所得者層へ向けて、Apple が舵を切ることは無さそうです。 それよりは、CarPlayiWatch で、富裕層の中に別のマーケットを見出そうとしているのでしょう。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Apple の 2013 Q4:どれだけの iPhone を売ったのか? アナリストたちの推測値を並べてみた!
Apple と China Mobile が合意 : 7億人の中国市場に iPhone がリーチする!
売れない iPhone 5C と、思惑どおりの Apple とは?
Apple が選んだハイ・リスク戦略 : iPad Mini の価格が理解できない
iPad の減速を チャートで分析 : なぜ、iPhone のように成長できないのか?

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. toshiro.shimura said, on May 11, 2014 at 10:10 am

    Reblogged this on 西洋電網部録譚 and commented:
    「Apple における問題は、そのスマートフォンを購入するマーケットが、完全に飽和したと思える点にある。 つまり、Apple は、富裕層の顧客にプレミアムなプロダクトを販売しているが、それらの人々は自身の iPhone を、すでに購入しているのだ。
    この業界の成長は、途上国マーケットで $100 のスマホを購入する、あまり裕福ではない消費者により支えられている。そして、そこは、大きな利益が得られない市場であり、また、Apple が何かをしたいと望んでいる市場でもない」

  2. agilecat.cloud said, on May 13, 2014 at 11:23 am

    リンクを有難うございます!


Comments are closed.

%d bloggers like this: